今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ハナ奇跡の46日間 7

2013-07-31 23:55:45 | ノーヒットノーラン
拾いもんや、これ。
1991年に千葉であった卓球の世界選手権で南北統一のコリアチームが優勝した実話をもとにした物語。隣にあるのに世界で一番遠い両国の違いからくる戸惑いや、卓球を通じてそれが溶けていく素晴らしさ、そして試合が終わるとまたやってくる分断された世界への悲しみ、も十分伝わってきた。しかしさらに点数を上げたのは主演の2人のかわいさと、ダブルスの試合でのカメラアングル。卓球ってカッコええわぁ!正直今の両国はどうかと思うけど、そんなの超越して熱くなれる1本だ。
コメント

立候補 7

2013-07-30 07:15:36 | ノーヒットノーラン
スターウォーズなんかより、全然!
2年くらい前の大阪府知事、市長ダブル選挙。今じゃちょっと残念な大阪維新の会の全盛期に、立候補したマック赤坂はじめ泡沫候補たちのドキュメント。公開が発表されてから半年以上、ずっと楽しみにしていただけにハードルはかなり上がっていたが、自分の当確は早々に出していた。見たかったマックさんの素の姿は十分あったし、彼を支えたり見守っている周りの人たち。そして彼ら泡沫候補たちが供託金を300万円払い「絶対に勝てない戦い」に挑む理由。初めは笑いだったが、最後には熱い気持ちになれる作品だった。特に印象に残ったのが、マックの活動に傍観を決め込んでいた息子さんが、聴衆からのヤジについに立ち向かう場面。そうだ、戦うマックの歌を戦わないやつが笑う理由はどこにもないはずだ。
コメント

31年目の夫婦げんか 7

2013-07-26 22:46:09 | ノーヒットノーラン
週刊ポストか!
アカデミー賞に輝く名優、トミー・リー・ジョーンズとメリル・ストリープが醒めきった熟年夫婦を演じるコメディ。かみさんのほうが夫婦仲回復セラピーに旦那を無理矢理連れて行って…という話なんだけど、とにかく2人が抜群!カウンセラーの前で普段他人にはしない恥ずかしい話をする、指令を受けて乗り気じゃないことに挑戦、前向きにチャレンジしたいけど照れがある、大事件は起こらないけど2人の絶妙な表情を見るだけで、夫婦もんなら十分モトが取れると思う。子どもたちが独立した結婚31年目。うちの家はまだだいぶ先だけど、両親にとっては10年くらい前のこと。オヤジとかどうだったんやろ?と想像したら、めっちゃ可愛く思えてきた。
コメント

マンオブスティール 5

2013-07-23 18:57:26 | ノーヒットノーラン
ハードル上げ過ぎ!
バットマンの前日譚「ダークナイト」で当てたカントクが手掛けたスーパーマン版。もともと普通の人間で金持ちの道楽でヒーローやってるバットマンと違い、スーパーマンは宇宙人だから生い立ちや誕生の秘密もなんでもあり。だからかえって説得力を持たせるのに苦労したみたい。とにかく長い!2時間20分という上映時間もそうだし、後半はずっと戦いっぱなし。たしかにCGで書き上げられたスピード感あるシーンは今までみたことないけど、ずっとやってたらさすがに飽きる。あと最初の作品であんなに強い敵とやって大丈夫?さらに言えば地球を守るための戦いとはいえ、壊しすぎ、一般人巻き込みすぎ!多分言ってたと思うな、「どっかよそ行ってやってくんない?」
コメント

シャニダールの花 4

2013-07-20 21:47:02 | ノーヒットノーラン
相性悪いわ。
石井岳龍カントクが神戸で撮った映画を神戸で見た。低予算ながらあまりそれを感じなかったし、主演の2人の演技は良かったと思う。たた前の作品もそうだったけど、設定が俺にはどうもしっくりこない。女性の胸に寄生し、やがて肉体を蝕む花。それは見る側が想像しろってことだろうが、説明があまりにも少ない…もしかして単調だからウトウトしてた間にやってたの?
コメント

モンスターズユニバーシティ5

2013-07-16 19:43:54 | ノーヒットノーラン
あれからもう12年て!
息子にせがまれて見にいったけど、それがなくても楽しみにしていた作品。ただ感想は…。ディズニー傘下ということもあり、基本的にお子さん向けなピクサー。それでも昔の作品は大人にも響くポイントがちりばめてあった。だけど最近は3Dでごまかしたアトラクションムービーばかり。一応大学のサークル的な設定はあるけど、チーム対抗で運動会してるだけ。ゴールが決まってるビフォアものの制限はあるにしろ、ちゃんと作ったストーリーのほうが子どもにとっても、面白かっただけでなく思い出に残る作品になると思うけどなあ。
コメント

アンコール!!  5

2013-07-09 22:27:13 | ノーヒットノーラン
やっぱ緩急と落差っしょ。
簡単にいうと「堅物だけどカミさんはあいしてた頑固じいさんが、老い先短いカミさんのために、毛嫌いしていた合唱団で歌う」という話。長年つれそったからにじみ出る夫婦愛に親子の断絶、かわいい孫。俺が弱いポイントをガンガンついてくるはずなのに、まったくウルウルしない。なんでやろ?と思ってたらわかった。全部予想どうりだから。苦手な球でも次はここ来るとわかったら空振りはしない。怖い顔のじいさんとコーラスものとわかった瞬間に、ああこのじいさんが歌って感動して・・・やなとわかる。出オチみたいなもんや。超ベテランなら山本昌に学ぶべきか。
コメント

選挙2 5

2013-07-09 22:25:27 | ノーヒットノーラン
真反対から攻めるか・・・。
6年前に見た映画「選挙」の山さんが、再び立候補。当然想田監督が追っかける。前回は自民党の落下傘候補としての大変さ、選挙の深淵を捕らえた作品だったけど、今回は違う。党中心で動かなくてはならない党員に嫌気がさして議員を辞めた山さんの今回の選挙活動は、ポスター・選挙公報・ハガキ送付だけ。総予算10万円。選挙カーも事務所もなし、スタッフも嫁さんだけ。毎日の活動はポスターが剥がれてないか見回るくらい。だから事件がない。絵にもならない。もちろん選挙の結果はわからないし、そこは観察映画だけにバイアスはかけずに追いかけていく。でも今回は明らかに他の候補者のボリュームが大きかった。選挙のあり方に一石を投じるとはいえ、端から見たら「やる気がない」と思われても仕方ない選挙活動だけに、仕方ないか。このあと楽しみにしている「立候補」と合わせて、選挙について考えてみるきっかけにしたい。
コメント

上京ものがたり 5

2013-07-03 23:58:35 | ノーヒットノーラン
う~ん、そうきたか。
西原理恵子の自伝的な作品の映画化。青年誌デビューのちくろ幼稚園からファンなので、思い入れは強いが、アニメ化はともかく、映像になると途端にしょぼくなるのが特徴やなぁ。というのも、もともと下品でニッチなひねくれもの向けがサイバラ最大の魅力なのに、映画で大きなパイを狙うとただの「夢もってがんばってる女の子」にしちゃいがちだから。ヘタウマでかわいい感じの裏にひそむ、毒やトラウマを除外してサイバラは作っちゃダメでしょ。それこそ「おもろくないただの下手くそ」になっちゃうわ。
コメント

コン・ティキ 6

2013-07-02 23:02:21 | ノーヒットノーラン
だんし~!
私事だが、うちの息子たちは冒険が大好きだ。冒険といっても木の枝や縄跳びで作った道具で公園の藪を歩き回るくらいのもんだが、たいがいの男の子はアホで冒険好きなのだ。そんな男子の親玉みたいなのが、実在したこの物語の主人公たち。自説を証明するために、南アメリカからポリネシアまで8000キロをイカダだけで渡ろうってんだから大概だ。でもそんな無謀さにたまらなく憧れるのが男の子。だからこそ、あんなに不安感で埋め尽くさずに、もっと面白くできたんちゃうかなぁ?少々の矛盾なんて気づかないし、気にしないだろうから。
コメント

真夏の方程式 6

2013-07-02 22:29:34 | ノーヒットノーラン
実に…じゃなくて、ふつうに面白い。
福山雅治のガリレオシリーズの映画版2本目。さすが東野圭吾だけあって、トリックもそこに至るまでのドラマもしっかりしていた。夏休みの子どもを絡ませるあたりも旨いなぁなと思う。でも、これ映画化する意味あるか?という点と最初の殺人の動機には疑問符がつくなぁ。
コメント

スタンリーのお弁当箱 5

2013-07-02 10:34:47 | タイムリーヒット
ハードルあげすぎた・・・。
今年トップクラスの良さで、自分のインド映画観を変えた「きっと、うまくいく」に続いてのインド映画。チラシで見た子どもの純真そうな表情やタイトルから、ほっこり系の作品を予想し、かなり期待が高かった。従来のインド映画と違うという点では、子どもの自然な表情を重視した撮影や素朴な感じなど、新しい点は見えた。でもすごく綿密に計算された「きっと・・・」のあとだったので、淡々としたストーリー展開が物足りなかったり、物語のベースにあるへヴィーな現実に気持ちが萎えてしまった。バカ受けした後に出て行く芸人さんのしんどさがちょっとわかる気がした。
コメント