今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

燃えよ剣 4

2021-10-17 18:48:59 | ノーヒットノーラン
司馬遼太郎さん怒るでしかし!
岡田准一が土方歳三を演じただけ。鈴木亮平の近藤勇や伊藤英明の芹沢鴨なんかは迫力あってよかったけど、それ以外のキャストが…目ヂカラはあるけどちっちゃくて強く見えないトシさんを引き立てるだけになってるからな。あと原作でも上下巻の大作をやるには取捨選択しないと。2時間半やってもナレーションであんだけ話すすめたらあかんわ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

人と仕事 5

2021-10-16 22:00:13 | ノーヒットノーラン
企画はよかったけど。
もともと保育士の映画に出演する予定だった志尊淳と有村架純。コロナで撮影が中止になり、空いた時間を使って保育士はじめいろんな仕事の人にインタビューしにいったのをまとめたドキュメント。コロナでいろんな人が自分とむきあわざるをえなくなった時代を記録、著名人を使うことで興行的にも計算できる作品にという、コロナだから実現した企画としては素晴らしいと思うし、期待してた。
ただそこまでだったかなぁ…。インタビュー下手、人間関係も構築できていないので上っ面のコメント、コロナ禍の辛さに引っ張られた仕事観。人選もかわいそうな人にバイアスがかかる。24時間テレビ的な方向に持っていかなければならない意図が感じられて残念だった。コロナ?それどころちゃいますよ!とかウハウハですわ!みたいな人もいるはずだし。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サウンド・オブ・メタル7

2021-10-06 17:41:32 | ノーヒットノーラン
あたりまえの、ありがたさ。
突然耳が聞こえなくなった、メタルバンドのドラマーの苦闘の物語。聞こえなくなっていく過程、その後の葛藤、手術をしたあとの無理やりな聴覚。それを音をしっかり作って疑似体験させてくれるから、ズシンと響く。たまたまだが、先日右手首を骨折し、うまく動かせない。そしてコロナのせいで生活のいろんなとこらろが不自由なままだ。それまであたりまえだった普通のことができるありがたみを強く感じ、感謝したい。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

由宇子の天秤 8

2021-10-01 21:36:06 | ノーヒットノーラン
縫合した腕のキズより、胸がピリピリ痛んだ。
見終わって、今度は鈍痛が襲ってきた。「司法が許しても社会が許さない」「お前はどっち側の人間なんだ」「自分が楽になりたいだけ」セリフが刺さる。生きていれば、日々いろんなことを天秤にかけている。何が天秤を傾けるのか?逆転したらどうなるのか?当事者と傍観者、マスゴミと視聴者、善と悪。見終わった人と語りたい、ハイボール飲みながら。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

空白 7

2021-09-30 20:04:18 | ノーヒットノーラン
掻き回された。
主人公は古田新太演じるおっかない漁師。ロクに相手をしていなかった中学生の娘が交通事故で亡くなり、その原因となったかもしれない人たちにしつこくつきまとう。狂気すら感じる一方で、自分だったらどうするか?まともでいられたか?考えざるを得なかった。タイトルどおりいろいろな人物が心の空白を埋めようとする物語。自分の空白は?どうやって埋めようとしているのか?自分を見つめ直すキッカケになりそうだ。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

MINAMATA 5

2021-09-28 21:21:26 | ノーヒットノーラン
意外と…
ジョニー・デップが実在したカメラマンを演じて、水俣病の住民とチッソの戦いを描いた物語。エンドロールを見ると世界各地にある「まだ終わっていない戦い」に目を向ける意図があるのはわかる。でもそこまでの物語が普通の勧善懲悪、地元にはじめは拒否されたけど受け容れられて…ひねりがない。彼が世界に発信し、動かした写真の力、それを撮るまでのプロセスにもっと重点をおけばよかったのに。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マイ・ダディ 5

2021-09-26 19:21:30 | ノーヒットノーラン
もしもピアノが…
ムロツヨシの初主演映画。シングルファザーが思春期の娘に手を焼いていたけど、その娘が白血病にかかってという難病もの。人が良くてほんわかした男が困難に立ち向かい、周りからも助けてもらって…というのはまさに西田敏行パターン。なりたいんだろうな、あのポジションに。それが透けて見えるプロモーションビデオみたいで醒めてしまった…。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

君は永遠にそいつらより若い 6

2021-09-22 22:57:52 | ノーヒットノーラン
たしかに、それは間違いない。
津村記久子さんのデビュー作の映画化。学生と社会人の転換点で、いろいろ妄想し、悩み、モヤモヤする感じがとてもよく出ていた作品。酒だって飲めるし、セックスだって…すっかりオトナな気分だけど、精神とカラダのバランスが取れてない。その時期を20年以上前に経てきたオッサン世代には懐かしいけど、現役は何をかんじるんだろう?そこにいて助けてあげられなかったことがくやしい?純粋な気持ちはわかるけれど、ただの自己陶酔では?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

浜の朝日の嘘つきどもと 7

2021-09-18 12:24:08 | ノーヒットノーラン
半分が暗闇だって。
映画のおかげで踏みとどまれた高畑充希が、それを教えてくれた恩師の遺言で、潰れかけた映画館を立て直す物語。映画への、映画館への愛に溢れ、苦しい今だからこそ、エンタメにやれることを提示していた。メチャクチャよかったのは大久保佳代子演じたマリコ先生。あんなこと言えて、やれるオトナになりたいな。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マスカレードナイト 5

2021-09-18 09:27:07 | ノーヒットノーラン
で、それで?
長澤まさみのホテルマンとキムタク刑事。マスカレードパーティーの客の中にいる犯人を探せっていう東野圭吾のミステリー。どんどん怪しい客が入って来てミスリードを誘い、ほらわからなかったでしょ。という図式だが、そんな「実は…」みたいな設定ばかりで隠したらわからんに決まってるやん。で、犯人探しでバタバタするだけで結局何が言いたいか伝わらない。徹夜明けの朝日のようなダルさの残る1本だった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

先生、私の隣に座っていただけませんか?7

2021-09-15 12:28:49 | ノーヒットノーラン
どんな怪談より…
黒木華演じる漫画家が、夫の不倫をリアルに作品に描き始め、その原稿を見つけたダンナは…。ね、怖いでしょ。ホワンとした雰囲気の彼女がどこまで知っているのか?どこが妄想でどこが事実なのか?マンガの原稿と現実がクロスする巧みな脚本が見事。とりあえず夏の終りに震えあがった。女の人が見たらどういうのか知りたいけど、嫁さんには見ろとは絶対言いたくない。サイコゴアマンより、怖い(笑)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

総理の夫 5

2021-09-08 21:32:21 | ノーヒットノーラン
期せずしてタイムリー!
田中圭が中谷美紀演じる初の女性首相のダンナ。頼りない感じだけど成長して…というのが彼の当たり役だなと思う。設定オチのコメディかと思ってたら、意外としっかりしていた。高市さんのダンナはどんな人なんやろ?
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

くじらびと 7

2021-09-07 19:13:13 | ノーヒットノーラン
ホンモノの迫力。
インドネシアで先祖代々クジラをとって生きてきた人たちのドキュメント。CGで大概のモノはスクリーンに生み出せる時代だけど、10人乗りの小舟でクジラに近づき、銛を刺して仕留めようとする人間と、暴れて船をひっくり返そうとするクジラの戦いはゴジラよりよっぽど迫力があった。あれはスケールだけじゃない。どっちも生きるか死ぬかの真剣勝負、用意スタートもカットもないのだ。
男たちは船に乗り、子供はその姿に憧れる。捕れなければ村が飢えるし、捕れたらみんなで分け合う。クジラと戦い、そして感謝して食べる。ギリギリの生活だけど、なんか羨ましく見えてしまったのはどうしてだろう。岸にあがったクジラを切り分けてワイワイやる姿が幸せそうで、繋がりの薄い今の日本と比べてしまった。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アナザーラウンド 5

2021-09-06 21:11:58 | ノーヒットノーラン
あー呑みてぇ。
アルコール血中濃度0.05%をキープすると人生が好転する、この仮説を検証しようと挑んた40代のおっさん教師4人。この設定で充分おもろくなるのに、そういかないのが残念。おっさんハングオーバー的な展開ならもっと笑えたのに。それにしてもスクリーンの中で仲間と楽しく呑んで、時にハメを外しているのが羨ましくてしゃあない。一人飲みじゃ、ああはいかないもの。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シャン・チー 5

2021-09-05 18:30:53 | ノーヒットノーラン
う〜ん。
マーベルがお客さんとしても、出資元としても大きなパイを占めているアジア系を狙うも、アメコミのバタ臭い世界観はもう飽きてるのも、ニューヒーローを作りたいのもわかる。ちょっと辛い修行で世界を動かす力を得るのも、隠されてたわりにはあっさり車が何台も来るふるさとの村も、龍に乗ってまんが日本昔ばなしなのも許す。だってそういうものだもの、マーベルって。でもヒーローが親しみやすすぎやしないか?大豊泰昭と牧野エミの兄弟は身近で仲良くなれそうだけど、世界は救えんやろ!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする