今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

スポットライト 世紀のスクープ 6

2016-05-27 20:46:02 | ノーヒットノーラン
あれ?ラスボスは?
ボストングローブの記者が、長いこと揉み消されてきた教会の神父たちによる児童虐待という大スキャンダルを暴いた実話の映画化。日本と違い、多数の人間にとっての心の拠り所になっている教会。その暗部を暴き、平和(に見えた)な町を混乱させる。もちろん正しいのは記者のほうだが、防衛本能からか教会や住民が普段見せない恐ろしい顔を見せて…かと思ったらそうではなかった。途中から巨悪の追及より特ダネに力が入っていたし、結局教会のシステムにメスを入れるくだりが描かれず、ちょっと残尿感があるなぁ。
コメント

アイヒマン・ショー 5

2016-05-26 21:38:22 | ノーヒットノーラン
う~ん。
ユダヤ人の虐殺を指示したナチスの将校アイヒマンの裁判を中継した男たちの実話ベースの物語。妨害やプレッシャーに負けず、中継をやりきった男たちより、自分の行為に身動ぎしないアイヒマンの非道ぶりや、当時の悲惨な映像のほうに目や心を奪われるのは、やっぱりピントがボケてるよなぁ。
コメント

海よりもまだ深く 7

2016-05-25 19:47:45 | ノーヒットノーラン
おかんに電話したくなった。
大好きな是枝監督の新作。ひとつ前の少女マンガなぞりがイマイチだったので、心配していたが杞憂だった。
ダメな中年男を中心に母親、別れた妻と息子が織り成す「普通の人の何も起こらない」物語。でもひとつひとつのエピソードが心のササクレをちょっとだけ刺激してくる。笑い、あるある、せつなさ、絶望…見ながら自分とおかんのことが重なってしゃあない。樹木希林、素晴らしすぎる。
コメント

殿、利息でござる 7

2016-05-20 21:19:37 | ノーヒットノーラン
学校で流してほしいくらい。
事前情報はチョンマゲが銭になってる阿部サダヲのポスターだけ。「超高速!…」で当てた松竹の2匹目のドジョウねらいかと思ってた。ドジョウでなく、ウナギだった。お上の圧政に苦しむ宿場町のため、自分には何の利益も名誉もないのに出資し、奮闘した農民や商人の物語。しかも実話。助けあいや思いやり、慎ましさ。今の日本に少なくなり、世の中がギクシャクしている原因だ。その美しさをコメディベースでしっかり描いた秀作。二言目には「それ、どんな得になるの?」なんてほざくガキの首根っこ捕まえて見せてやりたい。
コメント

ズートピア 7

2016-05-20 19:26:21 | ノーヒットノーラン
GW映画ナンバー1や。
息子たちと行くつもりだったけど、タイミング逃し一人で見た。これがよかった。ディズニーなんで子どももしっかり楽しめるんだけど、同時にオトナだから感じる気持ちとか設定をしっかり存在させている。人間社会だってズートピアと同じいろんな個性の集まりだし、食う側と食われる側だってちゃんとある。王道の物語の上に隠喩とか伏線がたくさん仕掛けてあるのが見事。DVDになって息子たちと見直すのが楽しみだ。
コメント

蔦監督 7

2016-05-20 18:58:47 | ノーヒットノーラン
じいちゃんも、許してくれるさ。
あの池田高校 蔦文也監督の半生を周囲の証言や当時の映像で構成したドキュメント。高校野球の歴史を変えた名将だけど、酒飲んで大変やったとか、今だとやったらあかんことバチバチだったとか、有名になったあとの変化だとか、影の部分もしっかり描いてある。天国の本人が見たら…怒らんやろ、だって監督がかわいい孫なんだから。身内だからこそ撮れる映像が満載だし、周囲の人々の「あんたのじいちゃんはな…」と語る口調もやさしい。他の誰にも撮れない映像をボクらに公開してくれて、あの時の記憶を甦らせてくれた。それだけで充分だ。
コメント

64 前編 5

2016-05-18 16:24:31 | ノーヒットノーラン
そんなかなぁ。
回りで非常に高い評価やねんけど。まあまだ前半だけなのでなんとも言えない。個人的には記者クラブの連中のよくわからない特権意識が大嫌いなので、演技とわかっててもイライラする。後半は楽しみだけど。
コメント

ちはやふる 下の句 5

2016-05-18 14:26:40 | ノーヒットノーラン
ジェネレーションギャップといや、そうだけど。
チームのために努力しあい、助けあう。それは個人の勝利とか幸せのためなんかな?あの物語ではそうとしか捉えられなかった。one for allってそんなこととちゃうよな、そこばかり引っ掛かったし、恋愛部分がうざい。
コメント