今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

歓びを歌にのせて 7

2005-12-30 22:16:58 | 逆転サヨナラHR
デトックスだわ、これ。

基本的に音楽映画は好きだ。ちょっと昔だと「ブラス!」「天使にラブソングを」最近だと「スイングガールズ」とか「スクールオブロック」。音楽によって人の心が開かれ、成長していく姿はワンパターンだけどとても気持ちよくて、最後にあるライブのシーンではちょっと鳥肌が立ったりすることもあった。これもその類の映画なんだけど、特に良かったのは演奏でなくて「歌」だったところ、そしてその合唱に参加しているのが、それぞれに事情を抱えた疲れ気味の大人たちだったところだ。

最近読んでいる「脳」についての本に書いてあったんだけど、人間を何も刺激のない独房みたいなところに閉じ込めると、脳が刺激を欲しがって人間本体に幻聴や幻覚を見せたり、勝手に歌を歌わせたりするらしい。
確かに歌うのには道具も金も場所もいらない。まあ能力の差はあって、写真の男みたいな人もいるけど、本人が楽しむ分にはそれでもかまわないわけだ。

この映画ではそんな本能的娯楽である歌を思い切り歌うことで、疲れた大人たちがいろんな汚れた部分をどんどん吐き出し、子供のようにいい表情になっていく。それを邪魔しようとするのは権力とか暴力とか威厳といった、オトナだけが必要とするものを抜ききれない人たちだ。別に明日からコーラスに入ろうとは思わんかったけど、歌の素晴らしさとかパワーを感じることができた。
そして映画館を出た時、1年の最後に心の大掃除ができた気がしてとても気持ちよかった。


…というわけで、2005年分「今日のエンドロール」はこれでおしまいだ。
今年は「カンフーハッスル」からこの作品まで145本の映画を観た。息子が生まれ、生活だけでなくモノの見方なんかもだいぶ変化した1年だった気がする。そんな中での2005年ベスト&ワースト3を発表しておきたい。

2005ベスト3
1位:ALWAYS 三丁目の夕日 2位:シンデレラマン 3位:運命じゃない人
2005ワースト3
1位:北の零年 2位:ハイドアンドシーク 3位:妖怪大戦争

ベストを選ぶのは楽しかったが、ワーストを探してたら腹立ったことを思い出して気分悪くなった。東映さん、角川さん、来年は頼みまっせ。
コメント (1)   トラックバック (1)

アメノナカノ青空 4

2005-12-29 02:29:16 | デッドボール
くっそー!騙された。

忙しい合間を縫って映画館に通う俺にとって必要不可欠なのがyahoo!の映画情報だ。この時間で見られる作品はどれかを調べるのが主な目的だが、どっちを見ようか迷ったりする時にチラッと参考にするのが見た人の評価。だからほとんどの人が評価5、一番上の人にいたっては「今年のベスト1」と書いてあるこの映画は見逃せないと思い、時間を盗んで行ってきた。・・・やられた、時間だけ盗まれた。

ベタベタやん!
難病、純愛、幸せな時間を切り取った写真、愛する人の死。オーストラリアがハワイに変わっただけで、行きたいところに行けずに死ぬパターンはセカチューと何も変わっちゃいない。こんなの観て喜ぶのは中学生、男子で言ったら「BOYS BE…」(ものすごく都合よく展開していく童貞用純愛マンガ。俺らイカ臭いだけの中坊の間で人気だった)レベルやと思っていたら、この映画の原題は「…ing」だって。何か匂わんか?

知らない人の評価に踊らされた俺が悪いんだけど、「純愛+韓流ブームだからちょっと古いけど大丈夫。タイトルも女子ウケ狙ってオシャレにしたし、きますって絶対!」そんなバイヤーの声が聞こえてきそうで腹が立った。
こんなんなら家で大掃除しておきゃ、カミさんにも怒られずに済んだのに…。


コメント   トラックバック (1)

ディック&ジェーン 復讐は最高! 3

2005-12-28 18:05:35 | デッドボール
リストラされたサラリーマンが夫婦で強盗になり、最終的には自分をこんな目に合わせた経営者にやり返すというお話だ。

理不尽な理由で解雇された人たちは日本だけでなくアメリカにも多いのだろう。そんな人たちのウップン晴らしを狙って作ったんだと思うが、どうも気に入らない。確かに収入を絶たれ生活苦の人たちは大変だと思う。しかしだからといって簡単に犯罪に走らせ、それがうまく行くなんて展開は開き直りとはいえ公開作品としてどうかと思う。
さらにキツいのはシナリオの荒さだ。あんな動機も方法もいい加減な犯罪が成功するわけもないし、笑えすらしない。どうもコメディ映画だから勢いでごまかし、適当でいいと思ってるらしいが、笑いだからこそもっと緻密に状況や設定を計算するべきだ。この映画はリメイクらしいが、作り直すんならそのへん誰か気づかんのやろか?「復讐」の前にちゃんと「復習」しとけよ。

ジム・キャリーはシリアスな演技やハートウォーミング系の作品ではいい味出していると思うが、笑いに関してはどうも俺とはあわない。「アメリカ版ねずみ小僧」を気取るのもいいけど、こんな駄作に1億ドル(約122億円)も使うなら、その分を映画の社長や写真のおっさんみたいに貧民救済に回したほうがよっぽどいいのに。
コメント (1)

ロード・オブ・ウォー 7

2005-12-27 17:19:21 | 逆転サヨナラHR
「必要悪」という言葉がある。
道徳的に見て褒められた存在ではないが、世の中を運営していく上では必要な物のことだ。分かりやすい例でいうと風俗産業はその典型だし、バラエティ番組における写真の男や青木さやかの存在、プロレスの悪役、ビジネスにおける談合や根回しなんかも多少の差こそあれ、円滑な進行のためには必要不可欠なモノだ。

その際たるものがこの作品の主人公「武器商人」だ。確かに彼らは商売をしているだけだが、それが戦争の拡大やむごい虐殺を引き起こす。もちろん彼らだってそんなことは分かってるが、それは「俺の仕事ではない=関係ない」。確かに。
そんな闇の男たちの存在をちょっとユーモラスに描き、世界最大の武器商人=アメリカ合衆国をチクチクつっつく本作は決してデートにはお勧めできない。でも年末に1年を振り返り、いろいろ考え直すのにはいい作品かもしれない。

劇中で「俺は自分の身を守るのに必要な人たちに武器を売ってるだけだ。人がたくさん死ぬというけど、自動車事故であれだけたくさんの人が死んでるのに自動車会社が責められたことがあるか?」という台詞がある。参った、ぐうの音もでない。誰か論破して!

ただ気になったことがひとつ。法律や身分をごまかすのはいいけど、生え際をごまかすのは見苦しくないか?ケイジくん。
コメント

ザスーラ 6

2005-12-26 01:45:53 | タイムリーヒット
…なんにしよ?

ボードゲームで止まったマスの出来事が実際に起こるというのは「ジュマンジ」と同じ設定。というか冒険する世界を宇宙に広げたら…というだけの作品だが、こういうのおっちゃん、大好きだ。

俺らの世代でボードゲームと言えば、何と言っても「人生ゲーム」だ。小学生で赤い字の借金を山ほど抱え、ブルーやピンクの子供を背負う責任を感じさせられた。だから映画を見終わり、あれ「ザスーラが人生ゲームだったら面白いな」と思ってタカラのサイトを見に行った。
http://www.takaratoys.co.jp/jinsei/product/lineup.html

いろんなバージョンが出てるのは噂で知ってたけど、毎年新作があってそれぞれ世相が反映されたマスがあるのにはビックリした。今年の流行は若手芸人とホリエモンということで「人生ゲーム芸人魂」と「人生ゲームM&A」の2本が新作だそうだ。

M&Aの方はえらく景気がよくて、いきなり一マス目から放送局を買収しちゃうし(でも1000億もすんねん)、所属タレントのブログがヒットしたくらいで200億も儲かる。もちろん損失のほうも株取引に失敗して3000億くらい損したりするから、もしザスーラばりに実際起こっても、アップダウン激しく結構楽しめるような気がする。

でも芸人のほうは厳しいわ。人生ゲームでは定期的にやってくる給料日にもらう額を決めるため序盤で職業を決める。この芸人魂では最初に5を出すと現れたマスには「マイケルになれる」。6を出しても「波田陽区になれる」。最悪なのはどのマスにも上手く停まれず職業選択ゾーンを通り過ぎてしまった場合だ。写真の男に強制的にされてしまう。イヤだぁ!突然髪の毛がサラサラになっちまうのはイヤだぁ!!慶応出てるのに後ろ指差されるのはイヤだぁ!

すっかり映画から離れて人生ゲームの話になってしまったが、ひとつ印象的だったのが願い事が必ず実現する流れ星のマスだ。願い事はひとつだけ。そんな時、あなたなら一体何を願うだろうか?
邪な男としては「願い事が無限に叶うカードが欲しい」という卑怯な手を使いたいところだけど、ヒラヒラと紙が落ちてきて「その手は食わないよ」とか書いてありそうでイヤだなぁ・・・。
コメント   トラックバック (1)

ボビーとディンガン 5

2005-12-22 02:30:58 | タイムリーヒット
「信じる」ということについての映画だ。

基本的に人間は誰かを「信じ」ないと生きていけない動物だと思う。ただその程度には情報提供者との人間関係や慎密度によって差がある。昔懐かしい口裂け女や人面犬の話も東スポの紙面を騒がしているうちはよかったが、初めは「バイト仲間のいとこの同級生」が、そのうち「先輩のツレ」が見たことになってどんどん信憑性をまし、都市伝説化していった。

この映画に出てくる少女にも「他の人には見えない友達、ボビーとディンガン」がいる。周りからは変わり者扱いされるだけの彼女を家族は「想像力がちょっと豊か過ぎるだけなんだ」とかばい、ボビーとディンガンが存在しているように振舞う。それが人を信じることが苦手になった街に小さな奇蹟を起こす…みたいな話なんだけど、どうもしっくりこない。
少々説教じみたメッセージを押し付けるために、子供の無垢な表情を切り札に使うのはどうかと思うし、いくら愛する人が信じていることだって、間違ってるのが明らかならそれを教えてやるのがホントの愛情だと思う。

…そうか、わかった!写真のあなたも想像力が豊か過ぎて、「普通の人には見えない柱」が見えてたんですよね。
コメント

男たちの大和/YAMATO 7

2005-12-21 01:39:22 | 逆転サヨナラHR
ちょっとあぶないなぁ、これ。

あの角川春樹が私財をつぎ込み6億もかけて実物大の大和を作っただけあって、邦画のCGでは作れないスケール感はバッチリ出ていた。戦闘シーンも迫力があったし、俳優たちも頑張っていたと思う。

しかし、それ以上にずっと頭から離れなかったのは「俺だったらどうするか?」という一点だった。
愛する恋人や家族を故郷に残し、「死ぬとわかっている」航海への出撃を志願する兵隊たち。自分の気持ちより「お国のため」が最優先し、天皇陛下のために死ねるという当時の風潮や考え方は、今までさまざまなところで見聞きしてきた。しかし戦後生まれの俺にとってはどうしても理解し難く、「教育が違うから」などと無理矢理納得していた部分があった。
だが、この映画では彼らにもかなりの葛藤と男としての美学があったことがしっかり描かれていた。だからストーリー自体はかなり右傾したものだったにも関わらず、彼らが身近な存在に思えたのは俺だけではないはずだ。

かつて小林よしのりの「戦争論」を読んだ時のように、「公と私」「生と死」を改めて考えさせてくれるいい作品だったと思うが、いくつか残念な点もあった。
1)劇中で一番いいセリフをもらってるのが長嶋一茂(価値が半減)
2)大和の生き残りが育てた戦争孤児が鈴木京香(戦後60年、彼女はどう考えても還暦を過ぎてないとおかしいのだが)
3)エンディングを朗々と歌い上げるナガブチ(舌巻きすぎ!)

戦後60年、独裁者になりかねない小泉が政権をとっているこのタイミングで愛国心を煽りまくるハルキ。何かたくらんでるんちゃうか?なぁ、写真の君もそう思うだろ?
コメント   トラックバック (1)

キングコング 8

2005-12-20 00:54:15 | 逆転サヨナラHR
これぞ究極の大人買いだ!

この監督が撮ったロード・オブ・ザ・リングシリーズはあんまり好きじゃないけど、これはいい!子供の頃に感動した映画をオトナになって超大金と最新技術てんこもりで丁寧にリメイク。武さんも「映画は最高のオモチャだ」と言ってたけど、こんな羨ましい遊びは見たことがない。

オリジナルは知らないので、キングコングというとテンポだけでつまらない漫才師とエンパイアステートビルによじ登ってるイメージしかなかったのだが、この映画だけで充分楽しめると思う。ただ唯一難点をあげるなら、長い。3時間もあるのだ。

映画が始まったのが7時10分くらいで、キングコングが出てきたのは8時過ぎ。主役登場まで1時間て、引っ張りすぎ!キャプテン翼のシュートシーンちゃうねんから。
ただ登場してからのコングの活躍、ドクロ島の描写には目を見張るものがあった。多少CGってとこもあったが、ジュラシックパークから12年分の進歩を遂げた恐竜アクションと、もともとホラー畑の監督お得意のグロい、虫系のクリーチャー。元男子ならキャーキャー言って楽しめるシーンが満載の中盤1時間だ。
そして終盤、最初はただの怪物だったコングが生き物の表情を見せ始める。次第に美女と野獣の間に芽生える新たな関係。コングの言葉は美女にも我々にも通じないが、その目からはとてもたくさんの感情を感じることができた。

そんなワケで普通の怪獣モノとは一線を画したいい映画だと思うんだけど、どうも「あのサイズ差だからプラトニックで済むんだよな。俺もいくら好きでもハムスターとヤリたいとは思わんしな…。これがもうちょっと近かったら全く別ジャンルの映画やん」とかチラチラ考えてしまったボクは、やはり邪(よこしま)な男なんでしょうか?
コメント   トラックバック (3)

あらしのよるに 4

2005-12-12 00:05:16 | デッドボール
絵本界でベストセラーになっている原作は昔読んだことがある。真っ暗な小屋の中でオオカミとヤギが勘違い。アンジャッシュのコントみたいな設定から始まった物語は絵本としてはよく出来ていたし、聞くところによると教科書にも採用されたそうだ。

だが、桃太郎とか浦島太郎を映画化するか?(…いや、できそうかも)ごんぎつねはどうや?本来、45分授業で扱う物語を何故か2時間も引っ張ったもんだから中身が薄くてしょうがない。
おまけに誰に見せたいのか、下手な声優ばかり連れてきやがって。中でも抜群にひどかったのがヤギの方の友達2人。こぶ平に小林麻耶(TBS)だ!小学校の学芸会でももうちょっとマシ。本職でないにせよ喋りのプロとして恥ずかしくないんだろうか?あれでOKを出した監督の耳を本当に疑う。

きっと舞台挨拶なんかじゃ「子供たちに人とのふれあいや友情の大切さを感じて欲しい」とかヌカすんだろうけど、ホントの親友は「私たち親友ですよね」とか事あるごとに確認したりしないし、あんなよそよそしい言葉遣いもないやろ。

後半、友情というよりゲ○っぽく見えてきたのは俺だけじゃないはず…ということは緑の森って2丁目のこと!?(本文と写真は一応関係ありません)
コメント (1)

Mr.&Mrs. スミス 7

2005-12-09 23:38:51 | タイムリーヒット
長い夫婦生活、安定のためには秘密だって必要なんです・・・。

文章にするとたった1行で済むことにハリウッドスターを加え、ハードアクションで炒めるとこんな映画ができあがる。でも、俺好きなんやわ!こういうの。

もちろんどこの夫婦もあんな美男美女なわけないし、殺し屋でもない。だけど出てくる夫婦間のギクシャクした感じとか、秘密を隠そうとあたふたするところなんかはかなりの人が経験あるはず。「くっそぉ!ちゃんとメシぐらい作れ」「何でも俺のすることはお見通しかい!」「でもこの秘密は知らんやろ」……観てて写真の彼らのネタ以上に「あるある!」を連発してしまった。

史上最強の夫婦喧嘩としては爽快だったが、すぐに仲直りして共闘する部分が長いのがイマイチなところ。昔の全日のレスラーが60分フルタイム戦った後くらい、ボロボロになるまでやってくれたらもっと点が上がったのに。

自分の経験から言って、夫婦関係がこのあと劇的に変化するのは「子供ができた後」。だから次は「Mr.&Mrs. スミス&Jr」にしてヨメさんの方がどれくらい強くなるか見てみたい。
あんまり書きすぎると、隣の部屋で1歳の息子と寝たフリをしているCIAエージェントに存在を消されそうなので、今日のところはこのくらいにしておこう。
コメント

SAYURI 6

2005-12-07 23:03:22 | タイムリーヒット
9回表、5点リードで登板するも大乱調で6点を献上。その裏、味方に勝ち越してもらって勝ちが転がり込んだリリーフ投手の気持ちみたいな(長い!)映画。

確かによくできてる。少女の成長物語としても、西洋人の持ってるオリエンタルビューティー観の具現化としてもいい出来だと思う。ただ日本人が観た時、おや・・・?と思わずにはいられない。

中途半端な日本語交じりのセリフ、適当な時代考証、ものすごい山ン中にある「都」、一番ひどかったのが「日本を代表するハリウッド女優」(笑)工藤夕貴が演じたSAYURIの友達の芸者の名前だ。字幕で「おカボ」って書いてあるから、変な名前やなぁと思って、よく聞いたら英語のセリフではPumpkin・・・。カッカッ・・・カボチャやん!どこの世界にカボチャなんて芸者呼ぶダンナがいるんや?シンデレラか!

こんな風に突っ込みどころ満載の上、おいしい役は全部中国とか香港の役者に持っていかれ、日本人に残ってるのはやり手ババアとカボチャの役。唯一よかったのはSAYURIの少女時代の子役くらい。なんか軽い屈辱を感じるのは俺だけだろうか?勝手に自分の土俵で相撲取られたけど、儲かったから結果オーライ!?これでいいのかニッポン?

でもそこに目をつぶれば作品の出来はいいので、白人野郎の間ではそこそこヒットするだろう。だから写真の彼なんかは来年のキャンプで、映画を観たジーターやジアンビなんかにこう言われるに違いない。

「ヒデキ、ナホはどこのオキヤからミウケしたんだ?」
コメント (2)   トラックバック (1)

イン・ハー・シューズ 4

2005-12-03 01:10:47 | タイムリーヒット
もっと公開早かったほうがええんちゃう?

毎度おなじみの「女子版あるある自分探し」。外見と内面、両方において理想と現実の狭間で揺れ動く心情を姉と妹の2人に極端な形でキャラクターづけ、観ている女子に「あそこまでヒドくないけど、ちょっとあてはまる」と必ず思わせる。よく当たると評判の占い師みたいな映画だけど、男子には全く響かず。しかも長い。

(以下妄想)
クリスマスといっても時間をつぶすため友達と無理矢理騒ぐパーティーしか予定がないOL。そんな彼女がワンルームの部屋に帰ると待っているのはチワワのチーちゃんだけ。留守電に入っていた「年末は帰ってくるの?近所の吉田さんからいい人紹介してもらえるそうだから、会うだけあってみたら」という母親のメッセージを聞き、はぁ~っとため息をひとつ。「来年はきっといいことあるよね」そんなことを自分に言い聞かせながら、一人にはちょっと広すぎるセミダブルのベッドに寝転び20インチくらいのテレビで観るのに最適の作品。(写真はイメージです)

秋公開にしておけばそろそろDVD発売できたのに。

コメント (1)   トラックバック (2)