今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 5

2007-07-21 23:18:22 | タイムリーヒット
る~るるるる。
ハリー・ポッターシリーズもこれで何作目なんだろう?最初のヤツを見にいったのは結婚前の嫁さんとだったから、はぁ・・・時のたつのは早いなぁ。その第一作の時はかっこいいと思った魔法のCGも設定も、今じゃインパクトなし。そうなるとテーマになるのはハリーと仲間たちの成長のみだ。これって何かに似てると思ったら、俺も大好きな「北の国から」やん!周りの大人に見守られながら、恋をして成長していく淳くん、じゃなくてハリー。ダンブルドアは中畑のおじさんだし、シリウス・ブラックはそうた兄ちゃんだ!
コメント

西遊記 3

2007-07-15 00:25:09 | デッドボール
はぁ~・・・。
いろんな意味でため息ばかり出る作品だった。意味ないところにカネかけて楽しいだろうなぁ、ジャニーズとフジテレビだとこんなレベルの本と演技でお客さんよろこぶんだぁ、これじゃあ一生懸命企画ヒネリだしてる人は虚しくなるなぁ、これがヒットする日本の未来は明るいのかなぁ・・・あ!悪口ばかり言ってる?
子供向けだ、娯楽作品だからなんて言うヤツは子供に失礼だ。キャラは子供向けでも、中身はしっかり作っておかないと、子供はすぐ手抜きに気付くぞ!
コメント   トラックバック (1)

ゾディアック 5

2007-07-10 00:04:30 | タイムリーヒット
バランスがなぁ。
150分を越える長い作品だけど、それだけの内容はあったと思う。ただ頭が重すぎる。全米を震撼させたゾディアックの殺人履歴を丁寧になぞるのはいいけど、主人公が動きだすのに2時間て、腰が重すぎるやろ!残り時間が少ないもんだから、推理にかなり無理が生じ、というかあれじゃただの迷惑な素人だよな。
コメント

ボルベール帰郷 4

2007-07-09 23:54:52 | デッドボール
だからモテへんのかな・・・。
宣伝によると、この監督の女性三部作のラストにして、最高傑作だそう。でも俺には全くピンとこなかった。確かに男に泣かされたり、苦労させられている女性は多いだろう。でもだからといって何してもいいわけじゃない。殺人、放火、詐欺、そんなことしてでも女性は強く生きている?開き直りには見えても、全く同情とか共感はできない。こんな映画に言われなくったって、女が強いのくらい身に染みてわかってらぁ!
コメント

図鑑に載ってない虫 5

2007-07-07 21:01:02 | タイムリーヒット
焼肉に唐揚げに天ぷら、サラダなし。みたいな。
インザプールがとても面白かったので、期待していただけにガッカリした。見た目面白いキャラが、面白いことをして、背景にもひと笑いいれる。各ポイントはとてもわかるし、笑えたけど、それが全部重なるとしつこく、わざとらしく、逆にウザい。インザプールは伊良部という変なおじさんとしっかりした展開がしっかり噛み合ったからうまくいってたんだと思う。映画をみながら思い出したのはある知り合い。個性的でいたくて、人のやらない方、やらない方へ大金をかけて突き進む「オシャレとされている」人だ。彼の場合は自分が満足してればいいけど、映画は人に見せるものだからなぁ。目的がズレてるんじゃないか。
コメント

シュレック3 6

2007-07-02 19:31:54 | タイムリーヒット
これじゃ、子供と行けるやん!
ディズニーに対抗してドリームワークスが作ったシリーズ3作目。1作目はアンチディズニー、おとぎ話を笑い飛ばす「大人の笑い」満載!エイヒレとかタコワサみたいなガキ禁制の作品だったんだけど2、3と続けるにつれ、進化してるのはCGだけで、内容はネタ切れ。子供も楽しく見られるお子様ランチになっちゃってるのがホンマ残念だ。あの展開ならもっと子供を早く産ませて、赤ん坊に思いきり振り回され、でもそのおかげでチャーミングを倒すパターンに持っていったほうがいいのでは。一番笑ったのは子守りが終わって「このあとどうする?」の後のオチ。気持ちわかるわぁ!
コメント

ブリッジ 5

2007-07-01 19:33:57 | タイムリーヒット
ポチャン。あ、落ちた。
アメリカ西海岸を代表する観光地でありながら、世界有数の自殺の名所でもあるサンフランシスコの金門橋。そこをずーっと撮影し、「捕えてしまった」自殺シーンと身近な人たちのインタビューで構成された映画だ。初めて見た本物の自殺はビックリするくらいあっけなかった。もちろんいくら周りに話を聞いたって本人の気持ちなんかわからないのだが、死ぬほどの事ってどんな感じなんだろう?楽観お気楽主義の自分でも「俺なんかいなくても誰も困らんし」くらいヘコんだ事はある。でもそこでとどまったのは周りの心配とか迷惑とかでは決してなく、そんなあっけなく消えたら人生あまりにもつまらんだろうという未練と、あとビビりだからだ。単調な映画だったけど、それ以上に激しい睡魔に襲われたのは、ネガティブパワーに体が拒否反応を起こしていたからかもしれない。
コメント