今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ママはレスリングクイーン 6

2014-07-30 18:19:16 | ノーヒットノーラン
おフランスざますか?
正直、お高く止まったイメージのあるフランス映画。なのにこの作品のベタなことったらありゃしない。タイトル通り、いろんな問題を抱えたパートのおばちゃんたちが、なぜか一念発起してレスラーになり、拍手喝采のハッピーエンド。裏に込められたメッセージ?ゼロ!それ以上でも以下でもない。アートの香りゼロの大衆娯楽作品。そうだよ、国中が小難しくて気取った奴らで成り立つわけないもんな。日本に来てないだけだよ、きっと。
コメント

永遠のマーニー 6

2014-07-29 22:25:27 | ノーヒットノーラン
ビターなジブリ。
駿さんとはいろいろ揉めているようだけど、バリエーションという意味ではいいと思う。思春期ガッツリの自己嫌悪少女の妄想とファンタジーの融合。しっかり描写されているので大人には引っかかる部分があると思うけど、ジブリ=ファミリーと決めつけて見にいく親子連れは微妙な空気になりそう。そういや、飛ばなかったなあ、これでは。
コメント

マダム イン ニューヨーク 7

2014-07-28 20:52:03 | ノーヒットノーラン
すごい冒険の旅だ。
家族の中で唯一英語の苦手なお母さんが、姪の結婚式のためニューヨークへ先に旅立たねばならなくなり…という話。心細さ満開の中、内緒で通い始めた語学教室で英語と一緒に自分への自信を身に付けていく。言葉ができない一人旅の不安は物凄く共感できるし、彼らの使う単語羅列イングリッシュもメチャ親近感。いつの間にか自分と同化した彼女が現実との間で奮闘する姿を見て、とても幸せな気持ちになった。すごいCGもアクションもいい。でもエンターテイメントはハッピーがなくちゃ。
コメント

フルスロットル 5

2014-07-22 18:49:07 | ノーヒットノーラン
夏の空のような…
亡くなったポール・ウォーカーがYAMAKASHIの人と組んだアクション。彼の遺作でもある。てなことはあんまり関係なく、ひたすら飛んで跳ねて戦って!な作品だ。ストーリーや設定も一応あるけど、どうでもいい。頭を空っぽにして超人的に身軽なアクションを楽しむだけだ。ジャッキーもジェット・リーも年をとり、CGで作ったアクションばかりの中で、こういう生身スタント系は見てて気持ちいい。ただ、主演のポールを気遣ってか、身軽兄ちゃんの一番美味しいところはタイトル前ってのはないかな。
コメント

オール・ユー・ニーズ・イズ・キル 6

2014-07-17 19:05:38 | ノーヒットノーラン
水前寺清子かい!
日本の原作をハリウッドが映画化したSF。トム・クルーズが何度死んでもその日に帰る「ビューティフルドリーマー」状態になって、ちょっとずつ強く(というか先の展開を知ってるんだから当たり前だけど)なって、地球を襲ってきたエイリアンと戦う。ちょっと失敗したらわざと死んで「リセット」してやり直し。子どもの頃、ファミコンでやった感覚が蘇る。映画は編集でポンポン飛ばしてくれるけど、トムは朝から何十回、ヘタしたら何百回、同じ段取りを踏む。途中からそれに気づいて面倒くさくなってしまった。まあ後半はうまく作ってあって盛り上げるけど、あのオチはなぁ…。さて、そろそろ死んで今日をやり直すか。
コメント

怪しい彼女 6

2014-07-16 18:22:40 | ノーヒットノーラン
日本なら上野樹里やな。
口うるさい70歳の婆さんが、突如20歳に若返ってしまってという藤子F的SF(少し不思議)コメディ。肉体は若者だけど中身は婆さんのままという設定だけど、この主人公がとにかくうまい。ちょっとポッチャリして古めの美人なところや、汚い言葉も似合う感じもバッチリ。彼女のキャスティングは完璧だ。ただストーリー展開はちょっとベタすぎて…月曜ドラマランドかと思った。だからこそ韓国ではアナ級の大ヒットなのかもしれないけど。
コメント

stand by meドラえもん 6

2014-07-10 17:12:13 | ノーヒットノーラン
大人はいいのかもしれんけど。
ドラえもんを三丁目の夕日の山崎監督がフルCGで3D映画化。ファンとしては期待が膨らみすぎたかなぁ。ストーリーベースは名高い「のび太の結婚前夜」と「さよならドラえもん」を合わせただけだし、途中のシーンをCGってすごいでしょを見せるためだけに追加。デジタルリミックスのベスト盤としてはいいのかもしれないけど、新曲がないのはつらいなぁ。あと監督の「ここ泣くとこですよ」演出がベタすぎて冷める。名作だけに元ネタを見たことがない大人なら響くかもしれないけど、タネを知ってる手品には驚けないわ、子どもだから。
コメント

her 世界でひとつの彼女 7

2014-07-09 22:34:01 | ノーヒットノーラン
はたから見たらキモいけど。
1本前に見た映画と同じく、発達した人工知能が感情を持ったらという設定の作品。離婚でハートブレイクなおじさんが、音声で受け答えしてくれるパソコンのOSと恋に落ちる話だ。と書くと「ときメモ」とか「ラフプラス」みたいなオタクめいたイメージになりそうだが、違う。すごく人工知能が発達していてしかも音声だけなので、単に「肉体」だけが足りない理想の彼女とのストーリーになるのだ。実体はないけど、ときめき、心を開き、相手を求め、時には激しく嫉妬する。見ながら恋って、どういうものなんだろう?必要条件ってなんなんだろうか?いいおっさんだけど考えさせられてしまった。彼女も恋も実体がないものだし。
コメント

トランセンデンス 5

2014-07-07 23:27:14 | ノーヒットノーラン
そないに超えてはなかったか。
死んでしまった天才科学者の脳をコンピューターにアップロードしたカミさん。天才はさらにネットに繋がって暴走、神の域に達しようとするが…という想像したら楽しい話。たしかにあらゆることがコンピューターで管理されているケースが多いけど、ハッキングでやれることが多すぎる。しかも壮大な計画にしてはやられ方がショボすぎる。今、終活流行りだし、もし死んでいく人の意識を保存できたら…と考えたら面白いけど、小うるさいコンピューターじいさんがデータセンターに並びそうで、ちょっと鬱陶しいなあ。
コメント