今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ダイ・ハード4.0 7

2007-06-29 22:50:50 | 逆転サヨナラHR
さすが団塊!
第1作だと19年、3からも10年以上たってたけど、世界で一番運が悪い男は相変わらずトムとジェリーのトム並にタフだった。コンピューターの遠隔操作で全てを行う悪党に気合いと銃だけで立ち向かう「デジタル時代の鳩時計」。アメリカの話だけど、昭和の男の底力を見せてくれたと思う。個人的に一番面白かったのは敵の女ボスを表した言葉。「ああ、あのすぐに人のことを蹴る女か」だって(笑)。確かにそんなヤツあんまりおらんわなぁ。
コメント

転校生さよならあなた 3

2007-06-27 23:46:38 | デッドボール
気持ちわる・・・。
大林監督のこれまでの作品は結構好きだったし、このリメイクも期待していた。なのに思い切り裏切られた。意図的に傾けられたカメラも台詞も演出も全てえ~ってくらい時代遅れで違和感バリバリ。大人と子供の間の微妙な感覚というのが大林作品の魅力ではあったけど、カントクの感性くらいはもうちょっと成長しててほしかった。哲学に凝ったり、女の子をくんづけで呼んだり、家で和服に着替える中学生っていつの時代やねん!時代考証がまず必要だわ。
コメント   トラックバック (1)

プレステージ 5

2007-06-26 19:41:22 | タイムリーヒット
幽霊の正体みたり・・・みたいな。
劇中のジイさんによると、マジックというのは「何もタネのない所を見せる」第一段階、「不思議なことで驚かす」第二段階、「元に戻す事でさらに感動を産む」第三段階で構成されるそうだ。なるほど。この映画全体も最初の「結末は決して話さないで下さい」というフリや、時系列の複雑な並びかえによる目くらましなど、マジックの要素いっぱいで、途中まで観客を惑わしてはくれる。でも最後の火サスみたいなオチの説明で全て台無しだ。第一→第二→第三と来てまた第一にもどして「ただの人でした」じゃ、思いきり興ざめだ。あと一番すごい仕掛けが説明なしで放りっぱなしってのは詐欺ちゃうの。
コメント

憑神 5

2007-06-25 22:00:45 | タイムリーヒット
なんだかなぁ~。
浅田次郎原作、キャストも一流がズラリ、正直かなり期待していた。でもなんか適材適所じゃない感じと、ワンパターンな脚本がとても大味な作品にしてしまった気がする。昨今のブーム便乗とシニアにも受けるように、カントクは落語の雰囲気を出したいと言っていたらしいけど、そんならあのオチはあまりにもショボくないかい?
コメント   トラックバック (1)

選挙 8

2007-06-25 21:50:25 | 逆転サヨナラHR
遠い外国じゃなくて身近にも、知らんこと多いなぁ。
川崎市議会の補欠選挙に立候補した自民党の落下傘候補を追った選挙活動のドキュメントだ。説明のスーパーもナレーションも本人紹介も一切なし。皿の上にあるのは「選挙のブツ切り」だけだ。なのに次第に引きこまれ、選挙戦が終わった時には拍手したくなったのは、山下さんの熱が画面を通しても伝わってきたからだろう。街頭でコメツキバッタのように頭を下げ、初対面の有力者に愛想を振り撒き、党の偉いさんに叱られ倒す。あそこまで我慢して、頑張って、叶えたい志って一体なんなんだろう?今まではセミのような街宣車と万歳している事務所中継くらいしか印象になかった選挙。そのウラでどんな会話が交され、どんな作戦がとられているのか?今度の選挙がちょっと楽しみになったわ。
コメント

ボンボン 5

2007-06-23 23:42:10 | タイムリーヒット
オチは衝撃的だけど。
リストラされたオヤジがひょんな事からもらった犬と旅しているうちに、いろいろな人に出会い、人生が変わっていくという話。ほっこりするいい話なんだけど、なんでこんなに地味なん?主人公もくすんで表情に乏しいおっさんやし、キーになる犬も今までに映画でみたワースト3に入る不細工さ。実際起こってる事件の登場人物って全部が美人OLでも近所でも評判の不審者でもなく、あんな普通の人なんだろうけど、そこのリアルさってのは果たして必要なんだろうか?
コメント

レミーのおいしいレストラン 7

2007-06-23 00:24:03 | 逆転サヨナラHR
子供は禁止やね。
ピクサーが作ったネズミのシェフの物語。最初のトイストーリーで号泣し、それ以降全作チェックしているのに、イマイチばかりだったけど、久しぶりにこれは三ツ星だ。キャラの可愛さに反して、ストーリーはキッチリ。フルCGだから作れるネズミ視点のアクションシーンだけでなく、考えさせられるところもある。ドキっとしたのは終盤の料理評論家の言葉だ。オレがみたのは業界試写だったので、周りはそんな人ばかりだったんだけど、あの一言を我が身のことと感じられた人はどのくらいいたのだろうか?
コメント

パイレーツオブカリビアンワールドエンド 4

2007-06-20 15:52:23 | デッドボール
みんな、ホンマにおもろいの?
誰のために作ったのか非常に分かりにくい作品だと思う。子供むけでは人間関係が難しすぎるし、大人むけだとすれば残るものが少なすぎる。あえていうなら、美術さんとメイクさんとCGさん、あとフィギアマニアみたいな人達くらいちゃうの?これで楽しいのは。不必要にゴチャゴチャしてるし、長すぎる。それでもデップ様のお顔がみられればいい!そういうことなんかなぁ?
コメント

きみにしか聞こえない 7

2007-06-18 16:50:42 | 逆転サヨナラHR
こういうスーパーナチュラルもあるのね。
乙一原作による「ちょっと不思議ないい話」だ。誰も彼もケータイで繋がっている気になっている現在への問題提起も見事だったし、ひとつひとつの設定や展開も丁寧に綴られた感じがして、まさに主演の成海璃子のイメージそのまま、清らかでしなやかな物語になっていた。普段なら減点にする「客にしか聞こえない」心のつぶやきもちゃんと目で演技できていたし、このパターンならOKちゃうかな。
コメント   トラックバック (2)

舞こhaaaan ! 4

2007-06-18 16:37:44 | デッドボール
なんで携帯で漢字でぇへんねん(怒)
阿部サダヲは味のある役者だし、クドカンもタイガー&ドラゴンは大好きだった。でもこれはないわ。荒唐無稽が売りだとは思うけど、ただの悪ふざけ。居酒屋で隣のグループがしょーもない一気コールで盛り上がっているのを思いきり醒めた目でみている、そんな気分に近かった。分かりやすかったわぁ!以外に何も残らない、それでエンターティンメントだからと開き直る、その風潮はいい加減やめとかないか。
コメント   トラックバック (2)

キサラギ 8

2007-06-16 23:44:07 | 逆転サヨナラHR
舞台でみたかった!
久しぶりに唸らされた。元は舞台用のホンを映画化したそうだ。映画の利点である場面移動を使わず、芝居のライブ感を捨てても、まだあれだけ引っ張れるんだから、元はどんなに面白かったんだろう。状況設定、キャラクター、展開、台詞の巧みさ、飽きのこないテンポの軽快さ。ちょっと誉めすぎだけど、ユージュアル・サスペクツを思い出した。マイナスを挙げるなら、変なCGの無駄使いと如月ミキの「いけてなさ」くらい。まあ、それも計算のうちなんかもしれないけど。
コメント   トラックバック (2)

100万ドルのホームランボール 4

2007-06-12 19:31:23 | デッドボール
ちっさいなぁ~。
バリー・ボンズの73号のホームランボールを捕った人と捕ったと主張する人との争いを追った爆笑ドキュメントだって聞いたから、見にいったんだけど、最悪。しょーもない事にムキになっている意地汚い大人の醜いケンカでしかなかった。結末はともかく、気になったのは訴えられた方が日系の小男じゃなかったら、果たしてここまで盛り上がったのだろうか?というところ。インタビューの端々にまたアジア人が自分達の利益を小ズルく盗みやがった、みたいな感情が見えてしまったのはオレだけだろうか?まあドキュメントブームで、夢のあるタイトルに惹かれるのはわかるけど、これを落札しちゃったバイヤーは大失敗じゃないかな。
コメント

300 6

2007-06-12 12:28:00 | タイムリーヒット
濃いなぁ~。
ペルシャの10万の大軍にわずか300で立ち向かったスパルタの王と兵士たちの物語。確かにすごいし、戦闘シーンもかっこいいけど、関西弁でいうと「いちいち、たいそうやなぁ!」最後まで全力投球、力入りまくりのシーンは、最初は新鮮でもだんだん飽きてくる。ステーキ、焼き肉、ハンバーグ、からあげのローテーション。いくら好きでも胸ヤケするでしょ、やっぱり。
コメント

監督ばんざい 6

2007-06-07 17:29:32 | タイムリーヒット
どうしたって比べちゃうわ。
同じ日に公開されたお笑い界2大巨頭の監督作品。どちらも映画で遊ぼうとしているのは共通していたけど、難しい曲を新たな解釈で弾こうと必死だった松本さんと、これまでの経験とテクニックでジャズのアドリブのような演奏を見せたたけしさんみたいな感じがした。カンヌに招待されるような巨匠になっても、還暦過ぎて孫が出来ても、あの空手のシーンみたいなのがあのオジさんは大好きに違いない。何度たけし信者の最上級の誉め言葉「くだらねぇ~」をつぶやいた事か。またこれが興行成績じゃ、松本さんに絶対大敗するところがいいんだよな。
コメント

その時は彼によろしく 5

2007-06-05 21:39:38 | タイムリーヒット
話としてはよくある幼なじみ&病気もの。長澤まさみの背伸びはちょっとキビしかったけど、カワイイから許す。それより気になったのは三角関係といいながら、直接のカラミが全くなかった塚本高史の存在だ。なんでも昔、まさみちゃんを振ったらしい。仕事だから渋々共演はするけど、絶対喋りたくない。大人って大変というか難しいね、その辺。
コメント