今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ディア・ピョンヤン6

2006-10-29 01:51:51 | タイムリーヒット
この時期にこの映画を公開するのは…面白いなぁ。
南出身ながら総連の幹部だったオヤジさんを娘が10年追いかけたドキュメント。生野区に普通に住んでて、見た目はジャバ・ザ・ハットだけどいい人っぽいオッちゃんだ。でも自分も嫁も活動家で息子3人は北に送り出し、もちろん日本には帰ってこれていない。
日本で暮らし、北で苦しんでいる家族や親戚にせっせと仕送り。いい加減「地上の楽園」じゃないことは分かってるはずだ。でもいまだに偉大な将軍様を本気で称え、自分は住んだことのない国の為に生きるといってはばからない。何か意地みたいにも見えた。
朝鮮人として、日本に住んでいる人間として、そして何より父親として。オヤジさんのいろんな想いや表情がつまっていて、何とも言えない気分になった。
コメント   トラックバック (1)

サンキュー・スモーキング 8

2006-10-29 01:33:12 | 逆転サヨナラHR
うまい!久しぶりに唸らされた。エロとかそういうんじゃない、大人のコメディだ。
世の中には必要悪ってヤツが存在して、それでオマンマ食べてる人たちがいて…でも決して彼らが根っからの悪人というわけじゃなくて。
そういう黒い部分を巧くコメディに仕立ててあり、劇場で声を立てて笑ってしまった。タバコ・酒・銃器業界の週1ミーティング!にはやられたし、「柔軟な道徳心」という言葉はとても印象に残った。お金のため?仕事のため?家族のため?アナタは何のためなら柔軟な道徳心を持てますか?
コメント   トラックバック (3)

16ブロック 5

2006-10-29 01:22:56 | タイムリーヒット
普通すぎ。ヒネリなさすぎ。アクションとしても、変形バディものとしても中途半端。上映中はそこそこ楽しめるかもしれないけど、後に何も残らない麦茶みたいな爽快感。多分ひと月もしたら、見たことすら忘れてるわ。悪役のテリーマンが久しぶりに見られてよかったくらいかなぁ。
コメント   トラックバック (1)

地下鉄〈メトロ〉に乗って 4

2006-10-29 01:17:56 | デッドボール
浅田次郎モノには正直弱い。この作品も予告編を見ていた頃は「父親」「昭和」涙腺を刺激しそうなキーワードが並び、小説はわざわざ読まずにいたくらいだ。でもこれはアカン。タイムスリップが絡んだファンタジーなんだけど方法が適当だし、都合のよすぎる展開が続くばかり。主人公の父親への気持ちは描ききれてないし、「父親の今」がないから実はこうだったんだと言われてもピンとこない。過去と現在を行ったりきたり不思議な体験、それで満足でしょ、みたいな作品。小説はもうちょっとマシなのかな?
コメント   トラックバック (2)

男はソレを我慢できない 3

2006-10-29 01:09:19 | デッドボール
やたらと邦画に曲者役で出てくる竹中直人。いい声だとは思うし、演技の幅のある俳優だとは思う。でも「面白い」ポイントがどうもずれてるんだよなぁ。下北・寅さんというキーワードに惹かれてみたけど、DJタイガー?悪ふざけにしてはつまんなすぎ。
コメント

ブラック・ダリア 4

2006-10-18 19:50:58 | デッドボール
名作「LAコンフィデンシャル」と同じ原作者だというから期待していったけど、
前半ほぼ眠ってしまった。暗い、テンポが悪い、思わせぶりなフリばかりで謎解きが進まない。
最後に犯人による犯行解説があったけど、2時間ドラマちゃうねんから。
何かミステリー特有のエンディングカタルシスが全然なくて、ダルさだけが残った作品だった。
コメント

幸福〈しあわせ〉のスイッチ 6

2006-10-18 19:49:51 | タイムリーヒット
期待しすぎたかなぁ?最後までスイッチが入らなかった、蛍光灯がつききらんかったというのが本音。
上野樹里が普段とは段違いに不細工だったのでビックリした。あれが、心を開いていくに従ってかわいくなっていくのなら納得もいくが、最後までブスのまんまだった・・・。
いろんな表情を見せられるのは女優の力量だとは思うけど、ずっとボールではなぁ。
コメント

マーダーボール 7

2006-10-18 19:48:25 | 逆転サヨナラHR
すげぇ!
一言で言うならそういう映画だ。四肢が不自由な人たちが改造車椅子でガンガン
ぶつかり合う車椅子ラグビーのドキュメント。試合の迫力もすげぇが、もっとすげぇのが選手の人柄。普通、障害を負うことになったりするとその落ち込みから暗くなったり、逆に妙に聖人になったりする人を良く見るけど、彼らはそんなんちゃう。ヤカラのまんま!
全くヘコむことなく、かえってヤカラパワーをアップしてガツンガツンやっている姿を見たら、もっと頑張らないとあかんなぁと思った。五体満足なんだから。
コメント   トラックバック (1)

ワールド・トレード・センター 4

2006-10-18 19:47:29 | デッドボール
実話にもとづいた話ならではの「物語としての甘さ」。
誰も救いだせず、運良く助けられただけの警官にも、その家族にも感情移入はできなかった。家族の心配だとか、パニック状況で生き残る精神力のすごさなんかはわかる。でも、なんでそれに911を絡めねばならんのか?
陰謀説が有力で微妙な状況にある事件を取り上げて、あえてそこに関係ない作品を撮る意味は最後までわからなかった。
なんか「ほしのあき」のヘソにわざわざ注目しているみたいな感じだ。
コメント   トラックバック (1)

夜のピクニック 6

2006-10-18 19:46:09 | タイムリーヒット
本屋大賞に輝いた原作は一年位前に読んだ。だから感じたのは「映像化するには向かない原作だなぁ」ということだ。
高校の伝統行事である夜中の80キロ歩行。年頃の少年少女が夜を徹してひたすら歩く。当然そこにはいろんな思惑やドラマがあるんだけど、映像はものすごく
地味にならざるをえない。役者のキャリアが浅いから心情や疲れも表現しにくいし、頭の中の妄想なんて、浮いたCGを無理やり使うしかない状況は気の毒にすら思えた。
ただ、学生時代の友達と過ごす夜のえもしれぬワクワクを久しぶりに感じてうれしかった。
卒業式の前日、部室に目張りして光が漏れないようにして、酒盛りしたのを思い出すなぁ。
コメント

ジャンプボーイズ 5

2006-10-18 19:44:32 | タイムリーヒット
体操選手を目指す5人の少年たち。それぞれ個性はあるんだけど、何せ顔が同じに見えてどうも感情移入しきれなかった。ドキュメントなんで難しいかもしれないけど衣装とか帽子とかで区別できるようにすればよかったのに。
でも、そんなことは置いておいても、子供の成長ってすごい。
毎日どんどん変わっていくもんなぁ。
コメント

スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ 3

2006-10-04 23:24:50 | デッドボール
一言でいうと「しょっぼ~い」映画。朝カユいがヨーヨーひとつでヘリを撃ち落していたヤツも昔見たことがあったと思うけど、それ以上に無理のある展開に言葉も出なかった。イジメ・BBS・リストカット・集団自殺?なんか知ってる若者ニュースを並べただけ。しかも古いッちゅうねん!せっかく初代を母親で出してるんだから、性格の悪い2代目とか男運のよくない3代目姉妹なんかも絡ませて、ちょっと裏で助けてもらったりすれば面白くなったのになぁ。
唯一ある見所は石川梨華のSMっぽいコスプレ。そして笑いどころはなぜか七五調のあややの啖呵!寅さんかと思ったわ。
2世だからってこんな映画作って無駄遣いしてると、お前らみんなヤキ入れるぞ!(桜塚やっくん風に)
コメント

もしも昨日が選べたら5

2006-10-04 02:08:07 | タイムリーヒット
最初の設定はすごく面白かったと思う。ただ、あれだけの「万能リモコン」を持っていながら、メインの使い道が時間のやり取りだけになってしまったのがイマイチな理由。人のいろんな能力をコントロールするイタズラとか、テレビの向こうに影響を与えたりする展開があれば、もっと話がひろがったのに。すごく可能性のある設定なのに最後は結局「家族は大事に」じゃ、あまりにもったいない。
コメント   トラックバック (2)

出口のない海5

2006-10-04 02:00:27 | タイムリーヒット
タイトルは秀逸。ただ長大な原作を2時間に入れるために、いろんなキャラ設定やドラマをはしょりすぎ。俺は読んでないが、これから見るなら絶対原作を読んでからにするべき。じゃないと心情がまったく理解できない。
コメント

涙そうそう 6

2006-10-04 01:55:11 | タイムリーヒット
予告見て「泣くやろなぁ・・・」と思っていたけど、そうでもなかった。ツマブキくんも今回は適役だったし、長澤まさみが妹だったら最高だろうけど、俺は兄弟愛よりやっぱり親子モノに弱いみたい。ただ、沖縄行きてー!とは思った。
コメント