今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ハクソー・リッジ 7

2017-06-30 21:30:25 | ノーヒットノーラン
圧倒された。
宗教感とトラウマから軍隊に志願しながら、決して武器をもたず、誰も殺さず、仲間を救った実在の英雄。ただただ信念の強さ、それが生み出す力に圧倒された2時間超だった。自分が守りたいもの、主義主張、個性、こだわりなんて言葉が通用するはずがない戦時中。「仕方ない」「それが国のため」手放すのが普通だからこそ輝く、有難い物語だ。
コメント

パトリオット・デイ 6

2017-06-17 21:15:22 | ノーヒットノーラン
やっぱりアメリカなんだよなぁ。
2013年のボストンマラソンで起こった爆発テロ事件を元にした物語。実際の被害者や関係者も最後に出て来て、長~い再現ドラマみたい。それなりに見応えはあったけど、犯人側の描写が薄すぎ。動機もなんもなくて、結局アメリカ万歳!我々は負けない!って、あの国のやりくちだよなぁ。
コメント

22年目の告白 7

2017-06-12 22:24:30 | ノーヒットノーラン
濃いなぁ…。
藤原竜也、伊藤英明、仲村トオル。まあ暑苦しい役者オールスター!でもこの物語ではしっくり来たのも事実だ。入江監督、始まって1時間半、手に汗握らされた時間帯は見事だったと思う。ただ締めはちょっと残念だったなぁ。韓国の原作からして、ちょっとご都合主義だったかと。
コメント

メッセージ 5

2017-06-09 18:07:13 | ノーヒットノーラン
SFに見えるけど。
というか、たしかにSFなんだけど、普通想像するような戦いとかワクワクはない。変わりにじわっと来るのは「未来がわかっていても、それを選びますか」という深いメッセージ。う~ん、思い切りもがくかなぁ、自分なら。
コメント