今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

の・ようなもののようなもの 4

2016-01-29 18:49:45 | ノーヒットノーラン
絶対小言だわ。
森田芳光さんは好きな監督だった。調べたら「の、ようなもの」は81年公開だから、レンタルビデオで見たんだろうけど、面白かった記憶がうっすらある。35年前の作品の続編を当時の助監督や元森田組の出演者が集まって作った追悼的な映画なんだろうが、オマージュをつなげただけで、噺になっちゃいない。追い討ちをかけたのが伊藤克信の全く進歩ない演技力。あれじゃ天国の監督は絶対OKくれないはず。
コメント

パディントン 5

2016-01-27 10:00:48 | ノーヒットノーラン
可もなく、といって。
ハリーポッターのプロデューサーが、という看板で作られた童話のCG実写化。すでに変化球のテッドがある状況で、普通のええ話はインパクトに欠ける。家族で安心して見る映画であって、オッサンが一人で行くのは間違いやったなぁ。
コメント

ピンクとグレー 5

2016-01-24 15:43:50 | ノーヒットノーラン
で、なんなんよ?
ジャニーズが書いたアイドルの世界を舞台にした原作をジャニーズ主演で映画化。でも俗にいうアイドル映画ではない、のはわかる。ピンクとグレーで状況設定が大きく変わる中、メインどころの俳優たちの演じわけは見事だ。ただそれを表現するためのことに労力の大半を使ってしまい、何も残らない物語に。ね、騙されたでしょ!マジックショーを見終わった感じ、まあそれでもいい人はいるんだろうけど。
コメント

ブリッジ・オブ・スパイ 6

2016-01-19 21:25:47 | ノーヒットノーラン
キムタクに見せたい。
コーエン兄弟脚本、スピルバーグ監督の大人の映画。トム・ハンクスはいつも通りだけど、冷戦下で目先の利益に流されず、信念を守りとおした男たちの物語だけに重みがあった。得より義を重んずる話で賞を狙うあざとさと、トム・ハンクスがちっとも交渉上手に見えないのがマイナスだけど。
コメント

黄金のアデーレ 名画の帰還 5

2016-01-17 18:26:13 | ノーヒットノーラン
浜村さんちゃうねんから。
戦中、ナチスに強奪された名画をオーストリア政府を訴えて奪還した実話だそうだ。ナチスの横暴、長いものに巻かれたオーストリア政府への不満など、いろんな要素が含まれた物語だけど、法廷シーン以外にも見せ場はたくさん作ってあった。ただタイトルで勝ち負けを言っちゃったら、盛り上がらんよなぁ。
コメント

クリード チャンプをつぐ男 6

2016-01-05 22:15:24 | ノーヒットノーラン
やっぱりビックマックはうまい。
ロッキーがアポロの息子のトレーナーになって育てる物語。監督はロッキー4公開の翌年に生まれた若者だけど、ロッキーシリーズへのリスペクトを充分感じる出来になっている。だから作りの粗さ、最後の試合で全部帳消しにする感じもそのまま。でもそれがロッキーの魅力やねんな。唯一不満があるとしたら、トレーニングで肉屋に行かんところ。やっぱり肉たたいてなんぼやろ、ロッキーは。
コメント