今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ベイビー大丈夫かっBEAT CHILD1987 8

2013-10-29 21:58:18 | ノーヒットノーラン
なんだこの達成感!
1987年に阿蘇で行われた伝説のロックフェスのドキュメント。出演はブルーハーツ、レッドウォリアーズ、ボウイ、ハウンドドッグ、岡村靖幸、尾崎豊、渡辺美里、佐野元春…その並びだけで自分世代は感嘆する。だけど伝説を作ったのは彼らでなく、オールナイトで彼らを見つめた72000人の観客と豪雨だった。野外フェスのはしりで、充分な対策もない上に今なら100%中止になる悪天候の中、アーティストとファンが音楽で繋がり支えあって明かした嵐の夜。ものすごい過酷な状況を追体験したような気になり、曲の懐かしさ以上の感激があった。押し入れの奥のCDを引っ張りだしてみようかな。
コメント

マッキー 5

2013-10-29 17:32:39 | ノーヒットノーラン
文化の違い?
今年No.1の名作「きっと、うまくいく」でかなり評価が上がったインド映画だけに期待してたけど…毎回うまくはいかないね。恋敵のマフィアに殺された男がハエに生まれ変わって復讐する話なんだけど、どんなにかっこよく見せてもハエはハエ。なかなか応援するテンションにはならないし、リアルな3Dで描いても不快感はぬぐえない。さらにマフィアだし、自分を殺した男だと言っても復讐がねちっこく、残酷すぎで、そこにヒロインまで加担するのはどうか?倍返しじゃないけど、そこの感覚やユーモアに共感できなかった。ハエじゃなく、蚊くらいなら何とかなったのかなぁ。
コメント

おしん 5

2013-10-22 23:50:41 | ノーヒットノーラン
30年前の復習かな。
資料を見てひっくりかえった。あまちゃんなんて甘い!最高じゃなくて平均視聴率が56%という国民的ドラマの映画化だ。当時10歳でおしん役の小林綾子と同世代だったけど、30年たってお互い親世代に。健気なおしんも堪らないが、小さな娘を奉公に出さないと生きていけないゴローちゃんと上戸綾に感情移入する部分が多かった。少女時代だけとはいえ、半年分くらいを2時間弱にしてるから、週末にやってるハイライトみたい。ドラマをみたことがない世代はどう感じるんやろ?子役のピュアな感じに心洗われる一方、この映画で儲けようというのがNHKでなくTBSだという大人の事情に醒めてしまう。そこに手を出さんでも自前でいい作品あったろうに
コメント

陽だまりの彼女 4

2013-10-16 21:27:48 | ノーヒットノーラン
くるりと回って…。
ダメ営業マンのマツジュン、10年ぶりに再会した同級生上野樹里のラブストーリー、もちろん一目惚れで盛り上がり、でも彼女には秘密があった。設定だけで普段なら、金をもらっても見にいかないタイプの作品だ。でも見に行ったのは原作が「女子が男子に読んでほしい小説No.1」だときいたから。女どもは何を望んでるのかには興味あったけど、ありゃごめんなさいやわ。難しい展開でも複雑な人物像でもない。だけどどの辺がいいのか、どこに引かれるのかはさっぱりわからない。やっぱり理解できないわ、俺レベルでは。
コメント

男子高校生の日常 5

2013-10-16 21:14:59 | ノーヒットノーラン
あいもかわらず。
自分が高校を卒業してからもう2年以上。男子校じゃなかったので、女子に対しての過剰な反応はなかったけど、やっぱり男子高校生はアホすぎて、ちょっと安心した。女子高と合同の文化祭というある意味ファンタジーな設定で、空回りしまくる男子とグッと大人な女子。その構図はかわらないけど、どちらもなんか冷めてたり、自分のテリトリーでの守りに必死だったり、こじんまりしてるなぁ。リビドーが突き動かす大人にはマネできない無茶。もっと面白くなると思うけど、あれがリアルなのかもしれない。
コメント

R-100 3

2013-10-06 23:56:10 | ノーヒットノーラン
王さまは裸じゃないか。
ダウンタウン松本さんの4本目の映画。これまでは全部見たし、2本目のしんぼるは好きな部分もあった。それにしても今回はひどい。松本さんのオナニーとか、素人では考えつかないイメージの世界は結構。売ったり宣伝する側、そして何よりお客さんのことをこれぐらい放置して、なにがエンターテイメントだ。大森南朋演じる主人公はどMなのかもしれないけど、見ている人たちはMでも我慢強い人でもないから。あれでOKを出す監督に誰も文句が言えない。セルフパロディにしては寂しすぎるんじゃないかな。
コメント