今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

闇の子供たち 7

2008-08-28 01:52:48 | 逆転サヨナラHR
真逆の映画だ。
普通、映画は「本当はないけど、あったらいいのに」を映像化したつくりものだ。でもこの作品で描かれていたのは「本当はあるけど、嘘だったらいいのに」と思ってしまう現実。生活のため親に売られた子供たちはロリコン野郎の餌食になり、病気になればゴミのように捨てられる。さらにオーダーがあれば病院で麻酔をかけられ、生きたまま心臓を奪われる。ホラーや古代の話じゃなくて、タイで現在も実際行われている犯罪だそうだ。胸が苦しかったのはそのオーダーを出しているのが、カネを持っている日本人だという場面。出どころは察しがつく、でも我が子の命を救うためなら。良心と子への愛情の天秤、自分ならどうするだろう。心の底にドーンと来る1本だった。
コメント

フレフレ少女 4

2008-08-27 03:31:21 | デッドボール
オトナから見た「青春ってこんな感じだったろ」ムービー。ガッキー主演で思いきりその層を狙ってるんだろうけど、若者像が記号化されすぎてうすっぺらい。確かに頼りなくて、何も考えてないように見えるかもしれないけど、そのまんまレベルで作っちゃうとこうなっちゃいますよ。
コメント

ひゃくはち 8

2008-08-21 15:24:10 | 逆転サヨナラHR
今週終わった高校野球。だからというわけじゃないが強豪高校の補欠が主人公の作品を見てきた。タイトルは人間の煩悩の数であり、野球のボールの縫い目の数。劇中では「偶然だろ」で片付けられていたが、そうじゃない気すらした。一番自由で何でもできる高校時代を、保証なんて何もない野球にぶつける事ができるんだろう?やりたいさかりの煩悩だらけの心をどうしてあの硬いボールに閉じ込めることができるんだろう?答えは簡単に出ないだろうが、彼らを見ていて羨ましくて少し心が震えた。
ネットで映画評をちょっと見たら「神聖な高校野球を汚すな」的な熱闘甲子園信者みたいな人の批判があったけど、わかってないなあ。この映画で描かれたように、汚くて人間らしい部分があるからこそ、その先にある栄冠がまぶしく見えるんだ。どんなきれいなアイドルだってウンコもセックスもするんやから。
コメント

カンフーダンク 5

2008-08-21 00:57:45 | タイムリーヒット
俺も大人になった。だから薄っぺらいストーリーもカンフーとバスケットが全く結びつけられない設定も、ワケのわからない敵も目をつぶろう。まぁ、試合のシーンは爽快感もあったし。
ただ解せないのはこれが、あの冴えない兄さんのためのアイドル映画で、さらに彼が一応アジアのスーパースターらしいことだけだ。
コメント

ハムナプトラ3 5

2008-08-18 14:00:47 | タイムリーヒット
暑くて脳味噌溶けたか、よっぽどお暇ならどーぞ。
映画におけるCGってあり得ないシーンを作りあげるのと同時に、夢を奪っていくよなぁと思った。寄る年並に勝てないインディに変わって、秘宝冒険モノのトップに踊り出たいんだろうけど、どんなすごいシーンを見せられても「はいはい、CGでしょ。ご苦労さん」となっちゃう。肝になる謎にしても西洋人が知らないからって適当すぎ。ジェット・リー様が「蘇れ!」って叫んでたけど、兵馬傭は最初っからハニワですから。
コメント

俺たちダンクシューター 5

2008-08-17 15:44:18 | タイムリーヒット
意外と普通でガッカリ。
アメリカでは大スターなのに日本では扱いがイマイチというウィル・ファレルだけど、これを見るとよく分かる。実在したバスケットのヘッポコチームという面白くなりそうな設定なのに、展開が「メジャーリーグ」のパチモンレベルではあかん、コメディというならもっとメチャクチャやらんと。あんな話、日本ならちょっと年とったジャニーズがやるわ。
コメント   トラックバック (4)

きみの友だち 7

2008-08-13 15:29:01 | 逆転サヨナラHR
大好きな作家、重松清の短編集の映画化。短編を連ねるために多少無理な繋ぎはあったが、原作の雰囲気には忠実なつくりだったから、この評価は原作の割合がかなり多い。重松作品の魅力は子供時代のリアルな日常「あるある」。ただ芸人がネタにするような類でなく、誰もが経験しているけどあまり思い出したくない部分をえぐり出してくるので、見ていて胸がちょっと痛くなる。でもあそこを経てこそ、今の自分がいるわけで。じわっと味の出てくる高野豆腐みたいな映画だ。
コメント

ダークナイト 6

2008-08-13 13:09:18 | タイムリーヒット
題名が「暗い夜」だと勘違いし、当たり前やん!と思っていたら「暗闇の騎士」だった、失敬。
この映画を含め、俺がバットマンシリーズが好きなのはバットマンが超能力や定められた運命で戦ってるのではなく、勝手に「金持ちの道楽」で普通の人がヒーローごっこをやっているところ。今回もあり得ない資金力と科学技術力を駆使して戦い、最近のヒーローもののお約束で人間らしく悩んだりする。ビルゲイツは金持ちでも体力的にしんどいだろうから、Googleを作った人あたりがリアルバットマンに挑戦してほしいなぁ。そうしたら無断で路地を撮影して回っても、パトロールの名目で問題にならんやろし。
コメント   トラックバック (23)

アキレスと亀 7

2008-08-07 17:17:41 | 逆転サヨナラHR
自由だっ!
人間って産まれた時からいろんなものに縛られている。子供の頃は親や学校の教育に、大人になったって社会常識や会社、家族や生活を守るためのお金に縛られて生きている。でも還暦をすぎて子供も独立、お笑いや映画で地位も収入もトップを極めたたけしさんくらいになると縛られるものなどほぼないんだろう(モナくらいか)

そんな彼が子供が絵を書くように自由に作った作品がこれだ。アートに生涯を捧げた主人公と周りの人々を通じて描かれる、芸術ってなんだ?誰のために、何のためにあるんだ?という問掛け。でもそんな高尚な部分もあれば、還暦すぎて風呂に沈められたり、大女優に着ぐるみ着せてペンキまみれにしたりと、らしいところもしっかりある。最近凝っている絵を物語にしたようだというのが、見た後の印象だ。
だから俺たちのような信者は無条件に「しょうがねぇなあ」と笑えるが、あれをカンヌに持って行くのはどうなんですか?森社長!
コメント (1)

おいしいコーヒーの真実 5

2008-08-05 18:51:30 | タイムリーヒット
たいして味なんてかわらんのに、イキった女がよく飲んでいるスタバのコーヒー。あまり行かないのでよく知らないが、だいたい1杯400円くらいだろう。でもその豆を作っているエチオピアの農家に入るのは1000分の1のわずか0.4円。その差額を手にしているのは欧米諸国の企業や投資家。確かにその比率は衝撃的な真実だけど、この映画があかんのはそれだけで終わっているところ。奴隷時代から続く白人の搾取は改めて訴えることではないだろうし、それを何とかしようとする農協の動きも地味すぎて・・・。ドキュメントとエンタメは違うのはわかってるけど、やっぱり観客に次へのヒントやメッセージを伝えられなきゃ。
コメント

インクレディブル・ハルク 5

2008-08-05 15:15:57 | タイムリーヒット
もちろんアメコミの域は出てないんだけど、大人でも一応見られる作品に仕上げているのはさすがハリウッド。仮面ライダーやウルトラマンはこうはいかないもんな。意外と今度公開されるヤッターマンあたりが、ヒーローの矛盾や孤独感に深く切り込んだ人間ドラマだったりして。
コメント

ギララの逆襲 洞爺湖サミット危機一発 3

2008-08-05 01:31:46 | デッドボール
確かにくだらない、でも面白くもないからタチが悪いわ。マニア向けの「一周回った面白さ」を狙ってくだらない作品を作っているカントクだが、何周したってつまらんもんはつまらん。あれに金出したり、一生懸命やってる人はどんな気分なんだろう。作りこんだ特撮より、亡くなる直前の水野先生の顔の方がSFXっぽくって、そこに一番衝撃を受けた。あと、タイトルの「危機一発」はわざと間違えてるの?
コメント

ドラゴンキングダム 6

2008-08-05 01:18:53 | タイムリーヒット
白人のカンフーおたくの夢を叶えるだけの映画だが、正直、スジなんてどうだっていい。ジャッキーとジェット・リーがまさに夢の競演。ちょっと前、デ・ニーロとアル・パチーノとかあったけど、我々世代にはこっちの方が数段上。二人の対決シーンはいつまでも見てたかったなぁ。
コメント

百万円と苦虫女 5

2008-08-02 02:43:38 | タイムリーヒット
いろんな意味で今風な作品だなぁと思った。自分の不遇を環境のせいにしてどんどん逃げる。親密な関係と面倒くささは表裏一体なのにそこは避けて寂しい顔だけはする。もちろん弱い部分は誰でもあるだろうけど、それが逃げてるうちにいつか救われるみないな甘い話はどうなんだろうか?
蒼井優は大好きな女優だけど、最後まで入り込めなかったし、あの病的な腕の細さにちょっとひいた。スジ入ったのはあかんやろ。
コメント (1)