今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

あいが、そいで、こい 5

2019-07-29 19:02:20 | ノーヒットノーラン
あの夏がピークだったんやろか?
高校3年の夏休みの物語。バイトして、ケンカして、バカな友達とジャレあって、意地張って、ちょっとお姉さんに恋をして…青春フルコースや。懐かしい感じではあるし、いつの時代もこうなんやろうと思うけど、それだけだなぁ。感じるのは男子の幼さばかり。でもあんな夏休み、もいっかい、やってみたいなぁとは思った。
コメント

ブルースブラザーズ 7

2019-07-15 18:47:14 | ノーヒットノーラン
思てた以上!
午前10時の映画祭で、見た気になっていたこれを見た。素晴らしくカッコよかった。音楽はもちろん、CGなんて何もない時代にあのカーアクション。これぞお金を払って見るエンターテイメントだった。DVDとかアマゾンプライムで簡単に見られる時代だけど、スクリーンで見る価値って、あるなぁ。
コメント

トイ・ストーリー4 6

2019-07-14 19:30:19 | ノーヒットノーラン
そりゃ、成長もするわ。
DVDも全部持ってる大好きなシリーズ。一旦3で終止符を打ったのが2010年。あれから9年、楽しみにしていた新作はいろいろ成長してるオトナの1本だった。アンディからボニーに譲られ、以前とは違う環境のウッディ一座。大のお気に入り(最前線)の降格、自信喪失、チームの仲間への声かけ、存在意義の確認…中間管理職向けのビジネス書みたいなテーマ。今の自分にとってはドンピシャだけど、これトイ・ストーリーだよ。みんなは、おもろいのか?
でも振り返ってみると、これは決して子どもにだけ向けた物語ではなかったと思う。20代、30代、40代。気づかせてもらったことの多いシリーズだった。
コメント

凪待ち 5

2019-07-11 21:28:47 | ノーヒットノーラン
そろそろ凪来ないかなぁ。
人生につまづいて、堕ちていく男と血の繋がらない家族との再生の物語。まとめるならそう書くんだろう。海外の作品ではよくあるパターンだけど、こういう話キライだ。なんでカネ払って人間のイヤでダメなところをほじくり返すのを見ないとあかんの?周りに支えてくれる人がいるから再生?そんな簡単ちゃうと思う。もちろん支えてくれる人はありがたいけれど、そこすら裏切ってしまうのがダークサイドに堕ちた人間なんじゃないかと思う。おとなしく、凪を待つしかないんだろうか?
コメント

フリーソロ 7

2019-07-10 23:51:52 | ノーヒットノーラン
見たあと、どっと疲れた。
CGでどんな世界でも作れる今、たいがいの迫力は味わえるけどこれは違う。1000m近い岩壁を命綱なし、一人で登るクライマーのドキュメント。完全リアル、ほんのちょっとのトラブルで即死だ。もちろん映画になってるわけで死んではないのはわかるけど、映画史上最も死に近い映像を見つめるこっちも力が入りすぎた。でも人間の刺激への耐性って恐ろしくて、フリーソロを見てる最中は、命綱に頼ってる他の人が楽に見えて「ロープありゃ楽勝」とすら思ってしまった。全くそんなことはない、撮った人たちもスゴすぎる。
コメント

ダイナー 4

2019-07-05 23:18:32 | ノーヒットノーラン
まあ、いろんな映画があっていいのかもしれないけど。
尊敬する劇作家 後藤ひろひとさんが脚色を担当したから見に行った映画。蜷川実花監督作はたぶん見てるけど、色彩以外は印象にない。今回もだ。殺し屋専用の食堂という異世界の中での蜷川組の謝恩芝居は、たしかに後藤さんの書いてた世界に近い部分もあるけど、あれ脚本いる?物語でより映像で表現したいんだろうけど、そういうのはPVとかCMとか、ビデオクリップでやってほしい。映画館では物語を楽しみたい。
コメント