今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

7つの贈り物 4

2009-02-27 18:27:02 | デッドボール
アンパンマンちゃうねんから。
ヤンチャがしんどくなってきたウィル・スミスがいい人キャラをつけたい!みたいな映画。別にそれは構わないけど、いい人ぶりがあざといし、動機がなかなか描かれないのでイライラする。大事な人を失った悲しみや後悔はわかるけど、彼のやったことはいい人というか、狂気すら感じる。いい話のはずなのに全く共感できない自分がいた。
コメント

少年メリケンサック 6

2009-02-27 18:20:46 | タイムリーヒット
農薬でもなんでもイッたれやぁ!
クドカン監督によるパンク親父の物語。彼らに振り回される宮崎あおいが問いかけてくる「パンクってなんなのよ?」ところどころに入っている小ネタにクスッとしながら、それを考えていた。やったことがないオレがいうのも何だけど、パンクって若者なら誰もが持っている欲求不満や暴力衝動を合法的に?発散する、「意図的にキレる」ためのツールだと思う。無茶苦茶だし、荒削りでカッコいいわけではないけど、やりきってる感じが気持ちいい。そんな彼らの老後に目をつけたクドカンはさすがだと思う。そういやあのバンドの皆さんて、今何してるんだろうなぁ?
コメント

マダガスカル2 6

2009-02-20 02:01:03 | タイムリーヒット
ディズニーとはひと味違う。
シュレックの流れを汲むドリームワークスのCGアニメ。その特長は子供向きに見えて大人だけがわかるところがある、というところなんだが、これもそんな作品だった。ライオンの親子やキリンの片想いもいいけど、最高なのがペンギン。誰もがかわいいと思う奴があんなに悪くてズル賢いなんて。芸能界にもあんなん、いるなぁ。
コメント

旭山動物園物語 6

2009-02-12 15:35:07 | タイムリーヒット
なにジェクトXでしたっけ?
廃園寸前から動物の行動展示という画期的なアイデアで日本一の人気まで上り詰めた旭山動物園の偉人伝?みたいな話だ。子供と年寄り向けに作ってあるからビックリするくらいベタだけど、偉大な成功事例だけあって心動かされる部分はあった。不景気で二言目には「カネがないから」「予算カット、規模縮小」ばかりの世の中だけど、縮こまって嵐が去るのを待つんじゃなくて、前向きに自分たちのやれることをやる。真面目で照れ臭いが、その大切さを感じさせてもらった。
コメント   トラックバック (1)

doubt 4

2009-02-12 15:20:31 | デッドボール
宗教の違いと言ってしまうのは簡単なんやけど。
この時期にニョキニョキ出現する「アカデミー確実」作品のひとつだけど、う~ん。ザクッと頭の固い修道女が改革派の神父の疑惑を追及する話だが、結論はでない。タイトルどおり人の心の疑いが生み出すもの、証拠なき罪をどうするか?大罪の前の小さな罪は?みたいなテーマだけど、正直おもんない。神に対してのスタンスとか倫理観とかが欧米とは違うからある程度仕方ないけど、考えさせるにしたってもう少し柔らかい、分かりやすい設定はあるんちゃうかな?
コメント

ララピポ 5

2009-02-12 14:53:12 | タイムリーヒット
まるで、セクキャバの生殺しやん。
伊良部先生シリーズなんかで好きな作家、奥田英朗が書いたエロがらみの話だと言うし、すぐ映画化が発表されていたので原作読まずに我慢してたのに…。
なんか社会のダメな人たちが♪みんなみんな生きているんだ♪みたいな話でしかなく、必要以上にエロとそれに関わる仕事に対しての蔑視が感じられてちょっと不快だった。モテない奴やデブや風俗嬢や精神を病んでる人はミミズとかオケラちゃうねんから。
チンコに喋らすなら、もっと徹底的にくだらなくやりきっちゃえばちゃんとイクことができたはずなのに。
コメント (1)

ニセ札 5

2009-02-09 12:58:18 | タイムリーヒット
…ビミョーやなぁ。
本業のお笑いより映画やドラマでの殺気を含んだ存在感が光るキム兄の監督作品。役者の演技も内容も悪くないんだけど、とりたてて良くもない。作り方次第ではドキドキワクワクのエンターテイメントになるのに敢えてしていない。お笑いでも社会派でもない。解釈は見る側の自由かもしれないけど、監督の深意が計り知れなくて何かむず痒くなった。
コメント   トラックバック (1)

レボリューショナリー・ロード 4

2009-02-07 03:52:17 | デッドボール
おせっかいか!
タイタニックのレオナルド・デュカプリオとケイト・ウィンスレットが…って名前長いわ!なんでイラついているかというとこんな映画を見てしまったから。簡単にいうと二人が演じる傍目には理想の夫婦が崩壊していく話だ。よく言う話だけど夫婦は所詮他人。お互い相手の生活に違和感があるけど、その落とし所をみつけながら新しい幸せを探すのが結婚の醍醐味みたいな感じだと思う。なのにこの映画はちょっとできたひび割れに水を流し込むように…これ見て誰が幸せになんねん!大きなお世話やっちゅうねん。
コメント

大阪ハムレット 8

2009-02-05 13:29:34 | 逆転サヨナラHR
生きるべきか死ぬべきか、って生きとったらいいことあるやん!こんな映画に出会えるやん!
大阪のディープサウスのちょい複雑な家族のお話。東京やったら社会の歪みとか小難しい理屈を入れそうだが、そんな話一切なし。小中高生の3兄弟がそれぞれ悩み、ケンカし、でも日々を前向きに生きていく。その中心にいるのは自由でたいがいのことには動じず、どーんと一家の中心に構えたおかん。ありそうでなかなかない、ある意味ファンタジーな家族映画だ。
コメント

マンマ・ミーア! 7

2009-02-04 16:35:02 | 逆転サヨナラHR
いや~楽しかった。
内容はおばはん回春物語だし、全然ABBA世代ちゃうし、劇団四季で見たから話は知ってるし、ピアース・ブロスナンは男前だけど歌は下手。だけど無条件に楽しい。こういう万人の琴線に触れるモノを産み出せるところが、ハリウッドやブロードウェイのまだまだスゴいところだ。思わず劇場の椅子に座りながらリズム取ってたから、横の人驚いてたかも。
コメント

英国王給仕人に乾杯 5

2009-02-04 16:24:47 | タイムリーヒット
ナチスの侵攻と敗戦に運命を振り回されたウェイターの話。戦争悲しいねモノとしてはあまりしつこくないので好感が持てるが、主人公があまり魅力的でないので「なんで?そんな上手くいったりモテるの?」腑に落ちない所が多く、しっくり来ない。カネが欲しいのか、それに振り回される生き方をバカにしているのか?何よりタイトルが一番意味不明だ。だって英国王給仕人は別の人やから。
コメント