今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

鑑識・米沢守の事件簿 4

2009-03-29 18:59:20 | ノーヒットノーラン
2匹目はいませんでした。
予想外にヒットした映画「相棒」が調子に乗ってスピンオフ作ったけど、元々地味なシリーズをさらに地味にしても…。映画館でお金払ってみるもんちゃうわ。改編期に2時間スペシャルでおやりください。
コメント

釣りキチ三平 4

2009-03-26 16:29:31 | ノーヒットノーラン
贔屓目に見たいねんけど。
おくりびとの滝田監督、主演は大好きな名子役、須賀健太くんとかなり下駄をはかせたい作品だったけど…あかん。釣りのスポーツ的な魚との駆け引き、三平や周りの人たちの心情の変化、非日常的な釣り場の楽しさ、CGで再現した魚の見たことのない動き。面白くなる要素はたくさんあるのにどれも中途半端で使いきれなかった印象だ。だいたい誰に見せたかった映画なのか?そこが全くぼやけたまま。釣り上げた爽快感どころか、モヤモヤばかりが残った。
コメント

ベッドタイムストーリー 6

2009-03-23 13:16:22 | タイムリーヒット
こんなん、好きやなぁ。
子供たちに寝る前にしてあげる物語が現実になって…というディズニーらしい物語。ジュマンジとかあのラインの感じだけど、お告げが実現するのではなく、主人公がすぐに気づいてコントロールしようとするあたりがちょっと違う。全面的に肯定できるわけじゃないけど、映画の正しい使い方のひとつに絶対残しておきたいと思うパターンだ。
おれも週末は息子に絵本を読んでやることが多いけど、「さかなの中にネコがはいったり」「電車がでんぐり返し」したらどうしよう!
コメント

クローズzeroⅡ 3

2009-03-22 16:36:10 | デッドボール
それって、ちいさないか?
最近やたら作られてる「イケメン大集合だけ」映画。内容は…。女子にはイケメンで男子にはケンカでスカっとしてもらうというマーケティングは間違っていないて思う。でも余りにもそれだけ、空っぽすぎる!
ヤンキーなんていつの時代もあんまり変わらないと思うけど、あんだけ大勢束ねてカッコいいリーダーが語る夢が「隣の学校シメる」って!どうぞご自由に。唯一面白かったのがイケメン揃いの幹部の中での息抜き役ゴリって兄ちゃんの顔。清水隆行選手(巨人→今年から西武)に似すぎ!まあ、バットの使い方はちょっと違うけどね。
コメント

ベンジャミン・バトン 4

2009-03-22 16:06:35 | デッドボール
だから何なん?
老人で産まれ、どんどん若返っていく男の生涯。予告で見た設定は面白いと思ったけど、あまりにもそれで満足しすぎ。普通に考えて何よりの障害になる偏見の目は描かれてないし、人とはまるで違う人生で一番辛いのが愛する人とのすれ違いだけなんて省略しすぎだろ。まあ最初じいさんでも若返ったらブラピなんやろ、それならいいよな。
コメント

ドラえもん新のび太の宇宙開拓史 5

2009-03-20 21:21:56 | タイムリーヒット
元々はそうなんだけど!
息子と見に行ったドラえもん、かなり昔に見たはずの作品のリメイクなんだけど、今回とても違和感を感じたのは主役以外の扱いだ。声優チェンジ以降、全体的に対象年齢を下げて分かりやすく作ってあるドラえもんだけど、今回のジャイアン・スネ夫の扱いは軽すぎる。テレビでは身近なライバルでありトラブルのもとでしかない二人だが、これまでの映画では人が変わったような活躍と友情を見せてくれてきた。あれが見たくていい年こいて毎回見に行ってんだよ、こちとら。
コメント

カフーを待ちわびて 5

2009-03-20 21:07:36 | タイムリーヒット
待ちすぎやろ!
八重山の島を舞台にした都会逃避物語。日本ラブストーリー大賞?かなんかの受賞作品らしいけど、役者も物語もパッとせんなぁという印象。神社の絵馬を見て「結婚して下さい」と美人がやってくるという、開運ブレスレッドの広告並に現実感ないストーリーも、ゆったりした時間の流れときれいな島の中でなら成立すると踏んだのかもしれないけどそうはいかん。たしかに男前かもしれないけど、あんな覇気とか生活力のない男ってぶっちゃけイヤなんちゃう?
コメント

ジェネラル・ルージュの凱旋 7

2009-03-20 20:25:28 | 逆転サヨナラHR
何とか定食みたいな。
大学病院を舞台にしたミステリーシリーズ第2弾。登場人物の説明やトリック解明に重きが置かれた前作と比べ、謎解きの要素は少ない。しかしその分、人間ドラマやテーマ提起がしっかりしていて非常にバランスがいい作品だなあという印象だ。一般人にとって身近なようで実はまるで知らない伏魔殿。実はそうなってるんだというカタルシスとミステリーへの好奇心がこれまたバランスええわなぁ。
コメント

ホノカアボーイ 5

2009-03-20 17:50:10 | タイムリーヒット
確かにアソビとか余裕って大事だよね。
ダルビッシュみたいな兄ちゃんがハワイのノンビリした離島でゆっくりした時間を過ごすだけの話。上手い映画を作るROBOTだけあって、随所に計算されたお楽しみポイントは作ってあるんだけど、基本的にF1層向けプチリゾート気分ムービーなもんだから、タルいというかノンビリすぎというか。まぁ、旅行に行くと普段以上にハードスケジュールを組んでしまう貧乏性、しかも徹夜明けでこんな映画を選んでしまったオレにもかなり問題ありなんだけど…。
コメント

ヤッターマン 5

2009-03-18 15:40:46 | タイムリーヒット
バカとハサミはなんとかっていうやん。
子供の頃は想像や絵でしか表現できなかった世界を最新技術で実現した大人買い映画。たしかに深田恭子は美味しそうだったし、ドロンボーダンスが実写でみられたのは大収穫だった。コバヤシくんも頑張ってたし、滑ってはいたけど散りばめられたギャグはよくわかった。でも「大人向け懐かしマンガ実写版」がアメリカだとダークナイトみたいな名作になって、日本だとこんなコスプレゴッコになっちゃうんだろう?しかもこれが結構ヒットしている現実が気分をさらに暗くする。
コメント

ドラゴンボール evolution 3

2009-03-15 20:03:39 | デッドボール
あ~あ、やっちゃった。
非国民かもしれないが、マンガはほとんど読んだことがないので、原作を汚したとかどうこう言うつもりは全くない。でも…ひどすぎない?完全に人種の違う悟空やヤムチャだけならまだしも、意味なく入れたハイスクールラブやワケわからん田村英理子。一流マンガとゴミアクションを組み合わせたら出来た五流のカルフォルニアロールみたいな映画だ。一番恐ろしかったのは最後のシーン。まっまさかとは思うけど、続き作るつもりじゃないよね…。
コメント

旅立ち~足寄より~ 6

2009-03-10 15:28:02 | タイムリーヒット
いくら昭和だと言っても…。
松山千春の自伝の映画化。今さら何で?という疑問はあるけど、若き日の千春さんと彼を育て上げたラジオのプロデューサーの物語はやはり心に響くものがあった。ラジオもアーティストも置かれている状況は今とまるで違うけど、羨ましい半分やったろう半分みたいな気持ちにさせられた。
ただ昔の物語とはいえ演出が古すぎる。薔薇の花の使い方なんて、レーザーディスク時代のカラオケビデオかと思ったわ!
コメント

罪とか罰とか 6

2009-03-05 16:30:43 | タイムリーヒット
本人はすごく楽しいんだろうけど。
元有頂天、そして近年は演劇畑で活躍中のケラさんの監督作品。構成はさすがに巧みだし、キャストも豪華、ポイントポイントはとても面白かった。ただ制限が多い演劇から何でもできる映像へ解放された反動なのか、やりすぎだったり違和感のある跳躍が随所に見られ、観客の寛容さに甘えているような気がした。人が見た夢の話って、どんなにすごくってもイマイチ理解しきれないところあるでしょ。
コメント

チェ39歳最後の手紙 4

2009-03-03 12:49:00 | デッドボール
戊辰戦争を思わずには。
キューバ革命に成功したゲバラ。その後も革命の指導のため各地を巡った彼の最後の日々を描いた作品だが、前作同様ゲバラ信者向けなので不親切で要求レベルが高い。ヒゲ親父たちの中でかろうじてゲバラだけ見分けられる中で感じたのはゲバラとそこに続く人たちの意識の違い。崇高な志を持って人のため戦うのと、自分の生活を守るために戦うのは似ているようで違う。五稜郭に追い込まれる土方歳三が重なって仕方なかった。
コメント   トラックバック (1)