今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

がんになる前に知っておくこと 7

2019-04-22 23:22:57 | ノーヒットノーラン
注射もそんなに痛くないって友達に聞いとけば、我慢できるやん。
医者、患者、経験者、サポーター、いろんな角度からのインタビューによるがんドキュメント。最近、がんと3年戦いまくった知人が亡くなったこともあり、思い出しながら見た。感じたのは一番辛いのはがんという未知の世界への恐怖、ひとりで抱え込むことの辛さじゃないかということ。
だから対岸の人でない、経験者の言葉は支えにも希望にもなる。これって、がんに限ったことじゃないよね。他人との関わりを避けたがる風潮があるけど、弱ってる人を他人だからこそ支え、助けることができる。そんな可能性を感じた1本だ。
コメント

ビューティフルボーイ 7

2019-04-18 09:32:27 | ノーヒットノーラン
刺さると言えば刺さる。
ドラッグに蝕まれ、抜け出せない少年と、彼を心から愛してる父親の話。映画としての評価はちゃんとできない。なぜなら、まともにスクリーンを見てられなかったから。辛すぎる。息子が堕ちていくこと、それもそうだが、そこに親なのに、そばにいるのに、こんなに愛してるのに、何もできない辛さ。タイトルどおりビューティフルボーイで世界一可愛かった息子が、成長するのは嬉しい。でも自分が彼にとって鬱陶しく、逆に他人より遠い存在になってしまう淋しさ。愛は許し、見守ることというけど、そうだったら本当に辛い。息が苦しくなった。
コメント

クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅 5

2019-04-18 09:02:37 | ノーヒットノーラン
あくまでインド風だなぁ。
母の思い出を追ってパリにやって来たインドの青年が、IKEAのタンスの中で寝ていたら…というスタートで始まる旅の寓話。ここのところインド映画はヒットが続いてるし、無垢な青年が世界を巡って…というのはいい設定だと思うけど、作りが雑。子どもに話す寓話ってエクスキューズつけてるけど、実は子ども向けこそしっかり作り込んであるもんだ。つくづく"風"で残念。
コメント

世界一と言われた映画館 7

2019-04-15 19:27:41 | ノーヒットノーラン
やっぱり映画館だよなぁ。
山形の酒田市にあった映画館 グリーンハウスのドキュメント。街の映画ファンに愛されたこの映画館、昭和51年に火事で焼失、しかも歴史的大火の火元になってしまった。家を失った人たちは複雑な感情があると思うけど、それを超えるくらいたくさんの人に愛された場所だったそう。もちろん行ったことはないけれど、そんな人たちの声を聞いていたら、たくさんの無くなった映画館を思い出した。娯楽の少なかった時代、学校よりきっとたくさんのことを教えてくれた場所。そこに来る「生徒たち」を全力の工夫でもてなした館主の愛とそれを数十年たっても忘れてない人たち。効率ばかり考えてるシネコンからは、こんな話生まれようもない。
コメント

こどもしょくどう 7

2019-04-10 23:56:40 | ノーヒットノーラン
これは辛すぎる。
親に捨てられた子供達の物語。演技だとわかっていても涙がでそうになる苦しさ。それはこれがフィクションだけど今ある現実だからだ。何にも罪のない子どもが無責任な大人のせいで、何であんな思いをせなあかんねん!
主人公の少年以上に「見て見ぬふり」な大多数のオトナが行動を起こすキッカケになってほしい。
コメント

ぼくの好きな先生 6

2019-04-10 09:47:16 | ノーヒットノーラン
思てたのとは違ったけど。
タイトルから熱い教師のドラマだと思って行ったら、生徒には何も教えず、ひたすら自分の作品作りばかりしてる瀬島匠というアーティストのドキュメントだった。東北の芸大で教えて食ってるくせに、学生にはほぼアドバイスなし。でも生き方とか作品への姿勢で教えてる感じは伝わってきた。あとラスト近く、海岸に巨大なキャンバスをたてて描いた作品の力強さには圧倒された。言葉でなく背中で教えてくれる先生。自分の好きだったあのオヤジもそんな先生だったような気がする。
コメント

麻雀放浪記2020 4

2019-04-08 23:51:28 | ノーヒットノーラン
久々にやらかしてるわ。
調べたら「北京原人」は1997年だから、22年ぶり?東映とタイムスリップものと聞いて心配してたら案の定やっちまってた。北の方が好きな某大女優ものも大概だけど、これはひどい。なんだこの雑さは?映画にも麻雀にもバクチにも、愛もリスペクトも一切感じない。映画の途中であくびだけでなく、ため息が出たのは久しぶり。この監督が新進気鋭?勘弁してくれよ、日本映画界。
コメント

バイス 5

2019-04-06 21:39:51 | ノーヒットノーラン
ちらかし過ぎかな。
アメリカの汚点 イラク侵攻をしかけたのは、実はブッシュを裏で操ってたチェイニー副大統領のチームだったという衝撃の実話。インパクトもすごいし、役者も大熱演。ただなんか入ってこないのは、アメリカの事情をあまり知らないのと、こねくり回しすぎだから。せっかくいい企画になりそうなのに、机が汚なすぎてメモが見つからなく、説明が散漫になる感じ。もったいないなぁ。
コメント

イップマン外伝 マスターZ 5

2019-04-03 12:14:31 | ノーヒットノーラン
型どおり、正確に。
というのが、武術の基本だと思う。香港カンフーアクションの型をキレイに作りあげた作品だ。幼い息子を守り、何人かの中ボスを倒したあと、黒幕は権力を握った白人!ばんざーい!
イップマンはあの渋味がたまらなかったけど、これは王道の白粥と揚げパン! ハッキリしててそれも気持ちいい。
コメント