今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ゼロの焦点 5

2009-09-30 12:49:02 | ノーヒットノーラン
松本清張生誕100年映画だそうだ。他の作品を読んだことがないので偉そうなことはいえないが、やっぱり骨董品だなぁという印象。伏線も犯人もベタだし、推理もキレがない。せっかく事件が解決したのに残るのは冬の日本海のようなどよ~んとした気持ち。中谷美紀はよかったが、アカデミー女優という触れ込みの広末のピンぼけぶりが目立ってしょうがなかった。
コメント

アドレナリン・ハイボルテージ 3

2009-09-29 23:26:21 | ノーヒットノーラン
開いた口が塞がらない…。
ダメダメ設定のバカ映画だってのは覚悟していったつもりだが甘かった。確信犯で仕込むくだらなさは大好きだが、この映画に詰まっているのはだだひたすら下品なだけのモノ。何かシャカシャカジャージ着てシンナーで歯がスカスカになったヤンキーをみるような不快感ばかりで、かえってストレス溜まった感じ。主人公は感電してどんどんハイになってくけど、それを見てるこっちは深みにはまってくって、どういうことよ!
コメント

沈まぬ太陽 7

2009-09-28 23:39:12 | ノーヒットノーラン
デートには絶対やめとき。
山崎豊子原作による骨太な物語。休憩込み200分の長さといい、扱うテーマといい、救いのなさといい、幸せなカップルには絶対オススメできない作品だ。でも家庭を持ったオッサンには墜落場面といい、会社の理不尽さといい、家族と仕事に挟まれる状況といい、身につまされる場面満載でキュンキュンさせられっばなしだった。会社って何か?なんのために働くのか?幸せな生き方ってなんなのか?その答えはまだでないが、改めて自省するキッカケになる話だった。
コメント   トラックバック (1)

ウルウ゛ァリン X-MEN ZERO 6

2009-09-28 16:16:11 | ノーヒットノーラン
食わず嫌いはあかんね。
今までなんとなく避けてきたXメンシリーズのエピソードワンもの。鉄の爪だけで原子炉みたいなやつを破壊する予告に惹かれて見に行ったら、これが拾いもんだった。もちろんアメコミだから深みゼロの分かりやすいホンで無理矢理作ったエピソードもアラだらけなんだけど、そんなの感じる暇のないスピードとカッコヨさ、そしてバカバカしさ満載。ミュータントという突然変異で特殊能力を持った人たちの戦いなんだけど、クラスの風紀委員に怒られそうな爪とかはいいとして、目から高熱レーザーがでたり、肌がダイヤで覆われるなんて、うちの4歳の息子レベルの想像力。それが実現してるんだから、細かいこと抜きで楽しいやん!
コメント

男と女の不都合な真実 4

2009-09-26 15:52:09 | ノーヒットノーラン
やっぱり深い溝が…。
ヤりたい→愛な男とその逆な女の行き違いをシモの方まで切り込んで、という触れ込みだったので期待してたのにすかされた。やはり女性向けに作られているので下ネタといっても「セックス&シティ」レベルでしかなく、後半のいつの間にか好きになって…なんて展開にはベタすぎてヘドがでた。婚カツに血眼なお姉さんたちに見せたいなら、そのままでいいんだよなんて気休めじゃなく、具体的に役立つ情報を詰め込んでやれっちゅうねん。
コメント   トラックバック (1)

幸せはシャンソニア劇場から 5

2009-09-26 07:22:19 | ノーヒットノーラン
え?カツのトッピングは結構です。
人々が劇場を愛する「ニューシネマパラダイス」の要素とイギリス映画によくある「不況下での労働者の生命力」を合わせたような物語なんだけど、二兎を追うもの…になっちゃってる。トンカツもカレーライスも大好きだけど、カツカレーはお互いの味に干渉するから好きじゃない、オレの味覚からするとそんな感じに極めて近いかな。
コメント

プール 6

2009-09-18 17:53:08 | ノーヒットノーラン
まあ、よく寝れまっせ。
「かもめ食堂」「めがね」の流れと思われる小林聡美・もたいまさこ出演のリゾートムービー。映画って日常とかけはなれて「こんなことがあればいいなぁ」って欲求を仮想体験させてあげる一面があって、宇宙人とスーパーヒーローが戦ったり、すごいイケメン金持ちと恋に落ちたりする。でもこんなに「何もないボーッとした」生活も逆の意味で日常からかけはなれていて、ありなのかもしれない。仕事やセカセカした毎日で溜まった膿がジワーッと排出されるような心地よさを半分寝かけながら感じていたような気がする。
コメント

しんぼる 7

2009-09-17 23:15:30 | ノーヒットノーラン
さすがだけど。
大日本人に続く松本人志監督第2作。オナニー要素の強すぎた処女作に比べ、ずいぶん分かりやすく、得意分野で作ってはるなぁと いうのが第一印象。また設定だけはシュール、でも展開は言葉がわからなくても理解できるベタにという流れはDVDとか国際市場を意識してるのをひしひしと感じさせられた。それでもさすが一流選手だけあって充分笑える内容だったが、残念だったのは大オチ。そこでそんなにいい子ちゃんにならんでもいいのに。あと劇場公開する必要、全然ないよね。
コメント (1)

キラーバージンロード 3

2009-09-17 17:00:13 | ノーヒットノーラン
あ~しんどぉ。
岸谷五朗初監督作品。俳優としては味があると思うけど、監督はこれっきりにしてほしい。アミューズだけあって、キャストは無駄に豪華だけど、脚本が滑りすぎ。東京とか大阪とかいう以前の問題、誰かちゃんと 言ってやれよ。
コメント (1)   トラックバック (1)

BALLAD 7

2009-09-09 15:01:49 | ノーヒットノーラン
よくできてるんちゃうの?
映画クレヨンしんちゃんの名作を実写化した戦国もの。話はクレしんの方で見ていたので知ってたけど、さすがロボットの制作だけあってよく出来ていたと思う。ダメなのは主演と宣伝プランだ。アニメのキャラと合わないとかレベルじゃなくて草なぎくんに侍大将は無理だし、なんだ「戦国版タイタニック」って!家族みんなでそれぞれの楽しみ方ができる話なのに、売る方で客層縮めてどないすんねん!
コメント

20世紀少年最終章 4

2009-09-08 18:42:01 | ノーヒットノーラン
なげ~!
原作は読んだことないけど、映画は見たので締めくくりに見てきた。長いこと連載してたマンガだから仕方ないけど、風呂敷広げすぎ。いろんなところに粗があるなぁと思ってたら2時間半やって最後はコンサートって(涙)。急な打ちきりでもないのに、あんなまとめ方はないだろう。
オールスター戦みたいな豪華すぎるキャストだったけど、MVPは小池栄子。キチガイやらせたら天下一品だ。
コメント

96時間 5

2009-09-05 17:48:40 | ノーヒットノーラン
わかるわかる!
元特殊工作員のお父さんが、旅行先で犯罪組織に売り飛ばされそうになった娘を「昔取った杵柄」を使って一人で助けちゃう話。ほとんど「24」だけどジャック・バウワーよりすごいかな?、クロエとかいないし、結構アナログだし。子供を拐われたり、危険な目に会わされた時の怒りは理解できる気がする。ダメオヤジの俺がどんなことができるだろうか?って考えてしまった。もちろん実際には体験したくないけどね。
コメント   トラックバック (1)