今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

ギャングース 6

2018-11-27 18:50:12 | ノーヒットノーラン
なんでこんなに…。
入江悠監督による底辺ギャングコメディ。悪い奴らに虐げられた3人が、最後はボスをやっつけてという活劇。…のはずなのにずっと切ない。どうしてこの3人がこんな生き方をしているのか?誰が、何が悪いのか?そうならざるを得なかった、そしてそこから這い上がる術もない。このあとだってきっと…見てて辛かった。
コメント

『えちてつ物語 わたし、故郷に帰ってきました。4

2018-11-24 18:04:18 | ノーヒットノーラン
主演女優が…。
福井にあるローカル線に乗っているアテンダントの物語。東京で芸人になると家を飛びだしたが、夢敗れ…という設定だから彼女を選んだんだろう。でも芸人って一般的にもうちょい芝居上手だと思うんだけど。ご当地映画らしく美しい風景や祭りとセットで、地元民出演が山盛りなんだから、プロのほうはちゃんとしてもらわんとなぁ。
コメント

鈴木家の嘘 4

2018-11-20 20:13:04 | ノーヒットノーラン
救いがなすぎる。
引きこもり長男の自死をキッカケに展開していく家族の物語。残された家族のいろんな形の苦悩が胸に刺さり、ずっと痛い。オフビートなコメディ要素もあるかと思ってたけど、最後までちょっと歯を食い縛りながら見てしまった。伝えたいことはわかるけど、もうちょっと違う形のほうがすっと入ってくるんだけどなぁ。
コメント

アメリカンミュージックジャーニー 4

2018-11-19 21:46:23 | ノーヒットノーラン
チキン オア ビーフ?。
グラミー賞候補のミュージシャンが新曲のために、アメリカのいろんな音楽のルーツを巡るドキュメント。ジャズ、ブルース、ロック、カントリー…面白そうでしょ!だから行ったのよ四条畷まで。でもイッテQ以上に仕込みバリバリ。それぞれのパートも薄くて、1コーラスでハイ次!みたいな感じ。しかもトータル尺40分て。博物館とか何とか万博のパビリオン、あと国際線の飛行機の中でやるヤツだわ、これ。
コメント

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲 5

2018-11-19 18:33:59 | ノーヒットノーラン
やっぱこっちがいい。
Mrビーンのローワン・アトキンソン主演のスパイコメディ。何でもかんでもネットが動かす時代の世界制服を、ケータイすらまともに使えない元スパイがアナログな手段で阻止する話。悪者は何もかもスマホだけで済ますのに、ジョニーが出してくるアナログスパイ道具の楽しいこと!やっぱりスパイ映画はこうじゃなきゃ。笑わせかたも昭和だけど、なんか声だして笑ったわ。
コメント

人魚の眠る家 6

2018-11-17 11:45:17 | ノーヒットノーラン
お前ならどうする?
ずっとそればかり考え、結論はでなかった。プールでの事故で推定脳死になった娘。最新の技術のおかげで、人工呼吸は外せ、脊髄への電気刺激で手足を少しだが動かせるように。でもあくまで外部からのコントロールで自分の意思ではなく、それが戻る見込みもない。彼女はまだ生きているのか?動かせる死体なのか?
子を想う気持ちはメチャメチャわかるだけに、苦しくて仕方なかった。
コメント

ヴェノム 6

2018-11-14 12:42:55 | ノーヒットノーラン
新しいわぁ。
マーベルの新キャラ。何が新しいってエイリアンなのに人間に寄生、いや共生するところ。乗っ取り系は恐ろしい展開になるけど、宿主を気に入って、守るようになる。いつの間にか芽生える友情?カラダはひとつだけど(笑)
ケンカしたり、駆け引きしたり、お互いをうまく使ったり、これからの展開が楽しみだわ。
コメント

走れ!T高バスケット部 5

2018-11-12 23:01:22 | ノーヒットノーラン
あまりにも普通だけれど。
主人公が挫折を抱えて、それを救ってくれる仲間ができて、立ち直りかけたところに悪役登場、そして最後は…。アイドル映画には不可欠な展開も、まあええんちゃうと思うのは、ちゃんとバスケシーンが撮れてるから?逆になんであの展開だけの原作がベストセラーになってたのかが、不思議になった。すごい!と面白いはまるで違うもの。
コメント

ボヘミアン・ラプソディー 7

2018-11-10 12:25:04 | ノーヒットノーラン
音楽の力。
クイーンに関しての知識は何曲かとボーカルのフレディ・マーキュリーがエイズで亡くなった、以上だ。そんなフレディの栄枯盛衰や異端児ならではの苦悩を描いた作品だ。演じた役者の歌唱力は見事だったけど、ドラマ部分は普通。ただオープニングとラストを飾るライブ・エイドの再現シーンは素晴らしかった。ステージからの人の海のような眺めに鳥肌がたった。
あれをいつか作りたいから頑張ってるんだろ、オレも。
コメント

止められるか、俺たちを 5

2018-11-07 20:06:39 | ノーヒットノーラン
セックスの映画の話なのに、なんかオナニー。
70年代の独立プロの雄、若松プロで何かを作りかった、何かをぶち壊したかった若者たちの物語。気持ちはわからなくもないけど、芸術とか思想、哲学という言い訳にしたエンタメ性の低すぎる作品群に辟易した。あとイヤだったのが、若松監督を演じたアラタのモノマネショー。ミュージシャンでもいるけど、メジャーになったあとも俺ってこういうマイナー系作品もやるんだぜ…イキりが見えて見えて。今は地位を獲得した文系オトナたちが、懐かしがるばかり。そういうのは誰かの通夜でやってくれよ。
コメント

華氏119 6

2018-11-05 14:45:06 | ノーヒットノーラン
救急車呼ばな!ってことやな。
腐ったアメリカをいろんな形で風刺するドキュメンタリスト、マイケル・ムーアの新作。これまでは皮肉とか風刺にユーモアがあったけど、ここ数作はかなり直接的に攻撃するだけなのはいよいよ危機が迫ってきているからなんだろう。トランプ当選でいよいよ明らかになったヤバいアメリカの現実。そこに引っ付いてるだけのどこかの国にも他人事ちゃうわ。でも一番悪いのは独裁者でも腐った金持ちでもなく、問題を他人事だと捉え、何もしない普通の人なのかもしれない。周りの空気や情報に流されず、自分で考えて行動する。本来オトナが当たり前にできなきゃいかんことを、さぼってるのは誰か?考えた。
コメント

serch 8

2018-11-02 11:48:49 | ノーヒットノーラン
いや、マジで見事!
ノートパソコンの画面上だけで全てが展開するミステリー。娘が疾走した父親が、パソコンやスマホに残された彼女の痕跡を調べあげ…それだけでもメチャ斬新で面白い。でもそれだけでない巧みな伏線や見事な回収の数々。そんなに予算はかかってないけど、本当にやられた感いっぱい。ネット検索で、調べられることと、届かないところ。親としても考えさせれた。
コメント

オズランド 6

2018-11-01 11:22:16 | ノーヒットノーラン
普通に佳作。
田舎の遊園地に不本意な配属をされたヒロインが、温かい仲間やお客さんの笑顔のおかげで心を開き…という話。意外性はないけど、のんびり楽しめて、田舎の遊園地の役割をしっかり体現した物語だった。いろいろイヤなことや地味な作業も多いけど、お客さんが喜ぶ顔を想像して頑張り、それが実現して充実感を得る。共感できることがたくさんあった。
コメント