今日のエンドロール

10点満点の採点つきで年間約120本。観る前も観たあともクスッと笑えるレビューをお届けします。

俺たちフィギアスケーター 6

2008-01-25 14:46:29 | タイムリーヒット
力業!
もしも、男同士のペアのフィギアスケートがあったら・・・ちょっと前に流行ったスキージャンプペアみたいな設定だけで引っ張ったバカ映画。コントなら2分で落ちるものを1時間半に無理矢理拡げた技はすばらしい。ただあとがC級コメディなのが残念。
コメント

チームバチスタの栄光 5

2008-01-24 22:14:24 | タイムリーヒット
それをいっちゃあ、おしまいよ。
どこかでみたコピーには「犯行現場は直径10センチ」確かにそうだった。宝探しだけで世界を股にかけたり、大統領を誘拐しちゃうハリウッドの無駄なスケール感と真逆で期待したんだけど、小規模ならもうちょっと練ってもらわな。チームのメンバーの描きかたは薄い、そのくせ無駄なお笑いシーンは多い。一番ハラたったのは動機。それを問いかける主人公に「ヤツはすでに人間じゃないから」って!!現実ではあるかもしれないけど、それじゃミステリーは成立せんやろ。
コメント

アース 5

2008-01-17 01:50:47 | タイムリーヒット
ここ、映画館だったよな。
ワールドジオグラフィックとかディスカバリーチャンネルのダイジェスト。確かに大スクリーンは迫力あったけど、長いこと見せられると単調で飽きがくる。博物館や博覧会ではああいうヤツ15分くらいでやるやん、あれが限界だわ。
いろんな動物が出てきたけど、一番衝撃的だったのは巨大ホオジロザメの狩りで、一番笑ったのは洪水に戸惑うサル。サメはトラウマになりそうなくらい迫力あったし、サルは今思い出しても笑えるわぁ。
コメント

カンナさん大成功です 6

2008-01-14 13:44:49 | タイムリーヒット
実写にすると、ちょっと。
「白鳥麗子でございます」の作者のマンガを整形に寛容な韓国で映画化。デブでブスが整形で綺麗になって、でもホントの自分を探して少し悩んで・・・結局大成功かい!バッドエンドにしろとは言わないけど、「人は見た目が8割」でそっちばっかに気をとられ、中身がどんどん空虚になっている世の中ってどうなんかなぁ。
コメント

銀色のシーズン 4

2008-01-14 12:59:48 | デッドボール
え?ここで終わるの?
スキーの爽快感に挫折からの復活をあえて、パウダースノーをふりかけただけのお手軽映画。新聞屋さんとかにもらったタダ券ならいいけど、この内容でキッチリ1800円、しかもデートで二人分とか取られたら、それこそオレは立ち直れんけどなぁ。
コメント

スマイル聖夜の奇跡 5

2008-01-07 12:18:43 | タイムリーヒット
意外と、予想外によかった。
周りの人たちのそんな感想に後押しされて、みに行ってしまった。
いったいどんな予想やったんや!まあ驚くぐらいのベタドラマの羅列。バラエティみたいな効果音に、世代を感じさせるBGM。ボクの好きだった映画のいいシーン集めちゃいました!「愛しあってるかい?」くらいのノリでカントクが叫んでいる笑顔が見えてきそうだった。見たのがクリスマスどころか正月も終盤だったからか、オレの胸にも奇跡は起こらんかったなぁ。
コメント

once ダブリンの街角で 6

2008-01-07 11:46:36 | タイムリーヒット
さっきまで普通に会話していた人たちが、気でもふれたかのように突然歌いだし、踊り出す。ブロードウェイやハリウッドのミュージカルに入れない人たちが使う言い訳だ。それをちょっと柔らかに、イギリスらしく陰を入れたのがこの作品かな。演じているのが、ミュージカル俳優でなく本職のミュージシャンだけに、力みがなく心地よかったんだけど、ストーリー全体もそのペースにあわせすぎて、起伏の少ない凡庸な感じになってしまったのが残念だった。ブラスバリバリの派手なヤツを食べ飽きた人には、アンプラクドの渋いのも美味しく感じるんだろうな。
コメント