柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

見解

2008-08-06 08:43:05 | Weblog
広島原爆記念日です。今朝の読売のコラム「編集手帳」は秀逸と思います、是非ご一読を。原爆惨事を風化させてはならない、核兵器廃絶を願う、世界中から戦争のなくなることを祈る。記念式典の意味することは数多く挙げられましょうし、何より慰霊の意義が強いことは十分に理解しますし、そこに反対する者などおそらくいないことなのですが、どこまで具体論になっているのか、いつまで空っぽの正論として飾っておくつもりなのか。特に昨今の米朝の擦り寄り具合を見るにその意を強くするわけです。今、広島市長が挨拶しています。世界のどこかで核実験がなされ、核保有宣言が為されるたびに、広島、長崎市長が抗議コメントを発しますがそれだけです。一市長のコメントが世界の首長達に届くはずがないです。どうして日本のトップが言わないですかね。唯一の被爆国、なんて肩書きで話をするなら、首相こそがもっと主張すべきだと思いますが、ついぞ聞いたことがありません。一方では平和憲法を金科玉条と据えておきながら、他国の無体(つまりはパワーゲームですが)には何も言わない。相手達は、丸腰の奴の文句なんぞ聞くに値せぬ、との風です。北の将軍様のあの態度が全てを物語りますし、所詮は核を持っているか持っていないかなのだという単純さをブッシュはものの見事に露わにしてくれました。私はおそらく普通の人達よりも歴史に興味があり、特に先の戦争に対してはあれこれ読み聞きしてきた方だと思っていますが、未だにアメリカは原爆投下は戦争終結のために必要不可欠なものであったという公式見解です、そして日本もそうだったのだと今まで教育してきました、原爆記念碑の文言に明らかです。識者がよく言っていることですが、日本は、日本政府は先の戦争の総括をしていないのです。アメリカが言うままに、お前達が悪かった悪かったで済まされています。日本はその代わりにアメリカの傘の下で経済復興の道を選んだのだなんていうこじつけもよく目にすることですが、原爆投下が無差別殺人の最たるものとどうして言わないですかね。あそこで日本が手を挙げなかったら、日本本土が戦場になってもっと惨たる状況に陥っていただろうなんて予想で(これこそがアメリカの誘導ですが)しかたなかったという論に皆黙っている図です。本当にそうですか?原爆投下が許されることだったんですか?そこのところに日本としての総括、公式見解ができていないのです。どうなんですかね。広島で死んだ人、東京で死んだ人、戦地で死んだ人。その人達にちゃんと顔向けできる公式見解を是非出して貰いたいと思います。無駄死の犬死のと与太言う奴らに公式に相対してもらいたいと思います。
コメント