柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

年越

2018-12-31 08:04:11 | Weblog
保守月刊誌の今月号はどれも中国叩きです。共産党叩き。ファーウェイ事件が素人に実態を(その一部を)晒したという図です、5Gがどうこう言われてもチンプンなのですが、こういう時に専門家達の見立ては勉強になります。へぇ~の連続です。中国の覇権主義はまさに驚異で、本気でアメリカを潰しにかかっている。陰謀論?と見紛うような話もありますが、よく言われる情報戦心理戦云々がそこここで繋がってくる感です。孔子学院の話は耳新しいですが一事が万事で、外国に居る中国人全員がスパイの役を担っているとの極端です。ペンス副大統領のあの大演説、中国相手にあれだけ具体的に非難したのは世紀の演説だとの評価もあるやにですが、トランプさんの対中強硬策はブラフでも何でもないと教えてくれて、朝日新聞を筆頭にした親中左巻き勢力の情報操作を抉ってくれてます。人権や公平平等、そして契約約束を守ることを共通の価値観と遵守して回っている(来た)世界にとってそれを破る連中には弱いというヒトの真理もつきつけられているともあります。そうですね、韓国の慰安婦や徴用工問題が端的ですが、他人の技術や情報の盗用、それにファーウェイが大きくかかわっていたというわけですが、などそんなことはしてはならぬ、したら罰せられるよという抑制抑止が利いて保たれている社会に住んでいる者には、平気で破られるとえ?何?となるわけです。これは私達下々にも一般的に当てはまることです、自分が強い、得意、他人より優れていると自負している所こそが一番の弱点だという逆説です。弁が立って会議では滔々と批判を繰り広げる奴は批判されると弱いのです。一度試してみられたらいい、他人の批判が得意な奴はされると弱いですよ。韓国最高裁の徴用工への判決に日本の誰もがエエ?何?と戸惑ったあれです。何が起こった?感です。パクスアメリカーナに抗ってきたのはソ連であり今中国。アメリカの力が群を抜いていた頃はそういう意見もあっていいかなと余裕でしたが、オバマが世界の警察官を降りると言い、シリア問題であの弱腰を見せてから一気にそのバランスが崩れて、中国のあからさまな覇権主義を抑えることができずにズルズル負けてきた経緯。一帯一路や南シナ海での明らかな無体強引さに目を引いておいて、裏で(こっちが表かも知れまでせんが)盗む盗む盗む。ううむ。ご一読を勧めます。特にWiLL、ソフトバンクが怪しいんだそうですよ。
 今年も一年お付き合いいただきました。衷心より感謝いたします。あれこれあったことでしたが、思い返せばはっきり覚えてないなぁ、です。母が亡くなりました、5人目の孫が生まれました。ああ、そうだったなぁ。医師会長になりました。ああ、そうそう。歳を重ねていく自分がここに居るだけで、昨日が終われば今日が来てまた明日に移っていく。服を着て脱ぐような感覚ですかね。年が明ければすぐに満で62歳です。十分に爺さんですし、それなりになって来たという感覚もありますが、頭よりも体の方が正直だという現実でもあります。皆さまにおかれましてはよいお年をお迎え下さいませ。明年もよろしくお付き合い下さい。
コメント

奥歯

2018-12-30 08:23:54 | Weblog
軍艦ではなく駆逐艦で、照準しただけではなく具体的にレーザー照射したのが正確でした(訂正します)今次のトラブル。TBSのサンモニ観てますが、日本が公表したビデオを流します、照射受けた海上自衛隊哨戒機が向こうに発信してます、This is Japan Navy. おお、Navy かぁ。こちらに感心します。世界に向かっては Navy 海軍だと自称しながら、国内でだけ軍隊ではない、自衛がどうの集団的自衛権がどうのと堂々巡りしてる。実質軍隊扱いされているならそれでいいけれどと、やれやれ感、徒労感です。で、この話題について左巻きコメンテイター達の口の重いこと、明らかに向こうに忖度して奥歯に何枚もモノを挟んで言いにくそうに喋ってます。この事件のことじゃなくて外交全般の話に誤魔化してます。一方でIWCからの脱退についてはまぁこんなに言うかと呆れるほど連中生き生きと反対してます、日本文化とグローバル化との衝突だなんて流暢なこと。韓国問題とえらい違い。流す映像も明らかにそちらに大きく傾いてます。この決定には二階幹事長が大きく関与した、彼は和歌山選出です、彼の地は鯨やイルカ漁の地です、あの口調でマイクの前で喋ってる映像流します(初めて見ました、こんなのを流すのはここだけなんでしょう)、他国の食文化にいちいち文句言うなと話します。鯨はダメでどうして牛豚鶏はいいんだ?論に通底します。他国の食文化、隣国は犬を食いますね、いわゆるゲテモノ食いは他にいくらでもありますが面白がってるだけですよね。ええっ?!と。それが正しい反応ですよ。なのに日本文化よりグローバル順応が大事と来る。正体見たり枯れすすきでした。
 TPPが発効したと朝刊で知りました。ええ?アメリカが抜けたのでマスコミは全く興味を失ってたのか、全く報道してなかったですねTVも新聞も。ISDN条項はどうなったんでしょうか。日本の第一次産業が潰されると言うあのキャンペーンはどうなったんですか。どの新聞もどの局もそうでした。関税を撤廃してモノの行き来をより自由にしようとの概念は理解しますが、亀井静香が元気な頃に吠えてたセリフ、関税自主権は主権国家の証明だも真実ですしね。関税自主権なんて中学の社会の教科書ですよ。農水畜産物が安価になるんでしょう、日本の一次産業はどうなりますか。TVは思い出したように言うてます、EUとの間にEPA、東アジア諸国の間でRCEPという「別枠のTPP」も発効すると。ここも結局不都合は金(補助金、助成金、地域振興費)で黙らせるんでしょうねぇ。
 東京医大、全部吐き出せとばかりにまだやってます。まだ100人以上の不正があったと。国会議員の口利きもあったと。ふむ。マスコミが不正と書きたてるからそれに準じてる感ですが、卒業生の子息とか国会議員のヒモツキとか、入学生を決めるのはその大学ですからねぇ。不正、じゃないですよねぇ。コネのあるなしってのは生まれた時からついて回ることです、才能のあるなし大小もそうです。合格不合格の因果は全て本人に完結します。もちろん合否の決定は上記の如く大学が為すことですが、その決定次第を含めてその大学を選んで受験したという因果です。才能差(学力差、受験能力差)は歴然たるものがあります、だから受験先を選ぶ自由は保障されてる。そういう大学を受験したんです。そういう単純事じゃないのでしょうか。私立大学ですよ、収入の多い(寄付金)を選択するは正しいことです、不正じゃないです。もちろん矜持もあり世間体もあり、そんなあからさまはできません(やらないでしょう)が、幾許かは学長裁量枠があってもいいですよね。国立大に入れない者達の受け入れ先としての存在。私も私立医大出ですので、こう書いてしまうと何だか情けないことですけれど、それも現実ですから。
 もう一つ、今朝の天声人語。流行語大賞をもじって暴言大賞なるモノを挙げてます。一に麻生さんの暴言「セクハラ罪って罪はない」、二に新潮45を廃刊に追い込んだ杉田女議員の「LGBTは生産性がない」。改めてしつこく非難してます、安心して叩けると言うわけですか。同じ口で #MeToo と,ゲイの物語なんですか「おっさんずラブ」のランクインを褒めてます。「セクハラを擁護したり他人の性にけちをつけたりするのとは違う世界が、ここにはある」のだそうです。ああ、そうですかい。
コメント

素直

2018-12-29 08:25:17 | Weblog
韓国軍艦が日本機に対して攻撃目的のレーザーを照準したしないでもめてます。と言うか。報道見ている限りでは(私に真偽を確かめる手段などないです)韓国が例によってごまかしてる、嘘言うてるらしくて。あまりに往生際悪いので証拠のビデオを公表してます、安倍さんの指示だったと新聞にあります。反日感情を煽ってこその政権運営だとはよく聞かされることです、今次もその一環だったというのか、親北大統領は順次計画を進めていると読むのか。先の慰安婦問題にしても徴用工問題にしても先の決定を平気に覆してくる国ですから、やってないとごまかし続けることは十分に想定されますが、ここは安倍さんうやむやには済まさぬぞと。で、新聞報道です。こんな問題についても各紙色が全然違います、読み比べ時です。産経読売だけでなく毎日も中国も一面に採り上げますが、朝日は知らん顔です。コラムには産経読売毎日が採り上げてますが、これがまた面白いほどの温度差です。産経抄が一番のお勧めですが、毎日は批判はしますがそれでもなおやはり朝日軍団ではあります。余程の証拠なんでしょうから、韓国も一旦反論した以上は素直に謝れない。その事情は事情としても、反韓嫌韓者達にまたまた美味しいネタを提供したという顛末ではあります。やれやれ、です。
コメント

外交

2018-12-28 08:25:30 | Weblog
政府が(菅官房長官が)正式にIWCからの脱退を表明して、7月から商業捕鯨を30年ぶりに再開するとのことです。昔のクジラ漁業の拠点港に賑わい再び!という流れです、当県下関も大洋漁業マルハの街でしたので市長にマイクが向けられて、彼も歓迎するなんて言うてましたが。左巻きさん達はこういうことには必ず反対します、グローバル指向、世界市民思考ですから欧米はじめとして世界の目の方が大事なのです。先に毎日新聞が南半球の国、豪やニュージーランドとの外交問題を言い、こっちで勝手するとクロマグロやサンマで中国の獲り過ぎを非難していることと整合性がとれぬとか、そりゃそうだけどぉぉの正論振り回します。産経抄は反論の定番、牛豚鶏馬などの食肉獣はよくてどうして鯨だけそんなに非難の対象だ?と書きます。で、昨日は日経が批判してました、冷静じゃないと。ここでも外交での軋轢を不安視してますし、脱退しても捕鯨できるのは領海内だけに限られる、南氷洋には出て行けない、から額面通りに商業捕鯨の利が得られるのかと言います。商業捕鯨になればこれまでのような補助金頼みの事業継続は許されないのだぞとまで脅します。ああ、補助金が出てたのね、と知ることでしたが。不都合は金で黙らせる。沖縄だけじゃないわけでした。
コメント

防災

2018-12-27 08:28:18 | Weblog
政府の中央防災会議作業部会が防災に係るガイドライン案を公表してます。自治体の情報伝達責任と今次は住民側の避難責任を謳ってるとTVが非難調に伝えてました。自治体側からの情報伝達方法についてはこの時代です、数え上げればいくつもありましょう、ネットのラインのフェイスブックの何のかんのとSNSを十全にに利用せよなんて掛け声ですが、年寄りには無縁な事。やはり役場のスピーカーなんですよ最もアナログな手段。四方に口を向けてサイレンをガンガン鳴らす。豪雨では声がかき消されて役に立たなかったとの意見もあったやですが、いいえ、あのサイレンは嫌でも危機感不安感を呼び起こしますから一番効果的です。携帯に飛んできてもそれだけですからね、読み飛ばして終わり。もっと言えば役場感覚ではそれでいいんです、確かにお伝えしましたよですから。伝えようじゃなくて、伝えましたよねという証拠があればいい。そういう思いが垣間見えます。そしてTVがこの夏の豪雨被災者にマイクを向けて言わせてました、住民にあなた達が逃げようとしてくれないからというのはどうかなぁ、上から目線ですよねと。でも、儂ゃ逃げん、ここは大丈夫じゃと動かなかった人が多くいて、挙げ句死亡者にカウントされて、ここまではさすがに行政も届きますまい。当然ですわねこういう文言は。でも、批判する。行政が悪い。そう言わせたい。いかに情報伝達方法が多岐に亘っても、ああいうまさかの時に役に立つのは大音響のサイレンでしょう。私はそう思いますねぇ。
コメント

経済

2018-12-26 08:28:16 | Weblog
日経平均株価が何年かぶりに2万円を切ったと話題です。こういう時には必ずトレーダー(と横文字にすると上等げですが、額に汗せずにパソコンの前に座って日がな利益を追いかけてる連中)達にマイクが向けられて、困ったと言わせますが、ホンマかいな。株の事は全く知らぬので的外れを言うかもしれませんが、それらしいオヤジがこれでんん千万円飛びましたなんて言うてる、ということは儲かる時はまさに濡れでに泡式なんでしょうな、だからやめられない。喩えがよくないでしょうがパチンコでたまたまに勝って暫く離れられなくなるように(若い時私がそうだっただけですが)。パソコンのキー押すだけで何百万何千万が動くってのはやはり魔力でしょうなぁ。いや、それではなくてこういう時にトレーダーの嘆きと同じで必ず出てくるのが経済専門家達。皆さんも思っておられましょうが、連中のうちで予想が当たったのがいます?数字を羅列する奴、グラフでビジュアルにごまかす奴、小難しい意業界用語連発していかにも頭の悪そうな奴ばかり。たまに平易に話すのがいても、平易過ぎてホンマかいな?に終わって。いえ、所詮は経済なんてヒトがやってる事です、その時の気分ですわ。景気は気だと、リーマンショックの時やデフレマインドの論議の時によく出てきたフレーズですが、誰にも予想なんてできないでしょうにそもそも。でも、だからこそ専門家が生きていける。正解がないということは何言うてもいいという事ですからね。と、素人に見破られてどうするんだよ?!
コメント

慣習

2018-12-25 08:26:15 | Weblog
朝日新聞、しつこく大嘗祭話題を一面トップです。秋篠宮はもっと以前から「節約倹約」を言うていたのに宮内庁が無視したと。そんなに憎いんですね、こっちに呆れます。一代一度の即位式一連の行事を否定してどうするんだ?日本の伝統や慣習の中で私達は育ってきたんだぞ。なんて説教が利かぬからこうなんですけれども。
 高校駅伝の話も承前ですが、今鉄剤の過剰投与が問題になってます。もう少し前には女子選手への過剰な体重制限、それはつまり食生活への干渉ですが、話題になりましたね、生理も止まるほどという表現でした。そこまで絞る。長距離ランナーには体重が敵なのだそうで、指導者の画一的な指導という名の強要が罷り通って、それはほとんど問答無用の暴力だったという話でした。特に強豪校に推薦入学した子などはとても逆らえないわけです、そうでしょうねぇ。成績の上がらぬ子をコーチが医者に連れて行く、鉄剤、つまり造血剤です、赤血球を増やして心肺機能を上げようという魂胆です、それを内服では足りずに注射する。病的状態でない子に射つ。いいわけがないのですが、日本各地で延々と続けられてきた業界の常識です。医者ももちろん加担する。注射するのはコーチじゃないです医者ですもちろん。共犯もいいところです。ヒトの体は許容が大きいですから、実際に実害を被った者はそれほどにはいないのでしょう(今ごろ問題になるくらいですから)、でもこうやって落後して行った有力選手も多いことなんでしょうな。自分で選んだ道とはいえ、です。
コメント

助人

2018-12-24 10:13:58 | Weblog
天皇陛下がご自身で今次の生前の代替わりを譲位と表現されているのに、中国新聞はそのお言葉を引くに譲位(退位)と括弧付けて要らぬことを書きます。退位ときめつたのはマスコミの恣意で、退位ではない譲位だとの主張は当初からあったことで、つまり退位と表現するは意図があっての事だというわけです。今までは死亡をもって代替わりが為されていたのにこんな勝手なこと言うてとの非難を込めて、ひいては天皇制度(こんな言い方もおかしのですけれど)への批判ですね。ネガティブなニュアンスを付け加える。そこを陛下自ら譲位と表現される。結果は同じことではあるけれども譲位と退位とでは違いますから。中国新聞の底意が見えたことではありました。もう一つ、今朝の朝日です、大嘗祭が秋篠宮の意見を受けて形だけの予算削減をしてみせたけれど結局27億円の予算が計上されているのに噛みついてます。見出しが喧嘩腰です。公的性格 法的根拠なし。即位礼にも憲法疑義。そして一番はこれです、儀式 戦前を引きずる。おいおい。その枝葉末葉においては世代による変化は許されましょうが、簡素化一本やりで文化が継承されるはずもないことです。それが伝統行事の意味です、特に天子様の代替わりは日本という国の一大行事です、法的根拠もクソもないでしょうに。伝統や風習慣習を否定することから思考を組み立てる連中の一番の標的ではありますからこの紙面はらしいことではあるのですが、それにしても戦前を引きずるとはまたアナクロな表現で、実は連中こそがその比較に拘ってる、改革と言いながら昔の否定しかできぬ馬脚ではあるのでした。
 昨日全国高校駅伝見ました。未だに女子は男子の半分の距離でやってます、どうして?変えられないんでしょうねぇ、高校野球と一緒で。でも野球と違って、女子のマラソンは男子と同じ距離だし、実業団の女子駅伝も都道府県別の女子駅伝も高校男子と同じコースです、女子が体力的に劣っているなんてのは腕力比べじゃない限り思い込みですからね今時。年寄りの石頭幹部たちを取っ替えない限りできぬことなんでしょうが、彼女たちもそう思ってましょうにね。毎年楽しみに観てます、強豪校は諳んじてます、でも留学生という名のカモシカ系の黒人選手がごぼう抜きしていくのは、やはり不公平感ですねぇ。昔は留学生をどの区間に配置してもよかったので、どのチームも一区に充てて、ほとんどここで勝負がついてた時期がありました。黒人たちが何人かで先頭集団で突っ走る、1分くらい離されて日本人の集団が続く。興味が殺がれる事甚だしかったことです。さすがに協会もそれはまずいとして一区に起用はならじとしました。箱根で山梨学院大が黒人の留学生を起用して、そこから始まった事でした、「日本人一位」なんて言い方が普通になったのは黒人選手とレベルが違いすぎるからでした。この駅伝のために留学生を受け入れているのでしょう勝とうとする高校は。今年勝った倉敷、神村学園、今までなら仙台育英、世羅。不思議に白人外国人がいないですね、皆黒人です。運動能力差ってのは残酷なモノです。日本人だけとクローズにしたらしたで、錦の御旗のグローバルがどうのこうのと言い立ててきましょうし、世界のレベルを若いうちに肌で感じるいい機会だ、なんて大正論が降ってきます。それもわかってますが、助っ人なしでやってみたらどうかいなとはいつも思う事です。井の中の蛙。そうなりましょうね。でも、世界を相手に出て行くような選手(才能)であれば早晩レベルの違いを実感することでしょうし、高校駅伝までというレベルの選手も多かりましょう、ならばインターハイやインカレは日本人だけの競争にしたらいいんじゃないのかなと思うわけです。強い助っ人擁したチームが勝つ、んじゃ面白くないですよね。その点、青山学院は潔いことではありますか。
コメント

辱忝

2018-12-23 10:44:29 | Weblog
平成最後の、と冠されることが多くなりました。明年5月の10連休は一カ月の三分の一が休日という異常事、日給で働く人の補償や病院含めた公的機関はどうするなどとあれこれ不平が噴き出てますが、これも一連です。こんなに休んでどうする?が私個人的な意見ですが、きっとこれも大衆迎合策なのでしょう、安易安直へです。それは措いて、今上陛下最後の天皇誕生日、例年の如くお言葉を述べておられます、さすがに今年はお気持ちが高ぶられたのでしょう、TV映像では皇后陛下へのお気持ちを語られるくだりで声を詰まらされ涙声におなりでした。あのお姿だけでこちらも涙ぐむ思いでした。有難い、忝い思いです。ちなみに、陛下はお言葉の中で今次の代替わりを指して、譲位と仰言ってました。退位ではないのです、譲位なのです!NHKで特番を組んでました、天皇皇后両陛下の行啓のお姿です。遠隔の島嶼へ、被災地へ、そして先の戦争で斃れた人達への慰霊の旅。先々での国民の対応、沿道に動員して日の丸を振らすは各自治体の配慮ですが、じかに目の前で両陛下からお言葉を受けた人達の口から出る言葉は全国共通です。有難い。涙声になっている人も多い。この気持ちですね。天皇陛下に対する民草の思いとはこうなのです。これこそが日本人を結んでいる紐帯なのです。権威の権力の象徴のと賢しらな定義や区別など要らぬのです、自然にこうべを垂れる気持ち、そこに居ていただくだけで有難いと思う気持ちです。そして美智子妃殿下、皇后さまの存在感ですね。浩宮、大丈夫かなぁ。それに十倍して次期皇后さんは・・。ちなみに愛子さんはオヤジに似て可哀想ねぇ。
 ゴーンさんの保釈命令後の再逮捕を受けて、左巻き達が非難してますが、それを聞いてるに、ああ、この人達はいつも同じ理屈で振り回すだけなんじゃなと思う事でした改めて。こうです、長の拘留期間は国際基準に逸脱している、このグローバルな時代に・・です。人質拘留と呼ばれて国際的に非難されているのだと眉吊り上げてます、TBSのサンモニです。安倍さんがよく言う共通の価値観ですが、彼らは普遍的な価値と祀り上げます、金科玉条です。国際基準が正しいなんて誰が決めたの?ですね。二言目にはグローバルグローバルと言い募る。グローバルとは形を変えた全体主義だと見切って、彼のトランプさんは自国主義、保護貿易に舵を切りなおしたわけです。国境をなくすなんてジョンレノンの歌の文句を真に受けてるというわけです、そして単に叶う筈もない理想論なのに普遍的な価値観なるモノを振り回してそれに従わぬを非難する。彼らの思考回路の芯はバラ色の理想論なのです。改めて確認したことでした。
コメント

無冠

2018-12-22 08:28:47 | Weblog
今度は広島の菊池が大リーグへ行きたいと言うてます。言うのはタダ。素人目にも彼はどうかなぁ。内野手ですごすご帰ってきたのは多いですよ、リトル松井くらいでしょうそれなりにやれたのは。菊池は日本でも打てませんよ。守備は買いでしょうけれどねぇ。丸の高額移籍に刺激されたんでしょうなぁ。巨人の上となればMBLですか。どうかなぁ。
 将棋の羽生、とうとう無冠になったとどの新聞の一面記事です。毎日だけが強者落日とざまぁみやがれ調です、確執でもあるんでしょうか。ヘボ将棋しか打てない身ですが将棋と言えば羽生とは知ってます。永世名人、永世七冠とか記録を次々に塗り替えてきた人です。まさに第一人者。が、とうとう無冠に。盛者必衰の理です。前人未到のタイトル100期か無冠かの究極の二択で、後者になるところ、ドラマじゃないですか。藤井という次代のスターが登場して入れ替わる。これですな。
 昨日IWCからの脱退をさして松岡洋祐と書きました。洋右の間違いでした。こんな間違いこそがその人の浅知恵を象徴するのですね、恥ずかしい限りです、反省して訂正します。日経のコラムは国際連盟を脱退してからの日本の歴史に擬えて非難してます。報道ステーションの解説と同じ、朝日系。一方で産経抄はどうしてクジラだけを保護せねばならぬのか、牛豚鶏などの食肉獣はどうなんだという、こちらも反論の定番載せてます。どちらです?あなたは。
コメント