柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

精神

2012-08-31 08:22:23 | Weblog
オリンピックで日本柔道が惨敗したこともありで、あちこちに批判文が載ります。仕方ないことでしょうが、柔道そのものの乱れ、道着を直さない、ちゃんと礼もしないといった批判も多いことです。柔術から柔道へ高めたのは精神であった筈だ、しかし一旦スポーツに落ちてしまうとこうなることも止められぬこと、なればスポーツから離れて、本来の日本柔道に戻るべき、こっちの流派を作るべしという論調です。よく聞くヤツ見るヤツです。つまり勝てなくなったからです。体格差はどうにもならぬことなのですが、柔道自体が柔よく剛を制すをモットーにしているものです、体格差を理由にできぬジレンマもあるのでしょう。だから体重別という構えは願ったり叶ったりだったのでしょうが、同じ体重でもガタイの差は歴然ですからね。競技化した途端にヘーシンクという化け物が現れて、これは未来を十分に予見させるものだったわけです。小さいのが大きいのを投げ飛ばす。これが柔道の醍醐味だと、それが柔道精神だという触れ込みでしたからね。元々柔道にはそんな区別(体重別)はないのでしょう?世界に普及するということは、どんどん形が変わっていくということです。青い柔道着ってのも驚きましたが、競技的には合理的です。段々レスリングに近くなっていく、綺麗な技の掛けあいからポイント獲り合いに変わって行く。仕方ないことです。勝てなくなったから、日本柔道に戻れ?いいの?そんなので。一方の剣道は、先日話を聞く機会があったのですが、柔道の轍を踏まぬように国際化しない、競技化しない方針だそうです。広く開くとルールも何もかも変って行く。礼に始まり礼に終わる。言うは易し、行うは難し。外人にこんな精神がわかる筈がないです。だから初めから開かない。剣道の選択は正しいのだと思います。いかがですか。
コメント

衒学

2012-08-30 08:22:36 | Weblog
丹羽さんが襲撃されて国旗を奪われた事件。丹羽さんは尖閣問題でバカ言ったもんだからさすがに更迭される予定だそうですが、懲りずに最後っ屁をかましてます。公的な場で、馴れたようにヘッドフォン(同時通訳用)を下向きにつけて喋ってます。これ、例えば音楽業界人がスタジオでこういう格好して居る分には憧れ系ですが、こんな場で体の小さな爺がやった分にはだらしないだけ、何かをぶら下げてるという態です、これだけでトホホでしたが、言うてることもがっかり。尖閣発言に何の反省もないことでした。しっかり抗議すべきところ、個別の問題が大局を失ってはならないと、尖閣で弱腰対応したそのまんまです。国旗を焼いたり踏みにじったりすることが最高の侮辱になる文化です、そうやって態度表明する文化です、国旗を奪うなんてのは同列の侮辱行為なんですよ連中にとれば。そこに抗議しない。大人の対応ってのはこういうことなんですかね。いい加減に反日三国に対して牙剥いたらどうでしょうか。国旗奪われておいて個別の問題なんて言う。やっぱりこいつは親中の権化でした。早くクビすげ替えろ。といっても、本丸がヨタヨタですからねえ。同じようなのがまた行くんでしょうね。トホホ。
 南海トラフ地震の被害予想、ごらんになりましたか?嗤ってしまいますね。学者ってのはこんなんですわ。抑えを外せば好きなことを言います。想定外をなくせ、つまり最大被害を計算しろ。こんなことは学者でなくてもできます。学者の価値ってのはそこを斟酌勘案してより実際に近づける、実際の防災に役立てることですわね。そこを捨てさせたら、つまり考えなくてよければ連中喜々として出しますよ、どうだ!びっくりしたか?びっくりしますよ、この節操のなさに。土佐の津波は34mです。諦めずに備えよ、ですって。そこを考えるのが学者の仕事だろうに!!
 
コメント

思惑

2012-08-29 08:21:19 | Weblog
安倍さんが何だか妙にクローズアップされてます。維新の会がらみです、もちろん。我々はこういう右寄りの思想だと橋下はアピールしたいのでしょう。美しい国、日本。これでしたね、安倍内閣のキャッチフレーズは。サヨクウヨウヨの、平和の公平の平等のの弱者至上主義、大衆(衆愚です、つまり)を頭にしようという倒錯思想、結局マルクス主義の階級闘争しか手段のない、「その後」が全くない(これは今の民主党政権がきっちり証明してくれてます。獲るまでは行けるんです、闘争思想ですから。獲った後のビジョンがないのです。つまりどこまで行っても反体制でしかない。自分が体制側になることは想定してないわけです)現在の閉塞感に辟易しているところへ斬り込むわけです。もちろん対象は大衆です。平穏に権力を得るには現制度上は選挙に勝つしかありません。クーデターなんてのもあり得ましょうが、日本人にはきっと馴染みません。すると、橋下のような手順が真っ当なのです。ヒットラーが権力握って行った手順です。正当に選挙で勝ってから、権力を集中させる。これでいいわけです。確かに橋下にはあれこれひっくり返してくれるだろうという期待感は非常に高いです。労組、日教組、役所の外郭団体、生活保護制度や年金制度などの腐るだけ腐り切ってる社会保障等々、平等公平を盾に私腹を肥やしてるサヨク達を、橋下ならぶっ潰してくれそうです。弱者を騙る「市民」どもをたたっ斬ってくれそうです。でも、危ない。歴史は雄弁に物語ってます。安倍さんに秋波を送ったのは、そういう意見に対してワンクッション入れたいという思惑だったんじゃないでしょうか。安倍さんはまだ再登板に色気十分ですから、自民党とけんかする筈がないです。どっちも芝居っ気たっぷりのパフォーマンス。そういう目で見ておくべきじゃないでしょうかね。いかがですか。
コメント

程度

2012-08-28 08:23:22 | Weblog
一体自民党は何やってるんでしょうね。民主党は政権獲ったらいきなり自民党の真似するばかりだし、一方の自民党も昔民主党にやられたまんまをやり返してる。国がまとまる機会を天は与えてくれていたんじゃないんでしょうか、あの大震災大津波も、原発事故も、竹島尖閣問題もそうだったんです。そこを統治統制不適任者が振り回し(民主党政権)、外にいる奴ら(野党自民党)も足を引っ張ることしかしない。こんな時に仕返しばかりしていてどうする?石原ジュニアのあの性根の悪そうな、底意地の悪そうな、鼻で笑うような(実際に嗤いながらコメントすることが多い奴ですが)対応にはもううんざりです。うだうだうだうだ文句ばかり言ってる。鳩山・菅は血相変えて噛みついてましたが、まだこっちの方が可愛気があったですか、そう思えてしまうような、反対の為の反対づくし。増税法案は参院で通ったんでしたよね、それすらもなんだか混乱の中に落されてます。今何やってる?0増5減、最高裁で違憲とされた一票の格差問題が掛っているんですよね。見透かすように橋下は、国会議員定数を半分にする、それを肯ずる国会議員しか仲間に入れないと言ってます。相変わらずこういう所は上手いこと。委員会に自民党が欠席して、強行採決だそうです。委員長とマイクをとっ捕まえてわーわー騒いで無理やり多数決決定してしまうを強行採決って言うんじゃなかったですかね、よく見さされる風景ですが。せめて議論の場に出ろよ。あんた達はそれが、それだけが仕事だろうに。呆れます。国の大事をどう考えてる。日本が危ないと何年叫ばれてる?こういうのを私達が選んでるんですよ。国民のレベルを越える議員は出ない。全くその通りですね。このまま沈みましょうか。仕方ないことでしょうし。
コメント

大嘘

2012-08-27 08:19:13 | Weblog
陽が短くなりました、実感できるようになりました。朝が遅くなりました、夕方が早く来ます。影が長くなりました。まだ十分に暑いですが、当地では午後5時ごろから陽の色がやわらかくなります。夏の刺すような白い色から、少し茜が混じってきます。夕方が長くなります。そして夜朝が涼しくなりました。昼間はうだる暑さですが、夕刻からはさーっと涼風が立って気温が下がって行きます。夏休みが終わります。この季節感です。せつないような悲しいような。子供の時に感じた通りの思いです。感じておられますか。
 アームストロング船長が亡くなったという記事です。アポロ11号です、月面着陸です。あのTV中継、皆見てましたよね。同時通訳の凄さもあの時改めて知らされました。今のようにうるさくテロップ出ない時代です、こっちも聞きとらねばなりません。英語で(もちろんです)交信しているところを即に日本語に替えていく。あの独特のトーン(抑えたトーン)で事務的に感情抑えて淡々と翻訳する。あの早さ(正確さはわかりません、こっちは聞くだけですから)には感心したこと覚えてます。あれから何十年も経ってるのに、月面着陸は空前絶後のままです。だからあのTV中継は壮大なスケールの大嘘だという説が消えないわけですね。アメリカだけでなく、ソ連(ロシア)も中国もどこも行かない。行かないのか行けないのか。嘘だったとしたら、すごいことですがねぇ。
 大阪で、教員の評価を生徒にさせて、その結果を給料に反映するとする条例ができたとか施行するとかの話です。もちろん府立高校教員が対象です。公務員叩きというか、労働組合潰し、既得権益潰しです。この行動力が言い訳で、拍手喝采を浴びるわけです。でも、素人考えでも、これはまた極端に振れる虞れがあります。子供達は面白がってやりますよ。あいつを潰せとなります。もちろんやってみないとわかりませんから、こういう試みはやる前からの批判は避けるべきですが、結果の評価をきちんとしないとなりませぬ。排除の道具に落ちる危険は大きいですね。
コメント

心根

2012-08-26 08:39:08 | Weblog
竹島問題、意外とこっち(日本)が強硬なものだから、向こうさんが泡食ってる態だそうです。日本は何に怒ったのか(サヨク達も怒って見せたのか)。大統領の上陸行為じゃないですね、天皇に謝罪しろなんて言ったからです。現職大統領が竹島に行ったのは初めてだそうです、そこを形の上では抗議の的にして、この行為こそがいけないと政府筋もマスコミも評論家筋も皆口を揃えてますが、違うでしょう?唐突に天皇陛下を話題にして、来たい(訪韓)のなら謝ってからにしなさいなんて言う、これに怒ったんでしょう?あなたも。サヨク達もさすがにこれには反応して、天皇陛下(陛下称をつけるかつけぬかは違いはあれど)を侮辱したと書きます。侮辱じゃないでしょうにねと、これは嗤いましたが、しかし抗議のネタを捕まえたという他に、やはりサヨクといえども天皇陛下は、国内で反日を叫ぶ時には悪の元凶みたいに言うけれど、他人(外人)に言われると腹が立つと見えます。やはり日本人なんでしょうね、そういう捉え方すれば、こいつらも可愛いもんじゃないですか。皇国史観とやら軍国主義の復活とやら、こういう時にこそ言い募ればいいものを、ぷつりと言いませんものね。そう思いながら、ニヤニヤ見てます。天皇陛下の存在は日本人の心根の支えなのであります。その証拠というべきか、今朝のTBSの情報番組、左翼ばかりを集めての番組ですが、よく出てる着物姿の、日本の江戸時代研究が専門の女教授が吠えてます、どちらのものでもないものを獲りあいしていると嘆きます。何なに?どちらのものでもない???と聞いてると最後に締めましたよ、国境なんて元々ないんだからと宣いました。・・・。ジョンレノンが唄う分にはいいにしましょうや、でもあなたみたいな「有識者」がトンデモ話を真顔でしちゃあねぇ。でも、天皇への発言には触れないのでした。他の誰も触りません。さらっと局アナが事実として言うだけ。サヨク達はこういうことです。空想平和主義の中に生きようとしてる。すごいなぁと改めて思いました。
 プロ野球、昔の姿(ユニフォーム)で出ています、です。昨夜巨人横浜戦、珍しく見てました、巨人ベンチには斉藤がいて川口、村田がいます、一方の青い、大魔神の時のユニフォームの横浜は中畑と元大洋のスーパーカートリオの一人高木が写ります。中畑はやはり巨人顔ですねぇ、つくづく思いました。どうしてこっちにいない?そんな感じがずっとしてました。でっかいたんこぶなんでしょうねぇ、原って奴が。あのスキャンダルで失脚すればよかったのに・・それは措いて。昔のユニフォーム。思い出しますねぇ、面白いことに色々。中日。あのユニフォーム、TVには背番号20の投手でしたよ。星野ですよ。小松、谷沢、そして今の監督の高木守道。ああそうだったなぁ。そして近鉄。今はオリックスですが、このユニフォームはやはり鈴木啓二です。西本監督、仰木監督。そして日本シリーズ、江夏の21球(あの時の江夏は広島の選手ですよ、あしからず)。ワーッとあの場面あの時代が蘇ります。しかし、この色は現監督の岡田には全く似合いませんわ。対するは広島。あの青と赤。やはり山本浩二と衣笠のイメージですか。強かった広島。古葉監督。ライトル、ホプキンス。安仁屋、外木場、池谷、津田、投手王国。ああいうのはいいですね。西武が先に西鉄の古いユニフォームでやったり、全員が背番号24付けたり、ああいうのもいいですよね。でも所詮は昔話でありました、懐古趣味の強い私なればの感想ではありましょう。いかがですか。
 
 
コメント

幼稚

2012-08-25 08:21:56 | Weblog
島根県の竹島とはどこだ?俺はそんな所へ行った覚えはない。これが一番の幼稚な、男の馬鹿さを表してますね。世界中の男に共通する性質でしょう。どんな喧嘩の途中にも出てくるフレーズです。言った言わない、聞いた聞いてない、誰が決めた?、そんな法律あるのか?バカバカチンドン屋!あれです。非礼には欠礼で答える、新聞コラムに載ってました、信書の突き返し、そういう非礼には受け取り拒否(欠礼)で応える。すると敵さんが郵便で送り返してくる、もうここで再送付はしない、外交の品が落ちるからと日本外相。この大臣も昔から思ってましたが悪い顔してますよねぇ。野田さんの閣議の前の映像でよく流れる、つけまつげ?と思うような長い睫毛でパッチリお目めでキョトンとした表情(に見えます、本人は普通の表情なのでしょうが)の気持ち悪さも嫌なものですが、輿石、山岡、松木と並ぶ悪顔でしょう。目つきが堅気じゃないですよね。国会での答弁の態度も横着です。人を小馬鹿にした様な、鼻で笑いながらマイクの前に立つ風情。昨昼の国会中継は参院の場、自民党の口先ヤジ将軍、山本一太が質問してました。こいつも大声出して激昂するポーズとればいいと思ってる節が見え見えで、芝居臭さが鼻につくのですが、対する大臣、いちいち口元に苦笑いとも蔑み笑いともつかぬ表情を浮かべてます。不法占拠と使ってる言葉は強いものですが、こいつ、どこまで覚悟があるものやら。外交の品。大人の対応とやら冷静にとやら厳粛に毅然にとやらが品よくやることでしょうかね。元より中韓に品格への評価などは民族的文化的にないんでしょうに。世界のスタンダードでもないのかもしれません。勝手に日本だけがいきってる。そうじゃないんでしょうかね。
コメント (2)

喧嘩

2012-08-24 08:17:55 | Weblog
大阪桐蔭春夏連覇です。史上7校目だそうです、リストが並んでます。見てたのは79年の箕島からこっちです。この年でしたか、あの伝説の星陵戦、延長18回。高校の監督が有名になった嚆矢でしたよね尾藤さん。次が87年のPL。清原桑田の時じゃなくて、その二年後です、立浪、野村、橋本、片岡の時代。ここも強かったですよね、圧倒的でした。そして98年松坂の横浜。夏の決勝でノーヒッターやった松坂の独壇場。次はついこの前に(2010年)沖縄の興南がやりました、沖縄に紫紺の優勝旗~~!優勝投手は大学で泣かず飛ばずですが。ここの大型ピッチャー、育ちましょうかね。決勝でのピッチングはすごかったようですが。ダルビッシュも高校時代は線が細い感じでしたから、今から変わって行くんでしょうか。負けた光星学院はなんと去年の夏、今年の春、この夏と連続して決勝進出して、三度とも負けてるという強いんだかそうでないんだかというチームで。でも、つくづく思いますが、全国からごっそり有力選手を集める高校が結局勝ち残るというわけです。PLや明徳やら全国の高校は多くあって、その間に歴然たる序列があって、フィクサーが沢山いて、お前の力ならここが関の山、レギュラー張りたいんならここは無理、こっちに行けと暗躍する。マージンとって口利きする。そんな世界でしょうよ、親が売り込みに必死になる時代ですからね、全国にカモはたっぷりいます。その準優勝ばかりの主砲は二人ともバリバリの関西弁です、正直に言うてます、大阪桐蔭に憧れていたが中学時代の力では入れなかったと。だからわざわざ青森くんだりまで来たというわけです。石垣島から来ている者もいるそうですから。全くのビジネスですね、高校野球ビジネス。青森県民とすれば痛し痒しでしょうね。三沢高校が準優勝した時とは明らかに違いましょうから(私の高校野球の記憶はここから始まります、中学2年でした)。
 さて韓国、どうなるんでしょうか。全くの子供の喧嘩です。大統領あての親書をそのまま読みもせずに(開封せずに)返してきました。内容は先に公表してましたから読まなくてもわかったということですが、内容を先に公表するってのが正しかったのかどうかは一般常識からは首を傾げるところなのでした(韓国筋もここを非難しているようです)。でも、大使館の一役人が官邸だかに手づからに届けにくるってのもまたおちょくった話ではあります。もっと方法があるだろう?ということなのですが、でも、ここも男社会の見栄の張り合い、手続き第一主義の馬鹿馬鹿しさなんですね。子供の喧嘩と書きましたが、いえ正しくは、男のガキの喧嘩です。きっと女同士ではこんなバカしないでしょう?こういう時にこそ女が出てきて対応すればいいと思うのです。いえ、女のなりした男じゃダメですよ。男の流儀で世渡りしてきた、男の群れ社会で男の考え方しかできなくなっているどこかの国会議員のような女でもダメですよ。女の思考回路を保っている女の人です。そう思われませんか?賢姉の皆様がた。
コメント

学習

2012-08-23 08:20:27 | Weblog
原発反対のデモしている連中と首相が会談したそうです。無視できなくなったということなのでしょうと普通は考えますが、写真見ると隣に菅さんがいます。そう言えば、菅さんの口利きだと官房長官言ってましたね、今後そういう関係者と何度も会うということではないと言明してましたが。直談判と見出しです。うむ、それはそれでいいのですが、一体どういう目的だったのでしょうか。単にガス抜きですか。そんなつもりでいたら、敵さんは市民運動のプロ(プロ市民と呼ばれる連中です)ですよ、噛みつき代(しろ)を与えたようなもんです。そして安易に採るアンケート。反原発が50%近く占めて、多数意見を聞かねばならぬなんて結果で自分の首を絞めてる。反体制反権力で常にこういう物事の決め方、進め方してきたサヨク達ですから、当然のごとく手続きとして「皆さまの御意見を伺って、自分達の都合のいいように解釈してきた」わけですが、その処理方法を知らないもんだから自分達が噛みついてきたのと同じように噛みつかれて往生してるんです。バカ野郎!です。多数で押しかけて、大声出して要求を通してきた、全く同じ手法で、押しこまれてるんです。知恵がないというか、学習できないというか。菅さんが隣にいるってのが何とも象徴的で、どういう政権なんだ?と改めて呆れます。2030年までに原発をなくす、なんて他の大臣が言い放ってましたね。でも、大飯原発は止めないと首相が強調して。このちぐはぐがどうにも、ですか。「原発なくす」だけを言い募るから、代替エネルギー開発と原発の安全性の向上を図るという必ず同時に発展させなければならぬことを隠すことになるんですね。どうしてここを言わないのでしょうか。デモなんか勝手にやらせとけばいいんですよ。示威行動にいちいち反応していたのでは事が進みはしません。でもこうやってきたんですよねぇ、この青二才集団は。しかたないんでしょうが。
コメント

体裁

2012-08-22 08:20:50 | Weblog
作新学院。あの江川で有名な高校野球の名門ですが、大会中に部員の強盗事件が明るみに出て、どうするんだと興味持って見てたのですが、昨日負けて、実は関係者はホッとしてるんでしょうね。下手して決勝まで行ってしまうと、それはそれで困りますもの。高野連とつるんだマスコミは得意のダブルスタンダードを振り回してます、今出ている選手達は悪くないんだ、だから今回は不問に付すって。地方予選なら即に連帯責任ですよ。この偽善というか自分勝手さには本当に胸が悪いですね。ベタ記事が載ってます、秋の国体出場(推薦で出られるのです)は辞退すると校長が言って、高野連が受けたって。ああ、これまた帳尻合わせの茶番劇。世間体と高野連の体裁繕いのつづら織りですか。
 シリアで日本人の女記者が撃ち殺されたって、またまたマスコミ大騒ぎです。殺されるのは覚悟の上で行くんでしょう?違うんですか?マスコミは同業者問題だもんだから大声あげるんでしょうね、それはそれで仲間意識としてわからぬことではないですが、聞いてる方は聊か鼻白みます。前にも、記者じゃなかったでしたか、NPOか何かの何人かの若い衆で、タリバンかどこかにつかまって殺されそうになって、政府が出て行って(金払って)助けた事件がありましたね。帰りの船賃なり飛行機代なりは銘々で払え!というバッシングがありましたね。あれと同じ理屈です。こっちは殺されてしまいましたから、国際社会に訴える!なんて意気込みもあるのでしょうが、人を殺し合ってる場所に自ら乗り込んでるんです、ドラエモン張りに何ちゃらバリア~をつけてるつもりだったんでしょうか。仕方なかったんじゃないんでしょうか。感想はこれだけです。拉致問題の方がもっともっと重大事ですよね。
 維新の会が国会議員5人何とか捕まえたくて。5人集まれば政党になれて、比例代表が獲れるんだそうです。こりゃ本気になりましょうね。大阪ではきっと選挙区選挙では圧勝でしょう。でも田舎ではまだまだでしょう。となれば比例代表です。名前は十分に全国区ですから、比例票を大量にとることは夢ではありません。5人。何とか、何とか、でしょうねえ。
コメント