柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

本質

2013-05-31 08:14:22 | Weblog
サッカー、例によって事前の大煽りの末に負け試合。あれこれ言うのも、こっちもステレオで同じ繰り言です。エエ加減にせえよ、なのですが、TV朝日が妙に煽ります、ここが放映権獲ったんですね、古館の番組、ゴン中山と沢登が解説します。お定まりの神風(期待)論で、うんざり。日本はずらりと欧州組が並んでます。向こうはそのまま欧州(ブルガリア)なのですが、平均身長180越えてるんだそうです。勝てんわなぁ。
 海を渡った藤川(阪神の守護神)、右肘靭帯断裂で手術なんだそうです。高い買い物でした。お気の毒。あれだけこっちで酷使した末ですから仕方ないですか。買った方が悪い?そういうことでしょうか。
 猪瀬さんが五輪招致の公式の場(ロシア)でプレゼンしている映像です。何?小さいのがとってつけたような身振り手振りで、日本語英語を抑揚付けて叫んでる、目は泳いでて間が悪いわ似合ってないわで、イタい。こういうのを痛いと表現しますという見本です。続いてフェンシングのメダリストが演説してましたが、よくぞ覚えたと褒めてやりたくなる必死さが伝わりました。そのぶん猪瀬さんの小芝居が鼻につく、イタい!普通にやりなさいな。あなたはそんなはしゃぐキャラじゃないでしょうに。いつも小難しい顔ばかり晒してる人が。
 橋下さんの問責決議、大阪市議会で否決されたんだそうです。松井府知事が問責とは辞めろということだ、と啖呵切ってました。辞めさせるなら辞めさせろ、もう一度やるまでだ(辞任して再選だという脅し見え見え)。そこで公明党が腰引けちゃったというのが報道です。一転否決されて、橋下さんはどやねん!でしょう。市長選で対抗できる駒がいないから、だそうです。こんな舌禍があっても、まだ大阪では強いんでしょうからね。民意第一、民意が最大の味方と思ってる橋下さんです、何度でも選挙するでしょうよ。その手に乗るか!と強がっても対抗出せぬが理由ならば遠吠えですからねぇ。公明党もわかり易くていいですね。ここでは自公協調ってのはないんでしょうかね。国会(参院)みたいな真似してもダメってことでしたか。
コメント

輸出

2013-05-30 08:23:21 | Weblog
インドの首相が訪日して友好ムードを醸しています。先に安倍さん訪印しましたからね。新幹線を売り込むんだそうです。なんでもインドは中国の新幹線を導入することにしていたんだそうですがあの事故で考え直してるとかで。スピード競争はいざ知らず、事故のないことでは日本でしょうからね。そして原発技術。インド12億国民(12億ですよ、私達が学生時分に習ったのは何人でした?中国が6億?インドが2億くらいじゃなかったですかね、忘れてますが)のうち未だ4割は電気のない暮らしなんだそうです。新興国の先頭走る国がこういう状態というわけで、日本も戦後の20年くらいはあまり変わらぬことだったんだろうなと思い遣ることですが、そこへ原発技術です。早速(というか、訪印の時からステレオタイプの抗議がなされてますが)広島長崎からクレームがついてますが、原爆と原発と混同しすぎじゃないですかという極々単純な疑問がその度に湧きます。インドが核不拡散条約(NPT)に調印批准してない国だと非難します。このNPTなる条約は欺瞞に満ちた、大国の既得権保護だけを謳った代物なのです、核による抑止力を前面に押し立てて、世界平和のために他の国は核兵器を持つなと言うんですからなんたる勝手。日本は批准してます、アメリカさんの言う通りにしてます。これに反して核兵器を持ったのがインド、パキスタン、イラン、そして北朝鮮。持つな持つなと締め上げて、持たれてしまうとまぁまぁと懐柔に走る。向こうに先に撃たれると抑止もクソもなくなるわけですから。もう一つ、全ての核実験を禁ずるという包括的核実験禁止条約(CTBT)なるものもあって、こちらが核兵器廃絶への直接の道筋なのですが、そうぶちあげてノーベル平和賞貰ったオバマのアメリカと中国は批准してません。こんなことです。この二つの事実を知るだけで如何に核をめぐる駆け引きが無法下にあるかとわかります。持ったもん勝ち。持たぬ者は言うこと聞くだけ。北朝鮮がよく教えてくれてます。原発技術の輸出、いいじゃないですか、全くの平和利用です。日本の技術の優れていることを証明していけばいいんです。トップビジネス。TVは盛んにこう冠してました。それでいいじゃないですか。有力な輸出商品です。
コメント

認識

2013-05-29 08:17:20 | Weblog
若い女性に向けて妊娠出産の啓発を目的にした女性手帳なるものを政府が配布しようとしたら猛反発を食らって見送ったという話題です。目的は少子化への対策ですね、よくわかることです。まず、これを女にだけ配るってのはいかがか?という反論が出て、じゃぁ男にもってことになったんでしたね。でもそこが本点じゃなくて。すぐに国が個人の人生選択に口を挟むべきではないと大上段に構えられました。出てくるわな、こういうのが。抽象論に言い替えて向こうを凹ます、萎えさせる。具体論より抽象論の方が上等に聞こえますし、言うてる方もどうだ?という気分になりますし、事実反論しにくくなります。ま、議論の際のテクニックではあります、特にこの手の社会問題系のモノには抽象的正論はとても効果的。言われた方はズルズルと引くばかり。今回のように見送りになることが多いです。で、内容なのですが、不思議に新聞もTVも載せません。こちらにも見せてくれればいいのに。でも、TVで街角インタビューしてましたが、おばさん達は言ってました、少子化を女の所為にするのは間違いだ、私達ばかりが悪いように言われるのは心外だと。女房もそう言いました。女が産まないのは女が悪いという単純思考が腹立たしい。男の責任はどうなってる?いいえ、草食系のどうのの生物学的性欲的な問題ではなくて、子どもを産んで育てたいと若い女(夫婦)に思わせるという認識が男にあるのか?人は自分が育った環境から抜けられません、つまり両親を見て育ち、親を手本にして親の行動言動を絶対的価値として大人になり親になるわけです。私も子を儲けて親になって子育てしたいと思わせる家庭環境にあったか、そのためには男親の役目もものすごく大きいだろうということです。若い者がどんどんセックスして子を作れ、というそんな単純化しちゃダメでしょう。産めよ殖やせよの時代がありました、あの時は戦時の兵力(人口)確保という大目的がありました。きわめて特殊な環境です。女しか子は産めない。だから女の啓発だ。そんな単純化は間違いですね。そういう臭いがするわけです。男は受精するためだけの相手じゃないということです。そこに認識を新たにせよということですね。ううむ。
コメント

大甘

2013-05-28 08:21:30 | Weblog
横綱審議委員会(ヨコチン、もとい、横審)が言ったそうです、稀勢の里、来場所14勝以上でたとえ優勝できなくても横綱に推薦すると。ええ?まだ懲りずに乱造するつもりか?です。もっとも今までのこの人の経過を考えれば二場所続けていい相撲とれないですから、来場所はまたクンロク辺りどまりでしょう、それはそれなのですが、どうしてそんなに甘いこと言うんでしょうね。日本人力士が最後に優勝してもう7年以上経ってるそうです、栃東が朝青龍転がして勝ったあの時以来ですね、外国人に席巻されて久しいわけです、その責任を、ま言わば一身に担い一身に被り一身で裏切ってきたのがこの人稀勢の里でしたが、やっと今場所いい成績上げたらこれですか。そんなに褒美が要るもんなんですかね。今の大関達見てごらんなさいな、日馬富士もそうです、この人もそうなるに違いないじゃないですか。大甘。大丈夫かいなそんな評価で。呆れますわ。
 橋下さん、外国特派員協会の前で会見です。維新の会の人気挽回策の筈だったのに、こんなことになっちゃって。正直のところ思惑外れてるんでしょうね本人も。言うてることは筋なんですよきっと、所々は。今の常識で過去を裁くは間違いなんです、そうは皆わかってますがでも今の常識が基準なんですね。そうやって組み立ててきたんですから、余所は今更ひっかきまわされたくないです。アメリカの奴隷制度、戦時の無体、それはどの国も一緒です、でも今は今だろ?の理屈です。他人がやってるんだからこっちもいい筈だという理屈は幼稚で間違いだ、自分の行為を正当化するだけの言い訳だとする論も、ちとあっちにバイアスかかってるでしょう?どこで落しますかね。石原さん一派はどう出る?これからの話ですが。
コメント

残念

2013-05-27 08:26:08 | Weblog
藤浪対大谷の対戦が大きく報じられます、どちらもルーキーです、いいですねぇ。阪神調子がいいのでこっちも余裕を持って見てられます、阪神が勝てばOKですから。先にも書きましたが大谷はこのまま二刀流で続けるんでしょうかね。あれだけ打つんですからバッターとしても十分な才能は認めますが、いかがですか?と、とっても大人の気分で評論です。
 稀勢の里、残念でした。なのですが、最後の二日、どうにも・・・でしたね。楽日はダメです、素人目にもダメ。白鵬戦です。熱戦でしたよ、横綱も手こずってました、それは認めますが、あの負け方です。気づかれた方多いでしょうし、NHK実況解説の貴ノ花もその時言ってましたが、土俵で大の字に寝転がるってのも珍しい絵柄でした。ベターっと仰向け大の字です。土俵の真ん中で転がされる取り口は多いですが、受け身ちゃんとするとかせめて尻餅姿ですよね、あんなに無様にひっくり返りませんよ。貴ノ花は苦言調でしたよもちろん、美しくないとうるさい親方ですから。キセも勉強です!と何度も言ってました。そして昨日、後ろ振り返ってからこれまたそのまま仰向けに土俵下に落ちて行って。両足が宙に浮く、まさに真っ逆さまの態でした。無様。ああ、こういう格好悪さがあるんだと気づきました。相撲は形式美とよく言われますね、純粋なスポーツじゃありません。負け方も美しくないとまずいのです。土俵に大の字に・・ああ、こりゃ不細工だわと思いました。こう思った人が多かったのではないでしょうか。つまりこういう絵柄を普段は見ないというわけです。デーモン小暮に聞いてみたいですね評価を。
コメント

宗教

2013-05-26 07:08:00 | Weblog
橋下さん周りの圧力に負けて(しょげて、じゃないでしょうけど)発言撤回してます、トーンダウンです。ま、あれだけ反発食らって押し通すも難しいことでしょうし、党首として得策じゃないですが、そんなら初めから言うなよ、の話ではあります。週刊新潮に変見自在という高山正之の連載コラムがあるのですが(これは表向きの報道や常識をひっくり返してくれる面白い読み物で、このコラムがもう何冊か単行本になってます)、今週号でバッサリ斬ってました。キリスト教信者達には風俗(これは日本特有の言い方、文化で、そのまま外国には持っていけないらしいです。向こうでは売春だけ、日本にはあれこれありますよね)とは嫌悪すべきモノというか、許されてないことなのだそうです道徳的に。向こうは売春だけ、強姦だけだそうです。すごいや。アメリカの進駐軍がやって来た時、無体な強姦事件が日本中で多発したという記録、そのために米軍相手の売春宿を政策として作ったという事実(パンパンの、オンリーのの謂いです)。橋下さん、頭の中でこういう歴史も混ぜられての発言だったのでしょう。そこは思い遣ることです。が、思わぬところからも横槍は入るもので、こういう抗議も他に載ってました、銃弾飛び交う所で命を的に闘っている兵士に休息がいるという発言を受けて、そんな銃弾雨あられの場所に慰安所などない、あったのは最前線から何段も引いた作戦本部の辺りだと。そういうことを橋下さん言いたかったんじゃないだろうにと苦笑いしました、事実誤認という名の非難です。高山さんは書きます、戦場で強姦させないために日本軍は強い規制を敷いていた、その一策だったのだと。アメリカ軍、ベトナム戦争での韓国軍、敗戦時の満州朝鮮からの日本人引揚者を狙った朝鮮人、満州でのソ連軍、ドイツでのソ連軍。「風俗」という観念のない国は直に強姦です。そう考えると、沖縄(だけじゃないです、日本にいる)の米軍が直にやってしまうのは理解できます(お利口に理解しても何にもなりませんが)、それがキリスト教の教えだと言うのですから。へぇ。こういうことを誰も言いませんからね。まこと、へぇ~です。連中が sex slave と非難するは自分達の無体を隠す為、自分達への言及を避けるためととられても仕方ないですね。それを橋下さんは言いたかったのであり、他の太陽の党の爺さん達もそうなのです。どの国もやってたことだから日本だけが批判されることはない、という子供の喧嘩レベルにわざと貶められてますが、いいえ、戦時の特殊さを差し引いても、文化、善悪の価値観の違いに根ざしたこの溝はおおきいです。朝鮮から強制連行してきたか否か。要はここですが、既にここには日本は答えを出してます。slave とはそういうことですが、slave文化の本家本元(アメリカ)が自らの汚点を糊塗する、我々はとうの昔に克服したことなのに・・という蔑みを合わせてすり替えてるということですね。いつまでへいこらしなければならぬのでしょうね、そういう思いにはなります。日本人はそんなに未開で野蛮で品性を欠く民族ですか?そういう話です。あの時代はそういう意味で世界中と堂々と渡り合っていたのです。そこに思いを致さねばならぬとおもいます。
コメント

面談

2013-05-25 08:26:47 | Weblog
元慰安婦さん達、橋下さんとの面談を拒否したそうです。橋下さんのパフォーマンスの道具にされたくないんだそうです。謝罪のふりだけじゃぁ意味がないんだそうです。支援団体の代表さんのコメントとして新聞に載ってます。橋下さんの発言を受けてすぐに来日してましたよね支援団体の行動でしょう。すぐにやってきて反論する(連れてきて反論させる)。80歳過ぎた婆様たちです。ううむ、こっちも十分にパフォーマンスですよね、定型、お定まり。言われれば言い返す。維新の会(太陽の党、平沼さん一派)の中山成彬議員がツイッターに載せたそうです、政治利用しているのは向こうの方だ、面談しないのは残念だ、化けの皮をはがしやる機会だったのにと。新聞の片隅記事です。このオヤジもトンガってますからね。西村さんと双璧でしょう。石原さんはいつも最後は茶化して皮肉に笑って閉じます、平沼さんはこれほどには露わにはしません、この集団は銘々色が濃くて面白いのですが、さすがのシンパの私でもちょっと言い方抑えたら?と思います。でも政治利用という意味ではどっちもどっちですからね。そうは思います。支援団体さんたちの行動の早さはどうです?もっともこの問題はやがてきちりとカタをつけなければならぬことです。が、当人達が生きているうちはできませんかね。公害問題のように政治的決着ってのができませんか、政治問題そのものですから。
コメント

調子

2013-05-24 08:26:40 | Weblog
株価が1000円以上急落して新聞は囃したててます。アベノミクスに冷水。ミニバブル破裂。長期国債も1%まで上昇したと騒ぎます。投資家のマインドに全面的に依頼しているところ、ヤバいか?と感じれば早く売り抜けろとなって、そう思うのが多くいれば急落って話、国債の買い直しってことで金利が上がる?でも、一本調子で昇り続ける筈もないことでしょうよね素人考えでも。どこかで一旦休止。ひと休み。輿石さんが言ったそうです(まだこの人の発言が新聞ネタになるんですね、こっちにも驚きますが)、アベノミクスがアベノリスクになってもらっちゃ困ると。やれやれ。
 DeNAの中村紀洋が好調ですよ、二千本打ってから。近鉄時代から思ってましたが(この時代はやんちゃで売ってました、外連味たっぷりの「矢沢」状態でした)この人のホームラン姿はまこと綺麗。美しいフォーム。スコーンというかパカーンと書くべきか。打った後のフォローもよくてバット放り投げるのも格好よくて。どや?!こっち見んかい!いいですねぇ。大阪人!昨日のTVのダイジェスト版で見ました、いつまでもこんなホームラン打ってくれ。そして日ハム大谷。こりゃ本物ですよね。やっぱりピッチャーやらすべきです。二刀流なんていらない。そんなのどっちでもいい。ピッチャーとして大成させよ。栗山さん、あなたの今季の仕事はこれだ!そう思いましたね。でしたでしょう?
コメント

剔抉

2013-05-23 08:28:43 | Weblog
維新の会の平沼さん、形式的には橋下さんの仲間のはずですが、こう言ったそうです。従軍慰安婦はいなかった、いたのは戦場売春婦だと認識していると。新聞の片隅のベタ記事です。この言い替えと言うかコントラストはきついですね。わかり易いから余計に。慰安婦という名称がいかにも役所風で欺瞞に満ちて本質を隠してはいるのです。橋下さんのように異議申し立ててきた人はここを指摘し続けてきたわけです。敗戦後、日本はとにかく悪い、非道、野蛮というレッテルを貼り付けられてきましたから、そしてその世界的な評価風評に抗議することなく(そんなことはないと言う人もいるでしょうし、実際の交渉事実は数々あるのでしょうが、結果的に世界はそれを認めていません)数十年経過してきたという歴史です。自業自得ではあるのですが、日本だけがsex slaveの国だと貶められるはどうにも腹立たしいことです。事実違いますからね。公娼制度があったこと、売春宿があちこちにあったこと。これと性奴隷とを同一視する、すり替える論法にはガンとして抗議すべきです。慰安婦達には気の毒に思う。そう橋下さんも言います、安倍さんもそう言ってます。じゃぁ売春婦たちにはどうなんでしょうか。こっちは商売だ。そういう区別の筈ですでこの言い方の違いは。敗戦して米軍が進駐先に要求したのは慰安所の設立だった、オンリーさんが集められたっていうのも歴たる事実ですからね。さてここのところです。抉れるか、太陽の党!
コメント

冥利

2013-05-22 08:27:02 | Weblog
横浜の待機児童解消話題、どう感じられますか。さすが女市長、女は視点が違う、男ではこうはいかない、ですか。できるんじゃないの、どうして今までできなかったの?ですか。別にコロンブスの卵的な解決じゃないんですよね、ずっと前からどの自治体の会議の場ででも対応策として挙がっていた方法を実行したってことで。キーは民間参入促進と認可外保育施設の増設と新聞がまとめてます。つまりガチガチの規制を緩めようとしなかったから、既得権益者に阻まれていたからです。参院の自民党尾辻さんが写ってましたよ族議員の代表みたいに。でもできるんですよね。規制をお上(国)が変えるのを待たなくても、首長の意思ひとつだということがわかりましたよ。これで堰が切れますかね。あちこちの首長たち、規制緩めましょうか。少子化対策ですよね、ひとえに。今NHKの朝イチでやってますが、専業主婦を否定する意味なんかじゃ全くなく、女よ社会に出たい人は出よ!それの大サポートですから。価値観やら事ごとの是非を推量する前にまずやってみろ、受け皿を作ってその後に評価しろ。ですね。横浜市長の大業績です。もちろん今後の評価も必要です。質の劣化とか安直化というのは数(量)が増える時には必ず付いて回ることですから。でも、凄いことと思います。これぞ首長冥利でしょう。
コメント