柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

無理

2014-04-30 08:24:11 | Weblog
NBAのオーナーが黒人を差別排除するような発言した(新聞によれば自分の女にメールしたとか詰ったとかの痴話系のことらしいですが)と問題になってます。そのチームのメンバーが試合前のセレモニーでチームロゴのついたシャツを裏に着て抗議してるキャプションです。人の口に戸は立てられぬと言いますが、ましてや心うちには。これを内心の自由と呼んで権利として守るのが基本的人権とやらですが、もちろん他人が何を考えているかはわかりはしませんし、内心の自由なんて今更のように言わずとも人の心のうちは何者にも縛られません。その発露が制限されるだけです。口にしたら怒られるから皆黙ってる。それ事実現実です。Japanaese Only の看板なり貼り紙なりが恥ずべき行為として非難されてますが、それぞれに理由があってのことでしょう。やみくもに叩く潰すは地下に潜らせる(心中深くに沈ませる)だけでしょうにと、これも皆わかっているけれど非難するしかないのです。これが世界のスタンダードだからです、グローバル世界を信ずる、というかこの世界に生きようとするなら守らねばならぬ約束事だからです。安倍さんがよく言う、共通の価値観なるものに知らん顔している国にとれば、そんな文化はないわけですから蛙の面にションベンそのものです。でも人種差別なんてのは人の心に深く根付いていること、というよりこれ本能です。人種だけじゃありません、悉くすべての事項についての差別です。スペインのプロサッカーで黒人選手がゴールするとピッチにバナナが投げ入れられるんだそうです。猿へのご褒美だそうです。白人から見れば私たち黄色も猿ですよ。そういう歴史であって、今も人も心は変わらないのです。それを変えるんだ!ですか?無理と思いますよ。
コメント

正義

2014-04-29 09:14:01 | Weblog
とうとう山中さんにまで飛び火してます。この流れはよくないですね。暴き趣味、覗き趣味。きっと負け犬達のルサンチマンがドライブしている感情でしょう。匿名投稿がきっかけだそうですから。推測するに恨みややっかみの塊になったオタク達が、あり余った時間に任せて微に入り細を穿って標的論文を調べ上げる。記事を見るに山中さん論文へのこの不正指摘は13年の4月だったそうです、ということは小保方さん騒動のうんと前です、ということは有名どころを狙ってのこの手の糾弾は昔からあったことなのですね、小保方さんが可哀想な犠牲者というわけではなく。産経新聞にあります、海外のインターネットに論文検証サイトというのがあって(PubPeer という名だそうです、引っ剥がしパブの意ですか)、STAP騒動はここから火がついたそうです。日本モノもあるそうで、新聞には匿名の不正疑惑告発ブログだそうです、降圧剤ディオバン騒動もここから、山中さんのもここからだそうです。記事には功罪相半ばするとの論調です、当たり障りのないことですが、どうですかね。どれも匿名ってのがどうにも陰湿です。もっとも内部告発には匿名性が動機としてとても重要なことです、そこは認めますが、ブログがむやみに炎上したり、死ねのくたばれのと書きなぐれるのも匿名性があればこそのことです。功罪相半ば。その通りです、普通に考えればそうです。こう括ってしまうとそれで終わりです。こんなことするのは上記したように何らかの理由や動機のある者です。そして素人にはできません、画像の不自然さがわかるのはそれなりにこの業界に携わってきた者です。正義の味方、月光仮面のつもりなんでしょうが、いわゆる科学者崩れの連中でしょう。ボクサー崩れが暴力団の用心棒になるのと同じ構図。それぞれの業界の評論家に納まってるのは一流の業界人になれなかった連中です、文芸評論家は小説家としてモノにならなかった奴ら(だからモノ書き稼業にしがみついてる)、音楽評論家は演奏家としてモノにならなかった者達、医療ジャーナリストは医者になれなかった人達、こちらもそうでしょう。中には個人的に恨みのある者もいるかも知れません、匿名でいいんですからやりたい放題です。科学者になりたかったけれどなれなかった、その極めて個人的な理由で脚光を浴びる一流どころの足を引っ張りにかかる。動機としてあり得ることです。匿名でなければ却って誰も信用してくれないかもしれませんね、お前誰?ですから。その点は酌むべき所もないではないですが。オタクの陰湿な露呈趣味。自分では正義感に溢れているのでしょうが(それに隠しているだけでしょうが)、根っこにはやっかみです。あるいは恨み。それがなんか嫌ですね。この手の行為はこういう動機とは知りつつ、当たるに任せてぶった切るはいかがなものか、です。でも、最初に書きましたが、時系列的には山中さんへの疑惑の方が先だったんですか、そうであればこの会見はSTAP騒動の流れをくんでのことだったわけです、山中さんもこうするのが得策と選んだ行為だったのでしょうが、カメラの前でマイクの前で頭を下げさせるをノーベル賞受賞者、言うなら日本の至宝に強いるが正義ですかね。小保方さんや石井さんにはOKだということではないのですが、世界中で再現されて実用化が進んでいるiPS細胞にまで累を及ぼす必要があったんですかね。いえ、必要などは端からないのです、こういうことやる連中には僻みやっかみにドライブされた暴き趣味しかないことでしょうから。もっと他のことにエネルギー使ったらどうだい?正義の味方さん達。
コメント

好調

2014-04-28 08:21:36 | Weblog
広島調子いいですねぇ。去年の勢いを保って、という解説なのでしょうが、きっと東京などの都会で妙に盛り上がってるカープ人気に選手が乗せられている部分も大きいでしょうと見てます。芸能人には広島出身の奴らがカープファンの役やってるのが多いですが、もちろんこっちには土地柄カープファンは多いですが、カープファンの冷たさと言うか熱のなさも有名事です。最近はとんと行きませんが、その昔(20年以上前)広島にいた頃にはよく行きました市民球場、阪神戦を主にでしたが、どの試合も三塁側の観客の方が多いんですから。そして一時の大黄金時代が過ぎれば長い長い低迷。人気の出る筈もない所でしたが、何が理由だったんでしょうね、川口(古い所ですみません)、江藤と巨人に行き、金本、新井と阪神に抜かれても、出ていく奴らには未練を残さない、実は金がないだけでしたがじっと自前の選手を育てて(それしかなかったのでしたが)耐える姿、給料の安い選手ばかりで闘ってる健気さが受けたんでしょうかね。前田一人にしがみついての態。巨人の阿部一人の給料で広島の日本人レギュラー全員賄えるんじゃないかって。判官びいきと言えば聞こえはいいですが、弱者へのいたわり同情。ま、そんな理由はどっちでもいいことです、とにかく客が増えてますよ。だから選手もやる気になる。戦力がやっと揃ってきたとという解説が正しいことなのでしょうが、いえ、きっと連中乗せられてますよね。丸がいいですよ。ピッチャーもマエケン以外有名なのはいないし(あの大黄金時代は違いましたよ)、バッターもそうでしょう。広島阪神が走って、それを巨人が追いかける。見ている方には一番面白い展開です。パリーグもオリックスですからね。ここは知らぬ間に(私が知らぬだけです)ピッチャーが整備されて、大砲補強して強い筈というわけです。金子の孤軍奮闘のイメージでしたがね。ここでT岡田がもうひと化けすればの期待ですか。
 Japanese Only の看板が実はあちこちに出てるんだという朝日の糾弾記事です。大量の移民を受け入れようと政府筋が真剣に考えてるらしいです、そんなことしたら・・・と危惧する向き(私は大反対です)にはこの看板も肯定されましょうか。記事にもありましたが、ひとえにこの差別排除の向かう先は中国人だそうです。マナーの悪さに閉口して、の末らしいです。さもありなん。文化の違いはどうにも。その昔、バブルの時代、円高に乗じて世界中に散らばって買い漁ってた日本人がきっとそういう目で見られていたに違いないのですが、天唾そのものです。差別はいけない、それだけで話は済みませんよ。そう思われませんか。
コメント

合区

2014-04-27 09:43:55 | Weblog
オバマさんの会見模様が字幕付きでよく流れますから、聞き耳を立てているのですが、やはり英語に慣れぬ耳には(綴りで覚えている耳には、綴りを追いかける耳には)聞き取れません。こんな時にはよく宣伝している聞き流しの英会話教材を買い込もうかと強く思うことですが、人権侵害を violation of human rights と言うとか、わかり易い発音の時にはわかって嬉しいもんです。ある新聞にインタビュー内容をそのまま英文に起こしたものが載ってました、これは読めるんです、易しい英語です(話し言葉ですから当然です)。これが日本での英語教育のいびつさだと昔から指摘されていることですがね。読めるけれど聞き取れない、話せない。読めるけれども、意味は理解できるけれども書けない漢字があるでしょう、薔薇とか葡萄とか林檎とか鬱とか、こういうのをワープロ(この表現ももう死語です)の文字変換の弊害だとの謂いもありますが、失語症の一つだと揶揄する言い方もあります、それと同じです。もっとも自国語でない言葉を偶に聞いて理解するなんて方が無茶なのですが。やはりせめて聞きとれなければなりませんねぇ。偶に外来に英語圏の方が来られて困ることで、そのときは身ぶり手ぶりの筆談ので汗かきかき伝えてますが、流暢に日本語操る外人さんに尋ねても、聞きとるのは結構簡単にできるようになるが、意を伝えるのはいつまで経っても難しいのことです。だからせめて聞き取れるようになれ、です。耳で聞いた単語を記憶にある英語の綴りと照合している、このプロセスを実感しますね聞き耳立ててる時には。そんな悠長なことで会話が成り立つ筈はありません、遅すぎます。おまけに native の発音は自分が覚えているものとは全然違いますからお手上げです。ううむ。この歳から始めても耳は鍛えられましょうかね。アメリカに行けばいやでも喋るんでしょうけれど、それは現実的じゃないし。
 参院の一票の格差の是正案です、合区だそうです、県をまたいで一人区にしようとの無茶です。案を見れば、鳥取島根で一人、徳島高知で一人、石川福井で一人。全県一区(一人)の地域ですね、それを二県で一人にすると。人口の少ない地域が標的になっての案です。でもこんな単純な人口割りで本来の機能を損なったのでは本末転倒ですね。つまり一県一人議員を出して地元の利益を保護するという機能。参院は良識の府だそうですから、利益誘導議員を出したのではいけないと言うならそれこそ昔の貴族院のような選出方法にすればいいですね、地方選をなくす。「少なくても一県一人」を基準にしているから、全体数にキャップをかける以上は人口の多い所の一票の価値が低くなって憲法違反だというのがこの訴訟の勘所ではあるのですが、人口が十倍いるから議員数も十倍要るってのはおかしいですね。選出議員数を単純に人口で割った歩留まりを一票の価値を評価すること自体が恣意に過ぎるのです。人口が多ければそれだけ意見の数(異論の数)も多いからという理由でしょうが、いいえ、意見の違いの割合は都会も田舎も違わぬ筈です、もっといえば都会の方が無茶言うのが多くいるわけです、その一つ一つを拾い上げる要もないことです。つまらぬ訴訟なのですですから。公平・平等・合理ってのは左翼さん達の旗印で、少数・弱者・minority ってのが左翼さん達の隠れ蓑ですが、形式上の数合わせの非効率、無駄さという現実的選択への反対の為の反対です。つまらんことです。もう一つこの案を見てニカニカした理由があります、山口県が合区になってないことです。山口県も全県一区です。山口島根で一人になっても全然不思議じゃないのです人口だけを見れば。でもならなかった。何故?今をときめく総理大臣、自民党副総裁、自民党選対委員長、農水大臣、外務副大臣と居並ぶ山口県です。農水大臣(林さん)は参院選出です。合区だぁ?ですよね。
コメント

切貼

2014-04-26 08:17:57 | Weblog
オバマさん、韓国行けば今度は「慰安婦は重大な人権問題」とやる。これが交渉、外交ですか。あなたの嬉しいこと言ってやるからそっちも折れろ。こっちの言うことを聞いておけ。東アジアにおけるアメリカの影響力、プレゼンスの誇示であり固持意図ですが、慰安婦認識の臭いモノに蓋式の処理意図、日本だけを悪者にしておけ処理方策には安倍さんどう対応しましょうか。ここはまず尖閣問題ですか、Article 5 ですか。そういう順序で事を進めているならいいのですが、慰安婦は売春婦だった事実を、ソ連軍が満州や朝鮮で日本人相手にやった、ベトナム戦争で韓国軍がベトナム人相手にやった強姦略奪とすり替える、隠蔽意図には噛みつくべきと思います。が、軍事力に劣る国の弱さですね。大国に擦り寄るしかないのです。
 STAP事件を断罪した、小保方論文を不正研究、捏造と斬って捨てた理研調査委員長が、自らの論文でも写真の切り貼りしてたそうです。なんとまぁ。IT技術の発達、それは作業の簡略さをもたらしましたが、同時にこずるい奴をのさばらせる結果になっています。世界中の論文を簡単に瞬時に取り寄せることができてさらにそれをコピーして自分のものに見せかける。そこにはやってはならぬことという規範意識が働くはずなのですが、それが英文であれば尚一層、誰にもわからぬことじゃと悪魔のささやきが大きくなります。それほど有名な論文でなければないほど、ごまかせます、誰も調べません。が、今回のことでわかったことですが、膨大な論文の海から剽窃元を見つけるなんてとんでもない作業のように思いますが、そこがインターネット世界です、図らずの人海戦術です、アッと言う間に調べがつきます。怖いですか?ずるいことは必ずばれるのです。親に言われてたでしょう?
コメント

交換

2014-04-25 08:27:07 | Weblog
Article 5 covers all territories under Japan administration including Senkaku islands. まずはこれでしたか安倍さん。この言葉を引き出したかったんでしょうね。結局国賓としての待遇、天皇陛下に拝謁しての晩餐会、共同会見は長くやってましたが、共同声明はまだ出さないというややこしさ。いや、ややこしくも何ともなくて実は。オバマさんはTPPを決めたいわけです、尖閣についてここまで言うてやったんだから、です。今朝途端に甘利大臣が、天の声が聞こえたので今後交渉を進めていくなんて平気で言ってます。難しい交渉だと言いながら、天の声の効果は覿面です。こっちに段取り付けた後で共同声明だ。そういうバーターです。寿司も食ってやったし、抹茶アイスも食ってやったんだから。用事はこれです。バタバタと決まりますよTPP。これで国民皆保険制度は潰されます。分かり易いことではありますね、TPPごねてたのは日本に呼ぶための焦らしだった、日本に呼ばねば対中方策が成り立たぬ。今はまだ日米同盟がなければならぬ。そこは十分に理解しますが、そう簡単にバーターしていいんだろうか、です。農業も畜産もそうですが、医療も食い物にされましょう。新自由主義者たちの目の仇(ということは一番おいしい獲物です)ですからね、国民皆保険という社会主義制度は。相互扶助という精神を端から理解できない連中に蹂躙されます。あっさりじゃなぁ。
コメント

通念

2014-04-24 08:19:37 | Weblog
埼玉の高校担任教員入学式欠席事件、批判非難した尾木ママ(教育評論家ですから)のブログが炎上したんだそうです。あらら。新聞記事です、こんなに反応があるとは思わなかったとの感想も載ってます。私もびっくりします。擁護派が多いんです。いや、これは認識新たにしますね。得てしてこういう話題の時には公を優先しろという意見の方が多数であることが多くて、個人主義というのか自分の望むことを優先してもいいんだという悪しき風潮(と思ってます)が蔓延している割には、こういう時には日本人気質は健在ねと納得(ほくそ笑んで)したものでしたが、今回は違います。教師である前に一人の母親だ、この子にとってはたった一人の母親だ論です。そして左翼さん達人権屋さん達にかかると、こういう行為、心根の問題、公私の弁別の問題が強制は許されないとやら、内心の自由云々、ひいては人権問題に拡大されます。全然違う。違います。あなたは教員なのです。望んでその職に就きそこで報酬を得ている。その立場(相応の行為振る舞い)を全うしてはじめて、の存在です。自らに放棄できる事ではない筈です。たとえ欠席届とか校長の許しとかそういう手続きに瑕疵はないにせよ。これは法律問題ではないのです、心根の問題です。職業に対する思いの問題。公私の優先順が間違ってます。外人のプロ野球選手が、例えば自分の母親が病気だとかを理由に仕事ほっぽり出して帰ってしまうのはよく見ますが、あれが正しいと思ったら大間違いです。日本の文化はああいう時にでも公の顔(立場)を優先するものです。権利意識ばかり亢進して規範意識の薄れていくことはよく指摘されることですが、こういうのは社会生活を支える心の背骨だったはずです。崩れてきてますねぇ。そう思います。もっともマスコミと教育界こそが左の強い所ではありますけれど。ううむ。
コメント

用事

2014-04-23 08:25:17 | Weblog
オバマさんがやってくるそうです。こっちは国賓待遇しようとしているのに、本人はホテルに泊まってあれこれの歓迎行事を拒んでいるそうです。天皇陛下への拝謁はどうするんでしょうね。以前に小沢さんの強い頃に、主席になる前の習さんを無理やり天皇陛下に会わせて大顰蹙話がありましたね、今度はちゃんとお膳立てしてのことではあるのでしょうが、大将どうしますか。そんなつもりの訪日ではない。つまり意思表示とはそういうことです。国賓(物見遊山や表敬目的)じゃない。ビジネス用事です、と。日本、韓国、フィリピンと過密日程で、まるでビートルズのワールドツアーのように(彼らはフィリピンでえらい目に遭いましたが)。中国対策目的に違いないのです、東アジアにおけるアメリカ軍のプレセンスを確認するというか誇示するというか、そういう目的です。日本が(安倍さんが)言うこと聞かないし、韓国はあからさまに中国に擦り寄ってるし、南シナ海諸国もアメリカの抑止力とやらの弱体化にはうんざりし始めてる。ひとえに、アジアに軸足を置く(ピボットがどうこう言うてましたよね)とのぶち上げが実行されてないからです。もちろんそれがアメリカの国内事情に拠ることも皆知ってます、だから余計に弱体化を感じるわけです。中国の無体に抵抗できぬ所が。オバマさん、わざわざやって来て何を言うか。これ注目です、楽しみです。通り一遍である可能性も大きいですが、中国とるのか日本とるのかなんて別れ話持ち出されたトホホ男のような心持でもありますけれど。さてさて。
コメント

他山

2014-04-22 08:21:49 | Weblog
韓国の客船事故(実は貨物船で、客室を増設して人間も載せてたということみたいです、それが重心を上げる結果になって今回の転覆に繋がったとの解説が有力説です)、事実がわかるに従ってそれぞれの立場からの非難と言い訳が噴出してます。まずは女大統領です、会議の模様が写されて、ぼそぼそと述べてます、船長はじめとして乗組員たちの行為は殺人に相当するとか、仕事をしない公務員は追放するとか過激な言です。その前に映像、長テーブルに向かうように何人もの役人が居並んで、各人の前にラックトップのパソコンのディスプレイが起きている。皆、画面見てます。大統領も画面見ながら喋ってます。原稿が出てるの?人に伝えようとしているんじゃないの?伏し目がちにぼそぼそ、しかし過激なこと喋ってます。おいおい。カメラを見据えて国民に向かって話すことじゃないの?こんなことでは伝わりません。憔悴した顔というか「勘忍してくれよ」顔です、しかも。腹立てて船会社に詰め寄るんじゃなくて、大統領府に向かう気持ちがわからぬでもないことでした。事故が起こると、遡って洗いざらい晒されますから、ええ?そんなことを?ばかりになります、これはどんな事故でも同じことです。今回もそうなのですが、初動から現在に至るまでの持っていき方が素人目にも遅いと言うかメンツにこだわってると言うかです。近くの漁師たちは救助に向かってたそうですが、こういうときこそ人海戦術でしょうにね。日本やアメリカの機材や人的資源をどんどんつぎ込めばいいものを要請しない。自国で十分に対応できると見せたかったんでしょう。他山の石です。心せねばなりません。優先順を間違えてはなりません。
コメント

公私

2014-04-21 08:21:20 | Weblog
埼玉だかの県立高校の女教師が、赴任校の入学式を欠席して自分の子供の入学式に出席してたと事があらだってしまって、新聞が紙面割いて両論載せてました。TVによく出てくる尾木ママはあらら強硬派でしたよ、自分の職場を優先すべきだと。この女教師、担任だったそうです、自分のクラスの子たちには顔を見せずに、という顛末。さて皆様のご意見は如何に。教員の友人は多くいますが、我が子が通う学校には赴任できぬはこの業界の掟なのでしょう、つまりこの入学式に限らず、運動会や卒業式やその手の行事には出席参列できぬは宿命事として皆呑みこんでました(ます)がねぇ。どの学校も日程が同じですからね。それぞれ自由に開催すればいいんでしょうが、そこは役所気質です。で、この女教員さん、やったねぇではあります。こういう反応も想定内のことでしょうし、ちゃんと欠席届を出して校長も許して前もってそのクラスには通知していたとあらば、手続きを咎められるわけではないというわけです。擁護論の中に、あああるあると定石を見つけました、教員である前に一人の母親だ説です。我が子の入学式に出たい母親の気持ちをわかってやれ。よくある奴です、何々である前に一人の男だ(女だ)、一人の人間だ、同じだけの権利がある筈だ、です。ったく。ならば教員やらねばいいじゃないですか、です。わざわざ教員選んで仕事にしてるのはあなたですよ。あなたは一人の人間であり、一人の女であり、母親であり、そして今は担任を受け持ってる教員です、どれもあなたです。都合よくどれかを外すわけにはいきません。私は尾木さんに賛成です。職務を優先すべきです。公私の優先順が間違ってます。いかがですか。
コメント