柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

均衡

2016-08-31 08:24:15 | Weblog
果たして北海道大水害です。空知川が決壊して大浸水です。カメラはこれを待っていたわけです。来るぞ来るぞと何日も前からわかっていて、逃げろ逃げろと嫌というほど聞かされて、それでも取り残されて「孤立」する人が出る、その救助映像も美味しい所で。お天気お姉さんは原稿読むだけ、気をつけて下さいねとにっこりするだけ。いえ。彼女が悪いのでも何でもないのですが、大自然のエネルギーの大きさに何度も何度も驚かされて、その度に人知の及ばぬことの多さにも気付かされるわけです。地震のエネルギーのとてつもなさ。あれだけの水(海水)を動かすエネルギーの膨大さもそうですが、迸る濁流を起こす降水量の莫大さもすごいでしょう。時間80㎜なんて言いますが、その場で経験して立ってられないとか傘が役に立たないとか周りの音が聞こえないとか色々表現されますが、あの量が広範囲に降り続けるのです、このエネルギーです、なんて莫大な量。地球の造りに改めて驚きませんか。天地の恵みの大きさに驚きませんか。あの大津波を被った人が言ってましたね、この海から暮らしをもらってたんだ、たまにはこういうときもあるさと。この構えもスケールが大きいことなのですが、農業漁業林業など自然を相手にする人達の根っこにあるこの大自然に対する諦観の大きさにも、そうでない暮らしの者は驚くのです。この均衡。大なる平衡です。
コメント

迷走

2016-08-30 08:23:54 | Weblog
迷走台風が初の東北上陸するとの予想、一カ月分の雨量が半日~一日に内に降るだろうから気をつけろとTVはうるさいほどです。気をつけろってどうしろってのか?逃げるしかないこと。されるに任せる、典型です。マスコミは大報道して注意喚起しますが同時に大災害を待ってます。大河の堤防決壊をカメラ据えて待ってます。逃げろ逃げろと言いながら逃げ遅れる人を待ってます。見え見えですが、それを私達も待ってます。他人の不幸は蜜の味です。気象庁が力いれて警報出しますから余計にです。さてどういう顛末でしょうか。一方当地柳井は最近特に詳細になった天気予報解説によれば寒気渦なる低気圧に包まれて低温です。二日続けて涼しい夜。昨夜は窓開けるなんてとてもとても、布団被ってました。まだ8月だろう?とツッコミながら寝てました。昼間も30℃を下回ってクーラー付けずに済みました。そう言えば毎夏に何日か思い出したように突然涼しい爽やかな日が混じりますね。湿気の少ない、さらさらした風が吹く日が。寒気渦なんて名を知らない(TVで言わない)だけでこういう気象は夏の常なのかもしれません。また暑さはぶり返すのでしょうが、こんな激しいアップダウンは珍しいですね。体調崩されませぬように。
 
コメント

予想

2016-08-29 08:06:58 | Weblog
セリーグは広島でしょうね、久しぶりです。25年ぶりと言われると誰の時?と思ってしまいます。調べもしないで書いてます、誰が居ましたかね。浩二、衣笠ですか。もういない?北別府、大野、山根、川口?。津田はもういなかったですか。江藤、前田、金本、新井?高橋、正田、山崎は?と、思い出すと歴歴ですねぇ、強かった筈ですか。広島の黄金時代が確かにありましたからね。一旦マジックが出て、みるみる減っていく。間違いないですね。出ては消え消えては再点灯ということも多いですから。新球場、カープ女子の獲得(これは球団の営業努力の賜物です)と続けば次は優勝です。うまく来ることです。どこかの球団のように金にあかせて選手をかき集めるじゃなく(昔は巨人の専売特許でしたが、今はソフトバンクがいる、阪神もいます)育てる球団として出て行く選手は追わずにぶれずに(ひとえに金がなかっただけという皮肉もありますが)やってきた結果ですから、その分も人気の相乗効果がありましょう。新井、黒田効果もあったこと。うまく回る時はうまく回るんだとまとめるのでしょうが、これで日本シリーズにいけなかったら大笑いなのですが、それもないでしょうな。今の巨人じゃぁ勝てませんや。かたやのパリーグ。あの松坂が3軍戦で投げたと写真まで載ってます。何億円かけて引っ張って来て、一軍に一度も投げずの為体ですが、元々孫さんはこういう宣伝効果だけを期待していたんだという話もあって。大谷が投げられないことが日ハムの急所。ホークスが逃げるだろうというのが大方の予想でしょうか。あの差を詰めたのは立派なことでしたが、大谷は20本打ってこいつは本物じゃというわけですが、喝!番組であの金田が吠えてたように野球は投手次第なのでしょうから、最後に勝ちを計算できぬはやはり致命的というわけですか。さりとてホークスも今季は絶対エースがいませんが、こちらは打ち勝てます。という読み。さて、(古い言い方ですが)お茶の間の評論家達の思惑や如何に。
コメント

真意

2016-08-28 09:54:42 | Weblog
大河ドラマにも出ている高畑某女優の息子の俳優が強姦未遂やったとかで大騒ぎです。芸能人の息子(娘もですが)が覚醒剤やったり万引きしたりと、そりゃ一般人よりは過剰に報道されるにせよ、多いですわね。そこの穿鑿もあれこれあるのですがどれも同じようなことで、どの道この男がバカだったというわけです、親の顔が見たいとなると実は皆がよく知ってた奴だったと言うだけで。でもこの事件、どこかで聞いたような筋書きですよね。芸能人の自惚れ(役得話)とAVの定番系。浅はかな思い上がり、勘違いでしかないのですが、うまくいく(向こうは黙ってる)と思ったんでしょうね。何だか可哀想になります、この幼稚さが。
 五輪で勝って派手にガッツポーズをするな、手を挙げても胸までだ、みっともない。張本が卓球水谷のあの雄たけびと両腕突き上げる動作を非難したことでした。そうでないのが何人かいたからの比較です、柔道男子の金メダリスト、そしてレスリング銀の太田。喜びは抑えろ、それが相手への敬意にもなると。理屈は十分にわかるし、そっちの方が格好いいとトンガリ頭は思いますが、あまり見苦しくなければいいんじゃないんでしょうかね、そうも思います。で、彼が吉田のあの涙を絶賛します。二位じゃダメなんだ、一位にならんと!と常々言い続けている人が、です。ま、その辺が浪花節オヤジのオヤジたるところでもあるのですが。私もここであの涙は彼女の気持ちの張り具合を表していたなと感想を述べましたが、そうでない評価ももちろんあるわけです。週刊新潮にありました「勝者に敬意の念を一切示さず、自己を責め続ける姿には奇妙な感を抱かざるを得なかった」そうです(新聞不信というコラム)。ううむ。確かにあの場は彼女が負けたことばかりでしたね実況がそうでした。一体どこの国の選手に負けたんだとかは全くアナウンスなかったですよね(アメリカの選手でしたか)。人はそれぞれです。どう思おうがどう表現しようがいいのですが、偽善や欺瞞に迎合するのは好みませんが、それが生業(物書き)とは言えわざわざにひねくれた考え方をぶつけずともいいことだろうにとも思いますねぇ。
 国連の核不拡散条約への採決に日本はいつもそうなのですが、棄権しました。今回はオバマが先制攻撃のためには使わない決まりを作ろうと議案を提出して、それを正式に議題とするか否かの採決です。TVのフリップ見ただけですが、正式には「先制攻撃に核兵器を使わないという提案に対して来年から会議を始めようと、国連総会に勧告する報告書を提出する」か否かの採択だったそうです。なんとまぁ。日本だけのことじゃないんですねこういう公式の文言の当たり障りのないようにするための回りくどい表現は。で、TVの解説ではアメリカの核の傘の下に入っている国々、メキシコや韓国などは反対して、日本は棄権。常任理事国はどうだったんでしょうね、おそらく反対でしょうか。アメリカはどうしたんでしょうか、見そびれました、日本が棄権したことを非難する場でしたから。どうして賛成しない?と憤る向き、おそらく多くの国民は素直にそう思いましょうが、その理由はステレオです、唯一の被爆国としてきちんと主張しろ。核兵器の惨さを唯一知っている国じゃないか!こういう議題について(核不拡散条約についても)棄権することは、もちろん政治的配慮です、アメリカに守ってもらっている以上は盾つけません、当然です。表だって賛成できないからせめて棄権するのです。これも態度の表明ではありましょう。それはひとえに自国に核を持たぬからでしょう?凡百の議論は全てここをわざとスルーします。核を持つなどあり得ないこととの前提です。安倍さんがよく言う、指一本触れさせぬというヒステリックな思考停止です。北朝鮮があれだけ熱心なのはなぜですか。答えはとても単純でしょう。そこに屁理屈は要らぬのです。どうして棄権するのだ?核を持ってないから。アメリカに守ってもらうしかないから。答えは単純明快です。違いましょうか。
コメント

一手

2016-08-27 08:24:50 | Weblog
自民党二階のオヤジの暴言、TVは知らん顔してます。この逆ならあれこれ識者にコメントさせるでしょうにね、全くの恣意報道で。官房長官がやんわり否定してかしたがそれだけです。改めて聞くと、女性がどんどん社会に進出しているこのご時世に女性天皇を否定するのは時代遅れだとまで言ってます。時代遅れ・・。日本という国の根幹をどう心得ているか?この愚か者めが!!
 鹿児島県知事が選挙公約を果たすべく九電社長を呼び付けて川内原発を停止しろ、もっと詳しく調査しろと要請しました。朝日は一面トップ、毎日は社説で後押しします、どういう力が被さっているかがよくわかります。で、本人のあの緊張顔です。初仕事でしょうし、もともと行政に居た人じゃないですから言葉遣いや所作はそこは割り引くとしても、いままで文句ばかり言ってたらいい立場(ジャーナリスト)から決める立場に変わって、つまりお前を知事にしてやったんだからの大きな力の言いなりの態です。本気?それとも?と新聞に書かれてます。問えばもちろん本気と応えましょうけれどね。
 言うだけ番長、久しぶりに声聞きましたね。自らを政権喪失の戦犯と称してましたが、戦犯という言葉の選択がどうですかねぇ。確かにルーピー、イラ菅の次に居並ぶ顔でした、代表経験者、大臣までやった人です、キャリアは十分というべきなのですが、一等初めに「やんばダム」問題でケチつけたし、言うだけ番長とはうまく言ったもので、口だけという印象が強いですね。蓮舫の勢いを止めるには揚げ足取りとか中傷合戦にもちこむとかそういう戦略ですかね。もっとも向こうさんも言葉で躓く人ですから、敵失を待つのも一手ですか。
コメント

馬鹿

2016-08-26 08:23:29 | Weblog
自民党幹事長の二階さん、調子に乗り過ぎですなぁ。余程に今まで抑えて(抑えられて)いたということなのかもしれないのですが、言い過ぎ。言いっ放し過ぎ。冷遇されている間も(某かの役付きでしたから冷遇でもないのでしょうが、表には出てませんでしたね)ブツブツ言ってましたよね、安倍さん批判もしてましたよ。相変わらずの親中さんで。その間に息子が地元和歌山の選挙で負けて面目潰れたりもして、そこで降って湧いたような(谷垣さんの怪我)大抜擢、俺様感が溢れてます。自民党の総裁任期を延ばせばいいとか、石破さんに冷や水ぶっかけたり、あれこれ勝手なこと言ってますが、あろうことか今度は、女性天皇でいいじゃないかとマイクの前で平然と言ってました。女性が社会進出しているこのご時世に当然のことだろうと。おいおい、何をトンチンカン言ってる?びっくりしましたね。女性天皇、女系天皇の差もきっとわかってなく、男女平等というベタな認識だけで物わかりのいいオヤジと主張したいんでしょうかね。それにしてもバカ。大丈夫かいなこんなオヤジで。日本の國體をどう考えてる?万世一系の連綿さをどう考える!?こんな奴に与党任せていいんですかね。
 岡田さんの会見、興味深々で聴きましたが、やっぱりつまらぬ男でしたわ。妻に言われたらショックだが、と応えてました。蓮舫に言われてもどうってことないって。いやいやそんなこと?こういう時に「その人」が出るのですが、例えば芸人の腕試しみたいな場面です。男を挙げる場面でもあるのに、もったいないこと。例えばいきなり、つまらない男の岡田です、と言うとか。そういう取り巻きはいないのですかね。石部金吉はそれでいいのでしょうけれど。こっちもバカでしたね。
 
コメント

喧嘩

2016-08-25 08:21:34 | Weblog
比大統領、やりますねぇ。麻薬の売人達をバッタバタと殺して、結果として治安の回復を成し遂げた御仁ですが、国連の人権何とか委員会からクレームがついて、上等だ、そんなとこおん出てやる!と啖呵切ってます。いいですねぇ。どこかのコラムが松岡外相が決然と席を蹴って国際連盟を脱退したのと比較してましたが、そんな大層なことじゃないでしょうに。力で抑えると力でやり返される、はヒトの世の中の真理ですし、抑え過ぎると地下に潜って根絶などはできぬ相談なのですがしかし、地下に追いやるだけで成果は出ますね。そこを評価するしないですが、人権屋達はこんなことです。被害者の人権至上ですから。比のトランプと呼ばれてますが、当のトランプのオヤジはまだ大統領じゃないですからねえ。やったれ、大将!
 大好きだけど、本当につまらない男。蓮舫さんがマイクの前で岡田さんをこう評して、物議を醸してるそうです。初めてTVで見た時には相変わらずじゃのうと素直に笑いましたが、果たしてあちこちから矢が飛んで来て。こういう時には当の岡田さんが「いやいや、つまらぬ男でした」なんて笑い飛ばしてればそのままになるし、却って男を挙げることになるだろうにと思いますが、さすがにつまらぬ男さんだけあって反応が遅いわ。蓮舫さんを支持するんでしょう?言うだけ番長が立候補するらしいですから、ここは格好の援護射撃になりましょうにね。でもよく考えれば、どこかのコラム子が書いてましたが、この逆を男が言ったらセクハラかパワハラ騒ぎでしょうな。ま、普通の男なら女に向かっては言いませんけどねこんなセリフ。女が男に向かって言うから、地位の上の者に向かって言うから面白いのであって、そりゃそうだと笑って済ませればいいことなのですが、よくよくこの人は言葉で躓く運命と見えます。すぐにあの「二番じゃダメなんですか」発言が引っ張り出されます。仕方ないですなぁ。あのきつい顔(美人に分類されるんでしょうが)であの滔々たる弁舌のイメージには本人は冗談のつもりがそう聞こえないんですね。大したことじゃないんですけどねぇ。
コメント

本質

2016-08-24 08:28:23 | Weblog
一週間の内に3個も台風が上陸してきたらそら被害出ますねぇ気の毒に。玉ねぎの馬鈴薯のと収穫直前の大被害が報道されます。雨には降られるのみ、風には吹かれるのみなのです。そうは言っても、言われればそうだなとわかっていても、実際に我が身に被るとそんな客観視できません。当然です。大雨被害は後を絶ちません。天気予想はどんどん精度を増します、けれどそこ止まりだからです。雨を降らさない技術がありません、台風進路を変える技術がありません。戦時中は天気予報や災害情報までが隠されて台風の不意打ちを食らう事態だったそうですが(そういう情報すら国民に伝わらないのです)、今はその逆です、これでもかと教えてくれます、気をつけろ、早くに逃げろ、対策しろとうるさいくらい。でも降られるだけです。堤が切れれば水害です。見ているしかない。恨めしく空を見上げているしかない。一気に水が来た!と驚き溜息つくしかない。あちこちで経験されていることが全く生かされない。いや、浸水の後始末のノウハウなどは色々あるのでしょうが、事後のことではなく事前の対応の話です。科学は万能ですか?とんでもない。検査や予知技術はどんどん進んで行きますが、根本を動かせないことばかりです。物事の説明は上手にできるのですが解決できない。科学の限界です。というか、本質ですか。
コメント

甚大

2016-08-23 08:21:28 | Weblog
舛添さんがあれだけ出たかった閉会式、小池さんが着物姿で大会旗を受け取って振り回してました。日本だから女性だから着物。それでいいのでしょうが、なんだか違和感もありましたね。小池さんの手腕がいよいよ試される場面になりました。都知事選時のアジテーション、7000億がいつの間にか2兆の3兆になってる、お豆腐じゃないんだから!のツッコミがどこまで通せるか、ですか。
 関東東北の台風被害が甚大です。こっち(西側)に回って来ずにいきなり北上するパターンが何個も続くんですから異常ですよね。でもお天気おじさんやお姉さんはここぞとばかりに解説してます、こんなわかり易い(つまり説明し易い)状況も珍しいんでしょうね。太平洋高気圧の張り出しが少なくて、二つに割れたりしてる、そもそも台風は高気圧の縁を回っていくしかない(自らの推進力はないそうです)のでわざわざに沖縄九州経由しないでその隙間を上がっていく、というクリアさです。なるほど。北海道にあれだけ降らないですよね、備えも心構えもないところにガツンと行く。それは東北もそうかもしれない。もっともそれは九州や四国の台風銀座と呼ばれる地域と比較してのことです、その銀座地区でもその度に大きな被害を出すのです、久しぶりの地域をや、ではあります。しかし改めて思うことです、強い日差し、長く雨の降らぬとんでもない暑さの中で繰り返される台風報道を聞いても、他人事ってのはこんなもんなんです。へぇ~。で終わり。当事者意識ってよく言いますけれど、経験するしない、その場に居る居ないの差は甚大なのです。感心します。
コメント

祭後

2016-08-22 08:28:26 | Weblog
五輪も甲子園も終わりました。甲子園は有名校に田舎の高校の連投エースが力負けするという、高校野球ファンのストライクドラマで大団円です。ハンカチ王子とマー君の時から丁度10年(もう10年ですよ)、今回のエース二人も同じようなタイプで面白いことです。作新のエースはプロ向き、北海のエースは大学野球止まり。でしょうね。五輪も終わりました。陸上ヨンケー(四継)で銀、これが一番のサプライズでした。これを聴いた人は皆思ったでしょう、今度はどこがバトン落したんだ?前回の銅メダルは強いチームの失格やらバトン落としによる棚ぼたでしたからね。まさか。だからサプライズ。夏休みも終わります、陽が一日一日短くなっていきます。祭りの後のさみしさは死んだ女にくれてやろ。
 東京プールでの切りつけ事件。話聴いてるに単純に水着を切りたかったんでしょうね。スカートや服を切りつける輩と同じで。本人を刺すなんてつもりはなくて。本人が気付かぬうちに切って、周りが気づいて、恥ずかしい思いをさせてそれを見て喜ぶ。傷つけるつもりなどない筈です、そんな度胸はない筈です。TVで女アナウンサーがお尻と言わずに尻を切ったとばかり読みます。おかしいですねぇ。お尻と言いなさいよ。女言葉ってのは歴然として区別してあるのです、それが日本語です。ですよね。
コメント