柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

人心

2016-05-31 08:22:23 | Weblog
函館の幼児置き去り事件、こういう命名でいいんでしょうか、いかがお思いですか。山菜採りしていてはぐれた、から、しつけの為に(お仕置きです)置き去りにした、に父親の言が変わりました。でも、あれだけの人数で山狩りして見つからない。あんな小さな子の足です、そんな遠くに行けません。熊に食われた?靴とか帽子とかが残ってましょうに。谷底なり陥穽なりに落ちた?あの人数で二日も探せば見つかるでしょうに。と不自然が並んできます。母親が出てきませんね。こんなケースはマスコミの好餌です、でも妙に追いかけないでしょう?両親にマイク突き付けるはずでしょうに、なんてことするんだ?の話ですからね。でも、そうしない。うむ。殺して捨てた(埋めた)か。でも、そうなら犯人は現場に舞い戻るの鉄則に沿って、自らマスコミの前に出てきてあれこれ言い訳するものでしょう。それともそれをマスコミが止めてるんでしょうか、そっちの捜査も同時進行していて。母親もつるんでのこと?と邪推は繋がります。週刊誌を待つわけです。
 増税先送り、衆参同時選見送り。麻生さんの言うことが正しいとして経済状況が本当に上向いているなら余計に、ここで再び腰折れさせるはいかがなものかではあります。ここは意地を通すより実利を選んだと評価すべきじゃないですかね。中国新聞コラムは食言と批判してますが、適当でないことを無理押しする非効率、間違いはそれこそ枚挙に遑のないほどヒトのやってきた、やりがちな愚です。ここはいましばらく待たせてくれと決断する方が余程にエネルギーの要ること、天下国家論でしょう。経済とはヒトの心です、マインドです、景気ってのは気です。アベノミクスの成功失敗を言うのは早すぎます、上向いているならもう少し待つべきです。これは正解と思います。同時選挙については、改めて信を問うは大正論でしょうが(だから麻生さんや女政調会長がマイクに載せるのですわざわざに。大向こうへの言い訳です、そうは分かってますけれど、今はやるべきじゃないです、と。そして野党への牽制です)、現在の議席数の確保という現実問題との比較考量だったのでしょうね。熊本大地震の後でもあります。こんな時にやるか?ヒトの心はこんなことですし、こちらも正しい判断だったのではないのでしょうか。いかがお考えですか。
コメント

芝居

2016-05-30 08:18:09 | Weblog
原爆投下は当時の国際法でも違反行為です、兵隊の殺戮ではない一般市民の無差別虐殺です。そういう範疇では、半年前の東京大空襲も同罪です。が、敗戦国の悲しさで、アメリカの都合のいいように言い含められて、左巻き達がそれに便乗して現在に至っています。東京裁判時にインドのパール判事が言ったようにアメリカに罪がないわけがありません。そこをアメリカは正義、日本は邪悪の図式で現在まで来ているのです、私たちはそう教育されてきたのです。だから原爆を許す許さないの話なら許さないのです、罪を問われるべきです。謝罪しろと強面を崩さない人達の理屈はここです。それも正しい筈です。悲しき敗戦国の運命であったのですが、7年後には主権復活したのですからそこからの政府の怠慢不作為も同罪です、そう続きます。無差別虐殺の罪は確かにあるのですが、そこをあれこれ言い訳して正義の行為だと強弁している。それは必ず認識しておかねばなりません。が、何度も書いてきてますが、オバマの演説を見てのあの時の被曝者の方々の涙です、あの湧き出てくる言葉です。恩讐の彼方に置いてはならぬという論文をいくつも読みましたが、いいえ、恩讐の彼方なのです。人の心の強さなのです、怒りは薄まるのです、なくなりませんが姿を変えるのです。ここはここできちんと認識すべきなのです。
 麻生さんが増税先送りするなら信を問うのが筋だとマイクの前でまず放ちました。ううむ、芝居がかってるなぁ。サミットであれだけ無理押しして、素人目にも増税先送りの言い訳作りじゃのうと思わせたことですが、増税を掛けて選挙、その公約の変更を掛けてまた選挙。増税しない、それでいいですか?の選挙なら必ず勝てますね、野党があれだけ景気悪いと言い続けて、アベノミクスの失敗だと決めつけてるところ、まだ時間がいるんだ、もう少し待たせてくれと言えば便乗できますよね。いずれ増税しない(は、気分的に減税ですから)と打って出れば勝てます。が、現在の議席を確保できるかどうか、が読みどころなんでしょうね。安倍さん以外にリーダーはいません、これも確かなことです。さて、どこまで引っ張りますか。
コメント

対訳

2016-05-29 09:34:07 | Weblog
オバマさんの演説全文が新聞に載ります、対訳も合わせて載ってます。こんな掲載になったのはいつからでしょうね、こんな親切じゃなかったですよねほんの前まで。聞きとれないけれど読める、失語状態の英語能力の者には有難いことです。昨日ここで枕の部分を引用しましたが、俗な言い方ですがツカミは最上でした。内容も歴史を俯瞰しつつ現状に言及する、一つ一つのニュアンスは分かりませんが日頃見かけない単語が散りばめられて格調を上げている雰囲気はわかります。対訳の日本語以上のニュアンス含意があるんだろうなと、海外文献や小説の翻訳本のあの読みにくさのない、意訳、平易化を心がけての日本語訳と読み合わせることでした。併せて安倍さんの演説も全文掲載されています、こちらは残念ながら格調に劣るものでしたか。平易な言葉で伝えることと格調とは両立し難いだろう事は経験のあることですが、身ぶりの大きな言葉、小難しい漢字単語、専門用語をできるだけ避けるのは思いを伝えようとする大事な構えです。さりとてあの小泉さんのようなワンフレーズで押し通すは、ポピュリズムを煽るには最上最強の手法ですが、結果はおわかりの通り。散文調に並べることは得てして内容の伴わぬ空っぽな話になりがちですが、今回のオバマさんの立場で世界中が注目するあの場での演説とすれば、やはり最上のものであったなと思います。が、果たしてあれこれ批判します、何でもかんでも噛みつくのが左巻きさん達の仕事だとは言え、よくもそこまで因縁つけるなと呆れます。曰く、原爆資料館を見た後の感想を言え、演説の後に被爆者代表と話をしていたが順番が逆だ、被爆者の話を聞いてそれでどう思ったかを言え、と来ます。ケリーさんの時もそうでしたね、資料館内での模様は報道させない。言質を取られぬ為です、当然の対応でしょう。オバマさんも当然こうです。一時間程度の来訪で何がわかる?どうして長崎に行かない?もっと被爆者の言葉を聞け等々、出るわ言うわ。TV画面を見ながら涙を流していた被曝者の皆さんの涙を、あの時の湧きあがった感情をどう理解しているんでしょうね連中は。よかったよかったで済ませてはならない!と憤って見せてましたが、じゃぁどうしろと言う?謝罪しろと言い続けるのか。亀井静香が、隣に石原慎太郎を従えて吠えてましたよ、謝罪しないのなら来ていただかなくて結構だ、大統領辞めてからおいでなさいと。一度きりしかニュースに流れませんでしたが。答えは被爆者の方々のあの姿に明らかでしたね。もう被爆者の皆さんの心には、立場や役職などのしがらみのない一般の方々には、そういう思いは強くないのでしょう。有名な被団連の顔、坪井さんの弁もとんがってないですよ。亀井の爺さんも耄碌しましたね。俺が言わねば、との意気込みだったのでしょうが、残念ながらもう誰も聞いてくれない。少々の過激発言であっても、ニュースバリューがなくなってる。スポットライトから外れると悲しいことです。
コメント

恩讐

2016-05-28 08:16:43 | Weblog
on a bright cloudless morning,death fell from the sky 読めばわかる英語ですが、聞いている時にはそれぞれの単語が頭の中で繋がるのを待つ状態、言葉は待ってくれませんから結局話す姿と表情と声のトーンで想像するだけ。同時通訳がありました、その後のニュースには日本語訳がテロップに出ます。聞き入りましたね。そうじゃありませんでしたか。大演説です。謝罪はしない(できない)、核兵器は無用だが自らに廃棄はできぬという現実、となれば核兵器の使用云々ではなくて戦争そのものを悪と言うしかない、そういう配慮が十分に感じられました。各紙に識者がそれぞれに意見を載せてます、もちろん両論あって然るべきでどう表現してもいいのですが、奇をてらうものあり、衒学趣味のモノあり、上から目線あり、相変わらずの従米ポチがいて、怒りはどうしたという勇ましいのもあり、主義立ち位置の違いというよりどう目立ってやろうかという、人と違うことを言うてやろうという思惑が透けて見えて、これだけ並ぶと食傷ではあります。もとよりどれが正しい間違いではないのですが甲論乙駁というよりも言いっ放しの感です。しかし、あの演説は聞かせましたね。内容がないとかの批判文も何本か読みましたが、あれ以上のモノは無理でしょう。何よりもこちらの胸を打ったのは、あれを見ていた被爆者達の涙です。怒りじゃないです、よくぞ来てくれた、よくぞ言ってくれたという涙です。いかに彼らの心に響いたのか。あの涙が物語ります。どうしてくれようという憾み怒りが、70年の苦しみへの恨みが爆発するかもしれぬときっと本人さん達もわからなかったんじゃないんでしょうか。そこにあの涙です。父を母を兄弟姉妹を亡くした記憶、差別されて生きてきた来し方、それがああいう融け方する。顔一面にひどいやけどの跡を残しているお婆さんが涙して手を叩いておられる。ここを私たちは感じ入らねばならぬのだと思います。恩讐の彼方に。ヒトの感情の深さだと思います。サミット?予想されたことですが吹っ飛びました。共同宣言が出てますが、そっちのけ。仕方ないことですが。くどいですが、名演説でしたねぇ。
コメント

文書

2016-05-27 08:17:33 | Weblog
G7サミット始まりました。地元の人達には嬉しいこと(知名度が上がる、お金が落ちる、有名人に会える)でしょうが不便も多くて(あちこちの警備や立ち入り制限、反対する連中もやって来てましょうし)愛憎相半ばというところ、でも伊勢神宮てのが正解でしたね。あそここそが日本人の心ですから。で、G7の七国、言えますか。各首脳が写真に納まってますが、全部で9人。9人?名前の分からなかったのが4人でした。キャプション見れば、カナダとイタリアの首相、どちらも若い衆で。他のオッサン二人はEUからの代表さん。で、9人。人種の違うのは安倍さんだけです、あとは皆白人。細かく分ければアングロサクソンのスラブのコーカサスのとあるのでしょうがわかりません。中には中東顔、ヒスパニック顔の人もいて、白人と括るのは乱暴なのかもしれませんが。で、安倍さんの目的は一つ、世界経済が安定していないという合意を得て、世界の首脳のお墨付きを背景に増税を先送りにしたいわけです。新聞は一面見出して煽ります。で、岡田さんはアべノミクスの失敗を認めることなんだから退陣しろと型通りに言う。すると高村さんや谷垣さんが、俺たちは草食系だから受け流しもするが、安倍・菅は受けて立つことになるぞと逆に脅す。法律で増税は決まってますから、ひっくり返すには別の法律作らねばなりませぬ。民意を問う。その大義が段々固まっていく。のでしょう。
 海兵隊撤退しろとの決議を沖縄県議会が初めて出したそうです、しかも全会一致で。初めて、なんですね。今までは一応の抑えが効いてたというわけですか。これには驚くことでしたが、でも、出してところで同じことでしょうね。予定調和のうちですから。海兵隊文書ってのが公開されてます。海兵隊内、関係者内の文書なのでしょうが、沖縄の反応は logical ではなく emotional だとか、報道ステーションで後藤さんが言ってましたが、占領軍そのままの上から目線。米国人は沖縄人より上で、少々の無体狼藉は許されるという内容です。なんとまぁ。ですが、こんなことでしょうよ、だからああいうこと平気でやるんです連中は。そもそも碌な奴が来てないのに指して、この差別意識です。奴隷の国のDNAです。
 猫ヒロシがカンボジアのマラソン代表になったそうです。しつこいというか熱意と呼ぶのか。ちなみにこの命名、舘ひろしをもじってるのはご存知でしょうが、どうして猫か。漢字で書くから分かりづらいのです。タチとネコ。こういうもじりです。トリビアでした。
コメント

人権

2016-05-26 08:12:32 | Weblog
アイドル活動していた若い娘を刺した奴も、松山で半日立て籠もった奴も、目が飛んでるでしょう?お気づきになりましたか。思いこんだら妄想の世界に入り込んでしまう病人でしょうおそらく。妄想かどうかはあくまでこちら側多数の判断です、本人はそんなこと思ってません、だから処置に悪いのです、人権屋達のつけ入る隙がここです。本人が悪いと思ってない、故意の不法行為じゃないから個人の自由だろう、連中の好きな多様性に一括りです。殺されなければ手出しできない。これが現実です。何人も殺されて来て、今後も何人も殺されるのでしょう。人権屋達も、自分の身内がこういう目に遭えば、すぐに宗旨替えするでしょうにね。被害者より加害者の人権だというのはいかがなものか、です。ストーカー性格(医学用語は別の難しい漢字言葉でしょうが)は人間の性格の一類型です、それこそ多様性の為せるもの、雑多な社会ですから。危ない奴もワンサカいます、あなたのそばにも。薬やってたのなら怒りのぶつけ先があるだけいいですか。そうでない方が多いのですよ、しかも事前には手が出せないとくる。ま、こんな奴に関わらぬが第一の防衛策でしょうが、向こうが勝手に懸想するは止められませぬ。可愛いい(と自分だけで思っている人も含めて)者にはハエがたかるように来ますよ。でも「アイドル活動」してたんですからね、やられる方にも自己責任てやつですね。潰されてからじゃ遅いのでしょうが、彼女の映像が(作ってるんですねぇちゃんと、こういう時の為ですか?)流れます、金のかからぬ宣伝です。皮肉なこと。で、もっと言えば、少しメジャーには遠いかな、インディーズ止まり、独り善がり止まりかな、とも思いました。この世界、裾野はだだっ広いと知ることです。
 舛添さん、大丈夫かな。よくもあれだけ周りの言うことと逆行きますね。第三者の専門家に厳しい目で調べてもらうと言いながら自分が選んだんじゃぁそもそも第三者じゃないという根っこの批判にも平気です。一度も会ったことのない元検事に頼んだ、名前は言えない、と来ます。すごいなぁ、この厚顔。新聞には都議会の責任論が出て、しかし次のタマ(都知事候補)がいないという理由で都議会与党の自公が追求をためらってるとの記事です。百条委員会に掛ける掛けぬが、猪瀬さんを追い込んだ手続きでしたが、どうする都議会?のレベルだそうです。ここまでマスコミが煽ってることです、これも含めての世論操作であるなら話は別でしょうが、振り上げた拳をどう降ろすかです。何とまぁ、というか、極めて政治的な出来事です。見てるしかないですが。
コメント

化粧

2016-05-25 08:21:17 | Weblog
22日が笑点の50周年の生放送、歌丸さんの引退記念番組でした。日曜の5時半、昔は5時20分でしたね、の定番です。あのテーマソングはNHKのきょうの料理並みの有名曲、かたや世界の冨田勲、こなた中村八大です。その話じゃなくて、ご覧になりましたか。次の大喜利の司会が大方の予想を裏切って昇太になってのサプライズもありましたが、ああ、あの番組は収録モノである理由がわかったというか、たっぷり編集加工してあるんだなと感心したことでした。面白くないんですね、何だか見ているこちらが緊張してました。ガチンコの雰囲気が強くて、出演者の息遣いが聞こえる感じ、ということは連中の柄の悪さ、品のなさ、喋り口の粗野さ等々。いやそれが良い悪いんじゃないです、寄席で聞くってのはそういうことですからあれが本来なのですが、今までが化粧しすぎてるのでスッピンにびっくりしたという図です。そう思われませんでしたか?
 南海トラフ地震に関して、あそこのプレートの断層のずれが今までの想定を越えるものだったと大報道です。かのネイチャー誌に論文掲載されたとかです。つまり嘘じゃないよ(STAP細胞は大嘘でしたけれど)とのお墨付きで恐怖を煽るのです。連中は注意の喚起と言うでしょうが、脅迫ですから。今に来るよ。死ぬよ、って。東北大地震並みが起これば30万人以上が死ぬなんて予想(どんな予想よ。根拠を示しなさい根拠を!ですよね)してくれても、どうしろって言うんでしょうね。ちゃんと言いましたよ、ひどいのが来ても想定外じゃないですよ、との言い訳だけでしょうそれじゃぁ。相変わらずこの30年間に大地震が起こる確率が60~70%だという予測を示すばかりです。30年、60%。どちらも微妙、曖昧もいい所です。これも科学なんですよ。データ最優先です。私たちの気持ちは置いてけぼりです。
コメント

定説

2016-05-24 08:26:12 | Weblog
沖縄の米軍属による殺人事件。だから基地をなくせ!というステレオです。要らぬ者がたくさんいるからこういう事件が起きる、そういう輩を追い出せ、すればなくなる、これは正しい方向です。地位協定がいけない、政府の弱腰がいけない、沖縄にだけ犠牲を強いるな(国土の0.7%に基地の90%が!というよく聞く枕非難です)、綱紀粛正と何度言ってきたんだ?こういう抗議が続きます。だから出て行け。基地は要らない。非難のメインストリームはこれです、マスコミもこればかりを煽ります。でも基地は要るのです、出て行けとは言えないのです。これが国の立場です。だから安倍さんは国と国との話だから、と事件と基地とを切り離しにかかるわけです。ずっとすれ違う。そう意図してるんですからそうなります。翁長知事がオバマに会わせろと言うてるそうですが、オバマさんにしてもそう言うしかないでしょう。犯罪は遺憾だが基地問題は別だ。そりゃそうですから。地政学的に、中国のあからさまな領土拡大主義に対する為に、沖縄の重要性は素人目に明らかです。だから、米軍に代わって日本軍が守ればいいんですよね。そういう方向に絶対持っていきませんねぇ。こういう事件も、憲法改正の端緒にすればいいのにと思いますがね。自国の守りを全面的にアメリカに依存しているのですから、質の悪い兵隊どもの狼藉も呑まねばならぬ必要悪じゃないですか。事実そう処理してきたのです日米両国政府は。それはもちろん沖縄にばかり被害を押しつけるという現実になります、ガラス細工を組み立てるように沖縄問題に対してきたと、その昔野党時代に軍事オタク石破さんが滔々と鳩山談話を批判していた事思い出します。日本軍に変えればいいんです。そういう議論がどうして出ないですかね。
コメント

衆知

2016-05-23 08:20:52 | Weblog
アイドル活動。TVも新聞も衆知の言葉の如く使います、つまり説明しない、スルーする。聞かされる方もわかったような気もしますが、本人がそう思いこんでるだけも含んでのことなのかしらと穿ったりして。どこかのプロダクションに所属しているのか、言うところのインディーズなのか、自分勝手にやってるだけなのか、程度の差は厳としてあるのでしょうねと賢しらに区別しておいて、じゃぁその区別は何に現れるのか、もちろん資金力プロモーション力という表面的なところは如実でしょうが、それ以外には安全管理でしょうね。でもAKBだかのトップ連中でも斬りつけられるんですから、完全ではない世界ではあっても、抑止力の大小です。めった刺しにされた(そうです)彼女がどんな活動していたのか不明ですが、ライブハウスで歌ってるんでしょうね。アイドルとはステージで可愛い子ぶりっこして、握手して、話して、ブログやラインやフェイスブックやらで個人的に繋がってる感を売る、そういう仕事ですね。不特定多数を相手にする怖さを知らない。いえ、私も具体的に知っているわけではないですが、ラインやフェイスブックでの関係の危うさに身を置く覚悟も何もないんじゃなんですかね。どんな奴が食いついてくるかわからぬ恐怖。いえ、それを怖がらないんでしょうね。こんな面倒ないと思うのですが、でも、これこそが大事な「アイドル活動」なんでしょう。まずは知ってもらわねばならぬという強迫ですか。ですから、ああいう結末は想定内ですよね。同情が湧きません。あなたはそういいう世界に自ら入って行ったのですよ、です。
コメント

本質

2016-05-22 06:55:03 | Weblog
犯罪とは自分勝手な理不尽なものであるのですが、いわれなき被害者の怒り悲しみはさぞやと同情することです。まさに青天の霹靂ごと。沖縄の殺人事件はこの時期ですから余計に政治がらみの展開です。軍のトップが日本のトップに謝る、だけ。駐日大使が遺憾遺憾とコメントする、だけ。再発の予防に全力を挙げる、なんて首相も防衛相も言う、だけ。米軍基地があるから、タチの悪い連中がウヨウヨいるから起こるべくして起こる犯罪、何回同じことを繰り返してきたんだ、どれだけの犠牲を強いるつもりだ。この怒りには反論のしようがないことです。アメリカに防衛を任せているから仕方ないとしか返せませんが、今それを言っても伝わりません。アメリカ側からすればタチの悪いのは国外に置け、でしょうし。言葉は乱暴で気も荒い、喧嘩っ早いけれど、シャイで気のやさしい、なんてのはやくざ映画の中でだけのヒーローです。無差別殺人ってのが日本でも珍しくなくなって、如何に幼少時学童期の教育しつけが大切であるか戦後何十年の壮大な社会実験で明らかになっていることですが、そうは言っても帝国憲法下の教育勅語下の社会においてもえげつない猟奇的な殺人事件は多く発生していたことです。犯罪数は戦前と比べて減っているんだというデータを見た覚えがありますが、社会が変わって来ているのは確かなことです。事実、この手の事件に驚かなくなってます、この感覚が何より証拠です。がやはり、日本人じゃない、本来ならそこにいない筈の外人にやられるという特殊性は怒りを増します。沖縄の人たちの怒りは十分に理解できます。が、かといって米軍がこんな辺鄙な基地に上質な兵隊を送る筈もないことです。イギリスがオーストラリア植民に罪人を送り込んだ、あの向きです。クズを送っておけ。キャリア組の左遷先です。そういう事情です。サミットのタイミングです、来広予定の折りです。オバマさんがどう言うかでしょうが、それよりも自国を自国で守るという当たり前の方向に進めることをどのマスコミも言わぬ提案せぬ考えぬ不思議さではあります。
コメント