柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

真実

2017-04-30 10:36:07 | Weblog
シリアの爆撃後、全くの沙汰やみです。きっと訳があると思っていましたが、月刊誌WiLL今月号が教えてくれました。藤井厳喜、馬渕睦夫という当代きっての正確な世界情勢を教えてくれる(fake news に惑わされない)ジャーナリストの筆です。あれは急所をわざと外して、アサドには前もって通知していた、ひとえに北朝鮮と中国への威嚇であって、米共和党内の反露主流派への懐柔策でもあったと、へぇ~の連発。私の妙な要約より本編の御一読をお勧めします。面白いですよ。
 トランプさんがまだツイッター発言を続けていて。それは記者や報道機関による恣意的な取捨切り取りを防ぐ目的なのですが、今度は報道側がそれに振り回される。ザマ見ろ、ではあるのですが、その文面。北朝鮮のミサイル試射が失敗したのですが、それを指して、習さんの顔に泥を塗ったという表現でした。最後に BAD です。これを訳すに日本のマスコミです、ひどい、許さぬ、そしてTBSはけしからんと来ました。ニュアンスがだいぶ違いますね。bad という小学生でも知っている単語だから余計に日本語訳の含意なのですね。けしからん、ですか。この辺りにも主義主張が覗くわけです。
 籠池さん、徐々に行政から攻められて丸裸にされそうです、借財まみれの詐欺師扱いです。このままで終わらせようかときっと機を待っていたでしょうところ、民進党が助け舟です。財務局の役人との交渉時の音声が公開されて、籠池さんが証人喚問の時に言ってた神風の正体をそれとなく(はっきりと)安倍夫人の取り次ぎ、つまり役人が忖度したことだと証言させてます。もちろん政府側から籠池さんに条件提示されてましょうよ、ここで退くならここまでで追及も止めてやると。つまりどんどん逆算計上されるであろう借財をここまでで抑えてやるとか、詐欺罪での告訴まではしないとかなんとか。でもこのオヤジ開き直った。死なばもろとも。森友学園のもろとも作戦。窮鼠(に見えませんが)猫ならぬ虎まで噛む。じわじわ消されていくくらいなら、の開き直り。北朝鮮状態。ちなみにこの森友学園問題についても上記WiLL誌今月号に裏事情が詳しいです、読めばなるほどなぁと妙に納得するよくある話、大阪という地域特殊性に根ざした事例、そう言えばあの嫁さんの柄の悪さよ、とあの後味の悪さのわけが解けて行き且つ忌避する思いが湧きあがります。週刊新潮の名物コラム「変見自在」の著者、正論の巻頭言著者の高山正之が暴いてくれてます。是非ご一読を。
コメント

記念

2017-04-29 09:15:27 | Weblog
昨日4月28日はサンフランシスコ講和条約が発効した日でした、つまり日本が再び主権国家として復活した日、occupied Japan から脱した日です。昭和27年です。まさに独立記念日。何年かに一度思い出したように産経新聞(しか載せませんが)がこの日の啓発記事を書いて、その都度にだけ私も改めて思い出すという「記念日」です、学校では一切教わりませんでしたし、今もそうなのでしょう。でもこんなに意味のあることなんだと私が知ったのは月刊誌からで、そこから孫引きであれこれ本読んで、この日が無視されてる理由や背景をそれなりに知ってるつもりなのですが、今年はその産経も含めてどの新聞もTVも一切触れません。開戦日12月8日は、つまり真珠湾攻撃は事あるごとに持ち出すくせに、という偏ったバイアスです。そして終戦記念日。私たちは8月15日と教えられて決めつけてますが、これは天皇陛下の玉音放送があった日、ポツダム宣言を受け入れた日で、正式な降伏文書調印式は9月2日です。正式な敗戦は9月2日、ということはソ連の満州朝鮮侵攻、樺太や千島列島への侵攻はその間隙を突いた(間隙と思っているのは日本人だけでしょうが)もので、という理屈が向こうにはあるのです。国民に教育しないのですから恣意の思い込ませですね、正式な終戦の日も占領下から脱した日を記念しない、教育しない意図は奈辺に。日本人の曖昧さをよしとする性向、国民性ですか?違いましょう、それも確かにあったでしょうが、当時吹き荒れてた左翼思想の影響ですね。私如きに真意は(そうした圧力)測りかねますが、何故私が今日その記念日に気づいたかというと、中国新聞に「沖縄屈辱の日65年」と記事があったからです。この条約を締結するに日本は満州朝鮮千島台湾だけでなく沖縄、小笠原諸島、奄美大島の主権を失いました。昭和27年4月28日までは曲がりなりにも日本だった沖縄が条約発効により米国支配下に入った、その歴史を指して屈辱の日なのです。日本から捨てられたという色付けです。その後順次返還された歴史はご存知の通りですが、沖縄が一番最後に残り、しかも米軍基地化しているという恨みも当然含まれてます。沖縄ではあの反日知事が会見し、屈辱の日を忘れない県民集会は開かれると記事は続きます。日本では記念すべき日だが切り離された沖縄では屈辱の日と呼ばれる、と紹介するだけです。記念すべき日と前提するほどに誰が記念してる?マスコミが一番に無視していることには頬かむりです。もっと正確な(正式なと言うべきでしょうか。言うところの正史。外史ではなくて)昭和史を国民に提示すべきですね。こんな大事なことを各人の意図に任せていることこそ国民教育の怠慢でしょうに。
 北朝鮮が、あれだけ撃つなとトランプさんが言うのに撃ちました。失敗だったそうですが、失敗の先に成功がありますからね、頻りにTVで識者達が口を揃えるアメリカまで届く核ミサイルをもうすぐ作るんでしょう。ここ何カ月のことですあれこれ報道量が増えて岩国が狙われるとか着弾時にはこうこう気をつけなさいとお上からお達しがあったり、こちらの危険意識を煽っておいて、さりとて外交だ外交だと歯がゆいことばかり言ってる。歯がゆいでしょう?ドカンとやっちまえよ。空母が行き、原潜が寄り、THAADが配備されて、言うこと聞け!とやってるのですがそれは将軍様の暴発を待ってることですわね。全く真珠湾攻撃の前の日本の立場ですよね。ルーズベルトがハルノートをつきつけてあれだけ煽った、言うこと聞け!と迫った。これでもかの兵糧攻めにこのまま座して死を待つわけにはいかぬと乾坤一擲の真珠湾攻撃だったのです、そういう歴史です。あの時の日本と同じですよ今の北朝鮮。どちらも相手はアメリカです、中国から手を引けと日本に迫った、核開発止めろと北朝鮮に迫る。どちらも祖国存続の生命線と位置付けている急所。もちろんそうだから迫るわけです。撃ってくるのを待つ。あんな狭い国です、しかも軍事基地は狭い地域に集まってる、空母艦載機だけで、原潜からのトマホーク砲だけで一気に潰せるんでしょう(足りなかったら岩国から飛ばせばいい、眼と鼻の先です。いや、韓国にありますねもっと近い)最初にどちらが撃ったか。盧溝橋でどちらが先だったかとこれも未だによく論争になってるくらいで、子供の喧嘩と一緒、どちらが先に手を出したかが正義にすり替わるんです。偶発事故が怖い。これも識者達の共通した〆の言葉です。素人でも言えるって、そんなことなら。真珠湾攻撃が自衛のことだったとするなら、北朝鮮は違うんでしょうか。これは両方の立場を経験してる日本にしか分からぬことですけれど、そういう観点では誰も話しませんねぇ。拉致問題がありますから、北朝鮮の味方などできぬはわかりますが。
コメント

大味

2017-04-28 08:24:43 | Weblog
昨夜の報道ステーションのスポーツコーナー、プロ野球をさて措いて早実対日大三高の神宮球場でのナイター結果を報じてました。あの清宮ですからニュースヴァリューは十分なのですが、18-17で早実のサヨナラ勝ちというひどい(壮絶な)試合で、見ている方は面白かったですが。両チームで7本の本塁打、早実の3番4番で二本ずつという大味な打ち合い。いえ、見ている方は面白いですよ、時期外れの高校野球に2万を超える観客だったそうです、映像で見る清宮の本塁打はケタが違います、凄いスラッガーですね素人目にもそう思います。でも、甲子園で早々に負けたですね、ひとえに投手力が弱いからでした。彼がいくら打っても打ち返されて。偉そうに言いますが、早く投手力を整備しないと、ですね。早実が強かったのは飛び抜けた投手がいたからでした、古くは王、荒木大輔、そしてハンカチ王子。打のチームのひ弱さですか。これは相手チームにも言えます、どちらも甲子園に出てましたから。18-17ですよ、野球じゃないですね。ハンドボールですかこういうスコアは。野球は投手次第。昔からの格言です。8-7のゲームが一番面白い。これも定番ですね。それは打ち合いの面白さという側面を言うものですが、かたやでやはり1-0の投手戦もしびれるわけです。結局広島は巨人に勝ち越しましたからね、1-0で勝つってのは自信になるんでしょうねぇ。今年も広島しぶといでしょうか。
コメント

下品

2017-04-27 08:26:09 | Weblog
子分の不始末に苦虫をかみつぶし、今度は親分が噛みついてます、二階さんです。元々柄のよろしくないやくざ顔、いいように言えば押し出しの利いた顔で、しかもぼそぼそ話す脅し調の口吻ですが、昨日の映像ははっきりと喋ることで。一行でも悪いこと言うとすぐに首をとれと騒ぐ、とマスコミ批判してました。いや、これは筋違いですな。向こう(マスコミ)は失言を待ちうけているんですですわ、そこにハマってどうするんだ?の話です。新聞も、挑発に乗ったバカ扱いです。その通り。バカはあなたの子分。確かに子供じみた揚げ足取りであって、もっときちんとしたやりとりはないのか?と呆れるのですが、いいえ、国民を超える役人は、議員はいないのです。つまりあのレベルが私たち自身のレベルだということですわ。あの議員はバカなのですが、あんなのを担いだのもいるわけですから。二階の親分もそうですよ、あんなのを選ぶ選挙民がいるわけです。谷垣さんの方が上品でしたねぇ。失うと惜しむ。これもヒトの常ですけれど。
 ポールが武道館で公演してます。一曲目はヤァヤァヤァだそうです。へぇ、あれはジョンの曲なのに?と思います。いえ、ブリッジ(サビ)はポールが唄ってますからきっとまさにあの曲は合作だったのでしょうね、だから唄うんでしょうが。ビートルズの歌を唄ってますが、さすがにジョンの歌は唄いませんよ。ラブミードゥー、シーラブスユー、抱きしめたい、デイトリッパー、アイフィールファイン、デビュー当時のあの大ヒット曲はジョンの歌だからです。という法則があった筈なのですが、ポールも歳をとってきたというわけですか。
コメント

窮鼠

2017-04-26 08:26:36 | Weblog
ボタンひとつで安く届く、は幻想になるかもしれない。新聞の見出しです。ヤマト運輸の(ここだけじゃないのでしょうが)人手不足且つ過剰勤務(さらに残業代未払い)が晒されて、まずはサービスの縮小と値上げです。そうでしょうねぇ。サービスは段々に過剰になります、受け手から見てもそこまでやる?の感ですから、当日配送がそうです。注文したその日に届くなんてどれだけのシステムの組み立てが要ろうかと素人ですが思うこと、もう少しもう少しとサービスの量や質を上げて行った結果ではあるのでしょうし、それは競争原理に沿った「向上」と捉えることでしょうね経済学的には。でも皺が寄る、弱い所に寄るのは人の世の公理です。従業員に寄っていくわけです。通販というだけで田舎住まいの者には大変な利便なのですから、少々値が張っても利用が減る筈はないのです。が、宅配業界での大口はもっと他にあるのでしょうし、そちらの運賃の競争はやはり悩ましいのでしょうね。資本主義の原則、競争原理が今こそ唸りを上げて煙を吹いているわけですね。
 北朝鮮、今度は中国が原油を禁輸するんだそうです。経済制裁しろ、軍事介入よりはこちらだとさも正しいように皆が考えていることですが、兵糧攻めは戦術の一つだとしても、思い出さねばならぬでしょう。日本が英米蘭に宣戦布告したのはABCDラインという兵糧攻めに抗った、それを自衛と称しているわけですが、結果ですから。北朝鮮が「暴発」してもそれは自衛じゃないのですか?言うこと聞かぬから仕方ない?それは当時のアメリカ側の言い分そのままです。あの時代と違って今日本はこっち側にいるだけです。そういう見方も大事じゃないですかね。まさに窮鼠に追い込んでいるのですから。さてさて。
コメント

期日

2017-04-25 08:26:22 | Weblog
Xデー、なんですよね今日が。北の将軍様どう出るか。どういう言い訳つけて引っ込めるかが今までの対応でした、何をするにしても理由がいるのです、いかにこじつけであろうとも。安倍さんがシリア爆撃を支持した時もそう、子供に対して化学兵器を使うなど言語道断!いう流れでした。ありもしない大量破壊兵器を口実にしたのはブッシュさんでした、戦争はこうやって始まるのです。個人に対する憎しみではなくて社会正義に悖ることを前面に出すわけです。オバマさんは戦争しないを前提に交渉してましたから言うところの足元見られてた、それは中国ロシアにもです。戦略的忍耐なんて互恵的云々と同じく全然実を伴わない謂いで、つまり何もしないという表示です、そこをひっくり返した。ひっくり返すってのはこういうことなんだ、威嚇とはこういうことなんだと教えてくれるトランプさんです。空母が近くに何隻か構えれば、せーので一気に潰せますね。ドンパチ始まったら、向こうに一発も撃たせずにが理想ですもちろん。せーのの用意。一方、北がどれだけ撃ち返せるか。いえ、そんな対岸の気分でいたらいけないのです。向こうの「乱射」がこっちに飛んでくる予想は十分につくことですから。
コメント

業界

2017-04-24 08:23:35 | Weblog
フランス大統領選、どうなりましょうか。いつもならトンガリはここで終わりです、穏健派に負けた方が乗っかって行きますから一対一になると弱いってのが定石です。でも今回はどうでしょうね。英の国民投票と米の大統領選という前振りは大きいんじゃないんでしょうか。表立ってはシロと言っておいてクロに投票した人が多かったわけですからねぇ。こういう傾向は一対一になった方が顕著になるんじゃないでしょうか。しかも仏は明らかにテロの標的になってます、この背景も後押しするでしょう。トンガってる方の候補が女ってのもいいと思うのですが、一つ大きな欠点です、この人原稿読み過ぎです。前向いているより原稿に目を落としている時間の方が長い。あれはいけませんや。プロンプターないの?です。使わないなら覚えてこいよ。人に伝わりません、あれでは演説の効果が大きく削がれます。そう教えてくれますねぇ。ルペン対マクロン。ルパンとマカロン?マキロン?ルンペン?マクソン?これはおちょくりです。
 福岡の三億円強奪事件。古い記憶を呼び起こすことでしたが、若い社員が白昼こんな大金を銀行から降ろして持ち運ぶという異様さに私ならずともきっと皆さん驚いて、こんなことはそういうことを知ってるヤツ(身内とか関係者)の犯行に違いないと素人でもわかることでしたが、金塊買い付けってのはこういうのが普通なんですってね。業界の特殊さってのは知らぬ者には本当に異様なことです。銀行振り込みってのはなし?現ナマによる直截の売買が掟って。知りましたねぇ。とばっちり受けた韓国のブローカーは7億円だと言ってますからね。へぇ~のトリビアでした。
コメント

呼水

2017-04-23 10:07:51 | Weblog
共謀罪を潰したいんですねぇ野党、特に共産党と民進党は。自分達が対象にされるからでしょうし、それはそれで理由のあることなのですが、彼らが挙げる具体例が幼稚で嗤ってしまうというか、そりゃないだろうと呆れるものばかりで。戦前戦中の治安維持法を引き合いに出します、こうなってはいけないという歴史です、これもわかります。新聞や雑誌が色々教えてくれます、この天下の悪法も当初は一般人を対象にしないとされていて(対象はアカですあからさまに)、でも一旦法律になるとその後どんどん改正されて、戦争反対と言っただけで特高、憲兵にしょっ引かれる相互監視の密告社会になったという歴史です。トントントンカラリと隣組、あれこれ面倒味噌醤油・・は実に窮屈な社会だったことを示しているのです。高度成長期以降の核家族という言葉で象徴される近所づきあいの希薄化を嘆き、不都合な社会現象の原因をそこに求めようとするのは現代においても強い流れですが、その逆に振れての強制的に他人と結び付けられる、相互監視される社会の閉塞感、息詰まり感には想像するだけで強烈な嫌悪感が湧きます。特に私はベタベタが嫌で、他人からの介入を一切望まぬ性質ですので、こういう社会への忌避感は強いのです、だからそういう推測を言い立てる左巻き達の言い分にも理は認めています。が、連中の反対の仕方が幼稚なんですね、シミュレーションするケースが幼稚。花見に行くのが本来の目的かテロ行為の下見かどう判断するんだ?とか、同僚との飲みの場で上司を殺してやりたいなんて口に出したらダメなのかとか。そんなことはない、その者が悪意を持っている(犯罪を計画している)かどうかなのだと政府が答えると、どうやって確かめるんだ?と。それは尋ねる調べるしかない、するとそれは憲法で保障されてる内心の自由の侵害だとくるのです、共産党議員はさらりと言います、つまり連中の理論構成はここなのですね。実際に行動を起こしていなくても、よからぬことを考えるだけでしょっ引かれるんだろうと非難するんですね。そんなことはなかろうと常識的には思いますけれどね、でも、戦時中は戦争に負けるぞとか天皇や軍部の批判を大っぴらにやった日には引っ張られたのですからね。それが歴史です。内心の自由までを制限することなどはできませんが、表現の自由が大幅に制限されるわけです。何を思おうが自由だが危険(犯罪)行為は許さない。どう議論を煮詰めてもここまでですね。内心の不自由なんてはそもそもないことですよ、それを口に出すか行動に起こすかの違いだけ。つまり招来されるのは表現の不自由さ。いえどちらも憲法で保障されてる権利です。どちらがどちらではないはずですし、今更内心とはとの定義論を始める気もないですが、私が虐待や病人による犯罪事件に対してここでよく言い放っているところの「虞犯者や危ない奴をちゃんと把握監視しておけよ行政!」とこりゃ寸分違わぬことなのかしらと気づいてもいます。個人の自由や権利は社会の安全に優先するものではないと思っているからのことですが、それは自分がその対象にはならぬだろうという思い込み、自分は多数側にいるだろうという前提有らばこその考えですね。誰かが書いてましたよ、わずか二週間の東京五輪期間の安全対策のために日本百年の道を誤ってはならぬと。ううむ、これも理があるなぁ。何を言うても書いても話してもいい社会は実はすごく高度な民度に支えられてるという実感ですね。もっと国民の議論を湧きたてるように野党は持って行くべきでしょう、それは憲法に保障されてる基本的人権の有難さの再認識に繋がりますし、それは改憲か護憲かの議論の呼び水にもなるでしょうにね。
コメント

切迫

2017-04-22 08:18:56 | Weblog
その時には頑丈な建物に避難しなさいとか逃げ場の確認をしておきなさいとか、地震か竜巻や雷への注意の様な勧告が国から自治体に出たそうです、内容自体はよく聞く奴ですが、北朝鮮からの着弾に対するものだそうですよ。おいおい。そんな呑気なことで?核爆弾やサリン弾とか言ってるのに?アメリカ(トランプさん)から見れば朝鮮半島もシリアも遥か遠くの地域紛争です、自国に直截の攻撃はないこと、仮にあっても対応できると踏んでますしね、やられても韓国日本です。いよいよ72年余の平和裡の惰眠が打ち破られる時が来ましたか。明治維新や大戦敗戦時のように日本人は大きな外力によってしか自らを変えられぬのでしょう。ずっと知らん顔し続けてきたツケが一気に回ってきます。誰が悪いんじゃなくて必然の結果ですわね。自らによる国防を投擲して経済繁栄を選択してきたのですから。事ここに至って尚知らん顔続ける国会議員達、野党も与党も、の意識の低さには呆れることです。ヤーヤー煽ってももいいことでしょう?民進党の左巻き弁護士達は共謀罪の隅ほじくりばかりしてる、広島選出のバカ二世議員の女不始末という瑣末を大事件に仕立てて騒いでる、都議会選挙がそれほど大事なのか?向こうが撃って来て着弾したら注意しなさいねで、それでいいのかい?問われれば安倍さんも想定内だとか十分に対応するなんて答えてますが、どれほどの用意があるって言うんでしょうね。自衛のために。戦争はそうやって始まるんでしょう?先の大戦はそうでしたね。北朝鮮は自衛を許されない?違いますしね、こちら(西側)の共通の価値観によれば。最寄りの在日米軍基地は岩国です。東京を直截に狙う前に、まずはここでしょうね。素人でもそう思いますから。でも頑丈な建物がないしなぁ。
コメント

芝居

2017-04-21 08:20:51 | Weblog
森友問題は北朝鮮有事で吹っ飛んだかと書いたからかどうか、昨日TVで教えてくれました、国交委員会とやらでまだ続いているんだそうです。財務省に資料出せ出さぬで止まっているようです。かたやで籠池潰しは進みます、既設の保育所、保母さんが二人辞めて(あれこれ言われるんでしょうねぇ、わかる気がします)規定の従業員数を満たさぬからの咎めらしいです。うむ。でもそこには園児がいるわけですからねぇ、その子らに累が及ぶは避けてやいたいですねぇ。そしてここに子を預けて働く母親達。今の保育児達が卒園するまでは特別に処遇するとか(新規募集は許さずに)。お上のやることですからそれこそ府知事や首相やらからの鶴の一声は利く筈です。
 その北朝鮮、いよいよチキンレースの様相です。当地山口県が一番の近接県で、一旦緩急あらばまず岩国基地が標的にされましょう、これは素人でも考えつくこと。口に出すのも憚られる空気になってます、それは現実味が増してるからに他なりません。どっちが先に手を出すか。どちらもそれを待ってて、どちらもそれを忌避していて。だからチキンレースなのですが、今迄のようにどうせ・・という感じがないですねぇ。ま、岩国に核爆弾が落ちたら往生ですわね。ちょっと飛び過ぎたら直撃です。まさか、とは思ってますが、アメリカに爆弾落ちるんじゃないとは言え、トランプさんよりもやはり金さんでしょうな暴発するとすれば。それにしてもシリアはどうなったの?どうして何も起こらない?あれは芝居だった?
 イギリスのメイ首相、解散総選挙に打って出ると。格好良いですねぇ。サッチャーさんを思い出すことですし、彼女も十分に意識してるんでしょうねぇ。颯爽です。労働党じゃないところ、大改革に向かうところ、男じゃできぬだろうこと決めるところ。イギリスの風土でしょうかね。女王の国、鉄の女の国。こんなこと言うとセクハラですか、それとも。
コメント