柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

道徳

2017-12-31 11:00:32 | Weblog
家族を大事にしなさい、就中親を祖父母を敬いなさいという昔ながらの日本人精神の根幹、儒教思想に根差すとかあれこれ解説されますが、これをより身近に説明するに、あなたのお母さんがいなければあなたはこの世にはいない、あなたがそんなに邪険にしているお祖父さんがいなければあなたは存在しないのだよ、先祖の誰が欠けてもあなたはこの世に生れなかったのだよ、という謂いがありますね。私もよく聞かされましたが、確かにそうだけれども・・と若い頃から違和感を抱いてました。当時は違和感だけです、そういう押しつけに対するただの反抗だったのかもしれませんが、反論を持ち合わせませんでした。が、世の中そういう一方向だけで回ってないわけです、人の親になり孫が生まれると、子を為す時にそんなこと考えてないことに誰でも気づきます。自分もやがて先祖の一人に祀り上げられるわけですが、私がいなければもちろん孫達はいないという考え方は正しいのですが、この子達の存在が私の意思に沿っての事だったのか、こうなるべく子を為したのかと問われれば即答です、否。子が成人して、それぞれの所帯を持って子を儲けて、その時に、この世に生を受けた者としての、この社会に生きてきた者としての最低限の責任は果たせたなと、これは思いました、女房と話したことを覚えてます。ただそれは結果論です、遡っての感想です。こうなるべく子を為したのではないですね。男女が子を儲ける、そこに崇高な理想はないのです。少子化対策に年に何日か停電の日を作れとか夜を真っ暗闇にしろとか冗談めかして言いますね、これです。あなたがいなければ私はいない、けれどあなたには私を儲けようとした意図はなかったはず。こんな書き方すると身も蓋もないことではありますが、生まれてきた子を慈しみ育ててきただけ、その子がまた子を為しての連鎖。親や先祖を敬うという道徳に噛みつくのではありません。その理由づけへの違和感、そしてそうやって人は納得して社会秩序を作ってきたのだという「納得」です。夜中に爪切るな、夜中に口笛吹くな、枕をまたぐな等々の道徳訓と同等と気づくのです。今年最後に妙にヘビーな話ですみませんでした。
 今年も暮れます。一年お付き合いいただき誠にありがとうございました。読んで下さる皆様がいてくださることだけが継続の源泉です。来年もよろしくご交誼賜りますようお願いいたします。
コメント

安全

2017-12-30 10:53:46 | Weblog
昨日、基準値の事を書きました。舌足らずだったので足します。ネタ元は月刊誌WiLLの2月号の高橋洋一さんの論文です。神戸製鋼のデータ捏造、基準破りが大々的に報道され、トップが例によってカメラとマイクの前で謝罪してました。日本のモノ作りが危ない、なんて朝日を筆頭にマスコミこぞって大非難してましたね、これもよくある集団暴力。反論されぬ話題に対しては言いたい放題です。そっちは措いて。基準値の話です。食料品に賞味期限と消費期限の違いがあるように基準にもあれこれあるということです。賞味期限も消費期限もそんなに気にしてますか?もちろんわざわざ期限切れてるモノを買うたりはしないでしょうが(そんなのを店頭に並べた日には店が叩かれますしね)、少々切れてても食べるでしょう?それでも不都合は起きないでしょう?食中毒なんて起こりません。もっとも冷蔵庫に入れてても傷むモノは傷みますから、そこは常識の範囲での判断を要しますが。それと同じ理屈で、国の定める基準てのは本当に危ないレベル(量、濃度、硬度、耐久性、耐用期間等々)の数倍あるいは数十倍厳しい設定になってます。薬剤の投与量もそうです、それでも個人差ってのがありますからアレルギー被害は後を絶たぬわけですが。で、例えば鉄鋼の硬度基準、耐用基準。詳細は知りませんが、安全基準と契約基準てのがあるそうです。発注先の指定した硬度の鉄鋼を納入するわけですがこれが契約基準。これを手抜きして少し硬度の足りぬモノを納入した、でもそれはこれだけは必要だという最低硬度、それを数倍したものが安全基準という奴ですが、それは間違いなくクリアできている。いくらなんでも製造元もそんな無茶はしませんわね、あれだけの大企業がそんなことした日には・・です。だから製品としては何の問題もなく、使用途には十分に耐えるモノです。現に日立が英国に納入した列車にもここの製品が使われているのですが、報道も当初はここにも!風に咎めてましたが以降は何も言いません。つまり製品としては何の問題もないモノだったからです。契約基準違反は業者間の問題なのだ、それを大袈裟に採り上げることはないのだと筆者は切って捨ててます。これもフェイクニュースの一つだと。もう一つ豊洲のベンゼンやシアンやの濃度の問題も採り上げてます、お上の定めた環境基準と(人体に)安全基準は全然別モノなのだと。小池さんがとても厳しい環境基準を振りかざしてあれこれ批判したことでしたが、当時から専門家達は人体には問題ないとかサンプルをどこから採ってきたかが問題だと極々科学的な判断を示していたのに関わらずマスコミが面白がって(文系マスコミは情緒的で客観基準がない、事実より感情や先入観を重視すると筆者は言います。その通り!)あの騒動でした、ご存知の通り。都内23区でこの厳しい環境基準を満たしている地域はないんだそうですよ。つまり人体に影響があるかないかといった現実的な基準ではない、ゼロ信仰に近い数値なのです。それを振り回す。これもフェイクだと。是非ご一読ください。胸がスッとしますよ。
コメント

基準

2017-12-29 08:23:41 | Weblog
慰安婦合意、案の定ひっくり返されました。外相直属の検証チームが出した答申を大統領が受けたという手続きです、形は整ってるというわけです。でも、素人が聞いても無茶な話ですね。トランプさんがTPPからの離脱やオバマケアの撤廃を決めたのとはわけが違います、こちらはリーダーが替われば変わる自国内の案件です。が、あちらは他国相手の外交事案です。ま、こういう虞があったから岸田さん(安倍さん)が最終的不可逆的合意と殊更に強調したことでしたが、蛙の面になんとかでした。これじゃぁ危なかしくてつきあえませんねぇ。10億円、どうするんでしょうね。返ってきますか?こないでしょうねぇ。
 JR西日本の新幹線台車事件(事故にはならなかったんですよ)の後始末、会社とすれば正義の味方達(マスコミ)への釈明が面倒なことですが、現場の担当からは相当の報告が上がっていた(ここに不備はない)がこれを受けた指令側が聞き逃した、なんて言い訳も何とも不細工なことでした。誰かの所為にして収拾するという手続きでしょうが、私もくどいですが事故にはならなかったのですよ。名古屋で停めて事なきを得たのですから「正しい」対応でしょうに。もちろんあんな車両が他にも使われていたら、と思うと怖いことですが、機械は壊れますからねぇ。神戸製鋼や日産などに不正事件もあれこれ採り上げられてますが、安全基準と契約基準、環境基準とを混同してはならぬと月刊誌にありました。なるほど。どの企業もまさか安全基準を外すなんてことはしない、だから事故は起きてない。例えば神戸製鋼製の鉄鋼を使って日立が作った鉄道車両が英国に納入されて、女王陛下が乗ってますが事故など起きてないわけです。日産の車に不具合は出てないのです。豊洲で基準値とされてる環境基準値は都内のあちこちでオーバーしてるそうです、それでも健康被害など出てないのです。賞味期限と消費期限の違いに似て、少々越えてるモノ食っても腹は壊さぬということですわ。そういう大人の対応のできぬ幼稚な社会ということです。
コメント

事件

2017-12-28 08:28:27 | Weblog
走る爆弾娘の無罪が確定して、いよいよ死刑処刑が始まるのでしょうか。死刑囚がたくさんいますしね。麻原彰晃、ポア、イニシエイション、サティアン、ああ言えば上祐、サリンの犠牲になられた方々には恨み骨髄でしょうが、ああいう連中をバッサリ処分できぬ法治国家ってのもどうかなと思うことですわね。
 レギュラーガソリン145円です当地。アメリカが何とかオイルの発見で世界一の原油生産国になって原油値がうんと下がってそれはそれでよかったのでしたが、今次の値上がりの理由は?アメリカが生産削ったの?その昔、ガソリン代の高騰を機にルーピー達がガソリン税の撤廃をやったことでしたね、何だか遠い昔の話になりましたが。
 慰安婦問題の再燃は不可避、と韓国外相直属の検証チームが公表したそうです。あの合意は最終的で不可逆的なものと岸田さんがあの口調で原稿読み読み発表していたのに、予想通りに蒸し返されました。約束の10億円はとうに支払われ、該当者の7割は金受け取ってるそうです。どんな外交なんだ?
 寝屋川の監禁殺人、あの父親もきっとおかしな奴で。監視カメラを13か所も外に向けて設置してたんだそうです。ばれないようになんでしょうが、きっとあの地区では変人夫婦で通っていた、つまり誰も相手にしてなかったんでしょうな。同情の念の湧きも少ないことです。
コメント

明瞭

2017-12-27 08:27:43 | Weblog
蓮舫さん山尾さんが枝野さん達に混じりました。民進党が割れて、左とそうでないのとの区別がついて分かりやすくはなったのですが、こうもあからさまだと改めてあの党(民主党)の数合わせさに呆れることです。自民党内にも左(ハト派)から右(タカ派)がいるとはよく言われます、宏池会がどうのこうのとよく聞きますよね、数が多い集団ならこうなるのは当然なのですが、それにしても民主党のごった煮状態です。だからルーピーやイラ菅、石頭岡田、言うだけ番長辺りの有名どころの持ち回りでしかまとまらなかったわけです。蓮舫じゃダメだったわけです。連中が自ら解明し実証してくれてますから分かりやすいことです。私は左。俺はこっち。そういう意味では希望の党の存在価値はあるのでしょうね。自民党は嫌だけれど俺は左巻きじゃないという者の受け皿です。そして左巻きが堂々と集まれる立憲民主党。山尾さんもいい根性ですねぇしかし。
 4歳児虐待殺しの鬼母の写真が毎日新聞に載ってます。ご覧になればいい、百の言葉も敵いません、まさに百聞は一見に如かず。どちらも大阪の事件ですが、娘の監禁殺しについてもあれこれ載ってます。行政の力足らずという結論に持って行きたいわけですが、つまり国(行政)の責任はだれの責任でもないという闇に放り込もうという予定調和です。民生委員が児童相談所が悪いわけじゃないですからね。溜息です。
コメント

環境

2017-12-26 08:28:25 | Weblog
子の虐待にはもう耳慣れている筈ですが、やはり聞くと悲しいことです。4歳のかわいい盛りの子が殺されてます、馬鹿な男が二人協力してたそうですが母親が主犯の様で。こういう鬼畜にはつける薬はないのですが、この女もきっとこうやって育てられたんでしょうな。新聞やTVはこういう時には決まって急所を外します、行政何してた?!と来ます。異常気付きながら救えず、と見出し打って誤魔化します。児童相談所の所為じゃないでしょうに。この鬼母を育てた祖父母を引っ張り出せ!といつも憤りますが、それこそ連中には蛙の面に何とかでしょうし。縁なき衆生は度し難し、なのですが、可哀想なのはこの子です。もっともこうやって育てられて成長すればまたこの子も同じことをしていたでしょうしね。人を育てるのは環境ですね、つくづく思うことです。
 大阪では座敷牢に閉じ込められて食べ物を与えられずに栄養不足による凍死なんてとんでもない殺され方した33歳の女性の報道です。精神病者だったそうで17歳時から監禁されてたそうです。親がやるんですからどうにもならぬことですが、親戚連中は何やってたんですかね。こんな異常を見て見ぬふりするなんてのはそれこそ尋常じゃないです。もっとも親戚付き合いするような普通の感覚の持ち主ならこんなことしないだろうという推測は立ちますけれど。親が子を殺す。他人を殺すよりは・・という比較論で納めるしかないのでしょうが、どうにもですねぇ。
コメント

毎日

2017-12-25 08:27:37 | Weblog
毎年こうでしたかね、TVや新聞はすっかり特別モードです。いつもの内容でなくなってます。そんなに早くから煽らずともいいと思うのですが、クリスマスから正月休みの非日常への旗振りです。こんな時は必ず横並びです、どこもかしこも同じ色です。年末は独特の雰囲気です、急かされると言うのか気が逸ると言うのか。私は毎年クリスマスにイベント組んでますのでこれが終わると(後始末が結構手間取るのですが)、あとはゆっくりという構えです。でもこういう時に人の性分というか性格が出ますね、私は時間割人間ですので、非日常にとても弱いのです。いつもと違う、に弱い。何か特別なことやるとそそくさと元に戻す。そんな奴を世の中は面白くない男と断ずるのですがまさにそれで。定時運行には向いてるのですが、それはつまり適応能力の欠如なんですよね。その場では騒げはするのですが、それが続かない。早く帰りたい。酒も飲むのですが(ビールしか飲めませんが)酔うのは嫌だ。なんてつまらん奴なんだ。いえ、本当にそう思ってます、昔からこうだからと言い訳してますが、変えられぬというより変えないと言うのが正しい。そうやって日は過ぎて、今日もこうやって定時にブログを書いてます。こんな毎日です。
コメント

御礼

2017-12-24 10:34:10 | Weblog
昨日は20回記念クリスマスロックンロールパーティー、つつがなく盛会裡に終えることができました。110人を越える来場を得まして、私たちは十分にいい気分で演奏することができました。改めて御礼申し上げます。有難うございました。
 日曜朝はTBSサンデーモーニングです、毎週こう書いてます。出るだろうなと待っている話題が出て、言うだろうなと思う内容を連中は期待通り発言する。ま、これを楽しんではいるのですが。新幹線の台車破損問題です。定時運行を遵守するあまりに安全が蔑にされている、先の福知山線のあの脱線時と無理矢理に繋げます。あの時にあれだけ反省して見せたのは何だったのか?と。ふむ。左巻きさん達の言いそうな学者の言いそうな口吻なのですが、浅井慎平も尻馬に乗ってあれはラッキーだったんだと憤慨して見せてましたが、そうですかねぇ。JRは事故なくうまくやったんじゃないんですかねぇ。ヒヤリ・ハットを強調し過ぎでしょうに。寺島某が例によってエラそうに言うてました、日本の現場力技術力が落ちている証拠だ。最近「もの作り日本」の看板倒れの事象が多すぎる。働き方改革なんて掛け声は勇ましいが若手への技術継承が大事だとドヤ顔してました。おいおい。徒弟制度はいけない、残業はいけない、労働者の権利を守らねばならないなんてあれこれ縛ってきたのは(緩めてきたのは)あんた達だろう?親方について、しっかり鍛えられて技術は継承されていくのでしょうに。いいですねぇこんな絵空事言うていればいいのですから。と、今日もまたTVに向かってツッコんでました。
コメント

大事

2017-12-23 09:51:10 | Weblog
最近月を見上げることが多くて月齢を面白く思っています。星空は寒い夜がきれいです、素人ながらそう思います。当地は十分に田舎町で街灯やネオンライトの少ないのも幸いしてます、オリオン座とかカシオペアとか北斗七星とか見つかると嬉しいもんです。で、月。寒空に冴え冴えと輝くのを皎皎と照ると表現しますが、まさにその通り。蒼い月夜の美しいこと。三日月が夜早々に西の空に見えます、昨日がそうでした。そして月の出が段々遅くなって上弦、そして早くに日が沈む冬なればこそ満月は辺りが十分暗くなってからゆっくり東の山からのぼって来る。月が満ちそして欠ける、その繰り返し。それに沿って潮も満ち干く。何万年も前から続く繰り返し、その下で生きているそれに気づこうが気付くまいが。悠久の繰り返しのもとで私たちは高々何十年生を享けているに過ぎぬのです。自然にこういう感慨に繋がります。空を見上げて立ち止まってる。おお、と気づいてまた歩き出す。冬は星空も早朝のグラデーションもおつなもんですよ。
 新幹線の台車破損問題。大事に至らなかったからまずはよかったと誰も言いませんね。名古屋で停めて点検したからよかったとは言わない。どいつもこいつも正義の味方ですからポリコレ棒を振り回すだけです。誰もが勝手に大惨事を想定して目を三角にして怒ってますが、確かに200㎞超の高速運行中にボッキリ折れてたら大脱線転覆ですから大変なことになるんでしょうが、そうならなかったんですよ。今回は小倉で福山で岡山で担当が異常を気づいていたのに指令所と車掌が強行したという事情が明らかにされて、現場(部下)と上層部(幹部)の意思疎通のなさ、危機管理体制云々の問題に波及していきます。こう進み出したらマスコミの餌食ですから。さらにJR西日本だけの問題じゃ済まずに新大阪から以東はJR東海ですからそちらの社長も雁首並ばされて気の毒に。名古屋で停めたからよかった。大事に至らずによかった。そうでしょう?
コメント

季節

2017-12-22 08:26:18 | Weblog
暴力はとにかくいけない。どんな場面であれどんな理由であれとにかくいけない。これぞポリティカルコレクトネスの典型です、これを思う存分振り回せる話題ですから誰彼もこれを笠に着て言いたい放題です。TBSの昼のワイドショーをいつも見てますが、どいつもこいつもこれを枕に振っといて(安全地帯に身を置いて)好きなこと言ってます。玉木某を筆頭にして相撲界に関わってきた人達(そういう人が呼ばれますし)はそれでも「無理偏にゲンコツ」しきたりをぼそぼそ擁護風に話すのですが、それがいけないのだっ!といきなり潰されてます。世間受けを考えてるんですねぇ、嫌な欺瞞でしょう?暴力根絶。新聞もこれがキーワードです、まずこれがありきでストーリーを組み立てます。偽善ですよねぇ。殴られた者が立ち場が変わればまた殴る。この連鎖です。虐待家庭がそうですからね、実証されてますこれは。殴られたことのない者はきっと殴りませんん。根っこは実はこんな単純則なのですが。
 冬至です。当地すっかり晴れて放射冷却とやらで寒いこと、でもだから夜明けの綺麗なこと。この季節毎年書いてることですが、毎年こういう感慨にふけるわけです。山の端やうやう白うなりゆく風情、暁から曙に向かう大グラデーション。それにはやはり寒さが似合いますね。肩すぼめて炭火を持ち渡るのがつきづきしい風流です。今年もこの季節になりました。
コメント