柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

危険

2017-01-31 08:26:45 | Weblog
TVも新聞も総掛りでトランプ批判です。入国制限入国拒否が余程に気に入らぬと見えます。いえ、拘束されたり足止めされた当人さん達は怒りますよ、それはわかります。アメリカの永住権持ってる人まで入国できないんだそうです出身国のチェックで。そこを言挙げして目を三角にして怒っているコメンテイターが多いですが、永住権と国籍は違うんでしょうか、帰化は永住権の要件ではないのでしょうか。アメリカ永住権を持つイラン人。いそうですね。永住権を取得するにはもちろんあれこれ条件があるのでしょうが、持っているから危険人物じゃないとも言えぬことですね。アメリカは移民の国だ。この国の出自を持ち出しての非難も多いことです。なんでもIT企業の頭脳の多くはインドや中東からの移民達らしくて、たちまちアップルとかの大企業が困るんだそうで。メキシコ中南米からの不法移民を取り締まる、テロリストの侵入を防ぐ、大義はこれです。だから手始めに、だったわけです。誰が悪い奴か、そんなこと判別できませんから、まず戸を閉める。来るな、とやる。もちろん一番大きく網を掛けるのですから、目的以外の魚も多く(こっちが殆どでしょうが)獲れます。どうしてくれる?人権侵害だ!と来るのですが、やってみないとわからぬことではあります、どういう結果になるかどういう不都合が出るか。大統領令に抗う為の公式の手続きももちろん進んでいるようですが、さすがの彼の国でもやはり時間がかかるのでしょう。こういうひっくり返し方ってのは乱暴ですけど、現状の把握にはとても役立つことですね。どれだけの危険に晒されているのか。です。
コメント

命令

2017-01-30 08:27:37 | Weblog
大統領令ってのはすごい効力なんですね。矢継ぎ早にTVカメラを十分に意識して大統領令にサインしてたトランプさんですが、移民入国を90日だか120日だか禁止する命令がたちまちに施行されて大混乱。何カ月も前からチケットとって楽しみに来た人もいましょうになんと運の悪いことで。一日早かったらセーフだったわけですからね。ううむ。これってそんなにオールマイティーな命令なんですか。大統領令に抗う方法はある、議会があれこれ対応すればいいとTVが教えてましたが、できないんですかね。やはり時間がいるということでしょうね、役所仕事ですいわゆる。手続き主義。ま、これが民主主義ですけれどね、でもしかし、です。あれだけ抗議するのがいて、議員達にも反対するのがもちろんいるでしょう、すぐに手続きに入ってましょうが即効性には大きく欠けて。仮処分という制度がありますね日本には。結構早く命令来ますよね、でも裁判所が出すものでしょうから時間がかかるんでしょう(経験ないから知りません)。相手が大統領令とあればそんなに簡単に止められる筈がないとは思いますが、ええ?核ボタンは彼の手中にあるのですよ、とまで思ってしまいます。もちろん大統領令が届く範囲は定められてるんでしょうけれど。さて、色々教えてくれますねぇ。
コメント

手法

2017-01-29 10:24:02 | Weblog
トランプさんのようなやり方は左巻きさん達が一番嫌う手法なのでしょうそれは想像つきますが、今朝のサンデーモーニングでもけっちょんけちょんです。粗雑、乱暴、バカ。粗にして野であり加えて卑。二言目には彼はビジネスマンだから、と上から目線で貶して蔑んで。弱者救済や富の分配方向は左巻きさん達の信条の根っこであって、そこはトランプさんと同じなのですが、その対象が違うんですね。左巻きさん達、ポリコレ棒を振りまわす人達は最底辺を救えとくる、差別され貧困にあえいでいる人達、黒人、有色人種、移民、ムスリムたち。一方トランプさんが掬おう(救おう)としているのは、その上の層、最底辺の人達に仕事を奪われ不満をため込んでいる労働者階級の白人達です。だからぶつかる。いえ、だからトランプさんが当選したのですけれど。彼が言いたいのは Make white great again! なのでしょう、だからあれだけ支持を受けた。粗で野で卑で乱暴な白人達が喝采した。進歩的文化人が一番忌避する層です。よく見る数字ですが、いまやアメリカは白人の国とは言えなくなっているそうです。黒人、褐色、黄色の占める割合が今に凌駕するそうです。トランプさんが一番に吠えている「移民を追い出せ」も、正当な手続きを経た移民ではなく不法移民を対象にしているのだという言い訳もあるようですが、そういう風に思わせるようにして実は白人の復権を求めているのですよね。キリスト教の復権も合わせてます。メキシコ国境の万里の長城建設も本気見せてます、向こうの大統領も受けて立ってますツイッターで。こういうこと、国の首脳同士が政策についてきちんと会談するのではなくてSNSという衆目に晒しながら言い放つスタイル、自体も非難の対象になってます。そうですわね前代未聞ですから。が、fake news と喧嘩売った手前、今更記者会見もないというわけでしょうし、プレスにいちいち断る(知らせる)必要もないと二の矢なのでしょう。日本もTPPが潰れて、二国間交渉をどうするのかとバタバタしてますが、トランプさんから見れば余程にTPPの条件がアメリカに不利だったんでしょう、だから御破算にしてもう一度はじめから交渉し直す、つまり America first に組み直す意図ですよね。今こそあれだけ隠し続けてきたTPPの内容を公開すべきでしょう。アメリカにあれだけ不利な項目がある(のでしょう)ということは、日本にも呑まされた不利益が多くあるということですから。きっと国民皆保険制度を潰すもやむなしなんて含みがあった筈ですよ、もちろんそんな直截な書き方ではなくてISDS条項を盾にして次々と守りを崩していくのですが。トランプさんのおかげでうまく行く、流れ出すことも多い筈ですね。目を三角にして怒っている連中は既得権益を手放したくない人達でしょうから。今は、1%の既得権益者達の利益だけの為に世界中に戦争仕掛けて行く国が立ち止まったことを見守る時ですね。
コメント

堂々

2017-01-28 08:23:35 | Weblog
対馬から盗まれた仏像を返せという裁判に、韓国地裁は返さんでもいいと判決してます。なんと・・。その理由がふるってます、この仏像はもともと韓国のもので昔倭寇に略奪されたものだからと。すごい理屈ですね。ま、北方領土を返せと言うてる日本も同じようなことなんですけれど。単純な窃盗を獲り戻したと言い換えてるわけですが、歴とした裁判所の判決ですから驚くのです。彼の国の日本の首相の顔写真を燃やして気勢を上げてる連中じゃないところ。もう一つ、今度は盗まれた側の住職の弁、筆舌に尽くしがたい判決だと苦笑いしてる映像が何度も流れました。丁寧にTVはそのままテロップをつけて。筆舌に尽くしがたい判決?言葉遣いが違いましょう?判決はちゃんと文章になってるんですから(筆になってる)単純な字句定義矛盾でもあるのですが、この形容句の使用間違いです。が、あれだけくどくTVが流すということは、目を疑った耳を疑ったという皮肉を込めての言い回しだったと判断したのでしょうか。いやそれにしてもおかしいですね。言葉は時代によって変わっていくものとよく読みますけれど、言は人なりです。これも忘れてはならぬでしょう。
 稀勢の里の明治神宮への奉納土俵入り、TVで見ました。ああ、立派。新聞には威風堂々と形容されていましたが、その通り。初めの柏手打つ動作が大きくてどっしりしていいですねぇ。雲竜型のあのポーズ、キッと外連を切るところ、せり上がりの早からず遅すぎずのいい頃合い。上手ですよ。あんなのは一日二日の指導でできる技じゃないです。モンゴルの三人横綱との違いですね、ここは思いました。本人も言ってましたが、小さい頃から土俵入りの真似はしていたしと、身につき方が違うということです。白鵬も他の二人も未だにぎこちないでしょう、なんか間が違うでしょう?ここの差を感じましたね。さすが日本人。昔からの相撲小僧。こういう点も嬉しく思うことでした。そういえば昔弓取り式の真似してましたよ私も。
コメント

人権

2017-01-27 08:27:48 | Weblog
沖縄県副知事、内部告発した前教育長を名誉棄損で刑事告発、損害賠償訴訟を起こしたんだそうです。ワシはクロじゃと言ってるようなもんですけど、本当にこの手のオヤジのバカさは処置なしです。両手に若い弁護士従えて喋ってましたが、この弁護士達よく受けたことと感心しますがこっちも商売です(だから見るからに若い衆なのでしょうが)、対する前教育長「受けて立つ」んだそうです。こっちが嘘言う理由がないですからね、この悪顔オヤジが如何にねちねち恫喝したかですわね。こりゃ楽しみですけれど、嫌疑不十分というオチになるんでしょうな、翁長さんが間に入って。さて保守系の週刊誌や月刊誌がどこまで煽れるか、です。
 昨昼衆院予算委員会中継見てました。ちょうど民進党の細野さんが質問してました。天皇陛下の御譲位問題です。天皇陛下は国民ですか?とまず問うんです。この場の質問は伏線を敷いて置いて本点に進む手順です、何?から始まります。慣れているつもりですが、対象が天皇陛下ですよ、おまえ失礼が過ぎようが!と憤りが湧いて。天皇陛下の人権制限ぶりを非難する内容でした、その前振りというわけで。天皇陛下の人権問題。おいおい。こんなことを下々がとやかく言うことなのか?という単純な思い。こういうことを政争の具にして、天皇陛下を神格化してあの戦争に、という轍は踏んではならぬとは言え、こうあからさまに公に口に出されると、違和感です。おかしいでしょう?天皇陛下が下々と同じ権利を要求されましょうか?そこですよね。ううむ。
コメント

公約

2017-01-26 08:26:38 | Weblog
トランプさん、いきなり来ます。何かを変える、何かを始めるのは人(担当)が代わった時です、これは一般的な真理です。私にも経験があります、役に就いた早々こそが大ナタふるえる時なのです。逆もまた真で、時間が経つほどに馴染んでしまって周りに搦め取られて動けなくなります。正しくは動く気がなくなります。だからトランプさん、今!TPPからは永久に離脱。NHKだかがあの大統領令の文章見せてましたが、permanent withdrowal from TPP negotiation とありましたよ。万歳!これで国民皆保険制度は潰されずに済みました。二国間交渉で十分だとは彼の弁です。ですよね。でも、TPPに対中国包囲網の意味を十分に含ませている安倍さんは諦めきれぬでしょうな。あからさまな軍事包囲網にしないで、との含みも、です。オバマケア、アメリカ版健康保険制度ですが、それも見直すって。大手保険会社の猛反対を受けてのことなのでしょうが、日本人の持つ相互扶助の心の理解できぬ集団には無理なことです。そして例のメキシコ国境の壁。誰が金を出すんだ?メキシコ!と選挙演説で聴衆を煽ってたあれです。本気のようです。具体的にどんな壁作るかですが、そんなことよりも俺はやるぞ!ですね。もう一つ、ホワイトハウスのホームページから地球温暖化関連の記事が外されて、こっち関連の情報は政府からのものとして流すなとお達しが出たそうです。つまりあれは嘘だと。石油メジャーが流したデマだと。化石燃料の枯渇の脅しは効かぬぞと。ビギナーズラック。違いますね。権力手に入れての逸る気持ち。こっちですね。さてさて。
コメント

口利

2017-01-25 08:28:21 | Weblog
沖縄県副知事の口利き恫喝事件、左巻きTVは翁長知事を支持している手前仕方なし風に報道していますが、私が(私だけが言ってるんじゃないでしょうが)確信している悪顔悪者論と「役人誰がやっても同じ」真実を証明してくれてます。政府要人と交渉するときなどにいつも知事の横に座ってたチビで小太りのいかにも政治家顔のオヤジ、悪顔オヤジ、その人です。教員採用の、校長赴任先への口利きだったそうで、どんな田舎の町役場村役場なんだよ?!とツッコミ入れたくなるような程度の低さで。もっとも、どんな田舎であれ大都会であれ議員と名がつけば役人のエライさんになればそれが仕事になるんですけれどね。言うこと聞かなければ恫喝する、それも常套。議員のほうがエライと思ってますからね。この手の問題は本人が頑なに否定してうやむやになるのが常ですが、今回のは恫喝受けた前の教育長だかの告発文が公表されていて、本人逃げられぬと観念したわけでした。で、早速今度は知事が謝ってますよ、自分が事あるごとに首相の任命責任を言挙げてきた手前仕方ない仕儀です。まさに天唾。大叩きしているのが産経、他の新聞はこういうことがありました程度の記事です。この辺りですな。ま、所詮はこんなオヤジだったというわけで、議員の仕事は口利きですと開き直ればいいんじゃないかと思うのですよ。妙に高潔ぶってもダメです顔に出てますから。高潔?清貧?誰のこと?ですよね、世の議員様方。
コメント

並愚

2017-01-24 08:25:09 | Weblog
昨昼1時からの国会中継見てました。民進党の野田さんが代表質問です。相変わらずふにゃふにゃ言うてましたが、いきなり昨年末の紅白歌合戦の話題を持ち出しました、何の前振りなんだ?ちゃんと落とせよ!と聞きながら突っ込んでましたが、結局大滑りでトホホでした。最後の審査結果発表の場面を言うのでした、全国の視聴者票は圧倒的に白組勝ちだったのに、観客席の審査員の票で紅組の勝ちにひっくり返って、出演者たちもびっくりしてましたね、確かにそうでしたがそれを引っ張って来て何を言いたいかと聞けば、天皇陛下の譲位に関する会議もこうなっていると。国民の声をちゃんと聞いているのか?と言いたいのでした。ええ?そんな喩え話で?センスの悪さと言うべきか、それよりも頭が悪いんじゃないですか。トホホというのか呆れてしまって。こんなこと言ってたんじゃぁ余計に安倍さんをつけ上がらせましょうにね。しょうがないから答えてやるか。追いつめるどころかあしらわれて。ルーピーとイラ菅だけがアホにされてますが、いやいや松下政経塾出身者ってのも並ぶアホでしたね。これじゃぁなぁ。山井とか大串とか口うるさい奴しか相手になりませんか。
 松方弘樹の死亡報道です。脳リンパ腫って言ってますが、脳腫瘍にはそんな名は・・。それは措いて、時代劇役者、やくざ映画役者で有名ですね。たけしの番組でバラエティーでブレイクしてましたが、こういう売れ方がよかったのかどうか。NHKですらお茶目な俳優なんて紹介してましたが。釣り好きも有名でしたか、でっかいカジキを釣りあげたり。仁科明子との離婚騒動も。中村錦之助、勝新太郎など昭和の大役者の、良い時代を生きた人だったんでしょう。仁義なき戦いは映画館では見ませんでした。理由はありません。合掌。
コメント

順番

2017-01-23 08:26:01 | Weblog
稀勢の里、涙の初優勝。おそらく横綱昇進ですね。若の花以来19年ぶりの日本人横綱と騒ぎ立てます。日本人力士の優勝を日本出身力士とあわてて言い換えた(琴奨菊の時でしたね、旭天鵬や琴欧州が帰化していて日本人だったのでした。つまらん言い直しでしたがね、この二人の心中忖度して。時にこの人カド番で負け越しましたよ、こっちはトホホですが)正確を期するという名のポリコレ棒でしたが、今回は日本人でよろしい。努力が天才に勝ったとか、よく頑張った調の賛辞ばかりが並んでますが、要はここ一番に弱かっただけですから。白鵬しか敵がいないとの幸運も味方してくれました。中卒の叩きあげ、親方を絶対に過ごしてきた昔気質等々プロフィールが披露されますが、どれもこれも日本人好みの浪花節です。いいんですけれどね。成功するまでは知らん顔して、どころか蔑んでさえいた者を、手の平返したように褒め称える態がどうにも。あと一歩の所でこける、こういうところが人気の要因だったとの評価。腐らずによく頑張ったとの人生訓的手本。ううむ。天邪鬼はそっちに気が回ってしまいます。あんなにTV的な涙はちょっとなぁ。そう言いながらもらい泣きしてたんでしたが。
 卓球、特に女子は若い衆がすごいですねぇ。愛ちゃんを石川が追い抜いて、彼女がもう23歳、16、7歳にやられるのです。また名前が同じようなので面白いです。美誠の美優の美宇のと。高校生ですからね。時代が変わる時ってのはこういうことなんでしょうが、楽しみですねぇ。若い才能が台頭するのは勢いを感じますね。追いやられる方は辛いことでしょうが、彼ら彼女達もそうやってノしてきたんですから、順番ですね。
コメント

恨節

2017-01-22 08:36:38 | Weblog
そうなるとは思いつつ見てはいますが、まぁよくもそれだけケチョンケチョンにこきおろすこと、TBSのサンデーモーニング、ずらりと居並ぶ左巻きさん達の恨み節です、憎っくきトランプさんがとうとう大統領になりました。支持率40%の政権が成立したの、就任演説は先祖返りだ、アメリカ人のDNAが露わになった、選挙用の暴言だと思ってたらそうじゃなかった云々うんぬん。先祖返りとはモンロー主義ですね、社会の時間に習ったあれ。孤立主義。一次大戦時に欧州のごたごたに巻き込まれぬように、アメリカはアメリカだと言い放ったあれです。そういう思いを隠して、特にオバマさんが(クリントンさんもそうは言ってましたが)人種や民族の多様性を呑みこむ方向で来たのと真逆を叫ぶ。だから喝采を受ける。それが気に入らぬのです左巻きさん達には。ポリコレ棒を振り回しながらブツブツ言い続けてる。TPPも吹っ飛びますね。私は大賛成、ほっとしてます、これで国民皆保険制度はひとまず安心です。で、例のフレーズ。さてどういうのかと聞けば、ここのところは簡単な英語ですから聞き取れましたね、We will make America strong,wealthy,proud,safe と続けて最後に great again と来て。ああ、上手。こういう持って行き方はそれこそアメリカ人(外人)はうまいですよね。私は楽しみですね、どう変わるんでしょうか。トランプさんはどう変えるのでしょうね大国アメリカを。
コメント