柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

仕組

2016-11-30 08:26:45 | Weblog
最終結果が出たそうで、ヒラリーさんが獲得票数では200万票上回っていたとか。200万ですよ。世論調査が間違ってた、いや、専門家達の読みが間違っていた、大手マスコミの偏向報道が判断を誤らせたとかあれこれ後講釈されていることはここでも何度も書いてますが、こうなると世論調査は間違ってなかったんですね。もちろんアメリカ大統領選挙の独特さです、単純な票の多寡ではないところは知ってますが、それこそそれを熟知しての専門家達の読みですからね。マスコミがつるんであれだけ非難中傷すれば大丈夫だという読みだったわけですね。しかし200万票ですよ。これだけ勝っても負ける。つまり戦略がいかに大切かですね。呆れるのと感心するのと。角栄小沢張りのどぶ板戦術だけではダメだというわけです。向こうにどぶ板があるかどうかは知りませんが。
 大谷にあれだけ賞をやるのは、餞別代りなんですかね。えらく大盤振る舞いにも感じます。大リーグ行きを前提にしてるとか。来年もとれるように頑張るなんて本人は殊勝なこと言うてますが、向こうはそれこそ松坂を越える大金積んできましょうしね。彼は何やかやで100億でしたか。越えるでしょうねぇ。向こうさんの評価がどんなもんか、素人にはわかりはしませんが、こ奴は確かに怪物ですから。
コメント

落犬

2016-11-29 08:25:01 | Weblog
月刊誌の今月号はどれもトランプ話題です、選挙戦解説です。俺はトランプが勝つと思ってたの自慢話から、向こうの大手メディアの大偏向報道の暴露話です。最大手のCNNは Clinton News Network と揶揄されてたそうです(本当の略を知りません)。そのCNN報道をそのまんま垂れ流したのが日本のメディア、だからトランプ非難調ばかりだったという裏話満載です。もっと言えば、ここぞとばかりのヒラリーさんの大悪口合戦。こんなに悪い奴だって。私用メール問題がどうしてあんなに取沙汰されてるのか詳しいですよ。詳細は成書で、ですが、トランプの成金金満ぶりばかりが晒されているが、ヒラリーこそがえげつない金儲けしていて、リビアでカダフィー殺して余った武器をシリアに持って行く、その間で大儲けしてという大暴露もの。でも、暴露モノと思ってるのは一般読者だけで、知る人は知っていて、ロシア張りに関係者の不審死は20人を越えてるそうです。そのヒラリーにつるんでるのがネオコン達、大手メディアもその一員で、という図柄。で、今後落ちた犬がどこまで叩かれるかと言う見物です。当選当初にはトランプさん、ヒラリー一家を悲しませたくないなんて言って、調査訴訟しないような口ぶりでしたがどうなりましょうね。分断から結束へ。今はそういう流れでいるべきなのだろうとは、素人でも納得できますが。御一読をお勧めします。
コメント

趣味

2016-11-28 08:25:06 | Weblog
博多の陥没道路の急普請、修繕が早すぎるんじゃないの?との訝しさが街ゆく人から聞こえていたことですが、果たして7㎝だかまた沈んだとか。福岡市は想定内と言うたそうです。想定外だと驚く、こんなはずはないのに、という反応は許されぬという構えが見え隠れしますね。ここで下手な反応すると総攻撃食らいますから。速さより安全だ!こっちにはいくらでも返す刀があります。だから想定内と言うしかない、んでしょうね、と想像します。何か不都合が起こると総掛りで原因(犯人)探しです。新しく埋め込んだ土の重さで周りのやわらかい層が凹んだと図付きの解説がありました。こう言われると次は遡及しての非難です。どうしてあんなに急いだんだ?だから言っただろう?ときっと市役所で、県庁で誰彼が言ってますよ。若い市長、どう反応しますかね。でも今回はあまりマスコミ採り上げません。これも勝手なことなんですが、市長はわいわい騒がれぬ方が有難いことでしょうね。今回も早く対応しちまえって。しかし、地震だけじゃなく都会のインフラの功罪ってのは大きいんですなぁ。田舎にいてよかったと強がりましょうか。
 魚氷漬けのリンク。あれは趣味悪いですねいくらなんでも。よくあの企画が通ったことと、そちらに感心しますね。魚を身近に感じて欲しいとかそういう趣意を言ってましたが、あれは気持ち悪いですわ。生命の冒瀆だとか大上段の非難も多かったそうですが、もっと根っこの感情です、不快。でもこちらもスタッフが言うてましょうね、だからダメだって言ったじゃないか!あんな企画が全員賛成なわけないですから(と思いますけれど)。社長の趣味ですかね結局。
コメント

所為

2016-11-27 10:15:08 | Weblog
キューバのカストロ(カストリじゃありません、スカトロでもありません。と、誰も間違えはしないのですが私は昔からこのカタカナを読み違えます。変ですかね)死亡記事です。各紙の見出しが各紙の思想を表します、こういう時が面白いのです。中南米の精神的支柱、反米カリスマ功罪、野球愛す気さくな人(毎日)。革命独裁「英雄」逝く、反米のカリスマ半世紀、沈痛のキューバ 歓喜の亡命者(朝日)。冷戦時代の象徴去る、理想求めた反逆者(日経)。独裁の半世紀、反米の生涯(読売)。負の遺産 あまりにも重い(産経)。カストロとゲバラ。革命の象徴。キューバ危機、ケネディ大統領の大仕事だったことですが、その時期と日本での日米安保反対のあの学生運動が重なるのです、言うところの政治の時代、東西冷戦強烈な時代。50年以上独裁者として君臨する(できる)こと自体、良い悪いを越えた人間社会の一類型を示して厳たるものですね。民主主義とて類型のうちの一つに過ぎぬのです。知らされますね。ソ連が潰れて25年です。人類の歴史を思う気持ちです。
 トランプさんが勝ったあの選挙、多くの人が予想を間違ったわけですが、世論調査が間違ったという定型の評価に抗う論があるそうです。世論調査は正しかった、間違えたのはそのデータを読み違えた専門家達だと。いえ、犯人探しという意味ではなく(結果が返るわけじゃないのですから)、他人の所為にするなという反論です。これも面白いなと思います。隠れトランプ支持者ってのが読み間違えの原因に挙げられてましたね。トランプに入れないよまさか!とマイクの前では言いながらトランプに投票する人のことです。でもそんな人の多いことも事前にわかっていたことですからね。どの程度いるのかは掴み切れなかったにせよ、です。だから専門家達(どういう専門家かよくわかりませんが、日本で言う政治評論家の類でしょうな)は自分の希望を入れて、それは常識的判断という隠れ蓑をしっかり被っていたことでしょうが、ヒラリーになってほしい、それより強く、トランプでは困るという思いが大きくなりすぎて、過小評価したということですね。現にそういう結果ですから。世論調査が間違ってたのではないのだと。トランプの終盤の急な追い上げは日本でも報道されてましたし。これ正しいのでしょう。他人の所為にしたいんですね、これはヒトの共通した性癖でしょう。左巻きさん達の思想的傾きとは別のものです、もって生まれて持つ保身指向です。
コメント

眉唾

2016-11-26 08:24:27 | Weblog
不覚 これも稀勢。コロリ3敗目。新聞見出しです。横綱三人ともに勝って、やはりこっちかぁと思わせといて格下に負ける。だから星が上がらない。いつものことですけれど、この人も万年大関ですな。他の万年さん達、琴奨菊はとうに負け越してますし、豪栄道はクンロクへのいつものコースです。一度しかない花火を大事に覚えておけばいいんでしょうなぁヒット曲一発で生きていける歌手のように。神風報道のむなしさよですが、こっち(マスコミ)も懲りませんからねぇ。
 54年ぶりかの東京の11月の積雪騒ぎ、地球温暖化が原因だと各局にそれぞれ配置されてる気象予報士が解説します。でも、これも結論ありきの遡上論、言わばこじつけ論なんでしょうね。地球温暖化ってのが現にあるという前提、それが諸悪の根源だとする前提です。でも、きちりと証明されているのでもないようで、あれこれ反論があります。きちり、というのは連中が依拠する(していると構えている)ところの科学的判断です。客観性、再現性、一般化(数式化)できること等々が満たされているのか。南極や北極の氷が溶けているという現象を指してその原因は?と考えて地球の温度が何十年前と比べたら2℃か3℃か上がっているという観測データを当て嵌める。さらにはその原因をCO2排出過多と決めつけて政治問題化する。よく言うように相関関係と因果関係とは厳格に区別せねばならぬのですが、ここがきっと曖昧なんですよ。その原因をCO2排出に決めつけて俗耳には入り易いですからね、気温が上がれは氷が溶ける、そうなんだぁ、です。でも、いや実は氷は減ってないとか反論は次々に出てくるのです。現にこんなに寒くなってるの温暖化が原因なんて逆説のように言われても、普通の人はそこで思考停止してワシにはわからんけぇで終わりです。だからズルズルと引っ張れる、当然の前提として話をこじつける。声の大きい方に、偽善欺瞞方向に物事は流れるもんです。眉唾。みんなが言うこと、正しくは、皆が反論せずに黙っていることは眉唾ですよ、皆様。
コメント

得意

2016-11-25 08:23:37 | Weblog
東京の50何年ぶりの11月の積雪ってので、どうしてこんなに?と思うほどのTVのはしゃぎぶりです。記録的な出来事であることは理解しますが、あくまでローカルなことでしょうに。なんて思うのが田舎モンの僻み根性なのでしょうが、いかに東京中心で世の中が回っているかと改めて知りますね。
 国会で蓮舫さんが首相にTPPのことで詰め寄ってました。トランプさんがあれだけ脱退すると言い放っているのに、アメリカが抜けたら意味がないと自分で言っているのに、あんなに国会での批准を急いだのは、向こうさんを翻意させることのできるという確信でもあるのか?と。なんてつまらん質問なんだ?そんな聞き方して答え方は決まってるじゃないですか。だから田舎プロレスなんて言われるんですよ。ですよね、そう思われたでしょう?果たして安倍さんは苦笑いしながら、確信はないけどこっちが降りたら完全に潰れてしまう、まだ彼は就任していないんだからまだ交渉の余地はあるだろう、とまぁそう答えるわなぁという極々常識的な応対でチョン。威厳を持たすためでしょう、難しい怖い顔して質問してましたが、内容があれじゃぁ・・。でも他人の失言を追求するときは滔々とやります。辻本さんと一緒。稲田大臣を泣かせた時の質問は、どっちが保守(右)なんだ?の茶番でした、人を追い詰めるためには手段を選ばぬわけです。もっと大事な場面で予定調和の(筋書き通りの)田舎プロレス、いや猪木も馬場もそうだったのですが、に擬えられて当然のあんな質問じゃぁねえ。国籍問題どうなったの?こっちつついたらいいのに、もっと。ねぇ。
コメント

高壁

2016-11-24 08:26:36 | Weblog
今度は大阪の鬼畜に劣るバカ親が1歳の我が子を殺してます。虐待して殺してクーラーボックスに詰め込んで車のトランクに仕舞い込んでたという無体です。一歳の赤ん坊だから大型のクーラーボックスに折り込めるってわけですかと想像するだけで胸が悪いことですが。こんなバカ親、決まってバカ母親に内縁の年下の下衆という組み合わせです。写真見るにいかにもバカで。いや、あまり口汚く罵り調になるとこちらの品も露わになってしまってまずいのですがしかし、こんなバカどもにはいくら汚言を投げつけても足りません。親を選べない悲劇。次にはもっとましな親の元に生まれておいでねと、こちらの〆の言葉も定型化しているのですが、今回の記事にはこれまた定型的な非難を前もって想定した見出しがついてます。児相(児童相談所)半月に28回訪問も、と。これだけやってれば文句は言わせネェ!ですね。この筋の評論家や教育専門家達の決まって最後に言うのは児童相談所や行政がもっと関われ、なのですが、向こう(バカ親)が拒否すればそこでお手あげという現行の法制度自体が高い壁になってるとは誰も言わぬのです。いえ、言うてるんでしょうが専門家として正そうとしない。保身なのですね。親の権利、親権を振りまわされるとアウトで、そこに隠れてる。ドアを蹴破って救い出せよ。何人殺せば気が済むんだ?の話ですからね。
コメント

支持

2016-11-23 10:05:00 | Weblog
甲子園に女子部員を出してやれよと前から書いてますが、それは試合はおろか試合前の練習さえも禁じられているからです。ゲームに出る出ぬは、そこはやはり体力差伎倆差がありましょうし、本人が一番よくわかってます、試合に出る出ないじゃないんですよ、ベンチに入れるか、チームメイトとして同じ甲子園の土を踏めるかどうかですからね。もう一つ付け加えるなら、記録員としてではなくマネージャーとしてでもなく、同じユニフォームを着て、です。自校のグラウンドでは男子部員と全く同じメニューをこなしているのに、どうして甲子園だけが危険なのでしょうね。全く理屈に合わぬことを高野連の石頭オヤジたちは念仏唱え続けるのです。女子の大会に出ろ、なんて言うのでしょうが、確かに現存することですが全国的なものではありません、田舎の子は硬式野球部で男子と混じってやるばかりなのです。そういう心意気を買うてやれよと思うのですが、これはきっと私だけの思いじゃないでしょうが、前例主義の役人然たる石頭達は変えられぬ、変えようとしないのです、安全を盾にしていればいいと思ってる。監督の判断に任せればいいんですよ。こいつは連れて行く、こいつはベンチに入れる。男部員の選別と同じことをやればいいんですよ。何より、どうして甲子園だけが危険なんでしょうね。理解不能です、というか説明不能ですよね。爺ぃどもは追い出さねばなりません。まだ私の年代(還暦周り)にもバカがいますから、もうひと世代下です、男女の差感覚が薄まっている世代に任せねばなりませぬ。
 津波、さぞや怖かったでしょうね。昨朝はずっと津波報道でしたNHK。現に津波が来つつあるからとにかく逃げろ!と何度も叫んで、中継映像には単調なサイレンが鳴り続けてます。あれがまた不安と恐怖を湧き立たせます。遠くで見ている私がそうなんですから、現地の人達はさぞやと思うことでした。津波が川を白波立てて遡上する映像が何度も流れます、5年前のあの衝撃的な映像が蘇ります。ああいう現象は黄河だか揚子江だかで周期的に見られるんですよね、向こうは河ってもスケールが違いますから迫力のあるものですが何度か見たことあります。でも、日本のあの川幅の小さなところを逆行するのは気持ち悪いことです。気象庁は5年前の大震災の一連だとシレっと言い、TVはあれだけ煽って(大被害を期待して)被害が小さいと見るや一転非難に回ります。5年前の反省は教訓は生かされたのか。警報や避難誘導は適時適切だったか?速やかな且つ効果的な避難ができていたのか?重箱の隅をほじくるような「検証」が始まります。福島第二原発の冷却装置の電源が落ちて結果として一時間半そのままだったのでしたが、ここにも非難が集まってました。あれだけ総攻撃受けた事件ですから私のような門外漢でも電源が落ちて冷却できなくなってメルトダウン(融解)してあの惨事だったと知ってますからすわ!であったでしょうね。昨夜の報道ステーションでも言うてましたが、5年前は地震の所為なのか津波の所為なのかが論点になって、津波の所為だと傾いていたが(耐震免震構造には問題なかったと)、これではその根拠がゆらぐことだと。正論!やはり皆車で逃げて、果たして道路は大渋滞。あそこに大津波が来たら・・の事態も非難の対象です。仕方ないですよね。歩いて逃げろ?そりゃあの時の心理として無茶でしょう。近くに逃げ場があれば走っても行きましょうが、1㎞も2㎞も先まで走れませんから。マイク向けられた婆様が笑いながら喋ってましたよ、もういいのよ来たら来たで、いい歳なんだから。だから逃げずにずっとTV見てたって。これも選択でしょう?そう思いましたね。
 トランプさん吠えてます。いいですねぇ。世界的課題より米国第一、日経が見出しつけてます。あれだけTPPを嫌がるのは何故か。そこをちゃんと説明できてるんでしょうかね。対ヒラリーの公約だったから?いや、それだけじゃないでしょう。彼の業界にとって良くない不利な条件が含まれているんじゃないんでしょうか。私がここでTPP反対論を言うのは国民皆保険制度の破壊を怖れるからでしたが(だから私はトランプ支持です)、アメリカにとってもいことばかりじゃないという証拠ですね。それはつまり甘利さんの交渉がそれなりだったということ、だから早くこっち(日本)が批准の用意して(議会通して)向こうに圧力掛ける、急かせる、再交渉はしないと言い続ける、そういう戦略でしたが。トランプさんには政治の経験はないけれどビジネスでは成功者だ(何度も破産を繰り返しているという指摘もありますが)、だから米国人、ひとえに白人層でしょうが、の雇用が奪われる危険を敏感に感じているのだという読みです。選挙期間中に何度もアメリカの鉄鋼業や自動車産業の衰退ぶりが報道されてました、 rust city でしたが、鉄で栄えた街がすっかり錆びちゃったという命名ですが、この上さらに安い日本車の蹂躙を許すのか!?との叫びは支持を得ましょうね。みすみすアメリカ人の首を絞めるような自由貿易なんてクソ喰らえ!とやってるわけです。選択肢ですよね、口から出まかせの選挙用キャンペーンではなく。プーチンが習近平がほくそ笑んでるなんてやってますが、パクスアメリカーナが壊れる時に次に存在感を示せるか安倍さん、という場面ですか。何度も言いますが私はTPPが潰れて安堵してます。グローバル化、つまりアメリカの新自由主義者、ウオール街の強欲資本主義の餌食になることから逃げられたわけですから。肉を斬らせて骨を断つという悲壮感だったのかもしれませんが、リスクが高すぎます。私はそう思います。トランプ支持です。いかがですか。
コメント

切堰

2016-11-22 08:26:23 | Weblog
プロ野球、ストーブリーグの季節です。FA制度が、こんなのは全てアメリカの真似なんですが、導入されて来、選手から移籍を選択できることになって、一流選手の生え抜きさが珍重化することです。大リーグはその辺りに価値を認めぬので給料が安いとか出番が少ないとかそういう理由で簡単に移籍する、もちろん球団側もドライですから役に立ったぬはすぐに放り出すわけですが。すれば必要な選手の引き留めのために給料は高騰しますね、当然の結末です。古い話ですが、王長嶋が球界一二の高給取りだった頃に7000万円8000万円でした、飛び抜けた二人でしたから皆仰ぎ見るばかりだったのですが、その落合が金銭闘争を平気でやってこの人が初めて年俸一億円超えました。よく覚えてます。三冠王を二度もやった人ですから仕方ないにせよ、高給要求があからさまでしたから王長嶋に感じた納得感には程遠いものでした。その後はどんどん上がって。近鉄中村が5億だったですかね、ゴジラ松井もそうでした。で、今季、オリックス糸井が阪神に行きます、4年18億円だそうです。昔巨人今阪神、金満球団です。金本ひっぱって来た時の成功体験が忘れられないのでしょうね。ま、福留を追い抜く若手が未だ現れぬチーム事情鑑みれば仕方ないのでしょうが、しかし高い。こんな額をオリックスが出せなかったわけです。これも単純な競争。西武中村も、今季全然ダメだったのに4億です。逃げてもらっては困るからですね。一旦堰が切れるとこんなことなのですねぇ、と溜息モノです。中途半端な奴までが横着を言い始める弊害を生みます。大谷、いくらで売れるんでしょうね。日ハムはとうに覚悟してるんでしょう(算盤弾いてるんでしょう)けれど。
コメント

予想

2016-11-21 08:25:54 | Weblog
琴奨菊がそうだったように、誰もが予想していたこととはいえ、豪栄道の馬脚が現れ始めました。バタバタしてすぐに首に手を回す悪い癖(これが彼そのものですが)が出てます。もうダメですね。先場所はこれが出なかった、というか幸い首投げが効いた(日馬富士戦がそうです)だけでした。三日前からバタバタです。昨日の相撲、見てましたが、あれは残ってるんでしょうにね。俵の上で踵が外を踏むと負けですが、ビデオ見てると出てません。相手の隠岐の海も出てなかったから負けたと思ったと言ってますし。物言いの解説では豪栄道の体が先に出ているというものでしたが、土俵際でくるりと回るのはアリですよね体が半分以上外にはみ出ても。体(たい)がない・残るという表現があります業界用語です。土俵際で倒れこんで押し出す時とかうっちゃり打つ時とか殆ど同時に土俵外に飛び出る時があります、そういう時の判定時にどちらが先に倒れているかを指す言葉です。そういう意味でも相手力士には体がないことでしたし。何か解せぬものが残りましたが、これでアウトです。悪い癖と言えば、今場所調子がいい鶴竜は昨日危なかったのですが、いつ引くかいつ引くかと見ていることでしたが、結局引かずに勝ちました。自分の弱点をどう抑え込むか。琴奨菊も豪栄道もぶちかまして押すしかないのですから迷うことないと思うのですが、そうはいかないから花火で終わるんですねぇ。予想通りではあります。
コメント