柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

調和

2013-01-31 08:24:16 | Weblog
国会代表質問で(これもライブで見られませんでした)平沼さんの質問に答えて首相から改憲の意思表示がなされたとの記事ですが、面白いことに朝日が「物足りぬ」と評価してます、記事の量も少なく。96条の改正にしか言及しなかったことを指してますが、それにしても、です。無視しているとの態度でしょうか。中国新聞や毎日は一面に載せて、こんなはっきりした意思表示は初めてだろうと驚く(嘆じる)ものでしたので、サヨクさんの親玉朝日が??でした。産経は当然だとの評価でしたが。もともと改憲や皇室問題ではガリガリの保守ですご両人とも、予定調和ではあるのですが、維新の会のペーペーどもはいざ国会の場に来るとさすがに平沼さんや石原さんの威風にはとてもかないませぬ。この人達に発言の場が与えられたことはまことに国益です。その点橋下さんに感謝ですが、御大いまは足下の体罰問題で突き上げられてます、こっちにまで手が(気が)回らぬということではありましょう。
 柔道協会、お偉いさん達が次々に出てきて謝ってますが、出てくる奴出てくるヤツみな同じ顔してます。あってはならぬことが起きてしまった、とは上村会長の弁です。んなわけないだろう、今初めて知ったような顔してよくもシレっと言えるな、です。どいつもこいつも殴られ蹴られ罵られて強くなってきた(と信じている)筋肉脳みそ大男なのです。変えられう筈がありません。毎日新聞に西部邁が寄稿してます、桜宮高校事件など一連のこの騒動は「体育の習慣にも選手の士気にも無関心な連中による出来合いの道徳話が、このやかましい体罰批判ではないのか」と。こういう切り口がなさ過ぎますね確かに。そして本人の問題。エライさんの首を切って終わり。そうなりそうですが、今回は監督留任だそうですよ。そうはいかないでしょうねぇ。
コメント

演説

2013-01-30 08:22:49 | Weblog
昨昼のワイドショーで教えてくれてました、国会での首相の演説には二種類あって昨日ののは所信表明演説、もう一つは施政方針演説だ、所信表明の方は抽象的な話でいいのだ、具体策については施政方針に盛り込むのだと。ああ、そうなの。なれば昨日の私の感想は当然の結果だったというわけですか。そう言えばルーピーはいきなり「命を守りたい」とかなんとか囁きましたよね、あれには本当に噴き出しましたが。あの場では抽象的情緒的散文的でいいわけです、ああそうなんだ。次を期待しましょう。次は外すなよ!却ってこっちにも力が入りますが。
 今度は五輪強化選手から暴力告発です。先の五輪の柔道女子の監督です。なんとまぁ。五輪ですよ。全日本ですよ。中学高校の練習じゃないんですよ。あんなレベルでもひっぱたかなくちゃ指導できないんですねぇ。いえ、話は単純なのです、この監督が殴られてきたからです。殴られて強くなってこの地位にいると何の疑問も持ってないわけです。他の手立てを考えつかぬのです。と言うか、考えようとしない、これでいいと信じ込んでる。そりゃ無理ですよそんな奴にいくら説教しても。技術の高さと指導能力とは全く別物です。おつむの良さとはあるいは(おそらく多くは)反比例です。体で覚えろ。指導方法を何時間講習してもダメです。そういう頭(思考回路)じゃないんですから連中は。全日本クラスのプレーヤーも殴らないと駄目なんですねぇ。どっちもどっちなのかもしれませんが、運動能力に大きく劣る者が言うにはもっと届きませんかね。
 加藤紘一と村山富市が日中友好協会のお偉いさんとして訪中してまたまたゴマをすってきたという片隅のベタ記事です。名だたる親中モノです。行くなよこんな時に。いえ、こんな時だから中国が呼ぶんですけれど。敵さんの思い通りにコメント出して接待されてご満悦で。頼むから・・・
 
コメント

外野

2013-01-29 08:22:50 | Weblog
安倍総理の所信表明演説です、ライブを見られませんでしたので紙上の活字で読むだけですが、なんだか熱さが伝わらぬ印象でした。もちろん話し言葉にはどうやっても勝てません、その人の声で言葉で生で聞く以上に伝える手段はないという前提での比較ですが、それにしてもなんだか期待が大きかった分だけ肩すかしです。石原さんがサングラスして(実は白内障手術後間もなくだそうで、裸眼ではまぶしいんだそうです、いいオチです)凄味を利かせてマイクに応えてます、一番大事なことを何故言わない?憲法改正のことも国防のことも言わない、これでは国としてナメられるのだとバッサリ。あ、そうか、これが原因の不全感か。直截に中国や北朝鮮を名指す必要もないことでしょうし、尖閣竹島北方領土と言挙げすることもないことだったのかもしれませんが、拉致問題の解決を具体的に言うのであれば、国防軍構想という花火を既に打ち上げてるんですからしっかりと道筋を示すべきだったですね。安倍さんの考える優先順なのでしょうね、経済回復(デフレからの脱却)被災地復興をまずやる。こちらに反対する者はいない(手段や方法に文句つける者は多いですが)わけで、実際アベノミクスは効果を出してきているのですからガンガン言えばいいのですが、同時進行するべきものとして改憲、国防軍構想を並べ提示して欲しかったですね確かに。あれこれ注文はつくものです。勝手なものです。
コメント

政策

2013-01-28 08:24:59 | Weblog
アベノミクス効果は今のところ順調に成果を出してます。円安は進み株価は1万円を維持します。デフレが蔓延して民主党政権が立ち往生して挙げ句の果ての増税政策に対して、あれだけ甲論乙駁して、しかしこのままじゃぁダメだ何とかしろという所だけはどの評論家専門家も一緒で、そこで安倍さんがガラリと変え強引に舵を切ると、インフレになったらどうするんだ?借金増やしてどうするんだ?デフレのままでよかったんだ、それなりに均衡が取れてたんだなんて言う輩も出てきて。本当にこの業界も言いたい放題で楽な商売でんなぁ。聞いてる方(素人)はどっちが正しいんだ?のレベルですからね。もっとも正解があるのならとうにやってることでしょうし、誰にもそれがわからないからこういう凡論雑論を許す土壌なのでしょうが、それにしても、です。どんな策に対しても賛成と同じだけの反対がある筈です、反対論を無視しちゃいけないのでしょうが、それこそ社民党や共産党張りの反対の為の反対ってのが往々にしてありますから、反対への対応にエネルギー費やすよりきちんと結果を出すことなのです。今のアベノミクスに対する反対論はインフレになったわ給料上がらないわとなったらどうする?という脅しと財政出動とはさらに借金が増えるだけだろう?というのが主です。でも、まずデフレ不景気からの脱却を図らないと何も始まらないということですよね。私はこう理解しているのですが、どうなんでしょうか。
コメント

文化

2013-01-27 09:37:49 | Weblog
この日曜朝の情報番組討論番組はアルジェリアの事件やアベノミクスと話題に欠きません。皆好きなこと言ってます、色があって面白いことです。今はNHKを見てます、各党の幹事長が出てきてます。しかし、石破さん、どうしてあんな目つきするんでしょうね。ニコニコ笑えとか愛想振れとか言いやしません、この人の愛想笑いほど気味の悪い、下手な作り笑いはないですから。でも、どうしてあんなに、それでなくても細い目を一層細めて睨みつけるような目つきしなければならぬのでしょうね、しかも全く無表情で。人は見てくれではないのですが、やはり見た目ですよねぇ。それは措いて。アルジェリア事件の本質論を学者は言います、アフリカの資源を先進国が収奪してきた、その利権を離そうとしない現実、アフリカを貧困のままにおいておくという先進国間の共通認識、暗黙の了解が大問題なのだと。先進国とはもちろん元宗主国であるフランス、世界中の利権を握りたいアメリカ、それに追従するイギリス、日本です。それを各国は国益と称して正当化しているのです。資源確保です。アフリカ各国に任せる、先進国は手を引け。そうやっても今と別のパトロンがつくだけです。テロ集団に牛耳られる虞もありましょう。別の専門家は言ってました、秩序が崩れているからと。今までの秩序とは何ですか、資源開発という名の収奪のバーターとして支配層に富の独占を許す、国民の暴動やテロに対して武力鎮圧する(助勢する)、そういう力関係。曽野綾子がいつも書いてることですが電気のない所に民主主義はない、族長支配があるばかりだと。それも秩序ですから。民主主義が最良最上の制度ではありません、いえそれどころか、こういう地域に「民主化」を強いるは明らかに先進国側の都合です、そうやって旧勢力を追い落して実権を握るわけですから。秩序の崩壊の意味がアメリカはじめとした先進国によるテロ制圧力の低下(アメリカの言うことを聞かなくなる)を指すのであれば、単にアメリカの武力介入意志や実際の行動の減退を意味するのか。乱暴な言い方ですが、テロ行為の消えないことそのこともその国その地域の秩序の構成要素なのではないのでしょうか。中国の易姓革命ではありませんが、族長一族の暴政放埓が過ぎれば反動行為が起きる、それは民主主義制度に住む人間から見ればテロ行為と呼ばれる卑劣なのですが、違う文化文明の地域においては状況を変える手段として必然なのかも知れないのです。こちら側の人間の傲慢であるかもしれないとはやはり謙虚に感じておらねばならぬと思います。
コメント

度難

2013-01-26 08:23:26 | Weblog
アルジェリア事件、死者の帰還、いつものようにこれでもかの報道です。こんなに可哀想なんだからお前も悲しめ調です。何の罪もない、そこに派遣されてなかったらこんな事故に遭わなくて済んだ人達だ、お前も悲しめ。過猶不及。一方で政府筋が死亡した人生還した人の氏名を公表するしないでもめてます、マスコミがつついてます、馬鹿馬鹿しい。報道の自由と個人情報保護法のつまらぬ諍いです、全くの些事枝葉。声高の正義の味方ほど度し難きはなしです。
 福島の放射線禍、現在はどうなってるんだ、まだダダ漏れなのか、それとも新たな放出は止まっているのか、そこを正確に知らせろとここでよく書いてますが、あれこれの記事にはそれなりに匂うことです。こんな記載でした、メルトダウンした建屋の近辺は依然高線量状態で近づけない、ロボットの投入も覚束ないと。覚束ないという生易しい状態ではなく、作業ロボット自体もなく、仮にあっても現場に設置できない(人が寄れないのですから)という状態だそうです。おいおい。まずなんとか塞がないとダメじゃないの?チェルノブイリの処置を馬鹿にする論調が多いのに(失敗したから被害が拡大した、ロシアの隠蔽対応は時代遅れだったなんてニュアンスです)、こちらはもっとひどいって言うのに呑気なもんですなぁ。まだダダ漏れの状態なんでしょう?それで東京にオリンピックを呼ぶって?アベノミクスばかりが注目を浴びて、早くも外国から批判が出ているとか、為替操作だとか通貨安政策だとか。そんな非難には当たらないと麻生さんはピシャリと反論したそうですが、それを言うならレーガン達とつるんであんた達がやったプラザ合意はドル安円高政策そのものだったじゃないの。三本の矢はいいのですが、是非福島の終息オペレーションも同時進行してもらいたことです。こちらも世界が見てますよ、きっと。
コメント

告発

2013-01-25 08:21:56 | Weblog
件の大阪府立高校の体罰事件、親が刑事告訴して警察が正式に動き出します。待ってましたとばかりに全国あちこちから声が上がってます。体罰という表現するからという側面もあるとは思いますが、一旦堤が切れると、の図ですか。強い運動部はハードな部分が必ずありますよ。チンタラ練習してて強くなる筈がないですから。そして当の在校生達が訴えるように、連中はそれを求めて望んでやってくるのですから。自死した子も運動能力に優れた、バスケットの上手な子だったんですよ。だからあの高校へ行ったのだしキャプテンにもなったわけです。体罰がいい悪いの議論は本点すり替えだと思います。だからといって本人を暴くはこれも間違いです。指導法というスキルの問題にするのも矮小化でしょう。あいつも暴力教師だ。匿名密告の悪趣味に流れていきますよ。
 吉本新喜劇の原哲男さんの死亡記事です。当地では吉本の定期番組がなくて、松竹の角座アワーが土曜の昼1時からありました、かしまし娘やいとしこいしです。藤山寛美も単発で下がよく見た覚えがあります。高校出てから関西に行きました、吉本にどっぷりでした。吉本新喜劇にスターが多くいた時代です。原哲男、花紀京、岡八郎、山田スミコ、船場太郎、若手に木村進、間寛平・・きら星。原哲男は狂言回しの役どころです、この人がどっしりいてボケ役が映えるの舞台。誰がカバやねん?!お決まりでしたね。どうして昔のDVDが出ないのでしょう、これが不思議なのです。花紀京との絡みは絶品でした、もう一度見たいと思います。誰がカバやねんロックンロールショーという名のバンドまであったんですよ、どこかでオオカミが泣いているという歌でした。それだけ有名で、皆知ってるギャグでした。合掌。
コメント

情報

2013-01-24 08:21:37 | Weblog
アルジェリア事件、死者が増えて、世界中に活躍する邦人の保護をどうするかという方向にマスコミは進みそうです。情報が少ない、人質の安否はじめとした事件の詳細がなかなか伝わらない、他国のニュース番組が情報源という状態でしたね、これじゃぁ動けないわなという納得ではあり、それじゃなダメじゃんのオチなのですが、昨昼のワイドショーで専門家がガツンと言ってましたよ。あんな緊迫した場面で、あちこちに情報が伝わるわけがないと。日本はあの事件の被害者だけれど当事者じゃない。当事者はアルジェリアとフランスとアメリカだ。フランスは先にこの事件の引き金となる攻撃を仕掛けているから、アメリカは犯人グループアルカイダ掃討に関わっているから。この三国以外に詳細を漏らして、それが相手に伝わったらどうする?あくまで当事国以外にはofficialなものしか流れないのだ。そんなことインテリジェンスの世界の常識だ、そこのところ本当に日本は弱いというか呑気なのだという見解でした。聞いていて息を飲む思いでした、その通りよねぇ。被害者で気の毒だけど、オペレーションまであなたには教えられない。当然ですわね。日本人(日揮)が今までや貢献してくれたことへの返答とこの事件への対応とは全く別物です。そこを一緒にしてるんです日本人は。命ばかりは助けてやってくれよ。そればかり。遠いところから電話でお願いするだけですよ、どれだけ伝わりますか?よしんば伝わったところで、はいはい、ですわね、電話ですよ所詮は。駐在大使は働いたんでしょうかね。ここをマスコミさん達は検証して欲しいことです。
コメント

死方

2013-01-23 08:22:45 | Weblog
麻生さんが終末医療の高額化、青天井ぶりを嘆じて(だと想像するのですが)、俺はさっさと死にたい、さっさと死ねるようにしないといつまでも政府の金で生きながらえるのも寝覚めが悪いと思う人もいるだろうとかなんとか発言して、サヨク人権記者につっこまれて撤回したという記事です。そうです、皆そう考えているのです。老人病院(なんてのは今はないことになってますが、現実として姥捨て病院はワンサカあります)では寝たきりさん達を死なさないように、たっぷり薬使って大儲けですから。そうしないと経営できぬのと、家族がうるさいわけです、自分達が自宅でよう看ないから押し込んでいる、金で解決しているという事実は棚に上げて勝手ですよ連中は。だから治療という名のもとにダラダラと時間を稼ぐ。家族は毎月毎月大金毟られるのに、言った手前がありますから、早く始末してくれなんては言えない、少しでも長生きをなんて心にもないこと言って後で大溜息ついてる。そういう現実です、誰も得しない(いいえ、病院はそれで食ってますからそうも言えませんが)。だから麻生さんの発言は皆スッとしたでしょうよ。麻生さんだからよかったというか。今は安倍内閣の出始めです、夏の参院選まではつまらんことで躓きたくないところです、発言には十分に気をつけてくれとお達しが出てましょう、前言撤回するが妥当なこととは思いますが、しかし麻生さんが言うから相当の価値があって。あの捻じれた口でダミ声で、基本的にぃ~と始めて、べらんめぇ調で言い放つ。いいじゃないですか、全くの正論ですから。先の自民党総裁選で石原さんを批判するに、俺の渡世に合わねぇとマイクの前で言った人ですからね。大賛成です。よく言ってくれました。です。
 公明党の山口代表、大丈夫かいな。安倍さんがあれだけ突っ張って、閣僚たちも皆必死の形相で中国に相対そうとしてるのに、尖閣問題は次世代に任せろと小平と同じ与太を繰り返す、領海は仕方ないけど領空には日中とも入らないようにしようなんて、バカ言ってます。戦争になってしまうからという理由だそうですが、こんな空想主義者だったんですね。創価学会の宗旨はこういうことですか。排他性が強いとは聞いていたのですが、違うんですかねぇ。
コメント

邦人

2013-01-22 08:24:11 | Weblog
アルジェリア、7人の邦人死亡確認とのニュースです。小泉郵政選挙で刺客片山さつきに負けて一敗地にまみれた、安倍さんの子分(だった)城内さんが飛んで行って(これも十分に遅いですよね)確認して首相に報告したという手続きです。こうわかってしまうと次は邦人保護はどうなってんの?です。きっと今から新聞がやんや叩くのでしょう。チリでもあったですね、外国のテロ事件に巻き込まれるケース、政府は邦人を助けに行けるのか?言葉では、今回の安倍さんのようにどうにでも言えます、そうではなくて実際の行動です。人質にアメリカ人がいたらアメリカがどうしたか。石原慎太郎が首相だったらどうしたか。城内さんが飛んで行ったのは特別チャーター機でしたね。JALの。自衛隊機がこれから飛んで行くとか何とか言ってます。死んでから駆け付けても遅いんじゃないの?という非難は避けられぬことですね。遺体引き取りに自衛隊機?いえ、いいんですよ、自国民に対する対応ですから。でも、行く(行ける)のならもっと早くに行けよ、ですわね。情報がない、アルジェリアの政府からの情報がない。こればかりを言い訳にして、他国の報道は何人死んだ、日本人も多く含まれているとずっと前から言ってるのに認められない、確たる収集力に欠けるからです。大使館はちゃんと動いたのか?駐在大使は?そう言えば一切出てきませんね。各国の日本大使館は邦人に対してこういう時に冷たいというのはあれこれ本でよく読むことですが、そうなんでしょうね、一企業の事件と済ませようとする体質。国のプロジェクトじゃないからとか何とか。前にも書きましたが、早速に自衛隊機を飛ばして日の丸をたなびかせる。日本はお前達を守るという確たる意志表示をする、すれば敵さんにも影響する。こういう心意気、邦人保護という意気込みはないのでしょうかね。平時の法律ばっかりに足をとられて。平和という名の事勿れ原理主義に骨の芯まで侵されて。情けないことです。
コメント