柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

人事

2011-08-31 12:47:03 | Weblog
今朝はメンテナンスとかでいつもの時間に書けませんで、昼に書いてます。こういう時にいつも同じ感想言ってますが、おかしな感じ。頭が疲れてるというか。朝型夜型なんてよく言いますね。私も若い時、というかつい7、8年前までは朝に弱い(と勝手に決めつけて)のでしたが、朝早く起きるようになって朝のエンジンのかかりの良さを実感してます。仕事の関係が大きいでしょうし、時間を自由に使えない方々も多いことでしょうから、簡単に勧めてもいけないことかと思うのですが、慣れてくると、本仕事の前のひと仕事という感覚で能率が上がるし、しかも頭の回りがいいんですよ実際に。私みたいな凡でもそうなんですから、きっとあなたもやってごらんになればその違いをお感じになると思いますよ。
 野田首相誕生です。どじょう首相。イケメンではないので人気はない、だから解散はしないと、冗談めかして言ってのけた人です。お手並み拝見といったところでしたが、幹事長に輿石さんとはさてさて。ノーサイドにしましょうよ、もう。そう代表選出後に呼び掛けた具体がこれですか。ルーピー鳩山がニヤニヤと歓迎の意をカメラの前で話してました。これが挙党一致の意志表示だ、なんて。ほんとにこのオッサンはバカですな。でも、輿石さんではねぇ。あと二年(長くて)とはいえ、こんな真っ赤な反日さんを頭に戴いたのでは、TPPはどうなるんだ?嘘ばかりのマニフェストの復活か?と心配事が増えますし、なにより日教組が小躍りしてましょう。これが小癪だし、せっかく橋下さんが風穴明けようとしているところ強力な糊でもって補強されはしないかと口惜しく思います。こんな反日に権力もたしちゃなりません、それはルーピー(日本は日本人だけのものじゃない、なんてバカ言う人です)や菅さんで実証済みです。これはがっかりしました。前原さんや樽床さんも、ああいう処遇されれば嬉しいんでしょうね、メンツが立つんでしょうあれで。増税と大連立。ぶち上げた幟をそのままはためかせ続けるのか、畳んでしまうのか。どちらも反対ですけれど。いかがですか。
コメント (2)

言葉

2011-08-30 08:11:59 | Weblog
菅さん蔭でこそこそと最後っ屁です。朝鮮学校の高校無償化を進めよと命令したそうです。マンギョンボン号は中国人用の観光船に替わって外貨を稼ぐなんて話題と重なります。制裁を継続する理由がなくなったという、わかったようなわからないような、そんなことが理由にならんだろう、自国民だけに限定すればいいことだとかあれこれ反論の大嵐なのですがものかわ。今回も唐突。拉致家族の会は呆れてます、この人は初めからこの問題を解決しようとする気などなかったのだと吐き捨てます。yes。実は前原さんなどよりこの男の方が余程に危ない奴なのでした。おとなしく消えろ、早く!
 昨日の民主党代表選、面白かったですね。私の予想が見事に外れて、これも痛快でした。海江田対前原の決選投票で海江田の勝ち、と予想したのでしたが、すっかり外れて。よろし。一応、小沢NO!と党として言えたところ、大きな進歩だったと外野は思うのですが(党内の反小沢連中はそう解釈しているでしょう)、小沢院政の回避、それは鳩山内閣がそうだったのでしたが、幹事長にのさばるあの姿を見ずに済むのは好展開でした。予想が外れて爽快でした。でもその一つ前に、前原さんが負けたのにはびっくりしました、ここは皆さんもそうだったんじゃないのでしょうか。前原さん自身もこんな結果になるとは思わなかったんじゃないんでしょうかね。後出しじゃんけんで勝ちに来た人でしたからね。選挙前の演説の差だったと私は信じますね。実はそれをリアルタイムで見ていなくてあとでダイジェストで聴いたことでしたが、あのどじょうのくだりは掴んだんじゃないんでしょうか。前原さんの次々に出てくる献金疑惑は陣笠達を引かせましたか。そして決選投票時の演説。思惑より思い、下心より真心、論破より説得。三党合意を覆して政治が前に進むか?この二つが効いたんだと思います。イケメンからは程遠い金魚になれぬどじょうとして泥臭くやるという前振りも十分に効いてました。陣笠達、言葉の力を改めて感じたんじゃないんでしょうかね。あの演説で小沢さんの恫喝から飛び出した連中も多くいたんだろうと思いますね。馬淵についたのがそのまま海江田に流れたとすれば数の上では説明がつきますが、きっともっとくんずほぐれつだったんじゃないでしょうか。実は演説上手だったというわけでしたが、言葉の力を言葉で生きる連中がこういう所で改めて知るってのも皮肉の利いた、これぞ反小沢の象徴のような、青臭いと言えば青臭い現象だったのでしょうね。そう思いました。決選投票の差は演説の差。どう思われましたか。
コメント

限界

2011-08-29 08:16:52 | Weblog
海江田が過半数獲れずに、前原と野田が組んで、鹿野、馬淵の票をどちらが獲るか、なんて下馬評です。マスコミは大騒ぎ。こんなの大好きですから。というかここで騒ぐのが仕事ですからね。浮動票なんて思わせぶりに言う。誰に投票するかまだ決めてないのか、黙っているのか、なんてまた謎めかしますが、つまりは保身と猟官、干されるか厚遇されるかの選択ですから舌舐めずりしている姿が目に浮かびます。選挙で生きてる連中です、される方からする方に回れば仕返しする気分にもなるでしょうね、選挙区に帰ればずっと頭下げねばならぬことの逆ですから。何?俺に話はないの?手ぶらで?なんてね。この陣笠どもが!。もっともそこにつけ込んでの選挙戦、切り崩し、一本釣り、刈って刈って。でも、海江田さんが総理になったら、小沢さんの傀儡ですよ、いきなり三党合意は見直すなんて言ってるし。マニフェスト(という嘘っぱち)をまたやり直すと言ってるし、財源や普天間やらであれだけうそばっかりだったのにどうやり直すってのよ?の話、そもそも海江田さんは菅内閣の閣僚だった人です、どういう思いでやってたんだ?よくもこれだけ変節するなぁ。泣いたり、揺れたり、縋ったりの頼りなさには、鳩山・菅とは違う不安定さを感じますね。後ろに小沢さんがいるってのも印象悪いし。菅さんは一点、小沢さんを排したということだけは評価されると思うのですが、事実こうやって引きずり降ろされるのも小沢さんがらみのことではなかったのですし、小沢さんは選挙区が被災地だって言うのにこれといった行動を見せなかったのも、今更このオッサンに何ができるの?という不信は拭えません。表に出ないで裏から糸を引く。何時までこんな黒幕政治を指向するのでしょうかね。それこそ民主党として排除すべき悪しき慣習と思いますがね。でも、そうなりそうなんですよ。ったく。自民党の伊吹さんがのたもうたセリフ、悪かった時代の自民党そのままの密室政治です。数は力。民主主義なるものの限界ですね。陣笠どもよ、いまこそ革命だ!なんでしょうけれど・・ねぇ・・。
コメント

伝説

2011-08-28 07:31:45 | Weblog
民主党代表選、昨昼の共同記者会見(記者クラブ主催とあります、大マスコミのパフォーマンスです)見ました。馬淵さんがその身軽な立場でもって盛んに訴えていた政策論争の場ではありましたが、流石にあれだけ言うだけあって理路整然とぶれずに喋ってました。前原さんがやはり巧かったですかね、そういう印象でした。野田さんは、ああ、キッチリ喋れるじゃないかと驚くくらいでした、ということは今までマイクの前ではモゴモゴ喋ってたということです。増税や大連立をぶち上げた人でしたが全くのトーンダウンでした、増税を唱えて選挙に勝てたためしがないという法則に陣笠たちが尻込みしているからでしょう(自分が落ちる、つまり飯のタネを失うんですからね)。海江田さん、小沢一郎にべったり膝を折ってるもんだから全国紙の解説委員からの質問が集中します、途中しどろもどろ、菅さん式に「何度も同じことですが・・」と質問に応えず繰り返すばかり、おまけに俺ばっかりにそんな質問するな、公平性を欠くなんてお得意の泣きごと言ってました、まさかあそこでは泣けないでしょうが。この人では院政敷かれるのが目に見えてます。鹿野さん。評価に値しないという感じでしたか。ああ、まだこんな古いタイプの調整屋が生き延びるのかという感心でした。古館の番組での話といい、ここでの対応といい、二言目には挙党一致だ、野党とのとことんの話し合いだと学級会です。ダメです。まず最初に消えます。でも、結局こういうのが三番手くらいにつくんでしょうね、当たり障りのない選択として。誰も過半数獲れずに決選投票、切り崩しの恫喝では小沢さんに一日の(どころか一年十年の)長ですから、海江田さん。マジ?でも次の選挙を睨むなら、陣笠達よ、よーく考えろよ。
 先の甲子園で準優勝の青森光星学院の部員飲酒事件の処分が出ました、私の見る限りではたった一紙に、しかも片隅のベタ記事でした、厳重注意だそうです。おいおい。大会前にバレていたらあるいは出場停止だったかもしれないでしょうに、こんなことで予選にも出られなかった高校も多くあるでしょうに、何たる大甘。準優勝剥奪くらいやってもいいんじゃないですかね、いままであれだけ形式だけうるさい偽善を積み重ねてきたんですから。大マスコミも触りません。だって、朝日新聞の主催ですから。
 世界陸上、ケニアがすごいじゃないですか。女子マラソンがワン、ツー、スリーフィニッシュ。そればかりか女子一万メートルもワン、ツー、スリーフィニッシュ。こっちはフォーまで独占したんじゃなかったですか。すごい。同じユニフォームの同じ肌の色した三人四人が先頭を突っ走るのは壮観でしたね。一万メートル、いつものように力は遥か足りぬのに実力以上にこれでもかと日本選手を持ち上げる解説(織田裕二と古田の嫁さん、こいつらがくどい!)には辟易しながら、しかしそんなことが吹き飛ぶくらいのえげつない力の差、周回遅れどころか、二周抜かれてましたよ。おいおい。誰々の根性物語は要らないの!不幸な経歴なんかは聞きたくないの!もっと速く走れよ!そのために出てるんだろうが!!
 週刊文春の名物、阿川佐和子のトークコーナー今週号に瞳みのるが出てます。何カ月か前に朝日新聞の記事に復活と出て、ここでも紹介したことでしたが、この人は伝説に包まれている雰囲気があって面白く読みました。私の世代はグループサウンズ時代の尻尾にぶら下がってます、'68年辺りが全盛、タイガース、テンプターズ、ワイルドワンズ、スパイダース、ブルーコメッツ等々がきらめいていた時代、私達が小学校高学年です、男はボヤーっとしてましたが女達がキャーキャー言ってました。その雄、タイガース。自他共に認めるトップバンド。そのドラマー。ジュリーに次いで人気の高かったピー。私は生来の懐古趣味も手伝ってのことですが昔からグループサウンズの曲が好きで、タイガースの曲は大概唄えます。ですからピーの伝説、ファイナルコンサートしたすぐ後から何十年も会ってないとサリー(岸辺十徳)やジュリーがTVで言うのを聞いたりするとマニアックな興味がそそられてました。高校教師を辞めて、ジュリーのコンサートについて回るんだそうです。タイガースの再結成です。何年か前に再結成しましたね、ピー抜きで。今回は記事によるとトッポ(加橋かつみ)がいないんだそうですが、しかしまた客がわんさか集まるんでしょうね。岸部シローなんか要りませんが、ピーの価値は大きいですよ。TVも見逃さないでしょうし、DVDも出るでしょう。こりゃ楽しみですわい。ジュリーも久しぶりに大儲けですか。
コメント

出自

2011-08-27 08:20:28 | Weblog
民主党代表選、いかがですか。その前に昨日の菅さんの退陣挨拶。ああ言わねばならぬのでしょうが、よくも言ったり、やるべきはやった。普天間もそのまま、瓦礫もそのまま、原発問題も言いっ放し。呆れるというか、最後の最後までこうかい・・です。中国新聞に、同じ市民活動家の評価が載ってますが、こういう出自の政治家が首相になったのが初めてのことなんだから、今後は市民活動を総括してほしいなんて。あくまでこの手の人達は自分を正義の味方と信じ込んでるんですね。バカにつける薬はないなと改めて感じた次第。代表選。前原対海江田と新聞は煽ってます。この軽薄さヘラヘラさがマスコミの正体を示しているようでこの覗き見・ひやかし体質を嫌悪するのですが、このメディアを通じてでないと悲しいかな我々は情報を得られません。昨日古館の番組に鹿野さんと馬淵さんが出てました。鹿野さんにはがっかりです、途中で古館がイライラしてもっと具体的に示してくれと詰め寄るほど、のらりくらり、抑揚を嫌というほどつけた説得調の話し口が余計に話の空疎さを強調してましたが、挙党一致だ!!野党としっかり話し合う!とばかり。どうするんだ具体的に?と何度突っ込まれても総論繰り返すばかり。タコ。そういう、仕事のできぬ、根回ししかできぬ政治家はもう要らないのだ。その点馬淵さんの方がすっきり話が通ってわかりやすかったです。が、この人もまさか勝てるとは思ってないでしょうから、ここは自分を売り込むチャンスとの位置づけでしょう。次、あるいは次の次の代表選です狙いは。海江田さんはぬけぬけと言い放ちます、この国難時に小沢さんの力が必要だと。おいおい、あんたは小沢を排除した菅さんの部下だったんだぜ。票を貰う為には操を簡単に売るというわけです。それとも閣僚になること自体が変節だったのかい。ま、どちらでもいいのですが、TVカメラの前でルーピー鳩山の説得を聞き入れてで小沢鋭さんと握手するという反吐の出るような猿芝居をやるところ、「駒になります」と膝折ったんですね。こんな奴にやらせちゃならんでしょう。それこそ日本が潰れます。今更小沢じゃないですよ。もっとも前原でいいかどうかは別問題です。産経新聞によれば、例の焼肉屋の韓国人のおばちゃんに報告して(おかぁちゃんなんだそうです)、おばちゃんが在日問題の進展を期待するなんて答えたんだそうです。おお、こっちも危ない奴。樽床降りて、平岡ももちろん降りて(こいつは山口二区をなめていやがる!)、決選投票になって、海江田?まずい絵ですが、小沢さんの読みはこうでしょう。さてさて。
コメント

告示

2011-08-26 08:16:42 | Weblog
紳助事件にさぁーっと話題さらわれてましたが、民主党代表選挙、明日告示だそうです。小沢小沢。週刊誌は小沢まつりと茶化します。二言目には小沢の復権を話題にするのは全く方向を違えているとか、メダカの運動会だとか、あれだけ民主党の連中が口をきわめて罵っていた自民党の密室政治そのものだとか、自民党の大物たちは吐き捨ててますが、まぁこれは天唾モノで、本人達も仕返しくらいの思いでしょう。もちろん早く政権を獲り返して、なのでしょうが、その意気込みも全く見えませんし。子供の喧嘩のレベル、バカ!と言われて、バカという奴がバカじゃ!と言い返すようなもの。自壊を待つばかり。自壊するんでしょうけれど、その時に国も潰れていたら大変なんですがね。そこのところ、自民党には切迫感がないです、緊張感がない、政権獲り返すぞ!という勢いが全く見えない。国債の格付けが首相がクルクル替わる不安定さを理由にダウンしたことも、連中には人ごとなんでしょうね。責任感じてない。自民党こそが今きちんと立たねばならぬのですが、ガチガチの保守を任ずる者としては忸怩たる思いです。日本が壊れていくのをただ見ているだけしかできないのか。民主党の話でした。前原さんを小沢さんは支持しないんだそうです。ポチ鳩山も追随するばかり。この二人の大金持ちに尻尾振るしかない陣笠達が親分の言いなりになるかどうかですか。海江田なり小沢なりに対立が統一されて、それでも鹿野とかが立って決選投票になる、そうすればどちらが勝ち馬になるかわからなくなる、という選挙屋の読みでしょうね。反前原と出した方が、陣笠達は迷うしビビるわけですね。どうなりましょうね。前原さんがトップ通過で決選投票。で、その後に強烈な切り崩し合戦の末、小沢が勝つ?で、幹事長、復権!ですか?まずい。ですよね。
コメント

余波

2011-08-25 08:05:05 | Weblog
島田紳助(昨日は紳介と誤記しました。訂正します。)騒動、承前。大方の予想通り、今から露わになる大きな事件(何だか知りませんが山口組の関係の)に紳助が絡んでいて、先回りして自ら退いたという絵です。6年前の事件を誰が今更、ですよね。そこまでほじくり返されるだろうから前もってなんですね。想像に易いことです。それにしても、これだけマスコミ全社が、NHKまで(という表現も最近はそぐわないですね。民放と内容はほとんど変わらないですから)が時間を割いて背景を探ります、ここまで紳助は想定していたんでしょうか、そうであるとすれば会見で喋りすぎましたね。語るに落ちる。これです。隠すより現るるなし、です。親密な関係は絶対ない。あったら皆の前で腹を切る、まで啖呵切りましたね。あるんですよ。こんなことはすぐにバレます。今後はこの方向です。何が出てくるか、が焦点です、マスコミも涎を垂らしながら追いかけましょう。こんな面白い取材はないでしょうから。まさにスキャンダルです。ほとぼりが冷めるまでのことなんですが、当人はきっと次の生き方が決まってるんでしょう、正々堂々と反社会勢力側の人間としてマスコミ(お笑い業界)を牛耳ればいいんです。その道筋はついているんでしょう。昨日昼のワイドショーでそんまんま東が、こんなことで引退する必要なんかない、こんな才能を失うのは日本の損失だとまで異様に持ち上げてました。選挙の時によほど世話になったんでしょうね。鼻白みました。一方で産経新聞には麻生千晶(辛口の芸能界コメンテイターですね、週刊誌でよく見る名です)は大叩きです。これでテレビ界の風通しがよくなる、テレビ局はまっとうに芸で勝負する人間を使うべき、と。若手の芸人達を「ひな壇トーク」形式で、安いギャラでワンサカ連れてきて、自分は高給をむしるんだそうです。あのバカな番組見てると、そうだろうなぁ、ですね。今後の展開や如何に。どこまでほじくられるのか。落ちた犬を集団で叩き殺すはマスコミの得意技です。吉本の芸人配送を実質握っていたドンから一般人へ。怖いものがなくなったら、集団暴力が始まります。こりゃ見ものですが、次は誰だ?阪神金本ですか。
 昨夜BSで佐野元春やってました。音楽雑誌ではよく見てました、髪が薄くなって白くなって、いい歳のとり方だなと見てましたが、動画で見るとよりそう感じました。デビュー30周年記念のツアーだそうです。80年デビューね。デビューの頃から知ってるわけではないのですが、学生時代に知りました、英単語を散りばめた詩(これはキャロルのパクリか?と感じてました)、独特の歌声と唄い方(吉川晃司のパクリか?)、でも格好いいメロディー。元気が出ました。ある時期、毎朝「ガラスのジェネレーション」や「アンジェリーナ」をボリューム上げて聞いてたこと思い出します。何だか知らないけれど元気の湧いてくる歌でした。その後。近くに大ファンがいたことも影響してあれこれCDを集めて聞いて、すっかりこちらもファンになっていました。で、昨日のBS、昔の曲ばかりを編集してあってうれしいことでした。最後の決めは「サムデイ」です、アンコールは「アンジェリーナ」これはきっと定番で、見ている人はみなこう思ってたでしょうね。大団円でした。途中、「悲しきラジオ(レイディオウ)」に息が止まり、「ロックンロールナイト」には、昔のままの構成で、うまく枯れた声で聞かせる、泣けました。「今日は素敵な夜だぜ、そう思うだろ?」なんてセリフがシレっと似合うところ、この人らしくてよかったです。20年前だかに、ハートランドというバンド(お名のバンドのメンバーとあまり変わらないんでしょうが)でやってるライブのビデオを買い込んで見ました(当時はDVDではありません)。あの時と声質は変わったんでしょうが、敢えてあまり構成を変えずにあの時のようにシャウトしている姿もまたよかったです。こういう歳のとり方がいいなぁ、と思うことでした。私と殆ど歳の違わない人の姿はやはり刺激になります。
コメント (5)

決断

2011-08-24 08:09:25 | Weblog
竹脇無我の死亡記事です。TVドラマ自体をすっかり見なくなりましたから私に評価する資格はないのですが、とんと見受けぬ顔でした、突然の記事でした。うつ病で8年も伏せっていたと新聞にあります、我々外野にはへぇ~だけですが。竹脇無我と言えばどの番組ですか。森繁久弥の息子役だった「だいこんの花」ですか、若い時はこういうのもよく見てました。「大岡越前」の医者榊原伊織役ですか。こっちも印象に強いです、つまりこの番組をよく見ていたということ、月曜8時のナショナル劇場(日曜9時は東芝日曜劇場でした)はよく見ていたということです。特に大岡越前はテーマ音楽が好きでしたね。みなさん口ずさめるでしょう?越前と名前で呼び合う親友という設定でした。何だかセリフ回しが俳優らしくないというか、素人っぽさを残した人でしたね。賢そうな人でした。合掌。
 島田紳介。突然の引退宣言、でTVは声を顰めて報道します。まぁ、斜めに見れば、稼ぐだけ稼いだことだし、あれこれつつかれる前に退こうという判断ですね。きっと誰かに脅されてるんですね、チクられかけてるんでしょう。問題になる前に、という判断でしょう。週刊誌上では、この人だけに限りませんが、やくざとの関わりや、いわゆる黒い交際、そこに拠った利権問題(平たく言えば恐喝、脅し)が何度も取り沙汰されてきた人です、きっと業界では有名な話、公然たる事実だったんことなんでしょう。業界(芸能界)自体がヤクザ組織とは切っても切れない関係ですから、そのトップになれば相応に振舞わねばならぬことでしょうし、いつも一般論として言うように、警官とやくざが同種の人間であるように、芸能人とやくざは同じルーツです、同じ色の人間同士が親密になることに何の不思議もありません。だから、どうしてやくざと付き合っちゃならんのだ?彼らも同じ人間、日本人じゃないか、とは人権屋さん達もなかなか言いませんね。反社会勢力なんて命名してごまかしているだけ。ここにもゼロリスク信仰が浸透しているわけです。純粋無垢な子供の目に触れる、教育に触る事態は全て排除せよ!です。という鎧でもって、真実を教えようとしない。先の高野連ではないですが、出場停止という絶対のカードを持つ者に対して諂うしかないのです。条件反射的にひれ伏すしかないのです。紳介もそういう壁に当たり、乗り越えることよりも壁の外に出ることを選択したのでした。これで晴れて正々堂々と暴力団の幹部になれるわけです。TVでの稼ぎよりこちらを選んだのでした。こっちの方が利があるんでしょう。こっちで十分生きられる人でしょうから。 
 前原さん。石原慎太郎ばりの後出しじゃんけん。勝つに決まってる。誰が出るか様子を見て、小物ばかりと見切って後、勝ち馬への流れを引き付ける。でも、気にくわぬはどいつもこいつも小沢さん頼りだというところ。選挙という現実には目の前の票です。首相になれるかどうかの乾坤一擲、今ここでの野次や非難を気にしてはいられません。変節だろうがなんだろうが、首相になれば大権力者です、後は何とでもなります。前原さんもそう思ってるんでしょう。でもこの人は単なるええ格好シィですからね。美しい空論はどんどんぶち上げるんでしょうが、さて実務に向く人かどうか。ですよね。
コメント

二千

2011-08-23 08:19:10 | Weblog
おかげさまで、2006年3月10日から連続して書き連ねて参りましたこの柳蔭書翰、2000日を迎えることができました。ひとえに拙文を読んでいただく奇特な皆みな様のお陰と存じております。次は3000回、10年を目指して続けていこうと思います。今後ともよろしくお付き合いいただきますようお願いいたします。
 フクシマ原発周辺3km以内の地域は今後10年住めないんだそうです。おお、こりゃ大変なこと。これこそ基本的人権に関わる大問題でしょう。そこの住民には何の落ち度もなく(地元に誘致したことまで遡れば話は別なんでしょうが)、一方的な被害ということです形式上は。もちろん千年に一度の大天災が因ですからある程度の差し引きはあるにせよ、住居を捨てて10年も他の地へ強制退去させられるということが一民間企業の責任に負うわけがありません。原発事業を国策と言いながら東電に責任被せながら甘い汁を吸うだけ吸ってきた自民党の(民主党じゃありませんよ)大不作為です。腹を切るべきは自民党の幹部たちでしょう。責任は国にあり。こんな決定をシレっと聞かされる当該地域の住民達の憤りや如何に。
 光星学院、先の甲子園の準優勝校、部員三人が飲酒していたと今更のように告発されてます。記事によるとそのことが誰かのブログに書いてあったそうです。さらには暴力事件も露わになって来ているそうです。高野連がきょう処分発表するとあります。当の生徒達は学校の規則により停学処分だそうです。どうするんでしょうか。地方予選の前の各高校のピリピリぶりはすごいですからね、チクリに対する。私が高校のPTAやってた頃もありました。ブログですか。みんなの目に触れてるんですね。さてさて。純粋無垢で清く正しい高校生じゃないとダメなんですよ野球少年は。野球だけやってればいいからと甘やかされて特別扱いされ続けて生きているガキどもに、環境の整ったところで野球をしたいなんて理由だけで「留学」を許す体制(高野連)、学校、そして何よりバカ親達に囲まれている限り、理解できない者が混じっていても何の不思議もないことです。もっと言えば野球部なんてのは昔からボカボカ暴力の伝統です。それを知っていて、形式だけの検閲を続ける高野連、出場停止のカードは絶対です、ひれ伏す高校。飲酒、喫煙、万引き、暴力、最近は強姦系。それがどうした?なんでしょうが、世間みんながこのこってこての偽善を守ろうとするわけです。高野連はこういう瑣末を処分しながら、体制の誤りを隠しているのでしょう。準優勝の取り消し。ここまでやれれば大したものですがね。きっと対外試合の停止ぐらいのことですよ。やれやれ。
コメント

才能

2011-08-22 08:17:18 | Weblog
人の能力についてひと講釈を。無限なのか有限なのか、という話になれば、歳をとればとるほど叩き知らされることですがもちろん有限ですね。いえ、無限だと思っておられる方を否定はしません。人生いくつになっても青春。これはこれで生き方ですから。私は能力は人の数だけあるとおもいます。つまり色んな才能がありますがその組み合わせ、その人が何と何を持っているかはそれこそ人の数だけあるわけです。そしてその凸凹具合も人の数。あなたと私が同じはずがないのです。でもどれもこれも持つことはできません。いくつまで?なんて質問には答えられませんが、おそらく、それが具体的に発現している(目に見えてる)いないは別にして、きっと誰も彼も、あなたも私も、人より優れた(この程度はそれぞれでしょうが)才能を同じ数だけ持っている(天賦されている)と思うのです。いえ、人生論を垂れるつもりはありません。処世訓を話すのでもありません。目に見える、派手な、拍手喝采を受ける、例えば運動能力とか試験の点数上げる能力とかの才能が、優れた才能ではないでしょう。そこには優劣はないはずです。が、やはり派手な方がいいですね、私もそう思います。羨ましいと正直思います。言いたいのは能力の量とその使い方です。よく言いますね、あれこれ手を出してなかなか結果の出ない者に対して、おまえあれこれやり過ぎ、一点集中しろ!でも、そういう者には逆効果であることが多いでしょう?あなたも経験ありませんか?誰も自分の才能分野ばかりをやって生きるのではありません、苦手なこと、気の向かぬことばかりやってると言ってもいい毎日ですか。でも、そういう時でも寸暇を惜しんで、合間を縫って好きなことやるでしょう?面白いでしょう?あれもこれもと、やるでしょう?結構能率いいでしょう?たっぷり時間をかけられればそれはそれで嬉しいけれど、ごく短時間をつぎはぎで繋いで行くのもこれまた楽しいことで。つまり例えばそれぞれ10の才能持っているとしましょう、四つ才能があるとしましょう、三つを我慢してひとつに集中したとしましょう、するとそこに40注げるかと言えばそうじゃないですよね。10しか行かないですね。逆に四つとも同時進行していれば、それぞれフルとは行かなくとも8程度までは行けますね。足し算することが正しいのかどうかは別の考察ですが、単純化してこっちは8X4で32です。持ってる能力はこういことなんじゃないんでしょうか。同時進行すればいいんです。できることはできるんです。これのためにこっちを我慢する、必要なんて全然ないんです。あれもやり、これもやる。お前、忙しいねぇ、と皮肉込めて言う前に、自分の才能をもっと生かしなさいね、と言いたいのでした。え?お気づきの通り、自己弁護でありました。すみません。
コメント