柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

保身

2011-07-31 07:13:37 | Weblog
九電のやらせメール問題が、保安院のやらせシンポジウム問題から再び採り上げられ、こりゃ先に言っとかないとまずいと判断したんでしょう、九電が守ってくれるとは限らないと見切ったのでしょう、佐賀知事がカミングアウトしてます。原発に関する意見を応募すると圧倒的に反対意見が多く届く。それでは公平を失する、バイアスがかかりすぎるので、賛成意見(再稼働容認)も出すべきだと九電幹部に話したというモノで、メール依頼がその翌日から為されているという順だそうです。ああ、そうなの。そりゃ知事命令と受け取るわね。先に言っとかないと、こりゃ必ず漏れる話。そういう判断でした、佐賀知事。いかにも政治家。我が身に累が及ぶと変わり身の早いこと。九電幹部も呆れてるでしょうね。
 新潟福島豪雨、これまたひどいこと。TVで運ばれる映像は、電柱なぎ倒し、アスファルトを引っぺがし、橋げたを叩き折る、あの津波のそれと遜色ないことです。堤が切れる(堤防決壊)ことの恐ろしさ、水を治めること、暴れ河を治めることが太古の昔から為政者達の大施策であり続けたことを改めて感じることでした。水の怖さ。津波(海)だけじゃないぞよと、天の神様が知らしめてくれているのでしょう。しかし、これほどに重ねて起こらなくてもいいものを、とは思いますね。福島の人達にはまことに気の毒なことです。
 被災地の首長たちは全てを国の所為にして自分達は何もしないと大批判をしたと記事に出てます安住民主党国対委員長。よくTVに露出する、若造民主党の象徴のような御仁、被災地宮城選出議員です。ううむ。TVでは抑え抑えての感がありありで、やっと言葉を選んで喋ってるという風情ですが、実は短気坊主なんでしょう。あれこれの要求ばかりがガンガン上がって来て、この人もとうとう切れたの態ですか。ありがちですが、新聞は被災地問題で松本復興相が辞任したばかり、と結びます。あらら、そういう方向に持っていくのね。こっちもはっきりしてますわ。
コメント

芝居

2011-07-30 08:27:51 | Weblog
保安院が「やらせ」のシンポジウムやっていたと、5年も6年も前のことを引っ張り出してマスコミがヒステリックに集団暴力です。またまた海江田さん吊るしあげられるの図ですが、当時は自民党の時代ですからね、この人が怒られるいわれなんかないことなんですが。昨日の日経のコラムでしつこく九電のやらせメールの事件を採り上げて、社長の、そんなに大事なことですか?コメントを非難してましたが、そんなに悪いことですかね。動員したのが悪い、原発反対ばかりじゃまずいから賛成者を連れてくる、口演を依頼する、そういう段取りが悪い、市民を愚弄している!と正義の味方さんは白いマントをたなびかせています。そうかなぁ。ほんとにそうですか?じゃぁ、どうして今まで黙ってた?どうしてその時に、この会はおかしいと糾弾しなかった?今やっと知ったから?馬鹿な。その時からズブズブのやらせの会であることはその場に集まっている人達は皆承知の上の出来事です。反対側はうまく運ばれてはならぬものですからガンガンやる、反対ばかりじゃシンポになりませんから賛成意見を言う人を連れて来ておく。反対者に言わせておいて、一方で賛成者の存在も知らしめておく。当地でもそうでしたよ、上関原発の講演会やシンポジウムにうちの両親はよく「動員」されてました。どこどこの誰々が壇上でブツわけです。地元の地方紙記者がどういう理由でその人が壇上に立っているか、当に見抜いてます。マスコミもいい加減に自分達も原子力村の一員としてあれだけ旗を振って来たことを認めなさい。自分だけいい子になるんじゃないよ!
コメント

寿命

2011-07-29 08:14:03 | Weblog
平均寿命が発表されてます。女86.39歳、男79.64歳。改めて見直すと、すごい数字ですね。この数字の出し方をよく知りませんが、意味するところはこうです、今年生まれた赤ん坊達がこれくらい生きるだろうという予想。だからあなたがこの歳まで生きられるという意味ではないのです。この数字は他にも多くあって、今50歳の人はあの何年、今80歳の人はあと何年というデータが出てます、興味のある方はお調べになればいい。この歳に同年代の者達の半分が死んでしまう、という意味でもないそうです(平均ですからね、半分になると思いますわね)。もっと言えば人それぞれに勝手に解釈しているのではないのでしょうか。都合のいいように。それでいいんですけれどね。この歳まで頑張ろうというモチベーションになるならそれはそれでいいことですし、私も長生きして元気のない人達には上手に(勝手な解釈で)ツールとして使うのですが、記事にはこうありました。女が0.05歳縮んだんだそうで、その理由が熱中症で死ぬ人が多かったからなんだそうです。??ああ、そういう出し方なんだ。直近の死亡率とか死因とかが影響するのは当然のことだと思いますが、赤ん坊の平均寿命に歳とってからの熱中症が影響するか、という少しの違和感です。でも86歳ってすごいじゃないですか。そんなに沢山86歳の婆さんがあなたの周りにおられますか。
 伊良部が自殺したそうです。ロッテで速球で鳴らした投手、清原との対決で湧かせた投手、阪神でも投げました、大リーグに行ってそれなりに成績残した投手。でも、晩年はぼろぼろでしたか。詐欺とかなんとかでよく挙げられてました。生き方が下手。良いようにとればそう、実はこのバカ!なんですが、この典型。スポーツ以外、野球以外何もできないで身を崩したのが何人いますか。すごい投手でしたがね、合掌。
コメント

運命

2011-07-28 08:22:51 | Weblog
読売のコラム、話の枕にこう書いてます、原発禍で転校を余儀なくされている子供に対して「幼心にどんな傷跡を残すのだろう」「精神面のケアを十分にと祈る」と。コラム子は転校の経験がないんでしょうね。私は小学生4年生の時に転校しました、もちろん親の都合です。今原発が原因で転校している子らも、転勤族を親に持つ子も、その他諸々家庭の事情で転校していく子も皆同じ気分です。自らが決めることじゃないんですから。そこでマイク向けられたら、悲しい、寂しい、辛い、行きたくない、友達と離れたくない、くらいは皆言います。精神的ケア?これが現代の最悪の過保護、日教組的事なかれ主義、事の本質からわざと論点をずらして「傷ついた?」を唯一の評価基準にする安直さです。こっちをしておけばいいという安直さです。転校しなければならぬ理由は小学生くらいなら、特に女の子なら必ず理解してます。そういう親の子なんだという諦めを強いなければならぬのです。それを精神的ケアと来る。こう言えばいいと思ってる。誰がするの?何ちゃら心理士なんてのはマニュアルを振り回すだけです。子供の顔なんか見てませんよ、手続き表を見ているだけです。眠れますかぁ?気分が悪いですかぁ?やる気が出ませんかぁ?気が塞ぎますかぁ?・・馬鹿馬鹿しい。でもそれでよしとする。違うでしょう?あなたは転校する理由があって転校したんだ、そういう運命は受け容れるしかないんだと、きちんと教えなければならないですよね。そっちが先です。可哀想だろうが悲しかろうが、転校しなければならなかったから転校したんです。悲しいだろうけどしばらく我慢しようね。これでいいわけです。傷跡なんて残りません!子供をバカにしちゃいけません。
コメント

混乱

2011-07-27 08:05:50 | Weblog
またまた中国新幹線です。今度はボコボコにやっつけて埋めた車両を掘り起こしてます。政治雀たちは中国の権力闘争だと書きます。今のトップと次を狙う者達の鞘当て。そんなことより国民の安全だろう?!と目を三角にする輩もものかわです。TV映像では遺族たちが関係者に詰め寄ってます、まだ遺体が収容されてない様子です。ええ?そんな中でのあの「解体作業」だったわけです。無茶しよんなぁ(ここは是非関西芸人のあの素っ頓狂なイントネーションで、どうぞ)。毛イズムは脈々と受け継がれているのです、少々の犠牲は構わない(想定内)という奴です。そしてその少々が桁違いなのです、こういう民族性を表現するのに白髪三千丈の国とよく言いますが、それです。何十人の死亡なんてどうってことない!のでしょう。曽野綾子が産経新聞の自分のコーナーで書いてます、あの撤去(じゃなくて解体ですが)作業を担っていた重機は一台が韓国製だったが他はすべて日本製だったと。この人は東北大震災後の復旧作業にどんどん重機が運び込まれてそれを運転できる人も日本中に居て、という状態を以前から評価している人なので、つまり向こうが言うように新幹線が仮に純国産であったにせよ、修繕するのに使う重機や機器が外国製ではやはり国力が問われるのだ、と言います。これは原発事故でロボット大国の筈の日本製機器が全く使えず、アメリカの核兵器用のロボットだかを借りてきたんでしたね、これと全く同じことです。自前で修理できぬモノを使うなという話、そんなところに安全がある筈がないという話です。中国四千年の偉大な歴史はその全てを凌駕するのでしょうか、それとも。
 食品安全委員会なるものが(こんなのが多すぎますから)生涯被曝許容量の上限を設定しました。100mSv。え?100ですか。これは医療被曝の年間許容量として昔から使われている数字です。でもこっちは年間です。あっちは生涯。生涯ですよ。どうやって測るというんでしょうね。そんなこときっちり測れるはずがないと知っているから敢えて数字を挙げたんでしょうかね。80歳になったらみんな測れって?いやそれじゃ遅いんですか、40歳?50歳?そこで100を越えていたらどうすればいいんでしょうね。そこには何も触れずに、いきなりの上限値です。それじゃ菅さんの思いつきと大差ないじゃん!委員の学者のコメントが載ります、ある程度のリスクは受け容れねばならぬということを周知することが必要だと。ううむ。よく週刊誌や月刊誌に使われている用語、ゼロリスク信仰、これを皮肉ってのものでしょう。何でもゼロじゃないといけないんです、無菌じゃないと気が済まないのです。そうじゃないよと言いたいとのコメントと私は読みましたが、低被曝の健康被害についてまだ闇の中にある状況で、ならばより安全な方にという選択に進む、つまりゼロリスク信仰です。どうですかねぇ。またまた混乱ですか。
コメント

周視

2011-07-26 07:49:17 | Weblog
中国やってくれますねぇ。世界中が見ているのに、平気ですね。ブラ下がった車両をそのまま叩き落としたかと思えば、今度は重機で潰しにかかってます。ええ?目を疑うってのはこのことですか。どこかに持って行って検討するんじゃないの?どうしてこんな落ち方したのか。どうして衝突したのか、ではなく、どうしてこういうぶつかり方するとフェンスを飛び越えてもんどり落ちてしまうのか。この車両の傷み具合にはたっぷり情報があるでしょうにね、素人が考えてもこのくらいは思います。が重機でゴンゴン潰しにかかって、おまけにその辺りの沼に埋めようとしていたそうです。ええ?まだそんなレベルなんですか、という話ですが、こんなレベルなんでしょうね。もう新幹線走ってますもの。これも凄いと言えば凄いですよ。こんな事故は問題じゃないという意思表示でしょうか、遺体の収容は終了したと言ってるそうですが当局は、さてどうですかね、早く早く!新聞にもありましたが国の威信をかけた事業であれば少々の不都合は押し潰して行くのだ、でしょう。毛イズムなんでしょうね、ガンガン行く時は何人死のうが知らぬ、です。これが中国の国民性、易姓革命を繰り返し、惨殺根絶やしを常にしてきた住民の血ですか。あの早々に走り出した新幹線に乗ってる人がいるわけです、インタビュー受けてましたがどうこう言いながら乗ってるわけですね。ま、そんなに非難調で咎めなくても、走れば乗りますがね。早く撤去しろ。世界の目から隠せ。そういう指示でしょう。でも撤去ならあんなにユンボの親玉でガンガン潰さなくても、クレーンで持ち上げてトラックに載せてそそくさと運び出せば世界のマスコミの受けもよかろうにです。尤も、日本で当たり前の手続きが通用しないことはあるはずですから、ここは中国ですよと、何度も頭の中で反芻しなければなりません。中国のスタンダードですから。別に外国の誰彼にあれこれ言われる筋合いはないわけです。フランスや日本の技術を譲り受けたものでないことが立証された、なんて皮肉なコメントもあります。失敗を克服して成功がもたらされるんです。危険な目を何度も見て安全性が確立されていくのす。昨日も書きましたが、この手の事故は、いずこも同じ秋の夕暮れ、なのでありましょう。今を叩くのは集団暴力だと思うのですが、しかし車両の叩き潰しは叩かれるに十分ですか。
コメント

犠牲

2011-07-25 08:01:47 | Weblog
中国の新幹線事故、上層部を解任して相当の処理体制を公表してます。何時も言われるように、失敗した時にすぐよく知ってる奴を馘首するのはよくないでしょう。もっとも、そら見たことかの結果であるなら早々にクビということではありましょうが。そこはわかりません。日本も同じようなことです。責任取るなんて言いながらさっさと辞める、これじゃぁまた同じことが繰り返されるというわけです。どうやって失敗したのか、どうやってこの惨事になったのか。失敗学の畑村さんならずともこの検討は大切なのはわかります。でも、新聞にあるように業績を急ぐあまりに安全面が閑却されたのではないか。そうであれば詳細は発表されませんね。原子力村が一切を隠したのと同じ理屈です。雷が原因で電気系統が云々、と当局は言ってるようですが、インターネットやツイッターではそんなことはないと出ているそうです。前の電車が止まっていることが後続に伝わらなかった、目視では間に合わなかったという顛末なのでしょうが、映像見ている分には見通しの利く長い直線路のように見えます、目視も、つまりブレーキも遅かったんじゃないんでしょうか。複合災害。と命名されるとこれで終わります。それらしい命名でチョン。これもよくある話です。保安院の、何ちゃら委員会のと、どんどん出てきて目先をごまかされるのと同じ理屈。このくらいの犠牲でよかったじゃないか、で終わり。早く直せ!でしょうね。国威をかけた事業ですから。フランスや日本の新幹線そのままに見えるけれど純粋な国産車両だそうですから。技術や産業の発展には犠牲がつきものです。昨日も書きましたが、中国を嗤えません、日本も他のどの先進国もそういう過程を経てきているのですから。とんでもない?そうでもないでしょう。日本の新幹線は確かに50年近く死亡事故がないのですが。そこのところのこだわりです。
コメント

無茶

2011-07-24 08:04:05 | Weblog
ノルウェー大変です。85人とは、言葉悪いですがよくも撃ったりです。警官の格好していたそうです犯人。誘導しておいて撃ったそうです。ついて行くわなぁ。ノルウェイといっても行ったこともないし、縁もゆかりもないし、この前なでしこに負けたチームで、ノーベル賞の国で、フィヨルドで白夜で、というくらいの認識です。ああもう一つ、村上春樹じゃなくてビートルズの Norwegian wood ですか。ノルウェイの森ではなくて、ノルウェイ製の家具だそうですが、本来の意味は。その前の爆破テロも同一人物の犯行らしいです。キリスト教原理主義、極右主義者だったそうです。原理主義というのは極めて排他的という意味でしょう、イエスキリストしか神はいない、聖書を極端に読みこんで、自分達以外を認めない。極左も極右も全体主義で暴力主義で。どこでもこんな奴はいる。実際に無茶やるかやらぬかの差。犬のようにキャンキャン吠えてるだけなら罪のない(小さい)ことなんですが、やってしまうバカが出る。アルカイダは自爆ですが、こっちはそうじゃないんですね。これがキリスト教とイスラム教との違いですか。そんな呑気な解説してる場合じゃないですか。
 中国の高速鉄道、新幹線でしょう?日本の新幹線そっくりなのに純粋な国産だと胸張ってた、あれでしょう?雷で止まっている前の列車に後続がぶつかっての大惨事だそうです。日本ではあり得ない事故ですか。皆、止まりますものね。雪でも地震でもカラスが架線にかかっても、走ってる奴は皆止まりますよね。2時間も3時間も遅れて、その理由聞いて「おいおい!」と怒ることは多いのでしょうが、それでもこんな事故はないですね。乱暴。もっとも、今の日本の安全基準(原発では最悪さを露呈しましたが)と比較するは気の毒でしょう、日本もあの日本中が火を吹くように経済発展していた時の公害(水俣病やイタイイタイ病、ダム事故、トンネル事故)など負の被害は沢山あったのですから。今はこういう失敗を繰り返して仕組みをレベルアップしていくわけです。中国当局は平気でしょう、毛沢東があれこれ施策進める際に「我が国は多くの人口を有するので、少々のことは構わない」と嘯いた如く、です。さて中国、どこまで行けるんでしょうね。あの人口で得している部分も多いのでしょうが、それだけいろんな奴がいるという危険ではあります。
コメント

同類

2011-07-23 08:01:08 | Weblog
東京の美容外科の事件。あくまで推測ですが自由診療で(保険をわざと利かさなくて、保険診療のルールに縛られず自由に治療すること。保険利きませんから値段高いですよですから。一回何十万何百万円の治療費です)いわゆる美容整形手がけている病院でしょう。つまりクレームも多いことでしょうし、客質も偏りましょう。大金持ちか、通常の保険料払わない(払えないじゃなくてわざと払わない。でなきゃわざわざ値段高い所に行きません)輩、標準治療(保険の利く)では物足りない好事家達、などなど。そういう連中を相手ですからトラブル対策は大切なんでしょう、多額の治療費が行き来しますからガサ入れにも対応しなければなりません。で、歯には歯をです、警察のOBを用心棒に雇っておく。そういう日常の構えです。外から見ている分にはわかりゃしません。このおじさん、誰?でもこれでやくざを抑えて、警察を抑えるわけですね。一般のクレーマー辺りじゃ太刀打ちできませんわね、一発脅しとけば。あんた、いい加減にしとかないと、夜道歩けなくなるよ。ポリさん達とやくざとは人種は同種です。捕まえられる方か捕まえる方かの違いだけ。手入れの時の映像見ていたら明らかですよね、どっちがどっち?格好で区分けできるだけ。顔や仕草は一緒。ですよね。いや、だから共存できてるんですよ。だから均衡取れてるんですよ。私は非難しているのではありません、世の中の真理を確認しているだけです。で、今回の事件はそのポリさん同士の鞘当てが原因だったそうで。警官の天下り先は警察にチェックされ易い所に決まってます、暴力団とかその他の反社会的組織、そしてこういう医療機関。ここの院長もこういうバレ方は想定してなかったんじゃないでしょうか。お気の毒に。high risk,high return の常ですか。世の中は奥深いわけであります。
 高校の柔道の授業で脊髄損傷を負って、学校に1600万円だかの損害賠償判決が出たという記事です。この被害者はこの事故以前にも柔道の授業で足の捻挫だかを負っていて、受け身の習熟に足りぬ所があるのが明らかなのに、生徒同士で技をかけさせて負傷させたというのが訴状だそうです。柔道の授業は私も高校時代ありました。私は非力で逃げまわってた方でしたが、この被害者はそういう機転も利かさなかったんでしょうかね。そしてもう一つは、上手な奴に投げられると痛くないというのを覚えますから、わざと柔道部の奴と組んでやってましたね。熊のような教員に捕まって落されたりしてましたが(いい加減に逃げてたからです)、でも怪我しなかったです。下手な奴は下手なりの逃げ方がる筈ですがねぇ。いやいややってるのは、私を含めて多かったですよ。でもこんなことはなかったですね。紙一重。でしょう、おそらく。偶々私になくて、偶々この人に起きたんでしょう。でも・・です。裁判ですから、あれこれ理由を並べる必要は知ってます、あれもこれもとあげつらわねば勝てぬという手続きも知ってます。が、不可抗力、不可知は厳として存在します。ここの辺りの評価です。ひとえに裁判官の判断に委ねられるところの怖さではありませが、これ以上の仕組みがないのですから仕方ありません。さて控訴でしょうか。
コメント

虚構

2011-07-22 07:58:17 | Weblog
松井、リトル松井(稼頭央、どういう当て字だ?とどこかの漢字学者が呆れてましたが)が尻尾巻いて帰ってきてますからビッグも何もないのですが、あの大リーグの松井がやっと通算500本目のホームラン打ったと、空騒ぎです。イチローが今季大変です、松井も相当の年齢ですから仕方ないのでしょうが、何年も張本が「喝!」入れ続けている通りです、何のためにアメリカへ行った?という結果ですわね。いえ、本人の意向や納得や満足を加味せずに単に結果だけを見て、です。張本のコメントです、王貞治に比肩するほどの日本人のホームランバッターが、アメリカでは中距離ヒッターに甘んじている。怪我が多くありました、手首も骨折したり、でもそういうことも含めての結果才能ですからねこの世界は。日本の10年で332本、アメリカで9年目です、168本。ちょうど半分。阪神に帰って来る、なんてスポーツ新聞もありましたが、今更帰れないでしょうか。でも、イチロー以外の選手が辿った道が松井をも待ち受けているのでしょうね。ヤンキースにいればこそ、でしたか。どの新聞もTVも一応賞讃調ですが、空騒ぎです。なでしことぶつからなくてよかったですなぁ。
 スペースシャトルが最後のフライトだそうで。こっち(宇宙モノ)にも全く興味のない男でして、本当に面白味のないオヤジだと自分でも思いますが、宇宙へ行って何してくるの?のレベルです。何かの読みモノで、それは危険をテーマにしたものでしたが、あのスペースシャトルでさえ130数回の飛行で14人が死んでいる、10回に一人の犠牲だ、とありました。それだけ安全なのか、そんなに安全じゃないのか、議論の分かれるところでしょうが、この本では後者でした。でも、こんな単純な割り算が通用しないことはちょっと考えればわかりますよね、10回に一人ってどういうことです?乗組員の誰かだけが死んでしまうってのも考えにくいことですし、実際にはあの記憶にも生々しい(見ましたねあれは)あの打ち上げすぐ後の大爆発です。あれが二回あって14人。帰還できたのは全員無事だったんですから、そういう計算するなら2/130ですわね。毎回7人乗り組むんですから危険度という比較ならこちらでしょう。もちろん筆者もわかって書いてるんですがきっと。立派な安全度じゃないんですかね。それはそうとして、昔からよく言われる、あのアポロの月面着陸は壮大なる嘘だったという説を思い出しました。あれから40数年経ってますが、一度も行きませんものね月へ。アメリカもロシアも中国も。北朝鮮の合成写真並みのあれこれの穿鑿があって、ミステリーっぽくなってますが、あれから一度も月に行かないという厳然たる事実は何を物語るのでしょうか。’70年の大阪万博のアメリカ館の長蛇の列に並ばれて月の石を拝んだ方も多かりましょう(私は並ぶのが嫌で人気どころは皆避けてましたが)、夢を潰すつもりは全くありませんが、あれは大掛かりな大嘘だったという構えも面白い話とは思います。何故行かなくなったんでしょうね?宇宙人がいたから?交渉して?何ゆえあって月世界へー山本夏彦翁の皮肉の届かぬ事実でもあるのでしょうか。
コメント