柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

言換

2016-01-31 09:35:11 | Weblog
口利きは政治家(屋)の重要な役目で、今更にそんな青臭いことから非難しても蛙の面になんとかです。知事や市長が国会議員様に陳情に行くのは口利き依頼でしょう?陳情なんて言葉に換えているだけです。例えば当地岩国空港(錦帯橋空港と呼びます)の開港の際にも便数増設依頼にも国交相やら関係者詣りしてました、あれも手ぶらで行くんですか?本当に?立派な口利き依頼でしょう?ニュース番組に出てるコメンテイターの誰かが必ず喩えに出します「越後屋、おぬしも悪よのう」の悪代官。普通にこう言って笑えばいいのに、TBSに出てる人権屋の一人はこういうところにも言葉狩りです、越後屋と言いません、どこかの商店とか何とか言い換えてました、バカじゃないの?菓子折りの底に小判がぎっしり、これは世界中のどんな社会にもある「仕事の獲り方」なんですね。どうぞよしなに。誰かが決めることならそいつにとり入れ。これは選挙違反に通底しますね、票を買う行為。そして大概の小物達はアゴアシマクラ付きの接待で簡単に落ちる、もっともしつこく何度もねだられましょうが、今次の甘利事件に限らずです。飲ませて抱かせて、という奴です。ったく男は・・。そうなのですが、こういう業界で生きてる女は男ですよしかし。習い性になってます。二言目には女性の目線でとか女性らしい気遣いでとか男との違いを強調するのですが、いいえ、政治家してる女はきっと頭の中は男です。飲ませて抱かせて、はさすがに効果はないでしょうが、食わせて贈ってとかなんとか女政治家用の落とし方があるはずですよ。きっと政治家を生業にする人達は選挙の時に大金がいること、ここが根っこで日常が回っていましょう、歳費も多額ですがこれでは足りぬのでしょう、口利きは大事な収入源の筈です。それは自分の政治家としての重要性の証でもあるわけです、決定権者に近ければ近いほど懐は膨らみましょう。一に首長、二に議員、三に役人。どんな自治体でもこの構図です。否、端々に行けば行くほどこの傾向は強いでしょう、町村議会はすべての手続きを県議会に倣います、県議会は国会を真似ます、子供が裃着てます、それでいいと思ってますから連中は、というかそれが慣習です良いも悪いもありません。口利きも慣習です、政治ですこれも。甘利さんは会見(説明責任を果たすというやつです)で、世の中はいい人ばかりじゃない、いい人とばかり付き合っていたんじゃ小選挙区制度では選挙に勝てないんだとはっきり言ってます。清濁併せのむという肯定的な処世辞がありますが、賄賂は濁じゃないんでしょう、確たる収入源ですね。献金と名を変えているだけですから。口利きと陳情。賄賂と献金。違わないですよね。
コメント

拠所

2016-01-30 08:19:48 | Weblog
マイナス金利。素人にはわかりにくいのです。大体に金利という単語からして壁です。いつも利息利子と置き換えてイメージしてますが、マイナス?利子がマイナス?金利が下がるということは銀行から金を借りて返す時の利息が少なくなることですね。同時に銀行への預金につく利息も減る。たんまり預金しておいて利息で暮らすなんて話も今は昔です。ゼロ金利なんて言いますしね。利息要りませんから金を借りて下さい。どうやって銀行は儲けるんだ?と思いますが、それは私が知らぬだけで他に資金運用しているということですが。マイナス金利です。プラス0.1%からマイナス0.1%へ。プラスということは少ないながらも借金返すのに元金に利息を上乗せするということですが(高利貸しの象徴のように言われるトイチ、十日に一割の利息、あれです)、マイナスということは例えば10万円借りたら9万円しか返さなくてもいいということ?新聞読むと、これは日銀と民間銀行の間にだけの決まりで、民間銀行が日銀に当座預金するときに手数料とるという実際だそうです。私達の預金には関係のないことだそうですが、理屈は、民間銀行に日銀に返すんじゃなくてもっと民間に回してくれという狙いですね。色んな手があるもんですな。素人は感心するばかりです。
 天皇皇后両陛下のフィリピン慰霊の旅、報道されます。さすがに天皇陛下は足元が覚束ぬことですが、行かれます。いつも胸打たれるのはそこで待ちうける元兵士や遺族達の態度です。90歳を越えた「生き残り」さん達、80歳前後の遺族達。マイクの前という特殊さもありましょうが、皆が言われます、ありがたい、皆喜んでいるだろう、もったいない、かたじけない。大きく頭を垂れ、手を合わせて拝む人もいます。見ていて涙が出ます。この皆さんの心根、天皇皇后陛下の存在の意味、日本人の精神構造。天皇陛下が心の拠り所にいつもおられる、意識していようがいまいが、です。天皇陛下を見ながら思いながら日本人は生きてきた、日本人は歴史を重ねてきたんだと心底気づかされます。遠く見ているだけの者にも同じ気持ちが湧くのが何よりの証拠でしょう。私は確かにこちらにバイアスのかかった者ですが、あの場に居合わせる人々の言葉態度に日本人を見るのです。有難い。まさにこれです。
コメント

生様

2016-01-29 08:26:20 | Weblog
ああ。ええ?甘利さん事件の顛末への感想です。辞任かぁ。流れを見れば仕方ないですかね。何度も比較してきましたがパンツ泥棒やカレンダー大臣とは重みが違うんですね、安倍さんがいつでも切れる連中をいくら追いこんでも効果が薄いのです。が、こちらは違います。それを分かっているから本人から辞するわけです。無念さが滲んでましたが、自業自得以外の何ものでもありません。秘書の所為にしてチョン、とするつもりなのでしょうが、所詮議員の役得はここです、口利き賄賂です、国会議員から町村会議員まで、もっと言えば決定権のある役人にまで菓子折りの底には熨斗袋なのです。公共事業は他人の金です、差配配分する者、決定権者にたかって行くは必定です。ライバルが行ったと聞けば行かざるを得ません、仕事獲れませんから。何を今更。いくら罰則を作っても抜け道だらけです。相手がこんな大物となれば警察にまで顔が利きますよもちろん。誰が叱るんです?襟を正す、ねぇ。こんな美味しい金儲けはないですよ、政治家がよく言うところの汗かかずに大金が向こうからやってくるんですから。こんな図式は中学生にも分かること、人のサガですから。生き様に反するんだそうです。生き様ねぇ。ええ?の方は、後任人事。石原?びっくり。こんな格落ちでいいんですかね。TPP担当でしょう?色々文句はあるんですがあれだけアメリカ相手にタフな交渉できたのは甘利さんならではでしょうに、次がこれ?私はあるいは安倍さんが兼任するのかなとも思いましたし、林さんかなとも思ってましたが、ええ?石原ジュニア?この人はきっと自民党都連会長くらいの器ですよ、びっくりしてがっかりして。TPP、碌なことになりませんね、甘利さんの助言に沿うにしろ、です。だめかぁ。
コメント

説明

2016-01-28 08:23:48 | Weblog
甘利大臣どうなる?が専らの話題です。自身がどう処すか。安倍さんがどう処すか。こういう時こそ評論家達の稼ぎ時です、腕の見せ所。あれやこれやの予想を開陳します。今日が文春の発売日ですね、鄙の当地には一日遅れで届きます、早刷りってのが関係者に配られるそうです、今週号には新しい事実はないとのことです。民主党が立ちあげたという事件解明のための特命チームなる組は文春先週号以上の情報を得られないんだそうです、情報元が提出しないとかで。笑いますね。議員様が尋ねれば何でも答えるとでも思ってたんですかね。潰せない人は逃げるのです。パンツ泥棒大臣はこの影に上手く隠れているのですが、話題がなくなればやられます、でもこっちは切ればいいんです、大将は大きく構えてます。が、甘利さんはそうはいきません。TPP絡みの最重要人物ですから。彼を潰してそのままTPPも潰せなんてさすがに野党も思ってはないのでしょうが、今日本人からの説明があるとのことです。どう逃げるか、これは聞き物だと思います。
 幼児の虐待が止まりません。鬼畜!人間じゃねぇ!詰るのは簡単で、そう吐き捨てるしかないのですが、どうにもこうにもです。親に愛されなかった子が大人になると子を愛せない。それは悲しい真実です、男や女の差はありません。女には母性があって云々という論もありますが、母性すら育たぬ環境があるということです。今度は別の親の元に生まれてきなさいね。親を選べぬ宿命です。可哀想に。
コメント

敬語

2016-01-27 08:22:49 | Weblog
勾引された元兵庫県議、裁判の場で記憶障害だと言い募り(医者の診断があるそうです)支出内容については記憶にないんだそうです。弁護士の戦術なのでしょうが、そんなのが通るのか!と世間を刺激して、つまり病人になって逃げようって魂胆ですね。選挙区民の皆様方、あなた方が悪いのですぞ。
 錦織とジョコビッチの試合、例によって神風信仰です、TVは煽る煽る。でも昨夜ゲームを少し見ましたが、全然違いましたよ素人目にも。ああ、いつまでこんな神風信仰を続けるんでしょうね。神の御加護を信じて!馬鹿馬鹿しい。
 温暖の我が県北部に寒波断水です。水道管が破裂して、よく映像にあるような吹き出すようなそれでなくてじわじわ漏れ出すような少量な被害があちこちで起こって、水量も減り配水の圧力が上がらなくなり、地域一帯の断水に拡大したという顛末。市の担当のオヤジがマイク向けられてしどろもどろの一般論でした。仕方ないです、対応自体に慣れてないことですから。それでも文句言う輩は居るんでしょうね、想定外を想定せよとか何とか。想定外が許されぬ風潮ですから。風呂に入れない。ですか。風呂に入らなくても死なない。よくオフクロに叱られましたがね。でも、飲み水、水洗トイレには困りますね。水道、電気。まさしく空気のような存在です。今更汲み取り便所に戻れません、火鉢、木炭豆炭こたつ、五右衛門風呂には戻れませんから。
 天皇皇后両陛下がフィリピンに行かれてます。慰霊の旅なのですが、報道具合です、言葉遣い。産経新聞が一番昔ながらの敬語使いますが、こういう時にNHKや朝日毎日が違うのです。NHKは訪問している、出席した、と言う一方で行事に臨まれる、述べられる、慰霊されると敬語を用いますが、朝日は徹底してます、フィリピンに入った、到着した、握手を交わした、声をかけた、質問していた、述べた。全く敬語を使いません。おことばを述べた、なんておかしな使い方もしてます。左巻きかどうかの差は元号を使うかどうかだと言われますが、天皇陛下に対する言葉遣いも踏み絵になります。そう注意して読み比べられたら面白いですよ。
 
コメント

勾引

2016-01-26 08:22:05 | Weblog
甘利問題に対して野党達は追及の為の特別なチームを組んだんだそうです。バカじゃないの?TPP(私は国民皆保険制度が潰されるという観点からこれに反対なのですけれど、それは今は措いて)交渉を良かれ悪しかれアメリカの言いなりにならぬようにあれだけまとめたのはこの人の力技です、これは歴たる事実。まさに余人をもって代えられぬこと。野党連中でできるのがいます?何でも反対、安倍を降ろすためには手段を選ばぬのもいかがなものかなと思います。パンツ泥棒大臣やらカレンダー大臣なら痛くも痒くもないところですけれど、ま、それだけ安倍政権の大黒柱と言うことですがそれにしても他に決めなければならぬ事案が多い国会をこれだけに塗りつぶすはいかがなものか。大物だから噛みつき甲斐がある、向こうのダメージも大きい。それはわかりますが、甘利さんが言ってます、隠し録音したり写真をとることを目的にしている人達だからこちらも慎重に対応していると。この告発した会社自体が実は怪しいんだそうですよ。文春もその辺りを今週号できちんと解明する責任がありますね。
 兵庫のかの絶叫県議、一度裁判を欠席して、次もその虞が大きいから今日の開廷の為に拘束されたそうです。法的な措置です、勾引だそうです。こいつがとんでもないのはそうなのですが、こんなのを選んだ県民が、選挙区民こそが咎められるべきでしょうね。推した連中がいるんですからね。
 宜野湾市長選挙、安倍さんの勝ちでした。オール沖縄なんて呼称なんですね翁長知事側の勢力。菅さんが刺してました、名称と実態がかけ離れてると。オールジャパンの借景ですね。本歌取り。左巻きさん達が言いそうなことではあります。果たして負けて。普天間は動かせ、辺野古は許さぬ。あてはないけど沖縄から出せ。充てを作るは国(政府)の責任だ。これが知事側。辺野古に動かせとはひとことも言わず、ただただ世界一危険な普天間基地を約束通りになくせと同じことを言い募ったのが現職。そういうことは、国防施策は国の専権事項だ、これが安倍さん側。平行線。でも選挙は繰り返されてそれぞれに結果が出て勝手に解釈してそれで終わり。ううむ。
 もう一つ、またまた訂正です。あれだけ悪態ついたことにバチが当たった(とまた自分の無知を誤魔化すのですが)のでしょうか、菊バウアーと書きましたが正しくは琴バウアーでした。恥じ入りまして訂正します。
コメント

団円

2016-01-25 08:22:39 | Weblog
昨日ここで、「10年ぶりの日本人力士優勝」としてはいけない理由として日本国籍を取った琴欧州を挙げましたが、正確には日本国籍をとってから優勝したのは旭天鵬でした、産経抄で知りました。琴欧州は優勝した時は欧州人で、その後日本人になったのでした(おそらく。親方になってると言うことはそういうことですから)。知ったかぶりを反省して(何度目でしょうか)訂正します。その琴奨菊、やりました。ここで連日鵜の目鷹の目で協会製の演出じゃとなじってきましたが、いざこういう結果になると嬉しいもんで、ただのオヤジと自ら証明しています。NHKもこれでもかと煽ります、会場に来ている両親を写し、地元柳川に集まってる人達を写します、婆様が彼を相撲に導いたという亡き爺様の遺影を抱いてます、日本人好みの絵です。で、あの反り返りルーチンをやります、菊バウワーと呼ぶんだそうです、ルーチンなんて言葉が定着して。相手が今場所も大負け(11敗)の豪栄道ですから捕まえれば勝つんでしたが、豊ノ島戦のような負け方があるわけです、解説者も頻りにそう言ってましたが、寄って投げての大団円。優勝力士のインタビューがあるのですが、これが始まって初めての日本人じゃないんでしょうかね。朝青竜とか白鵬のたどたどしい日本語(日本語うまいじゃないかの感心するだけの)ばかり聞いてたんだなと気づかせてくれる、ネイティブな日本語、おかしな言い方ですが、が嬉しいことでした。そして周りの人への感謝を強調する日本人のストライクゾーン、ど真ん中。この人のキャラクターも幸いしてのまさに大団円。よかったよかった。おいおい、あれだけトンがってたのは、どこの誰でぃ?!
コメント

正義

2016-01-24 10:00:44 | Weblog
日本人力士と言わずに日本出身力士とマスコミがおかしな言い方しているのに気づいておられますか。そこのところわざとでしょうねぇ、こういう言葉狩りに一番うるさい筈のTBS、関口宏はずっと日本人力士と言い続けてました、普通は途中で謝って訂正する筈ですけど明らかに確信犯的に言い続けてました。つまり日本国籍をとってる者が居るわけです、日本人ではない日本人。モンゴル勢がずっと優勝していて連中は国籍変えてません(白鵬が今後一代年寄になって白鵬部屋を持つためには日本国籍を持たねばならぬのですがその気がないそうです)、そのただひとりが琴欧州です。この人は国籍変えて年寄株持ってます、あいだにただ一人挟まるだけですが、正確には彼は日本人力士なのです。栃東以来丸10年というキリの良さはキャッチーなコピーですからね、嘘はいけないので(こんなのにずっと耳目をそばだててるオタクはわんさかいましょうし)日本出身力士なんて馬鹿馬鹿しい呼称を作りあげてるわけです。くだらない言葉狩りでしょう?
 東北震災の復興事業、道路建設に関して大手業者間で談合があったとTV(古館)がヒステリックに糾弾してました、その日だけだったですけれど。談合が悪だという前提で正義の味方は強いのです、吠えるだけですけれども。悪いことなんですかね談合。慣れた者が仕切る、今度はお前、次はあなた。すれば皆に仕事が回るんです。できる仕事の振り分けも正確にできるでしょうし、いいことばかりなんです実は。日本式(日本だけじゃないと思いますが)の平等公平手法です。いつか仕事が回ってくる仕組みですから、目の前の仕事にやきもきしなくてもいいです、今回我慢すれば次は、次々回はという順番が一応保障されます。が、もちろん問題があります、談合がいけないと槍玉に挙げられた理由、価格競争(入札)が本来の目的を達せられなくなり高止まりすること。他に競争相手がいないことになりますから、他の業者より少し低い価格をつければいいのです、それも予定価格に近い値段で。落札率なんてのがよく出てます、99%とかのあれです。他の業者は知らん顔して高い値をつければいいのです。公共事業にたかるな、なんて言いかたでしたね、そして大手ゼネコンの独占化への非難。ゼネコンてのはそういう役目ですからね、大きな仕事を受注して、それを多くの下請けに降ろして行く、その仕組みです。この仕組みに異議申し立てたのはもちろんこの仕組みに入らない連中、入れてもらえない連中、入っていても冷や飯ばかり食わされてる連中です。独占禁止法に反するとか、正当な競争が妨げられるとかの「真っ当な」理由ですが、その結果が安い価格で受注した業者の仕事が不十分だという安かろう悪かろうに落ちてしまっています。大手は大手なのです。あちこちで手抜き仕事が糾弾されてますが、これは別問題です。公共事業を高い値段で受注してこそ、トリクルダウンなのです。ギリギリ安い値で受けて、どこが潤うんですかね。公共事業の意義を青臭い公平平等観で斬るは間違いです。今回のはいくつか同時に道路整備されるところ、大手がそれぞれに一つづつ、しかも99%近い落札率で受注していて、それが不自然だと指摘されているのですが、それでいいじゃないですか。東北の復旧は国家事業そのものでしょう、あれこれとんでもない予算をつけて、それにたかる奴らは必ずいて、大金を横領した輩が何人も捕まってますが、ああいう無駄金とはわけが違います、きちんと道が残るんですわ。大手がそれぞれに分担すればいいことです。そういう風に国が計画すればいのにそれもしません、役人がそんな権限もてば腐るは目に見えてますからね。談合は悪じゃありませんよ。どころか非常に効率の良いシステムと思います、経済効果も必ず見込める筈です。中学生並みの正義感にはほとほと呆れます。
コメント

暴露

2016-01-23 08:11:47 | Weblog
甘利大臣、大災難が振りかかってます。野党が依拠して詰め寄ってる文春記事は十分に生々しく、こりゃ本物の暴露モノですな。写真をこれだけ撮らせるってのもいかがなことかと思いますが、これは脇が甘いとは言わないのでしょうか、来訪者には、特にお土産付きの陳情者にはこれくらいのサービスはせねばならぬということでしょうが。しかしこのクライアントはよくもこれだけ証拠を集めた(写真を撮った)もんですな、端から暴く意図があったんでしょうね。でも、やはりそうなるにはそれなりの理由がある筈です。こういう時に専門家評論家有識者達は眉を顰めて鼻膨らませて解析して見せます、どうして今?このタイミングや如何?いやいやそんなことより、どうして?でしょう。目的が達せられなかったから怒ってるんですよね。この野郎!との動機でしょう。それは何故か。金だけ受け取って口利きしてやらなかったんでしょうか。口利きがうまくいかなかったんでしょうか。応対が横着だったんでしょうな、秘書にしろ本人にしろ。言葉、態度、全てにつけて。とにかく金渡した土建屋さんは怒っているわけです。こういう訴訟事、諍い、争いごとは必ず個人の感情、怒りの感情に起因します。私の業界の訴訟事も全ては言葉の行き違い、説明不足が原因です。これはどんな集団においても同様です。人間関係の機微はここに極まるのです。とんでもない結果でも訴訟に至らぬことがある、しかもこっちのほうがうんと多いという事実は、人の心は(日本人の心は、と言い換えられましょうか)納めるほうに元々傾いていることを示すのです。きちんと伝えれば少々のことは納めようとする生来の心根です。そこをしないから怒る。事実関係がどうのこうのと逃げてますが(法律問題はこちらですから当然ですが)、どうしてこういう事態に至ったのかは本人はよく知ってる筈です。どうして金運んだ土建屋さんが怒ったのか。初めから足を引っ張る、失脚させる意図だったなんてことなら特異です、上記のあれこれはあてまりませんし、もっと他の黒幕を考えねばなりませぬ。が、逃げられないでしょうねぇ。
コメント

賞味

2016-01-22 08:24:03 | Weblog
見ているのがイタイ感じですが、やはりやんやの喝采モノなんでしょうか。横綱三人に勝つ?バカな。そして解説者達に言わせる、これからの三日が大変だ、自分より格下と取るのだ、平常心が保てるか、なんて。琴桜パターンなのでしょう。ろうそくが消える前の強い輝きによく喩えられますが、それにしてもイタイこと。痛い演出です。かたやの大関豪栄道は負け越してます、3日を残して。こっちにも引退の花道が用意されましょうかね、週刊誌によるとこの人も賭博好きだそうですけれど。
 廃棄食品の横流しが次々に露わにされてますが、バス事故に隠れて大騒ぎにはならずに済んでます。が、ひとえにこの差は死人の数です。人が死ぬか死なぬかの違いが報道量の差を生んでます。化血研が製薬業界かを除名処分されたそうです、でもマスコミはこちらもそんなにひどい叩きをしませんよね、死んでないからです。言うところの健康被害の有る無しです。横流し食料で食中毒も何も出てないんです、これが厳たる事実です。規則違反はいけない、それはそうなんですが、その元の規則がおかしいじゃないのかとは誰も言わない。賞味期限と消費期限(でしたか、もう一つこんなのがありますよね)だかは違うんだそうで、でも期限切れのモノ食べるでしょう?冷蔵庫に入れてる例えばゼリーとかジュースとか一年前のものでも全然平気ですし、元々保存食品の納豆なんてそんな期限ないでしょう?だからあの表示自体が間違ってる、商品の消費回転をよくしようとする業界事情じゃないのかという「事実」ですよ、それこそ都合よくデータ出してくれる御用学者はいくらでもいますしね。横流しはいけない。それだけのことで、なんとかフーズのあの顔の歪んだオヤジも気の毒なことですわね、彼こそが地べたで生きてる小市民なのですから。
コメント