柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

立者

2022-10-02 07:45:50 | Weblog

アントニオ猪木の死亡報道です。私の中学生時分がプロレスの黄金期でよく観てました。馬場の全日プロ、猪木の新日プロ、豊登(とよのぼり)の国際プロ、この3団体がそれぞれ午後7時8時台に番組持ってました。デストロイヤーがまだ現役でしたか。フレッドブラッシーが額に噛みついて流血させる映像で婆さんがショック死したとかの古いところから、ボボブラジルが馬場に飛びあがって頭突き喰らわせている場面、大木金太郎との石頭対決を覚えてますが、これはもっと前の記憶でしょう(時系列があやふやです、力道山や芳の里、グレート東郷の記憶と混じってます、そうそう回転エビ固めの吉村道明も)。人気レスラーはそれぞれ必殺の決め技を持っていて、客はそれを待っている。ドリーファンクのスピニングトーホールド、ビルロビンソンの人間風車、ブッチャーはフォークを突き立てるし、シークは剣を振り回す。サンダー杉山の雷電ドロップなんて今思うと何じゃ?もありました。「気合いだ!気合いだっ!」で有名になったアニマル浜口も国際プロレスでした。「俺は藤波の噛ませ犬じゃない!」長州力はサソリ固め、その藤波は掟破りの逆サソリ(古館伊知郎の名フレーズです)。スタンハンセンのウエスタンラリアート、アンドレザジャイアントはあの大きさだけで絵になりましたし、ブローザブロディのとんでもないワイルドさ、ハリ―レイスのクレバーな感じ、強烈なエルボーなどなどなどなど。でも、猪木のコブラツイスト、卍固めが一番「でたぁ~!」感が強かったですかね。国際プロレスが早くに消えて、やがて馬場も死んで、とうとう猪木の番。大立者でしたね。日本のプロレス語る時に欠かせぬ人です。柔道のルスカやあのモハメドアリと異種格闘技という花火上げたのもこの人でした。もっともあれはリアルに観てましたが期待がとても大きかった分全然面白くなかったですが。合掌。

 三遊亭円楽の死亡も伝わりました。田舎にいると笑点を観るばかりなのですが、その意味では全国区の落語家の一人でした。圓生を継ぐのはこの人だとの評価があったやに聞きますが、残念ながら私は圓生や志ん生に間に合いませんでしたのでわかりません。円楽の名が重たかったのかそうでなかったのか。最後の高座映像が流れました、脳梗塞で左半身が麻痺して喋りにくくなってて悲しい絵でした。でも晒す。ここの意地。談志もそうだったですかね。落語家が喋れなくなる悲劇。合掌。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

定義

2022-10-01 08:29:37 | Weblog

プーチンさんの4州併合宣言の中継を昨夜観ました。今朝のどの新聞も併合と表記してましたが、中国新聞が但し書きつけてました、編入ではなくてクリミアの前例に従って併合と書きますと。編入と併合とでは違うわけです。国葬と国葬儀との違い程ごまかしではないのでしょうが。1910年の朝鮮併合と言いますね編入とは言いません。力で奪い取る、合意の上ではないというニュアンスでしょう。いえ、ニュアンスではなく言葉の定義。そしてどの新聞も住民投票とはいえとても正当なものではない行為によって自分勝手に強制的に併合したとの非難調です。国際世論はこぞって非難するわけですが、昨夜ちょうどその中継時間に報道1930に出ていたロシア専門家の女教授さんは言うてました、プーチンに負けたんだと。こんな無茶を堂々と世界に宣言させたことを指してのことでしょう。どう反攻するのか。プーチンさんの演説は西側への敵意に満ち満ちていました。核兵器使用の口実を作るための併合だ、そのための住民投票だとの批判もものかわです。負けた。そういう側面は確かにあるのでしょうね。

 大谷、すごいことです。200以上の奪三振の15勝投手って堂々たるエースでしょう?しかも30本越えるホームランも打つ。規定打席と規定投球回数をどちらもクリアするなんて誰が想像したことでしょうか。この人をMVPにせずに誰を?ジャッジ?61本かぁ。ううむ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

親媚

2022-09-30 08:28:19 | Weblog

日中国交正常化(この表現も中国に阿っているわけです、台湾と断交したわけですから正常化はおかしいですわね)50周年だとかでメディアが煽ります、その式典模様が流れましたがあらら雛壇に並んだこと親中媚中で有名な面々。福田元首相、林外相、二階さん、そして何と河野洋平。ここで呼ばれるのか河野さん。驚くやら呆れるやら。あの河野談話を正すのにあの安倍さんがどれだけ苦労したか、安倍さんをもってしても差し替えることができなかったこと、あれだけの禍根の主がイケしゃぁしゃぁと満面の笑みで乾杯の音頭を取っている。中国側とすれば使える連中なのですね。この設定自体が阿りそのものです。そして向こうは習さんが出てこない、からこちらも岸田さんは出て行かない。意地の張り合い。茶番ですねぇ。

 朝日は社会学者に、国葬と国葬儀とは違うんだ。今回のは国葬儀だ、英女王の国葬とはそもそも違うのだと書かせて、安倍さんは国葬に値しないと主張してます。産経は社説で「真心込めて故人送れた」と情感一杯に書いてます。いつまでこんなことで足とられてるつもりでしょうか岸田さん。向こうの思う壺にはまってる図ですが、統一教会騒ぎも解決どころかどんどん泥沼化です。細田さんのあの態度を許す仲間意識と言うか派閥忖度は吐き気を催すことです。卑怯を嫌う、潔さを徳とする日本人気質によくぞここまで・・。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

飾物

2022-09-29 08:22:03 | Weblog

円安、株価安、大丈夫かいなと思います。黒田さんは相変わらず変更しないと強気ですが、次の日銀総裁は誰かと取り沙汰されてます。金の動きにはとんと疎い、というか鼻の利かぬ性質ですので数字を見ても自分で判断できない、勢いTVや新聞雑誌の専門家の言に拠るのですが、これがマチマチ。今にもデフォルトするという者もいれば平気の平左を気取る者もいる。でも今までの経過はハイパーインフレにもならずにもちろんデフォルトも起きてないのですから、危険を煽る方が間違っているわけなのでしょうが、だからと言ってこんな為されるがままのズルズルでいいのかとは素人も思います。つまり岸田さんの言葉のなさです。黒田さんばかりにマイクが向けられて、この人はきっと安倍さんの言うことを聞いてきた人なのでしょうから仕方ないとは言え、それにしても円安や株価安についてメディアが岸田さんに聞かな過ぎませんか。岸田さんはアベノミクスを知らないんでしょう。蚊帳の外に置かれていた。聞かれないからコメントもないわけでしょうが、それにしても長く続く円安への言及や対策がなさ過ぎます。先だってやっと財務相が円買いドル売りをやって瞬間的に緩和されましたがまたすぐに戻ってます。何やってる?国葬騒ぎにかまけていられるうちはよかったのでしょうが単に問題の先送りです、同時にガンガンやれよ!聞く力はあっても言う力はない、やる(実行遂行)力もない。岸田じゃダメだ。この人が選ばれた時からそういう予想はありましたが、果たして馬脚を現して。地金が出るというべきか。飾りモノのリーダー。神輿は軽くてバカがいい。小沢さんのセリフでしたが、所詮は目先を変えるだけの埋め草でしたか。大丈夫かい?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

二面

2022-09-28 08:24:50 | Weblog

国葬模様、どうお感じになりましたか。TV(メディア)は菅さんの弔辞を切り取ります。伊藤博文と山縣有朋との関係を安倍さんと自分の関係になぞらえて、演出とすれば上手ではありましたし、あの句は現代人にもそのまま伝わりました。どの新聞にも全文が載っています。かたりあひて 盡しし人は 先立ちぬ 今より後の世をいかにせむ。あの後の拍手が葬儀に似つかわしくないと女房は言うてましたが、業界人たちの習いなんでしょうねあれが。あるいは大相撲の優勝旗授与式の後に国歌斉唱しますがあの後の拍手と同様なのでしょう、間が空くのを嫌うのでしょうね。普通の葬儀なら拍手は起きません。そしてTVは反対のデモを長尺で報道します。女の声でアジる煽る。サンモニ御用達の元法大学長田中女史がいつもの着物姿でマイク持って叫んでる絵もありました。そうかぁ。有名人もここぞとばかりに出て行くわけだと納得します。きっとレモンちゃん(落合恵子)もどこかやってたんでしょうね。新聞もくっきり違います「厳かな国葬遠く 悼む声 愛憎半ば」毎日、「国葬 悼む列 怒る列」「賛否の中 分断に責任 首相は行動を」朝日、「戦後に幕 今日の礎」「総理 ありがとう」産経。読売と日経にはこういう感情表現はないことでした。面白いですねぇ。物事には常に二つ以上の意見があって裏表は必ずあるとはいえ、どっちを見るのかでこれだけ違う。大声出すかそうでないかの違いもありますね。静かに悼む。のが本来なのでしょうけれど。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一興

2022-09-27 08:27:19 | Weblog

何やかやで安倍さんの国葬の当日です。鄙の当地には何の変化もないのですが、東京は警戒やら交通規制やらで大迷惑なことでしょうねぇ。外国要人が次々に来日して弔問外交なるものに岸田さんは忙しいことです(のように報道されてます)。相変わらず反対運動は続いていて、まさか式典最中に武道館近くでのデモは許されないにせよ、外国要人やメディアにはどう映るのでしょうか。当県では県民葬が予定されてますが、こちらにも反対が大きいことをTVは教えます。事件なく式典が過ぎてほしいとは思いますね。爆発騒ぎなどは勘弁してほしい所です。

 阪神、岡田に決まったそうです次期監督。次は落合か?と取り沙汰されてましたね、あの野村を呼んだ球団ですからない話じゃないとも思いましたが、さすがに色が違い過ぎて。金本矢野といわば外様が続いて次は和田とか藤川とか(藤川は解説者としても才能ある人です)生え抜きの監督候補はいるのでしょうが、岡田でした。今回も掛布が呼ばれないのがこのチームの「伝統」です。掛布じゃなくて岡田。これでわかる人はわかることなのです。平田やら井川、今岡、桧山やらを呼んで阪神顔で固めるのも一興ですが、そんなことしないですわね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

発火

2022-09-26 08:24:42 | Weblog

ウエストミンスター寺院にマスクなし、日本武道館はマスク強要。毎日新聞が載せてます。天皇皇后両陛下は到着前後は黒マスク姿でしたが、儀式中はマスクを外しておられたとか。かたやの日本、折しも今日から保健所業務の大幅縮小が全国一斉に施行されます、保健所への全数報告の duty がなくなります。全国的に感染状況が鎮静傾向です、この機に、です。もっとも、日本人はマスク装着に抵抗少ないですから、国が決めなくても暫くは、少なくともこの冬中は誰も彼もマスクしてましょうが、外国人ですな問題は。彼我の差、文化の差です、郷に入れば・・のことなのですが、まだこんなことやってる?との呆れは抱かれましょうね各国の要人たちに。毎日子はここにも岸田さんの説明だ足りぬのだと締めてますが、どう思われます?

 ロシアのウクライナ南部の住民投票、ロシア編入を既成事実化して、ここへの攻撃(ウクライナにすれば奪還戦ですが)をロシアへの攻撃だと決めて反撃する手だてにする。核兵器使用の言い訳にする意図が素人にもわかります。徴兵令への国民の反発がこちらには報道されてますが、自国には報道されてないんだそうで、そうかどの国も戦争継続には情報統制が必要なのだという真理に頷きます。大本営発表の大嘘、隣組という密告制度、非国民という絶対の切り札・・。全ては日本人が経験して来たことです。全面戦争に移行するのでしょうか。対岸の火事で済めばいいのですが、台湾有事は日本の有事(沖縄から飛んでいきますから)と発火するのはいつか。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

晒者

2022-09-25 10:10:39 | Weblog

村田兆治の暴行事件。記事やTVのテロップ見る分にはええ?と思うことでしたが、以後はTVも報道しません、たいした「暴行」じゃなかったんでしょう。記事には女検査院の肩を押したとあります。罪状で言えば、ということですが、金属探知機がピーピー鳴って、その後の手続きが苛々させたのでしょう。俺は村田だ(村田英雄のギャグがありましたね)、そんな悪いことはしない、しつこいぞ!だったんですかね。彼女も彼がマサカリ投法で名を成した有名な名球会投手だと知らなかったんでしょう。記事のどれも事件そのものと同じかそれより多い字数で彼のプロフィールを紹介してました、こんな有名な人が事件起こしました!のテイストです。やれやれです。一般人であれば記事にならぬことも有名人ではそうは行きません。本人は少年野球、特に離島の野球少年に向けての事業の推進者として知られてますが、こちらにも責任問題が及ぶのでしょうかね。青少年に悪影響を及ぼすとか何とか非難はいくらでもできましょうし。面倒なこと。本人が一番思ってましょうけれど。

 大相撲、玉鷲が強いこと。昨日の相撲、ダイジェストで観ましたが、一直線の電車道。突き押し相撲の理想形です。頭でガツンと当たって相手を起こしてそのままのど輪でのけ反らす。昨日は相手が小さい(あくまで相対的にです)翔猿でしたから、のど輪でそのまま裏向けにひっくり返って土俵下まで落ちてました。立ち合いに相手も頭から当たって来るとプロレスで言う頭突きです、本当にガツンと鈍い音がします、痛っ!と思わずこちらも声が出ます。あんなに常に頭部外傷を続けていたら・・と思いますが、パンチドランカーというのは専らにボクサー対象です、元力士にそういう例は聞きません。相撲の場合は前頭同士ですがボクシングでは顔を殴られます、理屈言えば顔殴られて頭が(脳が)強く揺さぶられる分損傷も大きいのでしょう。でも、相撲でも脳振盪してふらふらになるケースがあります,こちらが安全というわけでもありません。話が逸れました。今日千秋楽です、玉鷲と星一つ差の高安が直接対決です。が、どちらも平幕力士ですから役力士より前の対戦です。番付表見るに中入り後の丁度真ん中あたりの順番です。優勝力士が決まってあと(あるいは決定戦になるのですが)長々と消化試合ならぬ消化取組みが続くわけです。こういうのも珍しいことです。千秋楽、ご覧になったらいかがですか。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国策

2022-09-24 08:28:14 | Weblog

西九州新幹線、部分開通です。こういう中途半端でも派手にセレモニーしなければならなかった理由がもちろんあるわけです。どうして九州新幹線が開通して後これだけ時間がかかってる?という素朴な疑問ですが、当地には当地の事情があるのでしょう。九州に用事がない(親族もいないのです)身ですから利用する機会もない、利便云々の比較ができないのですが、九州新幹線はあの東北大地震のその日が開通日で、大セレモニーを自粛せざるを得なかったことでしたね、でも、東京から西鹿児島(鹿児島中央)まで繋がるという意味は大きいことでしたね。長崎までは鳥栖からわずか(わずかではないですけれど)です、どうしてできぬ?途中の佐賀が反対してるという、聞けばわかり易い理由。でも佐賀県知事は官僚出身だそうで、こんなに国策に反対し続けるは余程に腹の据わった頑固者かと思うことです。この新幹線が佐賀に利益をもたらさないという理由だそうです。そうかぁ。そう聞けばそうですかね、長崎行の新幹線ですからね、佐賀に降りる人っていないかも。おまけに在来線が一気に寂れます。これはどこの新幹線の時も一緒です。既存の特急がなくなります、今までの利便がなくなります。特に佐賀は博多に近い分、こっちの損の方が多いそうです。既存の特急がパタとなくなるのは当地も経験してます、山陽新幹線が西進してくるにつれて大阪行き京都行の特急急行がなくなっていきました。これはこれで不便でした、新幹線の駅が遠ければ遠いほど。新幹線はカーブより直線優先ですから、山の中や田んぼの中にぽつんと新駅できることが多かったもんです。こっちの新幹線がどういう事情かは知りませんが、佐賀の反抗もわからぬではないことです。でも繋がないわけにはいきませんしね、やがてのことでしょうが。こうやって既成事実化して押し切る。国の行政のやりそうなことです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

円買

2022-09-23 09:47:28 | Weblog

私はここで日英の国葬模様の差を英国贔屓に述べてきましたが、もちろんそうでない意見もあって、よくTVに出ている評論家の宮家さんが産経新聞の自分のコラムで冷や水をかけてくれました、あれはイギリス国教会の宗教葬に過ぎぬのだと。あれこそが国葬だという意見があるがそうではないよと。女王はイギリス国教会のトップなんだそうです。そうかぁ。新首相は弔辞を述べたのではなく聖書を読んだだけだと。そうじゃったなぁ、NHK中継でもわざわざそうテロップ出てたなぁ。日本の国葬では坊さんがずらりと並んで読経するなんて場面は想像できませんね、政教分離とやら特定宗教の強要とやらの横槍です。黙祷献花が精々でしょう、あとは長々の弔辞。儀式としての荘厳さ重々しさに感心しただけだというわけです。全ては演出だぞと。うむ、そう言ってしまえばその通り。

 政府日銀が円買い介入。見出しが躍ります。円安対策だとはわかりますが、黒田さんは金利は上げないと頑固です。金利下げて金を借りやすくして投資や消費を賦活するという因果は素人にもわかり易いのですが(それが当たって給料が上がって景気が良くなるというのがアベノミクスだったですね)、円買いドル売りってのがピンと来ません。同じ価値を円で持つかドルで持つかの違いだろうと勝手に解釈していますが、つまり日銀が損を承知で手持ちのドルを円に換えたということなのでしょうか。金利の差とはそういうことでしょう、ドルで持ってるほうが利子が高いんですから同じ一億円価値ならドルで預けてる方が利子が多い。で、世界中で吐き出された円を損を承知で大量にドルと換える。買い支えるイメージです確かに。するとドル換算レートが145円から140円に下がったとか。経済専門家たちの意見や予想は本当にピンキリです、どれを信じていいのやらわかりません。MMT理論も出たときは新聞も雑誌もケチョンケチョンにこき下ろしてましたが、まだ消えてませんからね。日本は赤字国債にまみれて借金だらけだと言うけれど、それはそもそも借金じゃないんだとか、絶対デフォルトはしないとか、現に多くの評論家が脅かしていた程には危なくなってもいないのですが、どっちが正しいんだ?です。黒田さんの方針は正しいのか。アベノミクスの目標だった物価の2%上昇は思わぬ理由で達せられたことですが、これも当初の見込み通りの進行ではありません。金利をゼロにして景気を賦活して給料上げて消費欲を刺激して結果物価が上がるのが目論見でしたが、給料が全然上がらないうちに、世界の気候変動やロシアの無体がグローバリズムなるバブルをあっけないほどの速さで壊したことによる原材料の高騰がもたらしたやむなしの値上げというのが現状です。電気代やガス代がこんなに上がるとは黒田さんも安倍さんの想定外のことだったのでしょう。そしてこれだけ反応対応が鈍いということはアベノミクス(経済政策)に関しては岸田さんはずっと蚊帳の外だったんですね。きっとわからないんですよどうしたらいいのか。黒田さんも岸田さんには相談しないんでしょう。出口戦略と口酸っぱく報道番組なんかでは討論してましたが、要はアメリカFRBのやってるような金利をいつ戻すか(上げるか)のタイミングでなのでしょう。先にどこがやるか、それについて行くか待つか。機を逸すると大損して尚且つ回復が遅れる。今の日本がそうなんでしょうねぇ。支持率に一喜一憂してる親分はゆっくり外遊されてますから。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする