柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

御礼

2016-12-31 10:07:28 | Weblog
昨日の朝日朝刊にSMAP大応援プロジェクトなるクレジットで実に8ページに亘る大広告です。興味のない者でもSMAPが今年いっぱいで解散することは知ってます、紅白を引退興行に選ぶなんざぁあざといんじゃねぇのかい?と皮肉もかましたことでしたがその紅白にも出ないとか。ふ~ん。いやそれだけなんですが、この広告にはびっくりです、いくらかかってるの?そこのところも記載されてます、東北大震災支援という体裁です、クラウドファンディングで13000人から集めた資金だそうです。どうして地震に関係あるのか、こういう体裁を取るところポリコレ欺瞞そのものですが、朝日主催の資金集めのようで、ということは朝日の金儲けってことで。やれやれ。それだけ国民的グループだったと言いたいのでしょうし、8ページに亘る哀惜のオンパレードです。スマロスってやつですか。ううむ。で、今朝は毎日です。こちらはSMAP限定ではないようなのですが、ありがとうメッセージ広告なるページにSMAPだらけ。これも組織だった行動でしょうね、ネットだけでなく匿名での無秩序が溢れて来ている、そういう現象なんでしょう。嫌な世の中になってますよ。
 今年一年お付き合いいただきまして有難うございました。ロックンロールパーティーはお陰さまで19回目を盛会に終えることができました。バンドの話題は年に一度しか載せません、バンドとしての更新はここ何年もしてない、このブログだけが細々と続いている為体なのですが、しかし見て読んでいただいている皆様にこそ支えられているわけです。改めて深く感謝いたします。明年早々に満六十歳になります。カウントダウンを感じてます。来年もきちんと生きる。これしかないとも心得ています。皆様には明年がよい年でありますように。今年一年の御厚情に御礼申し上げます。
コメント

墨守

2016-12-30 11:03:35 | Weblog
安倍さんの大構想だと昨日書きました。オバマさんを広島に呼んで(これも大統領最後の年だからできたことでしょうが)、プーチンさんを呼んであれだけ自ら煽ってあわよくばの演出する、そのお返しだからという流れの内に真珠湾に行く。プーチンさんとの交渉内容は、アメリカと軍事同盟している国がロシアと平和条約ってどうよ?という至極当然の捌きでチョンでしたが、俺はプーチンと話ができるよというアピールですよねあれ。そしてその後に日米同盟を嫌というほど知らしめる。米露がぎくしゃくして、欧州が移民問題で揺れEU自体が揺れてる今の存在感ですね。地球儀外交の効果が出て来てる、のでしょう。そういう評価はできますね。で、今次の稲田防衛相の靖国参拝です。毎日は「和解の力に冷や水」と批判します。今回も親分朝日は控えめですが、中韓の非難を前面に出すことは同じ。敗戦利権、戦後レジーム利権を守ろうとするとはこういうことだと昨日書きました(この言葉は渡部昇一さんがよく使われてます)が、毎度毎度同じ繰り返しです。そうではない見方を示すのが産経ですが、こうです、自分の、安倍政権の支持基盤である自民党内の保守派の支持を繋ぎとめるためだと。ま、こういう時には深読み系解説がまことしやかなのですが、私はこれも安倍さんの大構想の一環だろうなと思うのです。わざと行かせる。止めない。でしょう?自分が真珠湾で大外連を切ったあとですよ、まずいと思っていたら止めるでしょう。また彼女も親分(安倍さん)に黙って行く筈もないでしょう。だからこれは安倍政策です。自分が行けない分、他の誰よりもインパクトのある(靖国に参る議員団なんてのがありますよね、あんな陣笠ではない)、中韓では右翼防衛相と目されている彼女に行かせる。案の定あちこちから非難が出てくる、全て想定内で。しかし彼女も8月15日に海外に逃げたこと(これも安倍さんの指示でしょうしね)を衆院委員会であれだけ辻本さんにグジグジ言われて泣かされて、それこそ忸怩たる思いが強かったことでしょう、だから行く。このタイミングで行く。あるいはその時から安倍さんとこういう約束で、あの場は我慢しろと言われてたのかもしれませんしね。参拝しなかったらしないで叩かれ、行ったら行ったで批判される。彼女が今そういう立場にあるということなのですがしかしくどいですが、これこそが敗戦利権なのです。戦後レジームを問答無用に墨守することによる利得。もううんざりですけれどね。
コメント

和解

2016-12-29 08:24:41 | Weblog
電通、吊るし上げられてます。公開処刑の様相ですか。社長が辞めると言うてます、ここがゴールなんですねマスコミの集団暴力。こういう事態に至ったのは慙愧に堪えないと謝罪の弁でしたが、こういう時に慙愧なんですかね。この言葉は恥ずかしいという意味ですが、自分の管理責任を詫びるには不適当じゃないのかと違和感でした。こういう社風でやって来て築きあげた天下の電通なのでしょうし、こんなことで頭を下げることにはきっと忸怩たるところもあるでしょうねぇ。首差し出してお許しを願う。とても日本式な幕引きではあるのですが。
 真珠湾の演説にここぞとばかり新聞は反応します。キーワードは和解、寛容、不戦の誓いのようです各紙。過敏に反応してるのは中国新聞でした朝日ではなく。中国新聞は左の最たる新聞、東京新聞一派ですからさもありなんではあるのですが、親分の朝日を凌駕してます。一面で謝罪の言葉がないと怒ってます、女の記名記事です。毎日はこれで「戦後」が終わったわけではない、とグジグジ言うてますが、だからどうしろの芯のない文章です。ああ、これが敗戦利権ってやつかと思うことでした。あんな戦争した日本が悪い、自国民にではなくて中韓東南アジアにずっと謝罪しろと言い続けることで利益を得てるというわけです。プーチンと会って何とか平和条約と四島返還に道筋をつけたい。原爆真珠湾という象徴をうまく使ってアメリカとも処理したい。つまりこれが戦後レジームの解決なんですね。安倍外交の大構想ですわね。もう謝罪はいいんですよ。各紙はそういう色でしたけれど。
コメント

特番

2016-12-28 08:21:39 | Weblog
TVは早年末モードの特番続きです。いつものニュース番組がありません。どうしてこんなことするかなぁと毎年思ってます。事件はいつものように起こるんだし、とブツブツ。どうも歳を取ると非日常に弱いんですね。毎日の繰り返しにどっぷり漬かっているからですが、そういうペースの大事さですね。何曜日にはこれ、土日はこうして。もともと出不精の非アウトドア系なのです、休日にどこかに出かけるなんては皆無です。別に几帳面だとかきっちりしているとかではないのでしょうが、例えば夜は9時10時とニュース番組見る、その日常です。ま、私のような偏屈がいる一方で、こういう変化を喜んでいる人も多い(多いから変えるんでしょうけれど)わけで、嫌なら見なければいいだけのことなのですが、とブツブツブツブツ。
 朝7時いつものNHK,真珠湾です。ああ、安倍さんかぁ。てっきり収録モノと思って見てましたがなかなか終わらない。え?ライブ?、見れば中継とあります。今かぁ。隣にオバマさんがいて安倍さんから演説です。耳をすませば、と始まります。寄せては返す波の音に・・と来ます。ああ、広島でのオバマさんのスピーチに倣ってますね。彼のは、71年前明るく晴れた空から降ってきた云々でしたね。文学的表現というのか、話の枕は必要なのでしょうが、寄せては返す波の音ってのは喋り言葉じゃないなぁとも思ってこちらから突っ込んでました。真似っこじゃぁ!和解の力。power of reconcilation 。オバマさんもこれを受けてメッセージとしてました。互いに15分ずつ、NHKは全編中継してました。後、隣に座っている当時の生き残りの退役軍人たちに話かけてました、これも広島と同じ演出。肩を抱いたりはしてないようでしたが。ううむ。あくまで、お返しセレモニーの感でしたが、いかがですか。
コメント

散々

2016-12-27 08:22:51 | Weblog
民進党蓮舫代表、週刊誌で月刊誌で散々です。期待が大きかった(んでしょう?)分、落差が大きいという図です。代表選で言うだけ番長に大差で勝ったまではよかったというか、大方はそう予想していたことでしたが、その後がいけないですね。絵に描いた如き、噛みつき、反対一辺倒。かの土井たか子を彷彿とさせると言うべきか、つまりはああいう器だってことですね。民進党自体がああいう体質でしょうから、一番体現している人、まさに象徴する人なのではありましょうが、その分例えば一応は首相経験者であるドジョウさんがカバーするとかやればいいのに、年金やカジノ法案に負けじと悉く大声で噛みついてる山井さんが目立つだけ、そしてどんなに吠えても安倍さんは笑ってますからね。組み易し。蓮舫代表を歓迎しているんですね。いえ、だからと言って言うだけ番長や細野さんやで代われるかと言えば、彼らにもそんなに期待できないでしょう?彼女は国民目線と言ってますけどこっち見てないですからね。こっち(選挙民)を見てないでしょう?第一野党は政府に反対することが使命、なんて思いこんでるんでしょうね。こっちに深く食い込んで、今一度政権奪取を、なんては考えてないんでしょうな、口では言うても。カラカラの空回り。威勢だけはいいけれど空疎。伝わらない。自己満足。誰かが叩きだすと雷同するものですが、擁護する要素も少ないんでしょうな。期待の星、だったんでしょうけれど。
コメント

廃棄

2016-12-26 08:24:27 | Weblog
夢の高速炉(のはずだった)もんじゅの廃棄が正式に決まりました。何兆円の国費(こういう時は血税と呼ばれますが)をつぎ込んで、実際に稼働したのは何十日、殆どの期間停止していたという経過は、この決定のやむなしなのでしょうが、そう決まると決まったで遅すぎる!という非難が出て来ます。原発反対原理主義者達にかかるとこっちも十把一絡げにされてしまいます。どうだかなぁ。原発ってのは必要じゃないんですか資源のない日本にとっては。そこのところから反対なのですかね。化石燃料(こういう言い方も事態の切迫さを誤魔化しますね、単に石油の話です、石炭や天然ガスで置き換えられませんから)の取り合い、価格の上がり下がりにべったり依存する工業基盤の不安定さは感じないのでしょうか。よく喩えに出されることですが、アメリカとの戦争はABCD包囲網なんて呼ばれる、日本への石油禁輸政策にどうにもならなくなったからという側面が厳たる歴史です、資源は他所から買えばいいなんてことで済まされぬことだという認識です。遥か異郷のホルムズ海峡問題にあれだけ安倍さんが拘ったのはこういう理由でしょう?メタンハードレート他の深海資源には期待するし、こちらがモノになるならこちらに移行すればいいことですが、それと同じ重さで核燃料の再利用技術の開発も大切でしょうに。原子力という冠言葉にヒステリックに大声出すのはどうかと思いますね。福井県知事(もんじゅが福井県にあったこと、これで知りましたが。私も偉そうに言えません)が反対声明出してますが、これは県内の雇用先確保の面での反対ですね。原発城下町なんて表現があるように、その地域を潤している大企業ですからね。感情論に過ぎるでしょう?私はそう思いますし、もんじゅを潰すけれどこっちの研究は続けると言う政府の方針は大正解と思いますよ。いかがですか。
コメント

御礼

2016-12-25 08:19:16 | Weblog
昨夜は恒例の(自分で言うてはならぬことでしょうか)クリスマスロックンロールパーティー、つつがなく盛会裡に終えることができました。お陰さまで19回目を数えることができました。19年続けて来られた幸せはひとえに来場下さる皆様のご厚意に負うものです、深く感謝しております。ビートルズの話題は尽きることがありません、デビューして50年、1970年の解散からもう45年を過ぎているというのに、です。そもそも私のビートルズ好きがいい歳になっても冷めずに始めたイベントでした、若い頃に経験したバンドの毒が依然として体中に回っているのです。そんなにエッセイ風に喩えなくてもいいという話ですが、還暦オヤジが中学生時分に被った熱に未だにうなされてるという態です、我がことながらアホちゃう?とツッコミ入れてることです。でも楽しい。いえ、回を重ねると運営にエネルギーが持って行かれます、当然です。失敗してはならぬ、事故を起こしてはならぬ、来場数を落としてはならぬ等々。でも、そういう心配を上回る楽しさなのです。楽しさ。ううむ、この言葉だkでは尽くせぬことなのですが、私の文才はこれ以上届きません。バンドやるなんて目立ちたいだけだろう?との皮肉にも、その通りですから頷くだけです。いい格好したいだけだろう?その通り。全部ひっくるめて19年でした。来年は20回記念です。次は何するか。もうそれを考えてますから、やはり懲りないオヤジにつける薬はないのでしょう。有難うございました。
コメント

敬意

2016-12-24 08:25:36 | Weblog
昨夜のNHK、SONGSご覧になりましたか。吉田拓郎でした。朝刊にたまたまこの番組のこと見つけたのでした。TVはここでいつも書いてるように夜9時のNHK、10時の朝日、日曜朝はTBSからNHKとニュース番組の他はこの季節なら駅伝やマラソン、たまにサッカー、ラグビーを見るくらいで、歌番組名など見ないのです。だから最近の歌には全く疎いわけですが、そういう訳で番組欄を見るなんてのは終ぞないことです、たまたまに見つける。拓郎でした。70歳とインタビューで何度も触れて。70歳かぁ。確かにここ何年か肺癌だかどこかの癌でコンサートを急遽中止したりしたなんてニュースがあり、またそれに同期してCDベスト盤がどんどん出て来て、あれ、死んでしまうのかと思ったことでしたが、そうでもなく。でも、映像は残酷で、歳とりましたねの態。ちょっとした動作、姿勢、表情が爺さんなんですね。ああ、そうかぁ。中で笑わせてました、俺は郷ひろみ西条秀樹野口五郎と同期デビューなんだ、連中が17歳の時俺は23だったと。いや、そりゃサバだわと突っ込んでました、あの3人は私より一つ上です、麻丘めぐみもそうですちなみに、であれば私よりちょうど10歳上ですから連中が17の時はあなたは26でしょう、と。10歳上なんですね、以前から知っていたような知らなかったような感心です。それこそ中学の時に友人から教えられて聞いてすぐに毒がまわって、あの頃が15ですから彼は25。こっちが還暦ですから向こうは古稀、当然なのですが吉田拓郎70歳なんて言われても・・の感想でした。最近のギグの映像が流れました、やせっぽちのブルースとかある雨の日の情景とかギター弾きはじめた中学の時に頻りに真似した曲が出てきます。時間が止まったというか目が点になったと言うのか。ああ、こんな古い曲を演るんだという感動です。定番の落陽とか旅の宿とかも出てくる。若い連中と楽しそうにやってる。でも声が出てる。これにも驚きました。ポールマッカートニーは70過ぎてからは極端に声量落ちて見る影のないことなのに、拓郎は違います。見てくれはしょぼくれましたが声は出てる。これもすごいなと。70歳であんなに声が出るのは加山雄三くらいじゃないですか他には。楽しかったですよ。
コメント

大火

2016-12-23 09:59:58 | Weblog
糸魚川の大火、ひどいことで。初め映像見た時、え?また地震?工場の爆発?と思いました。「単なる」延焼、一軒の火事があれだけ拡がったと聞いてびっくりしたことでした。延々10時間も燃えたそうで。類焼の恐ろしさです。こういう時に言葉を再認識しますね、延焼と類焼。すみません他人事ですからこんな能天気言ってますが、火事を他人事に見るか我が事に見るかの違い、客観と主観の違い。ここまで拡がりましたの延焼、うちまで被害が及びましたの類焼。辞書ひいたら類焼はもらい火とありました。たき火や煙草に火をつけるようなのんびりさですが。消防何してたんだ?の非難は昨日は聞かれませんでしたが、どうなりましょうかね。どんな分野にも専門家がいます、火災の専門家、都市火災の専門家が呼ばれてコメントしてますが、聞いてるに私でも今すぐ言えるようなことしか話してません。風、木造家屋の密集、狭い道路。悪条件が揃ったから。どうすればいいのか?逃げることだ。は?道路の拡張や家屋の間引き(強制退去)なんてできません、戦時中じゃあるまいし。結局初期対応、初動の責任を問うことになり、火の用心しろってことに落ち付いて。よく危機管理の雛型に採り上げられる東京下町の密集地、あそこが今どうなってるのか。という話に繋がっていきますね。向こうは単純な火災じゃなくて大地震が相手ですが。とまれ、怖かったでしょうね。私も幼少時に近所の火事ってのを経験したことがあって、あれは怖かったですよ。大火ってのも雰囲気のある単語で。江戸の大火。これですね、いなせな火消しの纏いの印半纏のの時代劇です。もうひとつ、糸魚川ってのは新潟県だったんですね。糸魚川何とかラインという日本列島を二分する断層が有名ですね、てっきり富山県とばかり思ってました。というのも県の対策本部が写って知事があの大きな顔の先に当選したばかりの人だったから気付いたのでした。あれこれ新たに知ることでした。
 福岡飯塚市長の賭けマージャン事件、いかがですか。バレた経緯が間抜けなことですから自業自得もいいところですが、さらにこのオヤジ居直ってますから処置なしです。勤務時間中にマージャン屋に行ってたんでしょう、その出入りするところを誰かに撮られて「善処してくれ」と脅されて警察に駆け込んで、公表される前に自白したって顛末だそうです記事によると。脅されて警察に届けるところ何ともチンケな奴ですが、ま、そんな奴を市長に選んでるわけです彼らは。金賭けないで麻雀やっても面白くない。金賭けずにやってる者がどれくらいいるか調べて欲しいなんてバカ言ってますからオメデタイ奴ですわ。あのラグビーの松尾は賭けマージャンでパクられたんじゃなかったですかね。どこでも賭けマージャンやってますよ確かに。でも、見つかるとアウトですよ、皆そう分かってやってる。見つかったらアウト、見つからなかったらセーフ。世の中はそういう緩さの中で回ってます。有名人は見せしめになる役目です。こんなことしたらダメよの見せしめ。何で俺だけが?なんて居直る奴は人の前に出る資格がないのですわ。選挙民達の責任て話ですが、これもわかりませんけれどね事前には。トホホを過ぎて呆れることです。
コメント

美醜

2016-12-22 08:23:36 | Weblog
東京の保育園での塩素混入事件(混入じゃなくて故意の注入ですけれど)、よくぞ赤ん坊が無事だったと思うこと、ヒトの危険を避ける本能ってのはすごいなと改めて感心することでしたが、白湯の表記です。白湯。これはさゆと読むでしょう?それをNHKはさ湯です。ええ?白だぞ、当用常用から外れるわけないだろうに。と思って新聞読み返すと、白湯と書いているのが日経だけ、産経と毎日はさゆ、読売は白湯という言葉を使わずにさました湯、温めた水という表現です。朝日は記事がありません。いかがですか?新聞が日本人をバカにしている。軽蔑しているという意味と愚民化しているという意味で。読売は白湯との言葉が読者に通じないとでも思ってるんでしょうかね、それともこの記事書いた者の恣意か。いずれにせよ、昔(明治時代)の新聞のように漢字の全てにルビふればいいんですよ。そうやって漢字を覚えてきたんでしょうから日本人は。こういう表記を見るとがっかりします。ついでに言うと、仮名交じり表記の不細工さです。熊本地震などで知ることになった罹災証明書、これをり災と書く。熊本のり災証明が云々とのテロップ読むに、のり災って何だ?となりますよね。これぞ愚民政策でしょうに!
 国連事務総長の潘さんが大統領選に出るんだそうです韓国。やれやれ、また面倒な人が・・。この人は国連という公平であるべき立場なのに、反日剥きだす人でしたし。その他の国際紛争に関して何もできなかった人という評価です。やれやれ。
コメント