柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

邪教

2011-12-31 08:11:46 | Weblog
民主党おん出た陣笠9人が新党を立ち上げたそうです。きずな、だそうです。ったく。政党助成金ほしさの年内駆け込み。あんた誰?ばかり集めて何ができるの。もっとも本人達もそんなこと考えてなくて、どこかに取り込まれる際に高く売ってやろうと思ってるだけでしょうけれど。小党は沢山あります、亀井さんとこ、渡辺さんとこ、立ち枯れ日本、そうそう社民党も共産党も。次の選挙には必ず消える連中でしょうからどこまで相手にされるかという値踏みですね。自民党があれだけ割れたのと全く同じ轍を踏んでます民主党。何~んにも変わらないことでした。経験のない分、ぶっ壊されたことでした。誰が選んだ?私達ですからね、皆様。
 原発がこの4月には日本中で全基停止するんだそうですよ。次々に定期検査の時期に入るんだそうです。どうしてこうなるんでしょうね。脱原発なのか脱「原発依存」なのかという区別はわかり易いことでしたが、前者はイデオロギー化して、土井たか子化と言うのか、ダメと言ったらダメ式の原理原則主義に陥ってます。とにかく原発はダメ、後のことは知らない。これです。新しく作るなんてはもってのほか、今ある全てを廃炉せよ!です。確かに後者では生っちょろいことではありましょう、どこまでが依存なのか、どういう割合なら脱依存なのかというグレーゾーンの中でダラダラぐちょぐちょの現状維持になるのは目に見えてますから。危険なものは排除せよ。ここまでは一応正しいにせよ、後先考えずにというのが大問題なのです。原発以外の代替エネルギーの目途が立つまでどれもこれも安全管理を十分にしたうえで稼働させればいいじゃないですか。1000年に一度の大災害だったのなら、あんなひどいのは暫く来ないでしょう?そういう前提で計画立てればいいじゃないですか。何でもかんでもゼロにすることばかりを是とする(それが目的になってますからね。単に我が国のエネルギー供給問題に係る一手段、一便法に過ぎないのに)イデオロギーは危険且つ幼稚です。被曝問題もそうです。長期に亘る低線量被曝の害を大声で叫んでます、あるかないかわからないことを怖れてます。確かなデータがない分、学者達は自分の感情論を振り回してます。害があるかないかわからないのですから、どちらでもいいわけです。好き勝手を言える、持論レベルで通用するんですね。あれだけ混乱してる、素人はどっちを信用していいのかわからないのは当然なのです、偉そうに喋ってる学者達もわからないで言ってるんですから。御用学者の御注進をそのまま言うばかりの政府発表が曖昧なのも仕方のないことなのです。でも、こちらに関する答えは東大の中川さんの説が正しいと私は思ってます、広島長崎の原爆後のデータから言ってます、広島長崎は福島のようにダラダラと放出し続けるのとは違いましょうから単純に比較はできないにせよ、当時今のようにあちこちで線量測っていたらとんでもない数字が出ていたことでしょう、半減期の長いもの(セシウムやらストロンチウムやら)も多かった筈です。でも、あの時は強制避難がなかった、生きてる人はそこにいるしかなかった。親戚を頼って非難した人も多かったかと思いますが、日本人特有の排他性(差別)は原爆者を容易には受け入れなかったことではありましょう。敗戦時の混乱の中です、やられたまんまで生きていくしかなかった人々。暫くは広島長崎のあの地域はものすごい線量だったでしょうに。内部被曝?人はそこで水を飲み物を食べてたのです。高線量による急性症状で亡くなる人が何十万人だったのは確かな事実ですが、未だに原爆手帳(被爆者の医療対応です)手にした人々が多いのも事実です。全国平均を上回っているそうです広島の被爆者の寿命は。中川さんは手厚い医療保護をその要因に挙げながら(これを言っておかないといけないですからね、いわゆる表向きの看板です)もうひとつ強制避難させなかったことを挙げてます。見知らぬ土地での生活上のストレスを与えなかったことがよかったと彼は言いますが、本当に言いたいことは避難なんてしなくてもいいんだということでしょう。20年後30年後に集計すれば結果として全国平均と比べれば癌の発生率は高くなっているのかもしれませんが寿命は短くならないだろう、そういう推測です。つまり慢性の低線量被曝はゼロ信仰学者が言い募るほどに危険ではないのでしょう。知らん顔して住み慣れた土地で住むべきなんでしょう。いえ、日本人のやることです、福島者、原発者という差別は強烈でしょう。でも、それもここ暫くのことで。政府の対応待っていたのでは百年河清を俟つの感ですから、まず年寄り達から帰っていく。やはり首長の肚でしょうかね。原発問題も首長の肚です。壊れてもいない、正常に動いている機械を止める必要などないのですから。日本中の供給電力を減じてますます日本を沈めていく、そんなことを手を拱いて見ている政治なんてありますか?トップの号令なんでしょうねぇ。ガタガタ言うんじゃねぇ、日本を潰すわけにはいかねぇ!こんな啖呵切れないでしょうねぇ、どぜうさんには。
 今年一年、皆様には当ブログにお付き合いいただきましてまことに有難うございました。お感じ通りのトンガリの反左翼の偏狭偏屈者ではありますが今後も管見書き続けて行こうと思っております。明年もよろしくお願いいたします。
 
コメント

方違

2011-12-30 08:54:45 | Weblog
年内に決着すると大見え切ったもんだから後に引けぬ態のどぜう首相、我が党民主党の税調で演説ぶって決めたんだそうです、増税案。映像見れば雛壇には藤井の爺さんはじめ前原さんいて仙石さんもいて、お前ら(陣笠達)言うこと聞け!の構えです。9人ですか、八ツ場ダム問題やこの増税案に反対して離党したらしいですが、木っ端達がどうしようが勝手にしろでしょう、どうせ今期だけのバッジですから。これが呼び水になって、亀井さんとか渡辺さんとかに次々に切り崩されるとまずいのでしょうが、さすがに連中も目先の勘定しましょうからね、どっちにいたら得か。もっとも今の状況では行くも戻るも地獄でしょうが。で、そのどぜうさん、我が党の陣笠たちを説得します、嫌なことから目を背けないのが与党の役目だと。ああそうなんだ、だからあんたたちは今まで好き勝手を言ってたわけね。土井たか子ばりにダメと言ったらダメ。反対の為の反対。そういうチャチャを入れたくなるような説得口調です。つまり未だ与党としての自覚に欠けてるって言ってるんですよ。多くの小沢チルドレン相手にして何を寝言言ってんのよ、ではあります。与党どころか議員としての自覚にも欠けてる連中でしょうに。もう一つ思ったこと、そっち(味方達)にばかり話さずにこっち(国民)にも向いて話してくれよ、でした。あなたに足りぬは言葉だ。国民に向けての言葉だ。増税してこの国は立ち直れるのか。この不景気は克服されるのか。そこの計画なり信念なりが全く見えないのです。借金を子子孫孫に残すな。そればかりじゃぁ借金が増えるばかりです。皆今日の生活が大切なんですから。親がしっかり金儲けできなければ子は育ちません。そういう順番を無視して将来なぞないでしょうにね。どぜうさん、顔を向ける方が違うんじゃないんでしょうか。いつまでこんなことやってるんでしょうね。
コメント

芝居

2011-12-29 08:21:45 | Weblog
北朝鮮のこと、ちと騒ぎ過ぎですねぇ。誰が一番前にいるかとか、後ろに誰が居るのかとか、そんな穿鑿ばかり。一般ピープルの(もっともあれは一般人ではなくて、演技を強要された特権階級の人々だそうですが)大泣き大芝居をこれでもかと映して、何を煽りたいんでしょうね。今朝のTVは、次の将軍様の肉声が初めて聴けるかもしれないなんてつまらぬことを言ってます。粛々と、これといった混乱もなくセレモニーが行なわれていることを報道する。北朝鮮を利することになっているのに。何だか異形の世界を面白がってる趣です。いいのかこんな報道で。
 沖縄の基地移転に係る環境影響評価書が朝の4時にこっそり(でもなかったようですが)県庁に運び込まれたというニュースです。本来なら防衛相が手づからに知事に届けるべきもの、きっと反対が多かろう(身の危険があると判断したそうです)から、民間業者に委託すればさすがの反対派もひどいことはできんだろうと安易に選択した所、取り囲まれて立ち往生、挙げ句の所業です。新聞は闇討ちとか夜襲とか穏やかでない見出しを打ってます。でも知事は結構シレっとしていて、この文書を受理せぬ理由はない、受理しないで済む法的根拠はないなんて言って、猛烈な反対派に水掛けてます。辺野古の市長は当然ながら怒ってます。受け取ってその後に正式に文書で拒否することと、受け取らないこととの差異。それは反対派への阿りに繋がりますか。強硬反対派とは一線画すぞとの知事の態度表明にはなりましょうね。この辺りの政治家達の演技合戦には実のところうんざりですが、法律を盾に、法治国家なんてカラカラの大看板を振り回して言い訳してるだけなんですがね。辺野古には行けない、普天間に置いたまま。自民党がやってきた事のまんまじゃないかよ青二才ども!
 
コメント (2)

泰斗

2011-12-28 08:17:49 | Weblog
昨日原発事故の調査検証委員会の報告に噛みついたことでしたが、昨夜NHKでその特集やってました、畑村さんと柳田さんが呼ばれてました、見ました、どうせ言い訳ばっかりなんだろうと思いながら。ポイントはここでした、私は政府の、菅さんの責任やら不手際やらを棚に上げての犯人捜しじゃ意味ないじゃん!と言いましたが、そこのところ、この報告は中間報告であって、今後は政府要人達(当時の)ヒアリングも進めていくと委員長言ってました。ふうむ。あれがいけないこれも不手際という報告書ですが、委員長(畑村さん)言ってましたが、専門家達の不手際には違いないのだが、スイッチの入れ間違いとか勘違いしていたとかのミスではなく、ああいう事態を誰も正確に掴めてなかった、何が起こっているのかが誰もわかってなかったから対応が云々のレベルではない惨事だったのだと。おお。それを想定外って言うんでしょうが、この人は想定外を許さない風です、この言葉に逃がさないぞと。そう言い過ぎると、想定できぬことまで想定するのが専門家だろうという禅問答へ道を作るようにも思うのですが、この人はさすがにそこには釘を刺しましたよ、それができていれば事故は起きなかったんだと。ああ、結論はそこだなと。論議は回りまわっても結論はきっと陳腐なのです。大仰に構えて難しい言葉使っても結局そこかい?と突っ込めそうな。誰かがわかっていたら事故は起きなかった。その通り。真実は問題提起のすぐそばにあるのです。そこをどうするか。それこそが失敗学の極意なのでしょうから、その泰斗の今後の持って行き方は注目です。
コメント

瓦斯

2011-12-27 08:21:21 | Weblog
原発事故に対する政府の事故調査・検証委員会がやっと結果を公表してます。失敗学で有名な畑村洋太郎さんが委員長です、何カ月も前に鳴り物入りで設置された委員会でした。他の委員には作家の柳田邦男さんがいます。もう一つ、ノーベル賞受賞した島津の研究者(名前またまた忘れました、最近こういうのが多すぎます、まずいです)が委員になっている同じような会ができましたね。こんなにだらだらと多く作って何をどうしたいんだ?という話です。これじゃぁ菅さんの愚策そのままですよ。で、その結果です、大叩き。これだけ時間かけたんだから、こういう人(畑村さん)と起用したんだから、という納得モノ。というのか予定調和と言うべきか。東電も保安庁も対応不十分。そんなことはじめからわかってるじゃん?何を今さら?で、この委員会は政府の対応の不備には、それはひとえに菅さんの肚のなさ、大局観のなさ、リーダーシップの絶望的欠如に起因することなのですが、全く触れないのでした。政府側、菅さんに事情聴取はしないんだそうですよ。何それ?あの事故は天災部分と人災部分が明らかに複合されたものでしょうにね。素人目に、国民は皆そうわかっているのに。現場ばかり叱る、想定外という言葉ばかりを叱る。想定外の出来事を想定するのが専門家だ、とばかりに。政府があれやこれやのデータを隠してたのは明らかなのにお構いなし。どんな委員会なんだ?政府が作ったものだから政府には咎が及ばない。やらせメールの第三者委員会と同じ構造。こんなことで、犯人探ししてこれでもかと叩いて、それで終わり。つまりガス抜き。こんなことではまた同じことが起こりますね。そう思われませんか。
コメント

叩頭

2011-12-26 08:20:52 | Weblog
予算の49%が国債だというとんでもないことになっている、日本国債が格下げされてギリシャを嗤えない公務員天国なんじゃないの?そのさなかに韓国大統領に会ってヘナヘナだわ、今度は中国で小沢さん張りの叩頭外交してます、どぜうさん。北朝鮮を潰したくない中国にうまく操られて、おまけにもう何匹かパンダを貸してくれなんてバカ言ってますよ。ODAはどうなってるんでしょうか。日本との国境を侵犯し続けている国に金を渡してるんですよ。パンダも高いんでしょう?都知事が噛みついてましたが、年間何千万円ですよ。そんなものどうして要るんだ?そうですよね。でもNHKのニュースでは仙台に行くそうですが地元の人に言わせてます、パンダがやってきたら癒されます、元気が出そうですって。んなわけないだろう?!戦略的友好だかなんだか知りませんが向こうの言いなり。これは自民党時代からの流れではあるのですが、いかに民主党の青二才達がこっち(外交)に無力だかを丸々証明してます。言われるがままです。敵さん狸の思うがままです。北朝鮮の有事にきちりと対応できぬわ、韓国に押されるだけ押されて、最後は中国に捻られて。沈みますよ。こりゃ本当に沈んでいきます。まずいなぁ。橋下さん、あなたでいいからなんとかしてくれないか。石原さんも期待させるだけで終わりそうだし。閉塞感。どぜうさんの顔、TVに写るあのニヤニヤ笑顔が段々にストレスになってきました。いかがですか。
コメント

感謝

2011-12-25 17:26:32 | Weblog
昨日は恒例のクリスマスロックンロールパーティー盛会裡に終えることができました。全てはおいでいただいた皆様の熱いご声援のおかげと心から感謝いたします。有難うございました。ビートルズとベンチャーズとを中心に置いて動かさず、毎年一つづつ新企画モノを見ていただいております。今回は井上陽水、吉田拓郎の古い(昔の)曲からいくつかづつ聴いていただきました。私の年代の方であればこの二人はリアルタイムでのし上がっていく経過を知ってます、あれこれ思い出を込めたつもりでした。お楽しみいただけましたなら幸いでした。来年もきっと開催できますよう、日々精進いたします。有難うございました。
コメント

交替

2011-12-24 08:20:08 | Weblog
結局八ツ場ダムは建設されるそうです。そんなことを、継続する方が中止して撤去するより安くて済むからなんて計算しているより、やらねばならぬことが他に山ほどあろうにと思うことです。マスコミが面白がって大きく報道するもんですからそれを聞いてる者(私達)は大事に思ってしまいます。これが新聞の片隅記事だったらいつの間にか知らぬ間にということで通り過ぎます。つまりマスコミの恣意に全てを委ねられているという現実です。行くも退くもどっちも大金がかかります。だからコスト計算だとなるのでしょうが、本当に必要だったのかどうかという大問題がすり替えられてしまいます。誰が決めた?自民党ですね、利権政治の末のことでしょうきっと。それをひっくり返すと意気込んでぶった斬ろうとしたのが前原さんだったのでした。面子丸つぶれの態で一人抵抗していた(一人じゃないですか、TVには何人かの陣笠達が官房長官だかに陳情するパフォーマンスしてましたが)そうですが、反対するが党の方針には従うなんて型どおりの収め方して、こいつはいつまで経っても「言うだけ番長」だというわけです。新聞には八ツ場中止を撤回、政府方針を民主党が容認と見出しです。政府(内閣)と民主党(与党)とは形の上では別組織なんですね、だから連中の逃げ口上は決まってます、それは内閣がお決めになることだからとか、党に相談して理解ていただくとか。金の出所とかクビ根っこは党に掴まれているのにこういう具合にうまく使い分けます。自民党と何も違わない。経験のない分無茶をする。こんな連中を選んだのは私達なのです、天唾とはこのことでしょうか。だから自民党。そういう期待は小さいけれども、なんにせよとにかくこの青二才(年寄りも多いけれども)の左翼集団を政権の座から降ろさねばならぬことでしょう。替われ!なんですけど、どっちかと言えば止めろ!です。自民党に替われじゃなくて、お前達が辞めろ!ですね。そうでしょう?
コメント

呑気

2011-12-23 10:52:25 | Weblog
北の将軍様の死亡情報を、うちのどぜう首相や山岡国家公安委員長が呑気に甘く見ていたのは、まぁいつものことです、こいつらに日本の守ろうなんて意識が根本的にないんですから仕方がないのですが、韓国大統領はもっと下手をこいたようで。当日は朝から自分のお誕生日会だったんだそうです。日本と同じくらいの情報収集力だったそうです。へぇ~。記事によると中国には正確にリアルタイムで伝わってたそうです。インテリジェンス。佐藤優が、いまやすっかり博覧強記の作家となってますが元ノンキャリ外交官、鈴木宗雄と組んで対露工作して有罪判決受けた人です、この人が頻りに強調する情報収集力(インテリジェンス)の弱さ脆さです。結果として静かに(今のところは)経過してますからよかったなぁなのではあるのですが、これがドンパチで始まってたら大変なこと、昨日曽野綾子が産経に書いてましたが、難民がどっと38度線を越えてくるという事態もあり得るわけでしょう。それはつまり日本海経由で、全く無防備な日本海沿岸地域に多数の小船が(あるいは戦艦が)やって来るかも知れない事態でしょう。それがあの時に起こったかもしれなかったわけです。起こらなかったからよかったねなんですよ、そうなんですけれど余りに無防備でしょう。そうは思われませんか。北の将軍様の無体さ無茶苦茶さをあれだけ報道して、やがて金政権は崩壊するに違いないなんて言い放っておきながら、いざという場面には何の備えもないという為体です。民主党がいけない(のですが)だけでは済みません、自民党であったとしてもこの程度だったに違いないのですから。つまり日本人の平和ボケここに至れりの態です。憲法を変えて軍隊を持って国防意識を教育し直して、です。こう思っている者は国中に沢山いるでしょうにね。石原慎太郎くらいしか頼る糸がなかったことでしたが、橋下というカードが出てきました、期待できましょうか。何でもかんでも人の所為にする、優れモノを許さぬ、とにかく能無し達にレベルを合わせろと強要するこの左翼社会をぶち壊してもらいたい。そう思います。
 立川談志の葬儀の模様が放映され、久しぶりに上岡龍太郎の顔を見ました。この人は関西芸能界のレベルを上げていたイメージでした。横山ノックと漫画トリオ組んで一世を風靡した人でした、その後横山ノックが落魄していく中でも彼の才能を持ち上げ擁護していた人でもありました。往年の名番組「ラブアタック」の名司会も思い出されます。あれはよく見てたなぁ。若かりし頃、バカ学生だった頃です。突然に引退して、なぜ?と訝しく思ったことでしたが、あれはもう何年も前のことだったのに、TVに写る顔の若々しいこと、びっくりしました。きっとあれこれ現役で活躍してるんでしょう、バリバリの表情でした。ああいう歳のとり方をしたいと常々思っていますがいかがなりますやら。
 八ツ場ダム、事業継続だそうです。前原大臣がイの一番に中止すると言い放った公共事業削減の第一陣でした。継続だそうです。ということは中止してなかった?中止していたら再開ですよね。中断していただけ?一時休止していたものを継続決定して工事再開する。言葉遣いからそう推測されることです。古館が嫌味皮肉たっぷりにこの言葉遣いを評価してましたが、どうなってるんですかねこの党は。一丁目一番地という表現は亀井さん達が言い始めましたか、郵政改革を元に戻すという意欲を指して。それを鳩山御大がマイク向けられてまた使ってます、八ツ場ダムは我が党のマニフェストの一丁目一番地だ、軽々に変更するはいかがなものかと。おいおい、お前が言うな、という話で、きっとマスコミもこういう反応を期待してマイク向けるんでしょう、いじられて期待通りにという態ですが。自民党政治と寸分変わらなかったという顛末でした。経験のない分、無茶やってくれて。じゃぁ経験を積ませろ?御冗談を。そんな時間は今の日本に残ってないでしょうよ。橋下よ、ひっくり返してくれ!これも危険な流れだと思うのですが、今よりましですか。そうやって日本はあの戦争にのめり込んでいったことでしたが。経験ではなく歴史に学ぶ賢人よ、出でよ!
コメント

阿諛

2011-12-22 08:19:52 | Weblog
橋下大阪市長をTVが追いかけます。それぞれの党首に会ったと思うと次は大臣たち、そして石原知事。思うがまま、わが世の春ですか。形は就任挨拶ですが、その実は俺に会わんとエライ目に遭うでぇという脅しですね明らかに。就任挨拶と言ってもたかが一市長ですわ、このくそ忙しい年末に陳情とは礼儀を知らん!と普段なら言い放つ所でしょうに、にこにこの満面の笑みですどいつもこいつも。よくもそこまで媚びることじゃな木っ端ども。橋下さんもそこを十分に読んでます。会わぬなんて奴は、そんな度胸のある奴はいないだろうとの読み。特に平野国対委員長は民主党の大阪府連会長だそうで、ここで橋下さんを怒らせると次の衆院選総崩れの危険が大きい、それどころか我が首も危ないんです。維新の会は全大阪を制覇してますから。きっちり脅してるでしょう橋下さん、国会議員が俺の言うこと聞いてくれないなら国会議員を送り込むまでだって。亀井の爺さんがべったり擦り寄る、都知事も味方。能無し大臣たちのへつらい顔ばかりがTVに写ります、そのなかで報道が詳しかったのは文科相への注文です、教育制度への権限が市長や知事になく教育委員会だけに限定独占されていることが日本の教育を捻じ曲げているのだ、文科省はここから変わるべきだと言ってました。大臣しどろもどろでした。が、たかが一市長の陳情ですわまぁ言えば。TVカメラが追いかけますから大臣としてもそうそう傲慢な態度はとれないにせよ、できぬことはできぬ!と一喝するくらいの奴がいてもいいのにと、このヘタレどもを見ながら思ったことでした。思い上がるのもいい加減にせい!ま、一番言いそうな亀井の爺さんがデレデレですし、もともとこういう変え方をしたいと思っていたに違いない民主党の学業優秀なだけの青二才どもはカウンターパンチを食らってボウーっとしてるだけです。一市長が日本の教育制度を変えたいと言ってるんです。天下の大臣がしどろもどろ?これが選挙屋達の限界なんでしょうね。本気で自分達の首の回しが寒くなってるんでしょう。そういう危機感に包まれてるんでしょう。天下国家なんて考えてられるか。強い者に擦り寄るのみ、勝ち馬に乗ってここまで来たんだ。連中の考えそうなことですがそれにしても、よくもまぁこれだけしたい放題を許してること。情けないことです。弱い者いじめしかできぬ連中なのです所詮は。トホホです。
コメント