柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

見苦

2018-06-30 08:30:02 | Weblog
日大アメフトの無茶タックル事件、まだやってます。第三者委(あちこちで流行ってますが誰が選ばれているかまでは追求されてません、そこが肝ではありますが)が結果発表してます。日大関係者が選手に口止めしてたことがわかった。言ったらバッシングされるよ。と、呆れ顔でした。さらに120人の部員に、監督やコーチの言い分と当の選手の言い分とどちらが正しい?と聞いたところ全員が選手だと答えた、これも驚いたと。どのニュースもこれを採り上げキャスター達は眉を顰めてましたが、そんなことくらい言うでしょうに。お前ら要らんこと喋るなよくらい言いますよね。そんなにおかしい事でしょうかね。咎められることですか?事実緘口令敷かれてましたね、発覚当初に街歩く部員にマイク向けてましたねマスコミ、でも連中黙ってるか、喋るなと言われてるとか答えてましたね。これが普通ですわ。あれこれ個人の感想喋ってもいいことにはなりませんよ。口止めくらいはするでしょう。そんなにいけないことですかね。とにかく責めろの集団暴力ですねぇ。見苦しいことですわ。そう思われませんか。
コメント

言訳

2018-06-29 08:22:57 | Weblog
はやぶさ2の話題です。先にどこかの星の塵を何年かけて運んで来たと感動ドラマ仕立てで見せられました。単純に私はああいう計算通りに帰ってくることに驚くわけでした。物理の法則ってのは、ファジーでないニュートン力学ってのは厳として真実なのだなとの感心です。神はサイコロは振らないとアインシュタインは主張したのでしたが量子力学が確率の世界を証明して。でも、ああやって遠隔操作できるということは計算通りに起こるニュートン力学の世界でしょうし(いえ、物理大苦手の私がエラそうに言うのはよしましょう)。で、今回の2号。3億キロの彼方の目的の小惑星に32億キロも飛んで到達して(それだけ追いかけたということですね)、その対象の小惑星リュウグウは直径900mだそうです。ええ?32億キロも飛んで行くその的が直径900m?どんな精度?凄い技術!でも、全部計算ずくということですね。これがまたすごいなと感心するのです。ひとえにこんな精緻な計算が根っから苦手で、物理が大苦手の性癖による感想ですが。
 サッカー、いかがです?最後の時間稼ぎが、ねぇ。長谷部が入った所で方針が見えたというわけでしたが、あれも戦術だ。とにかく決勝リーグに勝ち残らねばならぬのだ!これが本流ですね、今後どの番組でもどの解説者もそう言うでしょう。でも、これが逆だったらボロクソに叩くんでしょうしね相手を。セネガルの結果を待つ、首の皮一枚残っているから。点取りに行ってカウンター喰らったら元も子もない。西野さんの判断ですね。向こうの方が強いんですから。と、こちらも言い訳に傾いてますが。
コメント

下手

2018-06-28 08:26:06 | Weblog
国会で党首討論が行なわれてます、安倍さんが余裕のヨッちゃんであしらいにかかってますから(つまり端からまともに応える気がない)無駄な時間がただ過ぎるだけ。子供が見てるぞ!こんなんじゃ手本にも何にもならないぞ!の非難も空しいことです。当人達がその気がないんですから。枝野さんのは質問じゃなくて演説だ、あなたが以前に言うたようにこの機会は本来の役目を終えているのだと鼻で笑われてました。それを受けてムキになってましたし、後の会見で、ならば別の機会を作ればいいなんて負け惜しみです。おいおい。だから簡単にあしらわれるんですよ。思い出すのはその昔、安倍さんが最初に首相になった時に民主党の小沢さんが見事に手玉にとった場面です。あなたのお父さんにはお世話になって、と始まったことでした。そういう面白味もない。キャンキャン吠えるだけ。志位さんは喧嘩腰で非難するだけ。大塚さんは位負け。最後の岡田さん持ち時間過ぎても叫んでて。あれだけTVに写ってた人がねぇ。栄枯盛衰です。誰も彼もがちょちょいとあしらわれてる。まともに議論するつもりがないんですよ安倍さん。それはつまり、あんな怒り易い短気な人をその気にすらさせない、連中の質問がなってないわけですね。議論がかみ合わない。どの解説者もそう溜息ついてますが、安倍さんは端からそのつもりなんですから。長々と関係ないこと喋るなと、討論の初めに司会者に釘を刺されてもものかわ。安倍さんもよくないけれど、野党連中が下手過ぎましょう?寄って集ってあの為体です。トホホです。
コメント

曖昧

2018-06-27 08:25:14 | Weblog
地震調査委員会なるものが今後30年間に震度6以上の地震の起こる確率(地域別)を発表してます。前も書いたことがありますが、%表示なのですが、一体分母は何、分子は何?日本で一番高いのが千葉の85%、高知の75%だそうです。このくらいの数字ならイメージは湧きますが(ああ、起こりやすいんだと)、大分は55%宮崎は44%、あの熊本は7.7%です。半々、て何?7%?わからないでしょう?こんな数字はあらゆる場面で表示されます、わが業界では病気の発症率、煙草を吸うと吸わない人と比べて肺癌リスクが何%増えるという、あれです。比率表示(%が代表です)には誤魔化されるな。いつも実数を求めよ、つまり分母と分子を明確にせよ、と言いたい者ですが、特にこの地震予想の%はわかりません。新聞記事を見るだけですが、%による色分けの境が、0、0.1、3、6、26と来て次はいきなり100です。0と0.1との違いを強調しているのでしょう、まるで対数グラフの様な目盛ですが、26%以上100%までが同じ色なんです、この大雑把さ。0なんてのも言いきれぬことだと思いますが、地震の予想なんてこれだけ曖昧なんだという言い訳のようにも見えて、それならこんな脅しするなよとも思います。???。いつもこうです。
 富山の交番襲撃拳銃強奪殺人事件。関係者や評論家達の口をつくのが「あってはならない事件だ」です。現に起こってるんだからその言い方はないだろうと思います。皆こう思ってるからいつまで経ってもこの手の事件がなくならない、思考停止の結末ですね。そして被害を免れた近くの小学校校長のドヤ顔はどうです?滔々と喋る喋る。あんたが助けたんじゃないだろうに。色々いますねぇ。人間模様なのですが、何だかあちらこちらで急におかしな奴らが起き出してます。木の芽立ちの季節は過ぎてますけどねぇ。
 
コメント

忸怩

2018-06-26 08:22:00 | Weblog
本田△。どう読むかご存知でしたか。絵文字とか携帯文字(と呼ぶのかどうか)があるのは知ってます。これもそうだろうなとは思いつつ、さっぱりわからない。答えは、本田さんかっこいい だそうです。本田さんカッケー。格好良いはカッケーと表記するんだそうで・・と解説しても面白くもなんともないのですが、解説してもらわなければわからぬままで・・。まだわかりません?△は三角形ですね。さんカッケー。終わり。
 マスコミの神風煽りと手の平返しにはここでも何度も批判してきたことですが、もちろん届く筈もなくまた直す筈もなく。で、今朝の日経コラム、堂々と居直ってます。ハリルさんを解任してロートル連中を招集して負けた時の言い訳作りだろう、忖度ジャパンだなんてあれだけ叩いておいて、今ですからね。本田~~!ですよ恥ずかしげもなく。我ら内心忸怩たるものを感じているが、と言い訳しておいて、バッシングと賛嘆は紙一重だと開き直る。負けたら負けたで大叩きしてたくせに、です。どうしてハリルをクビにした?どうして若手を使わない?もちろん負けた時用にあの三人(長友入れて四人)呼んだんですから。呼んでなくて負けた時のとの比較論。どっちが轟々です?若手だけで負けた時でしょう?だから日本人監督、という逆算だったのは明らかです。でも、こうやって裏に出て(表ですか?)絵に描いた如くの手の平返し。大絶賛。やっぱりベテランだ!持ってる男、本田!香川もよく走りますしね。この四人は気合いが入ってる、そういう結果なのでしょうが。内心忸怩、ですか。ほんまかいな。
コメント

予想

2018-06-25 08:19:41 | Weblog
サッカー、こんなにうまく行っていいんでしょうか、いいんです!(川平風にどうぞ)。さすがに解説者は誰も勝つとは言わない、引き分け狙いだと。それだけ力の差があるというわけですが、それは先日のコロンビア戦も同じことでしたからね。そのコロンビアはポーランドに3-0の圧勝でしたから恐ろしいこと。よくぞ勝ったり、そしてよくぞ引き分けたり。グジャグジャ言わずに喜べ、です。そして二度も追いついたという展開ですね、解説者達にはとても美味しい経過。大迫が大チャンスを逃して、乾がバーに嫌われて、まずいかなぁでしたよね。そこで本田と岡崎の投入。二点目は、何度もリプレイ出ますから皆わかってましょうが、岡崎が持ちこんで相手のゴールキーパー倒してる殊勲でしょう。で、本田の前に流れて来てズドン、じゃなくてパコン。でも、この二人が絡んでの得点という所、世の中のサッカー好きの声が聞こえそうです。ハリルさんの解任劇が今のところ吉と出ている結果です。つまり西野さんに替えたのは本田岡崎香川をもう一度呼べという意図だったでしょう(誰もはっきりとは言わないでしょうけれど)、それが当たってると。当たってますからね。先発で使わずに後半の終盤、相手も疲れてきた時に投入する。連中のプライドもものかわでサブで使う。この作戦が今までの二試合では当たったわけです。ベテランの味とか経験値とかあれこれ表現はありましょうが、周りが疲れてたらまだまだいけるでしょう(その点は香川と違うところで、西野さんはそう見切ってるというわけですが)。そういう結果ですね。次にどうなるか。相手は予選敗退決まってますからやる気がないでしょう、だから先制点ですね。素人でもそう思いますが。さてさて。
コメント

街町

2018-06-24 10:40:03 | Weblog
大阪大地震もサッカーに呑みこまれて、すでに皆忘れてます。つまりマスコミが報道しません。大被害じゃなかったから、ですひとえに。東北のように線路がぐにゃぐにゃになったり、神戸のように高速道路が橋桁ごと倒れたり、熊本のように谷をわたる道路がぶっつり折れたりの絵がないのですね。何時間か電車が一斉に止まって、それはそれで大不便で帰宅困難者の行列が美味しい絵柄でしたが、それもあっさり解消されて。水道電気ガスのインフラ復活も迅速、もちろん家屋の被害はそれぞれでしょう、一旦避難してその後の帰宅が叶わぬ人もおられましょうが、ブルーシートで青い花が咲いたような写真は何度か見たなとその程度で済んでいて、マスコミが引いて行くのもやむなしの現場。昨日も書きましたがやはり田舎より都会が強い。それはつまり人口が多い強みです。そもそものインフラ整備の差です。もちろん被害の大小に左右されます、今次の大阪地震は被害「中」でしょう。小の上というか。だから復旧も早かった。同じものが当地の様な田舎に起こっていたら、昔ながらの古い家並は軒並み倒壊して火が出て(神戸の長田地区のように)停電断水からの復旧も人手不足で遅れ遅れて・・でしょう。こんな時に必ず災害に対する大都市の脆弱さと嘆く記事や解説が載るものですが、田舎住まいの者から見ると都会の強さこそが見えますけどねぇ。帰宅困難者にしても人口が多いからあれだけの行列になるだけです。JRやバス利用者よりも自家用車利用者がうんと多い田舎には何より道路、東北の時のあの大渋滞です。逃げ道が一つだけ。だから諦めもできるんでしょうけれど。だからブロック塀にいつまでも拘るしかない。行政は(これが役人性癖ですから)震えあがって我が町の点検を始める。マスコミは当の高槻市を総掛りで責める、遡って責める。3年前から危険は指摘されていた!なのに放置して、今次の悲劇!こうしかないとは分かりますが、さて。死んだ女児は帰ってきません。で、今夜サッカーですよ!
コメント

証明

2018-06-23 08:27:46 | Weblog
今次の大阪大地震、電気や水よりも都市ガスの復旧が遅れていてそれを妙に強調してますマスコミ。そしてエレベーターの閉じ込め事例が東北地震より多かったとさもこれが特徴のように書く記事がありましたが、東北と大阪、そもそもエレベーターの数が違うでしょうに。何~に言うてる?の典型。都市ガスなんてのも文字通り都市に限定してのこと、田舎にはプロパンガスの配達しかないですから。公共交通機関がしばらく止まって、言う所の帰宅困難者が大量に出て、これは先の東北地震の際の東京と同じ現象でした。人口の多い所の特徴です。でも、早々に回復してます。電気も水も。こっちを言わない。都市インフラの脆弱さなんて嘆いてますが、都市だから復旧も早いということでしょう?田舎だからなかなか戻らない。東北もそうでした、熊本もそう。大田舎の大災害だったから復旧にも手間取る。もともとインフラの発達してない所へは救助も遅れる。そういうわけですね。今回の様な、言葉は不適当でしょうが、中途半端な壊れ方の場合は都市が強い。そういう証明ですね。CGでシミュレーションして素人を脅かす映像のような大災害になると対応そのものができなくなるんでしょうが、この程度であれば日頃の備えが効くという証明でしょう。だからブロック塀ばかりを責める。人が死んだから寄って集って責める。相手が行政ですから嵩にかかって責める。ここしかないからですはけ口が。東北のようにあれだけ亡くなると一点攻撃はできませんから。そういうカラクリもよくわかることです。家屋の被害はそれぞれでしょうが、やはり都会は強いのです。そういう証明でしょう?
コメント

本質

2018-06-22 08:24:19 | Weblog
国会の受動喫煙審議の場、禁煙支持側の癌患者という肩書の参考人の陳述中に自民党のバカ議員が野次飛ばしたんだそうです。いいかげんにしろと。当の本人が目を丸くし呆れて見せて(口調は穏やかでしたが)野党の女議員が例によって噛みつく映像でした。それこそ、いいかげんにしろ!です。いちいちマスコミも採り上げなくていいことなのに、ここぞとばかりにやる。他にないの?
 大阪地震のブロック塀倒壊事件、初めの映像から素人目に明らかでした、鉄筋の短さ。元々短かったのか、折れたのか(前者でしたが)。折れるにしても全長に亘って同じ断面を見せてましたからこれもおかしい。当初のワイドショーでも解説者が言いにくそうにそう言うてましたがね、建築上の不備だろうと。で、日本中がブロック塀の点検に移る。それが今次の反省点だと。こういうのを矮小化と言いますよね。本質隠しとか。
 朝ドラ見てます。ずっと見てます。今次のヒロインは人気が高いそうです。豊悦はじめ脇が豪華(これは毎度のことですが)なことも楽しみの一つなのですが、前回はビートルズのローリングストーンズのと出てきましたが、今回はシナロケです、You may dream です。おおっ!。この曲に思い入れがあるもんですから、主人公達が唄うのを聴いて手が止まりました。残念ながらシーナは死んでしまいましたが、九州弁丸出しの鮎川誠のあのこだわりギターと合わせて好きでしたね。歌詞もソラで覚えてます。青春じゃぁ!
 
 
コメント

標的

2018-06-21 08:22:13 | Weblog
スーテキユーイ(スウテキユウイと書くとニュアンスが変わりますね、ウをーと書くとおちょくりやふざけ調になります)。これでもかとTVが繰り返すW杯の勝利劇ですが、解説者が必ず指摘する数的優位。早々にレッドカード退場になって11人-10人の戦いになった事を指す業界用語ですね。サッカーの特徴です、ラグビーにはこんなルールあるんでしょうか。バスケットやバレーボールではない、野球もないですね、本人が退場になっても代わりが出ます、数的不揃いのままでは続けません。で、それをこう呼ぶ。漢字をそのまま音読みされても知らぬ者には何のことやら理解できません。漢字見て了解する。意味を聞いて頭の中で漢字転換する。スーテキユーイ。言う所の専門用語、知らない者を排除する合言葉のようなもの。あちこちにあるもんです。
 今次の大阪大地震。ブロック塀が標的になってます。小4女児が死亡したからこの騒ぎです。端的にこの因果です。ただ倒れただけではきっとマスコミはスルーしてたでしょう。先の熊本地震の際にも倒れた塀はもっと多かったでしょうけれど、他にもっとひどい被害があったからそっちは無視。つまり報道なんてのは所詮は相対的なモノ、ひどい順、派手な順。人が死んだり大怪我したりした順。すぐにヘリが飛ぶのも惨事探し。何もない時の搭乗アナの勢いのなさが物語ります。煙や火の手は見えません。残念!が透けてます。捜せば違法ブロック塀だらけでしょうに。現在の耐震基準に外れる家屋だらけと同じで。で、やがて忘れる。マスコミが言わなくなる。そのまま曖昧のまま。75日も要りません、ほんの二週間で十分です。ですよね。
コメント