柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

本音

2015-12-31 09:50:44 | Weblog
愛知県の社会保険労務士がやってくれてます、これは笑えますよ。新聞記事によると、問題職員(モンスター社員)解雇のノウハウ教えますとブログでやったそうです。大体がブログにせよラインやツイッターやら、どうしてこんなにあれこれ自分のこと見せたいんですかね。発表の場、なんでしょうね、その気分はわからぬではないですが、誰が見てる読んでるかもわからぬことです、ここに躊躇はないのでしょうか。女房や誰かがやっているのを垣間見ることですが、写真や何やら日記風にこまごまと晒してあってびっくりします。如何に仲間内だけだから(イントラネットですね言うところの)とはいえ、です。ブログはクローズドではありません、もちろん発表の場と考えているなら本人は世に問うている気分でもあるのでしょうが、自分の期待に数倍する攻撃も覚悟せねばなりませぬ、炎上という名の大叩きです。そのブログをこうやって書き続けている私も同類なのですが。その労務士の書いた内容です。法的に上手に解雇するには相手を鬱にするんだそうです、合法的なパワハラを続けろと。自殺しても鬱の原因と死亡の因果関係を否定する証拠を作っておけ、だそうです。へぇこりゃいいわい。ま、こんなもの読んだら目を吊り上げる輩は多いでしょうし、すぐに告げ口します。された方(エライさん達)は対応せざるを得ません。事実、社労士会会員権の3年間停止と退会勧告してるそうです、こうせざるを得ないのです。大衆の声はこれだけ強いのです。匿名大衆の無用の強さです。それはさて措き、エライさん達も彼の言の「真実さ」はよく知っている筈ですがまさか堂々とは言えぬこと、そんなことは酒の席で笑い話としてこそっと教えることだと思っているところ、白日の下に晒された日に怒らねばなりませぬ。やれやれ、です。こんなのがどこにでもいるんですわ。で、御本尊宣うてるそうです、本当のことですからと。ううむ。モンスター輩はどこにでもいて、二言目には権利権利、労働基準局にどこやらに訴え出ると騒ぐ。大きな企業なら労組が面倒です。社労士ってのは企業側の味方でしょう、労組に対するところの(違ったらすみません)。だからあんな物言いになったのですが、批判非難を許すことこそが言論の自由です。私たちはこういう国に住んでいることを幸せに思わねばならぬのです、もちろん言っていいことと悪いこととの区別をそれなりにつけるという前提あればこそですが。私もここで十分に言いたい放題です、別のブログではもっとその傾向が強いです。業界の本流に抗うは簡単です、本音を挙げればよろしい。建前ではなく、当たり障りなくではなく、そうじゃないよと並べればよろしい。実はこうなのよと暴露モノにすればよろしい。彼はそうしたわけでした。我が振り直せ、という出来事なのですが、やはりこの手の飛び上がり者は困ったことですな、組織側から見ると。
 海原お浜さんの死亡記事見ました。お浜小浜とは昔の女漫才の先頭でした。向かって左が小さい方太ってる方喋くる方ボケ方がお浜さん、右側の背の高いガリガリのメガネかけたオッサン顔の婆様が小浜さんでした。だみ声で喋くりまくる、上方漫才の第一類型です。ツッコミ側はほなアホな、ほんまかいな、きみとはやってられんわ~と言うてればいい第一類型。その昔ひょうきん族(漫才ブーム)最盛期にささやきトリオでしたか、B&B、ツービート、紳介竜介のツッコミ三人を集めてましたよね。お浜小浜もリアルタイムで見てましたが、この人の弟子にあの千里万里がいて、息子も海原姓で漫才やってました。漫才ブームの前です、大阪漫才を支えていたコンビでした。合掌。
 今年もご愛読いただきまして誠にありがとうございました。読んでいただけることを励みにして連日書き続けて参りましたが、お陰さまで明年春には丸十年を迎えることができます。浅学拙論であることは承知の上ですが、今後も続けて参る所存です。今後ともよろしくお付き合いいただきますようお願いいたします。
コメント

順番

2015-12-30 09:18:20 | Weblog
こういう順序なのでしょうが、案の定元慰安婦の婆様達からの反発模様を流しますTV。これも予定調和です。朝日新聞は相変わらず批判してますが、毎日は際立った官邸主導と肯定的です、産経は謝罪の宿命からの解放、国際注視の約束「破ったら韓国は終わる」と見出しです。ああいうふうにぶち上げておけば向こうも下手に出られない、そういう箍をはめるのです、つまり脅迫です。私がここで結局は金かい?と不平を鳴らしたように、世の中のもっととんがった安倍ファンがうるさいそうです。そうじゃろうなぁ、と笑うほどですが、安倍さんへの期待はそれほど大きいというわけです。でも、そういう批判が大きいほど、こういう歯がゆいほどの交渉の正しさが浮き上がるというわけです。理屈の通らぬ相手にどうすればいいのか。謝罪謝罪を次世代まで持ち越してはならぬ。これもぶち上げ。そこに向かう。有言実行という王道です。あれこれ批判し(朝日のように)揶揄する向きは本当に多いのですが、それでも進む。大宰相でしょう、そう思いますけれどね。こちらから喧嘩吹っ掛けてないですよ安倍さんは。戦争反対と言い募る連中の心配が如何に過剰であるか、いかに風が吹けば桶屋が儲かる式の論理の飛躍かなのですが、確かに安倍さんよりもっと過激な者が出て来て、あの安保法を「悪用」する虞は無きにしも非ずですが、日本側から戦争仕掛けるなんてことがありましょうか?安倍さんの考え方は十分に抑制されてますよ、今までがそうでなさすぎたのです。次は改憲。自民党の党是なんだそうです、今まで誰も手をつけずにおいて。やっと現れた星です。参院選に勝ち、盤石な大勢を作る、そのために軽減税率で公明党に譲歩する。大目的があるわけですね。いよいよ戦後レジームからの脱却スキームが動き出しました。ワクワクしますね。
コメント

一気

2015-12-29 08:22:07 | Weblog
慰安婦問題、最終的かつ不可逆的に解決されたそうです。不可逆的という言葉は普通に使われるのですか、私の業界では汎用される術語ですが。元に戻らないという意味です。こんな堅い漢字で表現せねばならぬほど、ここが勘所だったというわけです。二度と蒸し返すなよ!こちらの(外相、安倍さん)気持ちが滲みます。今だっ!安倍さんの勢い勝ちですね。もちろん向こうの意向も酌んでのことではありましょうが、この一気呵成さは鮮やかに映ります。でも、でも、金なんですね結局。政治決着とか法的責任はどうした?とかあれこれ文句を言う嫌味を投げる筋はあるのでしょうが、金で押し切る。その多い少ないで評価させる。新聞によれば一億円支援の予定を交渉の結果として十億円に膨らませた。つまりそれをこちらの誠意とする、こちらの本気度に置き換える。そう見せる。向こうは向こうできっと倦んでいたのです、振り上げた手を降ろしかねていたのですきっと。大統領自らはとても言い出せないから司法に言わせる。こうやるからこう出てくれ。もちろんそういう筋書きは安倍さんも噛んでの出来栄えにせよ、ここで攻めきった、押し切ったのは見事なことでしょう。朴さんも待っていたことでしょう実は。それにしても、いつもこういう時には日の丸を焼き捨てたり安倍さんの顔写真を踏みつけたりして抗議する映像が流れるもんですが、ないですねぇ。今日から流れるんでしょうか。そして朝日新聞の懲りずの負け惜しみというのかひねくれ色は相変わらずです。あんた方があの捏造記事を広めて、中韓の脅迫カツアゲを煽った元凶だっていうのに。朝日新聞と他の新聞を読み比べて下さい、これだけ違いますよ。やれやれ。
コメント

言値

2015-12-28 08:26:08 | Weblog
寒い朝です、何だか久しぶりの様な気がします、それだけ今冬は暖かいということですが。孫がやって来て、うむ、年末の感が弥増します。
 韓国との慰安婦懸案解決モード、安倍さんは何とかキメたい、マスコミが言うように二度と蒸し返されないようにしたい、そういう決意なのでしょう。それが匂うだけに見ている方もどんな手段で?と興味があるのですが、報道によると結局金です。戦後の補償賠償は50年前の二国間の合意でとうの昔に決着がついている、法的には日本側にはなんの落ち度もない。これが今までの態度でしたし、これを変えるものでもないのです。そこを韓国が蒸し返し蒸し返し( moving goalpost )来たというのがこちらの主張、向こうは慰安婦問題は先の合意には含まれていないとの強弁です。慰安婦の少女の銅像が日本大使館前に建っているそうですが、それの撤去が日本側の要求の一つだそうで、向こうの団体がそれに強く反発して、私たちの要求しているのは経済的処理ではない法的責任を問うているのだと、これまた本音と建前の典型を振り回してます。新聞によれば日本側が援助金として一億円程度考えていたところ十億を越える額を要求して来ているそうです。結局条件闘争です、なんやかやと綺麗ごと並べてますがつまりは「賠償金」額の釣り上げ闘争です。いえ、日本は賠償なんて言葉は使いません、あくまで賠償は終わったこと、今次は支援金だと。ま、体裁はさて措き結局金です。安倍さんも十分に心得ている。でも、今までの経緯があるし(金出せば出すほどつけ上がる、謝れば謝るほど居丈高になる)同じ轍を踏まぬように、今度ばかりは首根っこを捕まえたい。金でケリつくのが簡単なのですが、証文破りの常習犯となればこちらも慎重ですわ。さて、どうなりますか。向こうの言い値で手打ちでしょうねぇ。
コメント

怖見

2015-12-27 10:49:11 | Weblog
昨夜、年末恒例のクリスマスロックンロールパーティー開催いたしました。お陰さまで大勢の方々にご来場いただき盛会裡に終えることができました。深く感謝いたします。18回を数えることができました、つまり18だけ歳が増えたということで、正直なところ唄っている最中はよく言うところのアドレナリンが噴き出ているのでしょう、喉を絞るだけなのですが、終わった後に虚脱感(いわゆる「祭りの後」の気持ちの問題)ではなくて具体的に体が音をあげます。ああ、こうなってくるかぁ、と他人事のように思っています。あれもこれもと詰め込んで数えてみると40曲です。喉はそうでもないんです、昔からこうです、これは神様が与えてくれた数少ない私の特徴と自認してます。ではなく体です。あちこちが痛い。嗚呼。還暦なんです、体が教えてくれます。でも、それがどうした?と知らん顔して行くつもりです。今後ともよろしくお付き合いいただきますようお願いいたします。
 スケート、明暗と言うのか来るべき時が来たというのか。羽生と浅田真央です。ずっと最高得点出せる筈のないことは皆分かってます、わかっているから失敗するのを待ってる、この残酷さです、マスコミ体質です。少々転倒しても「絶対王者」は勝つのです、でも点の伸びない彼も見たい。そしてもう一つ皮肉を思う、転倒しても高得点なのね、と。もう一人浅田真央、落ちて行く花。あれこれ擁護論はあるのでしょう、一年間のブランク、キムヨナに負けた五輪の傷等々、等々。戻ってきてすぐに勝てた、これで彼女のその気になった、でも・・。少女だった彼女が台頭してきた時に押しやられた人がいたわけです(村主さんとか)、今は立場が逆になって。いえ、宮原さんが飛び抜けてるようにも思いません、ジャンプの高さの低さや動きのぎこちなさがイタイ感じで、浅田真央が注目を浴びてきた頃とは違うと思いますが、それでもこちらはこちらで。比較論じゃありません個人的な話です。スポーツ選手の、特に第一人者の衰えを見るのは怖いもの見たさの期待です。羽生が転けるのを見る、浅田が負けるを見る、これです。でしょう?
コメント

手切

2015-12-26 08:24:34 | Weblog
韓国との慰安婦問題解決に向けてこの機を逃すなと外相が送られて、向こうの司法の判断、今までの大統領の頑なな態度に肩透かしするような判断、三権分立のどうのこうのの綺麗事は措いてそれはつまり韓国の意向、女大統領の意向ですからここを酌まずにどうする?なのです。そこのところはよくわかります。産経抄が教えてくれます、今までは韓国側の moving goalpost に翻弄されてきた、向こうのゴール目がけて蹴り込んだらそこになかったという繰り返しだったわけです。今度は向こうが、一応司法が動かぬように杭を打ち込んでくれた、そこに蹴り込め!です。二度と蒸し返さないようにきっちり決着付けろ。で、具体的にどうする安倍さん。真正面から押し込むことを期待することでしたが新聞には慰安婦支援金だそうです。ああ、また金かい・・・。ううむ。がっかりしますね、こんなもんなんでしょうけれど。原発の時もそう、米軍基地もそう、反対を抑えるには金、次にも金、ひたすら札束積み上げろ。向こうもそれで引っ込めるんですから予定調和です。あれこれ言い訳つけて綺麗事言いながらポッポナイナイです。脅しすかして踏んだくれるだけ踏んだくれ。これが中韓のやり方でしたが、今回を手切れ金にしろ、これも安倍さんの意向で。悪い女に引っ掛かった田舎オヤジの態です。ううむ。
コメント

感想

2015-12-25 08:26:37 | Weblog
外相訪韓という一面記事です。慰安婦問題解決に向けて、だそうです。このタイミングは韓国の司法が実質上慰安婦への賠償問題の訴えを却下して、これを新聞は憲法判断せずと解説してます、棚上げ先送りしたのかここで止める意思表示なのか。安倍さんは後者と受けとったのですね、だからここを先途と送り込む、一気にやれ。ですね。安倍さんは大宰相じゃないですか。週刊誌や雑誌にはあれこれ叩かれ、特に最近は北朝鮮拉致問題についての大非難記事を読みました、確かにこちらが遅々として進んでないのは事実ですが、今回の進め具合を見ていると素人目にも感心します。いえ、十分な下話、下工作あればこそのこの表沙汰でしょうが、それにしても上手。このタイミングで女大統領さん、拒み切れぬでしょう。そう思いますがねぇ、この人が普通の人なら。
 ソフトバンク松田、残留だそうです。初めからこう決まってたんでしょう?それとも条件闘争してたんですかね。こんな小さな選手が大リーグの内野手?無理無理。できぬではなくてもっと優れモノばかりですよあそこは、そういう比較で席はありません。イチロー並みでなければ野手はダメです。マエケンはやれるでしょう、投手は別です。茶番に見えますがいかがですかお茶の間の評論家の皆さま(お茶の間ってのが今時あるかどうかはさて措きます)。
 古館も降板だそうです。不自由な12年だったそうです。ああ、あれで不自由だったんだ。びっくりしますけど、感想なんでしょうねぇ。
コメント

話題

2015-12-24 08:26:10 | Weblog
クリスマスイブ、明日は本チャン。子供が小さい頃はプレゼントをどうこうやってましたし、女房もツリーを出したりケーキを買ったり「普通の家庭」をやってたのですが、最近は月末の一日と過ぎて行きます。月末であり年末でもあるのですが、23日が天皇誕生日でこっちに注意をとられる(休日ですからこっちは)わけです。クリスマスロックンロールパーティーと銘打ちましてクリスマス前の土曜日に「ビートルズを聞いて下さい」イベントを続けてきましたので、クリスマス当日がどうこうではないにせよ関わってはきました。お陰さまで18年目です、こんなに長く、続けようとは思っていましたが、一回一回を重ねてきただけの結果なのですが、振り返れば、です。私も18だけ歳を増やしてアラカンです。私たちは昭和31、32年生まれ、申酉の学年ですので、還暦学年。おいおい、です。いい歳して・・と眉を顰められる歳周りになりました。が、クリスマスねぇ、そんなに特別に何かやったという経験がないのです。よく喩えとして言われる、バブル時代のクリスマスの過ごし方なんて全く他人事でしたし、山下達郎やユーミンの世界から全く外れてきましたので・・。わざわざ話題にすることではなかったでした。すみません。
コメント

合理

2015-12-23 10:58:59 | Weblog
冬至の昨日の暖かかったこと、日本中そうだったと天気ニュースが言ってましたが当地も例外にあらず。夜はさすがにグーッと冷えましたが昼間の温いこと。往診で車に乗りましたが窓開けて走らせました(こんなおかしい奴も私ぐらいでしたが)、平気でした。小春日和とは寒い時期の暖かい日の形容ですが、少なくとも今年の秋冬は今のところ小春日和だらけで特段の感慨はありません。TVは殊更に南瓜のゆず湯のと伝統しきたりを強調しますが日常から消えて久しく、いまやクイズ問題に堕ちてはいます。その時期時期に思い出すのでいいのでしょうけれど、一陽来復なんて言葉も夜のなくなった唯物科学万能の現代においては何?どういう意味?なのではあります。
 北の湖の協会葬が取り行われたとかで報道されてます。髷のない朝青龍が参列してインタビュー受けてました。髷のないこの人を見たのは初めてじゃないかという感慨でしたが、力士を守ってくれた理事長だったとしおらしいコメントでした。あんたがトラブルメーカーだったんだぜと大向こうから一斉の突っ込みを受けていたでしょうが、平気。ま、平気だからやって来るんですけれどね。もっとも今は旭鷲山と同じようにフィクサー然として金儲けしているんでしょうが。取り敢えず八角さんが理事長に就いてますが、次は貴ノ花かもしれないそうです。なかなかやるじゃないかい。千代の富士が人気(人望)がないようで、その代わりとなるとやはりビッグネームは、真の実力は別問題として、周りへの説得力があるもんですから。
 野田聖子が夫婦別姓の合憲判断を受けてこう宣うたそうです、家族の絆が壊れると言うが、目に見えないものをぶつけて来るので合理的に議論できぬと。片隅の新聞記事は、こう言って反対派を批判したと結びます。ああこの人は進歩的文化人だったんだと感心することです。目に見えぬもの?唯物論の教条そのままですが大丈夫でしょうか。対抗して屁理屈捏ねるつもりは毛頭ありませんが、こういう線引きはいかがなものですかね。人の世、社会は長い年月を経てこなれ馴染んできた習慣風俗社会規範、これらを総じて伝統、文化と呼びますが、同じ所に住む人達が同じ規則を守って社会が保たれ日常が維持されてきたのでしょうに。それを目に見えぬものは合理的じゃないから議論できぬとはおそれいります。合理という言葉が実は曲者なのです。合理的との字面にはなにやら良い響きで、西洋的で有難いモノ、日本的なナァナァの対極で問答無用に正しいこととのニュアンスがありますが大間違いです。理に合う。英語で言うと reasonable 、理由のある、納得できるほどの意味ですか。理ってなんですか?真理とか定理の意味に繋がるんですねこの字は。単に唯物的な因果関係だけを指すものではない筈です、医学で最近特にうるさいエビデンス、データとして数字化して統計学的検定に耐えたモノだけが正しいのではないでしょう。人の社会が物理法則のような(重力式や加速度式の様な数式)数式化できる筈がないでしょうに。そこのところの不可知さを否定するような、それでもって拒否拒絶するような物言いは、自民党員とも思えぬ狼藉の類に思うのですが。もっとも彼女には彼女なりの立ち位置があって、今のところは反安倍の旗を揚げてる方が得と思ってるんでしょうね。思ったようにマスコミが食いついて来てくれてない所が悲しいことですが。
 
 
 
コメント

栄光

2015-12-22 08:22:14 | Weblog
プラッター、プラティニ両人が挙げられました。FIFAのツートップにレッドカード、と報道してました。FIFAだけでなくIOCも、おそらく他の世界的興業でTV中継されるようなスポーツは大利権なのでしょう。スポーツは純粋だと大嘘を唱え続けて、少年の夢だとか何とかお題目唱えて世間を騙くらまして、こんな金のなる木はないわけです。石原慎太郎が産経新聞で吠えてます、今次が初めてではないですが白人優先社会の糾弾、こういう物事はすべて白人の都合で回っているという事実です。東京五輪の誘致に一度失敗した経験は大きいのでしょう、誰彼に賄賂を渡さなかったあるいは額が足りなかった仕打ち、それ以上に黒や黄色への蔑視。実感した恨みや憤りは相当だったでしょうし、この時代に歴然と存在する出来事なのです。利権をめぐる争い。自分で何もしなくても大金が入ってくるシステム、もちろんそれを構築したことがビジネスなのですが、当然に腐ります。が、この腐る腐らぬの評価もその恩恵にあずからぬ(与れぬ)者達の恨み事ですからね。悪事から撥かれたら正義を振り回すのみです。誰が役人になっても同じなのです。プラッターさんは専務理事17年、会長17年やってるんだそうです、この利権を組み立てた本人ですから。プラティニって名は私の様な門外漢でも知ってる、かつてのフランスの大看板です。次期会長候補だったららしいですが、プラッターさんにその辺り、抜けがある筈もないことで。全部抱き込んでの仕組みです。それにしても凄い額。
 シャープが潰れて、ソニーもこけて、次は東芝です。家電の不振、TVが売れない等々原因を解説してますが、粉飾しなければならぬほど売れなかったという単純です。これもよく言われます、安売り合戦したら新興国に必ず負ける。日本中に十分に行き渡った日用家電がさらに売れぬは当然のこと。戦術不足。誹る言葉はいくらでも出ます。光る、光る東芝~。絵に描いた如き過去の栄光ですか。
コメント