柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

言過

2018-11-30 08:26:43 | Weblog
秋篠宮さんが誕生日会見でやらかしてます。代替わりすると皇嗣(皇太子ではない継承第一位)になる人です、昔のヒゲ殿下のように面白いのがおるなぁでは済まぬと思うのですが事もあろうに一代で一度きりの大嘗祭(おおなめさい)の費用を国費で賄うは政教分離(と彼が直截言うたのか、宗教色の関係からとかの遠まわしだったのかは知らされませんが)の観点からも好ましくない、皇室費から出すべきだと発言したとか。TVも新聞も、特に朝日毎日系は一面トップです。うむ。あなたの意見としては尊重される事ですが(有名な誰かのセリフです、あなたの意見には反対だがあなたが意見する自由は守る)、大嘗祭を宗教行事と括るのは間違いだと思います。日本文化文明の根幹です。天皇を中心にして国が続いてきて、その代替わりの大行事です、単なる宗教行事ではないです。明治維新をフランス革命に擬するあの思想回路に多分に毒されておらると拝見することです。宮内庁長官が聞く耳持たなかったとまで言うてます。そう言われた長官も困ったでしょうねぇ。ここは表現の仕方の問題ですが、このニュアンスですね。少々のやんちゃは許される弟気質が顔を出してるのかも知れません(浩宮なら絶対言わないセリフでしょう)が、言い過ぎでしたかね。そう思いますが、いかがですか。
コメント

歴史

2018-11-29 08:28:44 | Weblog
ゲノム編集ベビー、承前。第三者が検証したわけではないので実行者の発表内容の真偽はわからぬことなのですが、予想された通りに非難囂囂です。予期せぬ事態、つまり不都合な事態、想定外の奇形の出現の虞れがあるわけです。そこへの慎重さが足りぬ、まだ技術はそこまで届いてないと言うのが本流の非難です。が、背景を聞くとどうでしょうか。この双子の父親はエイズに感染していて、今次の遺伝子操作はエイズ(HIV)に感染しにくくするものだったようです。この技術が確立できれば社会貢献度は大きい。実行者の弁明でしたね、TVで見た限りでは。エイズは血液感染です、父親がエイズというだけでは移りません。感染しにくくする処理は世の中からは歓迎される技術の筈ではあります。だから実験だ。そうなんです。数こなさないとできるかできぬかもわからないのですから。でも、倫理の壁が立ち塞がる。やっていいことと悪いことがある!倫理の厄介さです、感情に裏打ちされてますから。しかし、倫理などは一秒で越えられます。実験室でやってしまえばいいんですから。生殖医療の多く(全てと言うてもいでしょう)はどれもこの壁を越えて確立されてきたのです。神の領域に手を出すな!どんどん入り込んで行ってます。技術はすぐに倫理を追い越します。そしてそれが「できること」になるんです。そういう歴史です。
コメント

外側

2018-11-28 08:27:10 | Weblog
TVはゴーンさんの話題ばかり。Gone じゃなくて Gosn と書くんだと知り、出自が英語圏じゃないと知れます。ま、あの顔は中東の血ですわね、それがどうこうじゃなく。一体何の咎で捕まったんだ?とワイドショーやニュース番組は専門家を呼んであれこれ詮索してますが、あの人はルノーのトップでもあり、そのルノーの筆頭株主がフランス政府だとあって、こじれると国際問題だと脅す向きもいます。ぼんやり見てると(金絡みの問題にはどうも興味が湧かずにいますので)給料のとり過ぎというやっかみに支えられた怒りだけですね。日産は利益をゴーンに吸いとられたと。日産を立て直した大貢献者なのだから高給も仕方ないなぁではありますが、10億なんて聞くとええ?というのが日本人文化というわけです。
 自民党が移民法案(こういう名称ではないですが)を強行採決しました。所詮は多数決ですからこうなるのですが、野党もつまらんですねぇ。国民の側の反対も少なかったんですかね。欧米があれだけ対応に窮していると言うのに、同じ轍を踏むわけです。これも見慣れた委員会の強行採決の場面、野党の議員達が議長に詰め寄り、マイクを奪おうとする周りで叫ぶ。抵抗してます、の芝居とは知りつつバカですねぇと思うのですが、こういう時にカメラ意識して外側向いてる奴が何人かいて、柚木ってのがよくやるんですが、今回もそうでしたよ。一番外側で叫んでるだけ。こいつは・・です。
コメント

進歩

2018-11-27 08:24:00 | Weblog
中国でゲノム編集した子が誕生したんだそうです。こんなキワモノは昔は文明国欧米で進むことでしたが、現代は国際法や共通の価値観で縛られた先進国では中々できません、専らに中国ロシアです、就中中国。安全性も確実性も確立されぬうちにやってしまう。でも、技術や知識ってのはこうやって前に進んできたわけです。医学界に他にいくらでも例を挙げられます、戦争の度に外科技術が飛躍的に発展するとか、ジェンナーのやった予防注射も先例のない大冒険だったですし、安全性なんてはやってみなければ数重ねなければ得られない事です、やらないことには始まらない、でも学界は止める、待て、もっと慎重にやれ、でも進まない、だから誰かが突き破る。生殖医療もそうです、借り腹や兄弟姉妹の精子卵子を用いた受精とかええ?の出来事が既成事実になってしまうとそれが基準にすらなります、これもできる、と。今次もDNA解析に始まった遺伝子操作技術の長足の進歩の結果です。神の領域。試験管ベビーと呼ばれてましたね。今回のは試験管実験じゃないです、受精卵の遺伝子をいじってそれを子宮に戻して出産させたというものです。人工子宮はまだできてません、から挙児のためには女性が必要です。試験管内では赤ん坊は育ちません、まだ。受精卵の遺伝子操作する。先天的な疾患を持つ子の治療としての大義がある一方で、恣意の操作を許すとの危惧もあって、学界や社会は倫理を盾に反発禁止します。が、技術がもうそこまで届いているのです、止められません。技術は常に倫理道徳を追い抜きます。兵器がそうだったように、眉を顰める事件がやがてスタンダードに置き換わるのです。溜息ですか。進歩、ですよねこれが。
コメント

配剤

2018-11-26 08:26:14 | Weblog
昨日当地は穏やかな昼間、温い陽射し、最近寒くなってきたので小春日和でいいんだと思う日でした。駅伝と相撲、ダラダラと見てました。仕事柄外出しない癖が沁みついてますので(元々の出不精、面倒がりの性癖です、こっちの方が強いでしょう、仕事は言い訳です)こういうのは全くの平気。最強のインドア男。面白くない奴じゃなぁと我ながら思います、これは本当です。が、もうこの歳になって今更変わりはしないでしょうし、何より変えるつもりもないし。女子の実業団駅伝、男バージョンは正月、仙台で開催です。福士や鈴木やの有名どころが出ていて、もちろん番組の売りですからアナウンサーは頻りに煽るわけです。解説は増田と千葉。二人のキャラクターが違うので面白いです。前者は家族や恩師などの取材モノ、後者はお笑い系。Qちゃんは理論派ですね。貴景勝が優勝しました。高安の負けた時に解説の北の富士が我慢しなきゃ~と叫んだのが印象的でした。素人目にも強引、急ぎ過ぎ。あそこは待たなきゃダメ、と。貴乃花があの騒動で角界を去ってすぐの出来事です、横綱がいない特別な環境ではあったにせよ、神の配剤ではありますね。貴ノ岩が抱きつこうとして知らん顔してるところがカメラに写って、あれも何だか象徴的でしたか。来場所ですな、御嶽海のようにならぬように。
コメント

神様

2018-11-25 10:26:29 | Weblog
今夏甲子園の星、金足農業の吉田が日ハムに入団して18番をもらってます。優勝投手の大阪桐蔭柿木も同じ日ハムに入ってるのですがついでに紹介されてるだけです、早くも厳しい洗礼を受けてます、彼の心中や如何に。そう言えば18番と言えばハンカチ王子でしたな。彼は今は1番でしたか、忘れました、あとはいつ身を引くかです。でも、日ハムは何か持ってますねプロ野球界の運命的な何かを。ダルビッシュ、中田翔、ハンカチ王子、大谷翔平、去年の清宮と獲って、今年の彼。それぞれの活躍ぶりを見ると、野球の神様が彼らをここに導いているように見えるわけです。が、もちろん芽が出ずに消えて行った超高校級の選手も多いのです。彼がどうなるか、それこそ神のみぞ知る所です。
 相撲中継は昼一時からBSで始まります。土日や祝日にはダラダラ見ます。ここで何度も書いてますが、相撲、マラソン、駅伝をTVで観てるのが好きです。いつ見ても同じ景色。それがいいんですね。もちろん何時間も集中して観てるんじゃないです、あれこれやりながら、です。相撲はあの仕切りの間がいいですね、相撲好きはきっと皆こう言うと思いますよ。BS時間帯から観る人は知っておられましょうが(3時からのNHK中継では分かりません、十両以上の取り組みですから)、幕下以下の取り組みは仕切りの時間がないです。行司に呼ばれて上がって蹲踞して柏手打ってすぐに見合って見合ってです。「時間いっぱい」まで長々と仕切りを繰り返すのは十両幕内だけです。先日です相撲見ようとしてBSにチャンネル合わすと桃太郎侍やってたのでした。高橋秀樹のあれです、もちろん再放送です、昼~夕方の定番です。思わず見ました、みな若いわ、今は亡き人も多く出ていて、山城新吾とか。野川由美子が若くて色っぽいこと。昔の時代劇はキメ台詞がそれぞれにあって覚えているわけです。死して屍拾う者無し・・の大江戸捜査網(隠密同心心得の条)、この紋所が目に入らぬか、控えおろう!の水戸黄門、やいやいやい、この桜吹雪を見忘れたたぁ言わせねぇぜ、の遠山金四郎。この桃太郎侍にもありました。桃から生まれた桃太郎と登場して、立ち回りしながらの長いキメです。久しぶりに聞いて思わず口をついて出て、ああ、覚えてるもんじゃのうと感心したことでした。ひとつ人世の生き血をすすり、ふたつ不埒な悪行三昧、みっつ醜い浮世の鬼を退治てくれよう桃太郎。おお!いかにTVばかり見てたかの証明でもあります。
コメント

万博

2018-11-24 08:28:04 | Weblog
昨夜は当地まこときれいな満月でした。月明かりの夜、でした歌の文句が頭に浮かびました。朝6時、まだ明けやらぬ西の空にくっきり満月です。残月です。寒くなってきましたから「皎皎と照る」が似つかわしくなってきました。日経のコラムが教えてくれました。かの藤原道長が我が世の春を誇った句、この世をば我が世とぞ思う望月の 欠けたる事もなしと思へば、と詠んだのは丁度千年前の今日だったそうです。へぇ~。でも、そう思うと満月も風流ですわね。下界で何があろうと月の満ち欠けは永遠なのです。
 大阪万博が決まったとの事です2025年。どんなモノになるかは興味ないですが、前回の大阪万博はリアルタイムです、中学2年生でした。田舎から夏休みに行きました。月の石とか観ません、大行列ですから。どこ行ったかは覚えてませんが、確かに行きました。あれは日本中の一大イベントでした。今次はどうでしょうねぇ。このネット時代に万博って言われてもねぇ。
 
コメント

判官

2018-11-23 10:44:49 | Weblog
巨人が西武からメジャーに行ってモノにならずに舞い戻ってオリックス、そこをクビになりかけてる中島を獲って、相変わらず四番漁り、ロートル集めしてます。ベテラン集めてパッチワークしようという魂胆で、絵に描いた使い捨てなのですが拾われる方はもちろんそれでいいわけです。今の球団から要らぬと言われてるのを金満球団から高額で誘われるのです、嫌なわけがない。しかも巨人ですから。野球人達は口では何と言おうとやはりONに憧れてるのです、巨人から誘われて断る筈がないです。それにしても、です。需給が一致するんですからそれでいいのですが、これに加えて丸まで行くと・・。広島は一つ席が空いてまた新戦力が台頭しましょうね、この差は大きいんじゃないかなぁと判官贔屓ではありますけれど思うわけです。
 20回目の次は21回です。今年もクリスマスロックンロールパーティーを以下の要領で開催します。
        日時:12月22日(土)18時開演
        会場: 柳井市 ベルゼ
        チケット 4500円 飲食つき 全席自由
        チケットは前売りのみ 販売は ベルゼ 0820‐23‐7777 
                       弘田脳神経外科 0820-23-7119
今年もビートルズとベンチャーズをたっぷりとお楽しみいただきます。また Special Band は女性ボーカルを立てまして70年代80年代の懐かしい曲をお送りします。乞うご期待!!多くの皆様のご来場をお待ちしております。
コメント

人治

2018-11-22 08:27:59 | Weblog
韓国、徴用工問題に引き続き、先の最終的かつ不可逆的と仰々しく形容詞つけた慰安婦問題合意までひっくり返します。10億円を支払った先の慰安婦財団を堂々と解散してます。どういう文化なんでしょうね。マスコミが批判するように、文化民度まで疑ってしまいます。安倍さんは国際法を盾に非難します。言う所の共通の価値観です、法の支配、人権尊重。一旦決めた事、しかも国同士で交わした約束を反故にするたぁどういう了見でぃ?そう言えば今の親北大統領が就任した時に女外相がいきなり言うてました、あの合意に法的拘束力はないと。不穏な空気を醸したことでしたが、果たしてその通りに事が進むのです。それがこの国の怖さというのか。大統領が更に重ねます、あの合意は政府間の約束事であって、大統領としてはあれでは解決できぬと明言すると。政府の結んだ約束を大統領が反故にできる国なんですねぇ。マスコミが一般的に評価するように、韓国はアメリカ以上に世論が政治を動かす国で、それは歴代の大統領が皆任期切れると逮捕される事実が物語りますが、先の女大統領罷免騒動も呆れたことでした。法治国じゃない人治国だという批判は専らに中国へ対するものでしたが、その最たる国が韓国だというわけですか。困った人たちですなぁ。素人もそう思います。
コメント

悪癖

2018-11-21 08:27:25 | Weblog
新聞もTVもゴーンさんネタばかりです。背任という刑事罰云々と弁護士コメンテイターは言うてます。日産の(だけでなく三菱もルノーもでしょう)人事と報酬とを彼が独占してたんだそうです。つまり自分の給料を自分で決める、中小企業の社長のように、議員のように、そりゃ好きになるわなぁ。毎日は従業員は怒ってる、コスト削減で私腹、と見出し打ってます。コストカッターの辣腕の裏で私腹肥やしかい!という分かり易い図式に単純化してます。ま、今更のように内部告発してもねぇ。10億円近い年収があってもまだ欲しいんですねぇ。資本主義の拠って立つヒトの共通資質です。共産主義はこの欲を無視して失敗したのでした。
 体操競技で自動採点が採用されるそうです。カメラで撮って腕が伸びてるか体が捻じれてるかちゃんと着地してるか確認するんだそうです。そういう方向への進展は止められぬことでしょうが、体操だけじゃないです、フィギアスケートもそう、柔道や剣道も正確を期すという大命題の前ではこの流れに呑みこまれましょう。剣道のあの一瞬の判定は素人目には??です、でもビデオの前には明らかですから。剣道や柔道でビデオ判定なんてのはなんだかなぁですが、大相撲では観ている方はすでに平気になってますし、プロ野球もそうです。流れですねぇ。
 柔道の阿部兄妹が活躍してるのですが、新聞表記は阿部きょうだいと平仮名です。きょうだいと読むのは兄弟だけという理由でしょうが、兄妹と書いてきょうだいと読めばいいだけでしょうにね。妙な所で拘って言葉狩りしていくのが新聞の悪い癖です。
コメント