柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

堕落

2015-02-28 08:17:06 | Weblog
13歳男児殺害事件、どんどんドラマ化されていきます。報道の冒頭に、なぜ命が奪われなければならなかったのでしょうか・・なんてナレーションを被せます。バスケットボールの好きな善良な無垢な子を不良どもが無体に殺した、憎しみを煽りながら被害者への憐憫を掻き立てていきます。そういう図式にするのが楽ですわね安直安易そのものです。グループを抜けたいと思っていたのに抜けられなかった、それが可哀想だと繰り返すばかりです、不良たちばかりが悪者です。殺されたんですから被害者です、ですね。でも三学期になって一切登校しなかったそうです、母親に学校や教委が問い質しても彼女は言を左右していたそうです、端的に言えばグレたんでしょう?「悪いグループ」に入ったわけです。顔を写さない、斜のかかった首から下ばかりの画像に音声を変えた証言が次々に流れます、被害者が無理矢理にひっぱりこまれて殺されたという演出です。寄って行ったんでしょう彼が。誘いに乗ったんでしょう。そういう場に出入りしたんでしょう。大好きなバスケばかりやってればこんなことにはなりませんよ。そうじゃなかったからこうなったんでしょうに。ったくマスコミってのは偽善欺瞞に満ち満ちてます。何がきっかけだったのか、そんなことは知る由もないですが、いい子(だった子)がグレるなんてのはそこここに転がってる話ですよ。13歳だから無垢ですか、絶対的な被害者ですか。恣意の構図と言いますか、不良どもと罪のない少年とのコントラストと言うか、安直ですね。そして安易な繰り返し。誰が悪いのかは明らかですが、この少年が殺されてなかったらずっと登校せずにそのうちに不良グループに馴染みまた同じことを繰り返したでしょう。「怖くて抜けられなかった」んですから、今後も抜けられなかったでしょう。誰かが救い出せたんですか?親が知らん顔してるんですよ。殺されたから見知らぬ者たちまでが手を合わせ来るわ涙を流して憤って見せてますが、彼が殺されずにあの河原でぼこぼこに殴られてたら(あるいは誰かを殴っていたら)誰が助けに行きますか?悪どもが!と吐き捨てて知らん顔して関わらなかったでしょう?あなたもそうしたでしょう?だから親の責任なんです。いくら小学生時分にいい子だったにしてもこうなるんですよ。彼がグレたんでしょう?そして誰もが知らん顔してたんでしょう?どうしてそこを言わないんですかね、反社会的勢力をあれだけ叩く口が。
コメント

解放

2015-02-27 08:09:23 | Weblog
川崎の13歳男児殺人事件、妙にマスコミ連中御執心ですね。しつこいと思いませんか。何か違う背景があるんでしょうか、犯罪の若年化ってのがテーマになってるからでしょうか。現場に花や何やらに混じってバスケットボールがたむけられてます、こういう画像はお定まりとは言え、しつこいでしょう?そう思われませんか。小学生時代の事も長々と晒されます。どうしてでしょうか。私が思うだけですかそれとも。
 大阪の水族館でのセクハラ訴訟、最高裁まで争って上司が負けました。一審が有罪、二審が無罪と言う経過です。ひとつひとつセクハラ言葉が示されます、NHKではアナウンサーがわざわざ下手くそな関西弁のイントネーション風にモノマネします、おちょくってんのか?セクハラってのは食わせもんですよ、福島瑞穂が言い放ったセリフがスタンダードになってます、女が嫌と思ったらそれが全てハラスメントだって。言われていやな言葉や表現はもちろんありますが、それをわかって口にするはそいつの人品骨柄の問題、精神的レベルの問題でしょうにね。バカにしてればいいことじゃないんでしょうかね、そうもいかない?いつもいつも顔を合わせる相手がいつもいつも言い寄ってきたら、そりゃいやでしょうね、そこのところは同情するけれど、そういう職場を選んじゃったってことでもあって。と、別にセクハラオヤジを擁護するつもりは全くないのですが、このバカオヤジ!でも済まなかったですねぇ。最高裁ですからねぇ。私にも一度経験があって、ごくごく普通に、知り合いの若い娘に、最近綺麗になったねぇと言ったところ即座にセクハラ!と叫ばれましてね。以来、そういうことは言わないようにしてますけど、こちらも学習するもんではありますがね。
 韓国で姦通罪が違憲判断されて廃止されるんだそうです。つまり不倫しても捕まらなくなるってわけですが、その理由が物々しくて面白く思いました。個人の私生活に国家権力が介入するのはあいならぬ。国民の性的自己決定権と私生活の秘密の自由を侵害する、んだそうです。性的自己決定権、ですか。誰とセックスしても自由じゃないか、ですね。操を立てる?何?です。もちろん反対論も湧きあがるわけです、性風俗の乱れ(紊乱です、難しくは)、婚姻制度の揺るぎ、ひいては家族意識の崩壊とどんどん話が大きくなります。フェミニズムに反対するのと同じ理屈です。でも崩れます。この手のこと事は易きに流れる、低きに流れるのです。イスラム教義ぐらいにしか残らないんでしょうねこういう罪は。これも女性の解放ですか。なんでしょうねぇ。
コメント

枠組

2015-02-26 08:25:20 | Weblog
安倍さんが出す出すと煽っているんですが、戦後70年記念談話の内容について左巻きさん達(NHK然り、朝日然り)はあれこれ口出しし始めました公然と。昨夜の報道ステーション、大仰に特集して結局は村山富市御本尊を出して喋らせてました。今は見る影もないほどに衰退した社会党(社民党)の華やかかりし頃、この人が首相で衆院議長が土井たか子での時代、おまけに時の自民党総裁が河野洋平さんときては、日本の左翼政権時代でした、あの時に関西淡路大震災が起こって、このオヤジの無能ぶりが晒されてことでしたね。いえ、昔話はさて措き、戦後レジームからの脱却を一番に掣肘してる村山談話の主が言うことには、つまりは今更世界を乱すな、つまり日本やドイツが悪者だった、連合国がファシズムから世界を救った正義の味方だったという枠組(認識)を乱すなということでした。口元に笑みを浮かべて、安倍さんよ、言うこと聞いちょけ若造、の風情でしたよ。この野郎!番組は、国策を誤り、植民地支配と侵略、痛切な反省、お詫び、この単語だけを抜き出して、これを安倍さんがどうする?と煽ります。国策を誤った?敗戦との結果からだけ誤った政策とするは間違いでしょうに。あの時代背景はどうだったんです?あそこで日本が立たなかったらそれこそアメリカの言いなりで、未だにアジアは欧米の植民地のままだったかもしれませんよ。そういう想像は一切しないんですね。新聞の片隅にこういう記事がありました、ロシアの下院議長が言ったそうです、アメリカの日本への原爆投下は人道に対する罪に相当するって。おお、ウクライナ騒動はこっちに伸びてきましたよ。連合国ですからね彼らは。国連という名の連合国。あんた達の勝手でいつまで世界を振り回すつもりだ?です。
コメント

戦略

2015-02-25 08:25:18 | Weblog
革命とまで呼ばれているシェールガス油田、原油安を受けて多くが倒産するだろうと予想されてるんだそうです。その真偽のほどは措いて、この原油安を敢えてこのままにしておいた中東OPECの判断が当たったということですよね。原油の供給量を減らせば価格は保てるのにそうしなかったのは、どんどん安くなればシェールガス採掘のコスト割れするだろう、それを狙うって話でしたよね。まさに肉を切らせて骨を断つの実践ですか。原油安はそのままガソリン代に反映されて130円切るなんてのも見たことないなぁと、一時は200円になるんじゃないのかと思っていたのが嘘のような下がり方でした。私たちにもその辺り実感できたことですが、競争社会の戦略の恐ろしさというべきなんでしょうね。従来の採掘もシェールガスにしても化石燃料には違いないことで限りのあるものですが、メタンハイドレイト等と並んで新たな資源としての注目、それはひいては全世界を利することだとも思うのですが、現場では単純な競争です、相手を潰せ!これが資本主義、新自由主義、弱肉強食の世界と言うわけです。感心します。
 川崎の13歳男児殺人事件、週刊誌が出る前に珍しく結構新聞が詳しい所まで載せてます。隠岐の祖母様のコメントが載ってますが、両親が例によって出てきません。1月からぷっつり登校しなくなっていて、学校が盛んに母親に連絡取ってたことが明らかにされて、ここは学校や教委の保身行動(言い訳)ですが、母親が言を左右していたそうです。子がグレていくのを止めない?父親はいないようです、家庭の事情で母親と5人の子が横浜に戻って来ていた、母親が働いていたそうです。こうやってドラマの背景が作られていきます。私が思っているような憤り、それは母親(父親も)への咎めですが、が喚起熟成されていきます。週刊誌が楽しみですが、先の和歌山の事件と言い、被害者もすっかり晒されるところ怖いことではあります。やはり親の責任は大きいですね。ここは外してはならぬと思いますよ。
 
コメント

悪顔

2015-02-24 08:24:10 | Weblog
西川農相辞任です、更迭です。またまた政治と金。マスコミも慣れちゃって、の態ですが、こんな時に何度も言ってますが顔ですね、顔相。このオヤジ、悪い顔ですねぇ。政治に金がいるのはつまりは選挙対策でしょう、金ばら撒かねば(播いておかねば)票はもらえない、この一点です。そして職業議員の飯のタネになっている弊害です。ルーピー鳩山を対照に考えてみればいいです、この手の、政治家を趣味でやれる、いや言い方替えましょう、生活のための金工面を考えずに理想や熱意のままに政治に没頭できる者は、こんな何百万円何十万円の献金に頼る要がないわけです。もちろんこの人が咎められたような金使いのルーズさは生じましょうが、素封家というか実業家、資産家ではない、他人から金をもらわねば飯が食えないと言う環境は必ずこういう結果を呼びますわね。必然の結果でしょう。しかも何度も落選して、先の選挙でも小選挙区で負けた人だそうです、地元民も呆れてるんでしょう。味方したのは業界人ばかりで、それはつまり口利き贔屓横流し政治家だとの証明です。TPP交渉で盛んにTVに露出していた人ですが、言う所の族議員の典型なのでしょう。小渕さん事件もうやむやです。ベラ松島さんはついでにやられた態でしたが。議員辞めたら金がない、生活できない。そんなのが金集めしないわけがないですよ。いえ、みんながルーピーのような金持ちじゃないのは百も承知です、ですがそういう環境が背に腹は代えられぬという居直りを生んでいるのです。そうです、選挙民の選択眼力こそが大切というわけです。政治家には金が集まります、いえ正確には、彼らはあの手この手で集めるのです。その中からどう優れモノを選ぶか。そうですよね。
コメント

欺瞞

2015-02-23 08:25:13 | Weblog
勘三郎につづいて今度は坂東三津五郎です。二人は同じ年だったとかで。梨園は受難の時ですか。看板が次々に倒れます。若い衆がそれなりなんでしょう、勘三郎の息子二人、獅童、片岡某とか全く無案内の私でも知ってます、TVでもよく中継されてます。が、華という意味ではまだまだ届きませんか、待ってました!の存在感。勘三郎の時ほどにマスコミは報道しません、それはポジションを的確に示していることなのでしょうが、世代交代が急かされていると言うにはいなくなる者が若すぎますねぇ。合掌。
 籾井NHK会長のあの吊るし上げ場面を見てのことでしょうが、毎日が社説で籾井さんを叩きます、大上段です。河野談話村山談話のくだりに対する返答、政権が変わると考え方も変わるでしょう、つまり報道の仕方も変わるとの言に対してでしょう、こうです。NHKは国の広報機関ではない。国民からの受信料で成り立つ公共放送である、政府の意向を広報する国営放送ではない。そしてガチガチの大正論です、政府の姿勢に関わらず自律的な放送するのが報道機関の仕事だ、と。ここまでシレっと言われると欺瞞の臭いです。国営放送じゃないんでしたか、そうでしたか。国民はしかし民放ではない放送局、それはつまり官営国営と認識してますし、何か放送内容等についてクレームがついた時に隠れ蓑にする区別ですよね連中が。国営なんだから淫らはいけない、低俗はいけない、コマーシャルはいけない。国営じゃなく公営だとすればどうなんでしょうね。海外に向けての日本の放送もNHkがやってるんでしょう?国益を損することなど言えませぬ、それはつまり政府の態度ですから。こんな時に原理原則を振り回すも左巻きさん達の常套なのですが。
コメント

品下

2015-02-22 10:08:30 | Weblog
サンデーモーニングが選んだのはNHK会長籾井さんを吊るしあげる民主党の若造達(年齢聞けばそうでもないのでしょうが)の集会でした。で、コメンテイター達は議員達のあの悪態や品の悪さを咎めるでなく、ひたすらに籾井さんの政権擦り寄りぶりを非難します。もちろんそれが目的の採り上げですから当然の仕儀なのでしょうが階某なる議員の悪態(バッジの威を振り回してます、品の悪いことです)には一切触れずに映像も籾井さんの血相変えて反論する場面ばかり流します。河野談話も村山談話も今のところは公式見解だと言い、その「今のところ」が連中気に入らなくて、コメンテイター達もそれをとらえて政権を批判するのがマスメディアの役目だとかいきなり大正論振り回します。あんた達の親分朝日は何をやってきたんだ?政権批判じゃなくて単純且つあからさまな反日媚中媚韓報道だったじゃないの。彼は政権が変われば談話も変わるだろうと至極当たり前のこと言ってるだけですよ。もっともそう言わせて吊るしあげてやろうというわけですからね。やれやれです。議員?選良だ?あの振る舞いといいこのチョイスといい、左巻きさんのやることですなぁ。
 朝ドラファンです。ちょうどあの時間帯、仕事前に新聞読んだり当ブログ書いたりするのです、NHK見てます。最近は連続して作品が当たってます、あの大ヒットあまちゃんを次々に超えていきます。今はマッサンです、ニッカウヰスキー創始者物語です。途中サントリーが絡んできて、鳥居さんが鴨井さんに、角瓶が丸瓶に名を変えて出てきます、にんまりしながら見ます。NHKが戦争を描くときにひたすらに「日本は悪」色に染めることは夙に知られていることですが(先のごきげんようもそうでした、おひさまもそうでした)、今回も憎々しげに脅すような断罪的なセリフ回しです。創始者の奥さんがスコットランド人で、戦争が始まってスパイ容疑でしょっ引かれる場面です、特高が踏み込んで言います、国家に歯向かうのか、皇国臣民として恥ずかしくないのか!何度も何度も国家国家と言わせます。コウコクシンミンです。番組の最後には、まもなく迎える暗黒の時代に向かって云々とナレーション被せます。悪かったのは日本で、それをアメリカが救ってくれた、そういう史観です。とんでもない!司馬遼太郎の歴史のとらえ方を戦前戦中真暗史観などと呼びます、日露戦争までが真っ当な進み方、そこから先は天皇を傀儡化した軍部の独断愚行で評価に値しないというものです。彼自身が兵役についた、その経験が元になってると解説されますが、戦前戦中が真っ暗だったって?と山本夏彦も書いていたように、だからといって問答無用に全否定する硬直さには恥ずかしさすら感じます。確かにあんな対応していて、つまり余裕も何もない、内部告発やチクリに怯えるような恐怖政治を敷くような国が勝てる筈がないとは思います。英語を禁ずる、横文字を禁ずる、外人をしょっ引く等々です。全体主義の怖さ、お国のためにが全てに優先する理不尽さは伝えるべきだと思いますが、しかしあの時代も日本なのです、我々の父母祖父母の時代なのです。まるで別の国のように悪しざまに表現するはおかしいことです。敗戦で歴史が途切れたのではありません、あの時代だけを切って捨てるわけにはいきません、連綿と二千有余年続いてきた国なのです、文化文明なのです。あの時代に生きていた同輩、不自由の中日常を営んでいた人達への誇り敬意はないのかと抗議したいですね。施政者(軍部)が悪者、国民は被害者という単純な区分けは間違いです。ドイツのやりかたは真似すべきではないと思いますね。そこまで深読みする要もないのでしょうが。
コメント

扇動

2015-02-21 08:21:14 | Weblog
日がいきなり長くなり始めましたね。毎年のことながら突然ですね。当地、冬の間は朝6時半にならねば明るくならぬのですが、6時にはうっすら明るくなりました、彼は誰(かわたれ)時です。夕も6時になっても明るさが残るようになりました。急にこうなります。そういう気がするだけなのかもしれませんが自然の営みの妙です。春が来ますよ。
 ルーピー鳩山さんが沖縄の翁長知事を訪問したとの記事を見つけました。いやもうこの人は一般人です、いつどこへ行こうが勝手なのですが、こういう行動するところ、この外連が気に入りませんなぁ。もちろん確信犯ですから。少なくとも県外(普天間基地)移設とぶち上げて、さんざぶち壊した張本人です。働かなくてもいい金持ちのボンはどうにも・・こうやって金を儲けてるんでしょうかそれとも。
 ISILの無体についても週刊誌月刊誌とも論評満載ですが、こういう評がありました。日本のマスコミは向こうが流してくる宣伝映像をそれこそ何の批判もなく垂れ流している。向こうを利していることに気づいているのか?と。ああ、そりゃそうだと、ハタと気づいて私もバカなことで。向こうの思う壺ですわね、ユーチューブの映像をわざわざ日本中に公共放送が流してくれるんですよ。報道の自由とか表現の自由とかの問題の五歩くらい前の話ですね確かに。
 曽野綾子の産経新聞11日のコラム、異文化異民族が一緒に生きる上で居住だけは別にした方がいいと書いたところに南アフリカの駐日大使が噛みついて物議になっているそうですが、やはりそれを煽るのはマスコミです、さすがにまだTVはやりませんが(きっと明日の関口宏の左巻き番組は採り上げるでしょうが)今朝の毎日新聞、未だにグダグダ言ってます。どうしてそんなにひねくれて読むかなぁ。一緒に寝泊まりすることは異文化を知るいい機会だと他の誰かの言も載せてますが、そう思うならそうすればいいんですよ。が、洗面の仕方や食事の仕方、便所の使い方等々が違っている環境に爆発する人がいても何の不思議もありませんわね。そういう無用且つ必然的な衝突を避ける一つの大人の方策と彼女は書いてるだけですわ。ったく。
コメント

空論

2015-02-20 08:19:44 | Weblog
ピケティー本がよく売れて、業界人達がここが儲け時とばかりにあちこちで評してます。21世紀の資本というタイトルです、マルクス本かと素人でも思いますが資本論とは違うそうで。経済評論家達は読まざるを得ず、格差や富の再分配に言及している本となれば政治家達がネタ本として放ってはおかないのですが、もちろん連中がしっかり読みこめる筈もなくつまみ食いしてあちこちの書評や粗筋書きを拾い読み斜め読みしてわかったような顔してる、きっとこうなのですが、先の衆院予算委員会の岡田さんの話しぶり聞いていると、この本読んでるだろうな?という匂いがプンプンして、人のふんどしで云々の態でしたね。格差是正、富の再分配なんてのは左翼さん達のスローガンの一丁目一番地です、こんなおいしい本はないわけです。と言いながら私は読んでません、週刊誌に月刊誌に次々に載る有識者達の評価文を読んで匂いを嗅いでるだけの者ですが、もちろんですがそれぞれの立場で賛否両論です、当たり前のこと書いてる、典型的な西欧社会主義思想だと斬って捨てるものから、岡田さんのようにバイブル視するものまで。でもこれだけもてはやされる(まるで芸能人ですよ)のはわけがあるわけでしょうし、資本主義には格差はつきものだという常識に真っ向から噛みついている(そうですが)から、左翼さん達が飛びついての因果なのでしょう。相続税をもっと増やして年寄り金持ちから剥ぎ取って若い連中、子育て世代、勤労世代に分配しろ、だそうです。まさに社会主義、その先には搾取の共産主義。今更に資本主義を否定しても何も始まりません。富の再分配なんては絵空事です、そんなことすれば社会の活力自体が失われます、そうやってソ連は東欧諸国は潰れたのですよ。もう一度繰り返すってわけですか。と、この本を神棚に上げているような意見を見る聞くとつくづく空っぽのイデオロギー(理想ばかりの空論)だと感じるわけです。
コメント

安悪

2015-02-19 08:17:51 | Weblog
カープ黒田始動です。大報道です。当然です、昔はさて措き今は松坂なんかよりずっと実力が上の大助っ人です。松坂のような外連(ケレン)がない分面白味に欠けるのでしょうが、この人は15勝が確実に見込めるでしょう。昨年の成績にこれだけ積めれば優勝ですよ。皆そう皮算用してます。ストーブリーグの大目玉でしたやはり。
 中国産の輸入果実でA型肝炎の発症が相次いでいるんだそうです、オーストラリア。肝炎の名はお聞きになったことおありでしょうが、多いのはC型B型です、こちらは血液感染します。感染者の血液や体液が傷を通して(注射針を介して、セックスを介して)血管内に侵入しうつります。が、このA型肝炎は経口感染です、つまり食べ物から感染します。日本でも何年かに一度局地的に流行することがあります、井戸水を介して等のケースです。それが輸入果実を介して感染拡大しているとのことです。劇物毒物じゃないから余計に厄介ですな。目に見えませんし、誰かが混入するという代物ではなく、不潔な環境、衛生意識の足りぬ環境が因ですから、向こうさん直しませんよ。安かろう悪かろうを地で行く話、安物買いの銭失いの教訓ですか。安いものは安いなりなんですよ、気をつけないと。
 民主党が籾井NHK会長を呼んで、慰安婦問題について政府のスタンスが見えないから放送は慎重にするとコメントしたのを受けて質問を体裁にした糾弾の会、集団暴力の会を催して、それが報道されたます。つまりTVカメラが入ってるのを前提としてあの罵詈雑言です、びっくりします。あの連中はごろつきですよ、討議の仕方ってのを知らないのか?銘々それぞれに野次飛ばしている場です、しかも汚い言葉で。あんなに挑発されたら籾井さんも怒るわな、果たして声を荒げてました。河野談話や村山談話は今のところは正しいのだろうと答えて、彼も十分に左翼の若造どもを挑発してました。今のところ、ですからね。つまり安倍さんの新談話を待つというわけです。階某という議員、小沢さんの側近だったのが袂別った奴ですが、籾井さんに食ってかかってる映像が流れてました。所詮ああいう奴ら、大勢を恃んでのデカイ態度です。つまらん奴らです、唾棄すべき奴ら、という印象でしたが。ご覧になりましたか?
コメント