吉村青春ブログ『津屋崎センゲン』

“A Quaint Town(古風な趣のある町)・ Tsuyazaki-sengen”の良かとこ情報を発信します。

〈津屋崎の四季〉1207:オナガガモの群れ

2021-02-19 22:03:23 | 風物

写真①:「新堤池」を泳ぐオナガガモの群れ

    =福津市宮司6丁目で、2021年2月19日午後4時20分撮影

 

福津市の「新堤池」にオナガガモの群れ飛来

 

 寒波と積雪の2月18日から一夜あけた19日、福津市津屋崎は寒気が緩みました。宮司6丁目にある農業用溜池「新堤池」では午後、オナガガモ(カモ科)の群れが飛来=写真①=。頭部は焦茶色、前首から胸は白く、尾羽が長くてとがっているのが特徴の冬鳥です。

 天気予報によると、20日は春の陽気になるとか。オナガガモの北帰行の日も近そう。

コメント

〈催事〉0597:「波折神社御遷座八百年奉祝祭」掲示板

2021-02-07 08:21:01 | 行楽催事

写真①:「波折神社御遷座八百年奉祝祭」掲示板

   =福津市津屋崎4丁目33-1の波折神社で、2021年2月6日撮影

 

福津市津屋崎の氏神・「波折神社」に「御遷座八百年奉祝祭」掲示板


 2月6日訪れた福津市津屋崎の氏神・「波折神社」に、「波折神社御遷座八百年奉祝祭」掲示板=写真①=が立てられていました。瀬織津姫大神と住吉大神、志賀大神を主祭神三座とする「波折神社」=写真②=は、鎌倉時代の承久3年(1221年)、「河原崎の宮之本」(今の福津市津屋崎1丁目の津屋崎郵便局付近)から現在地の東古小路(津屋崎4丁目)に移転。令和3年(2021年)に「御遷座八百年」の節目を迎えます。

写真②:「波折神社」拝殿

 「波折神社御遷座八百年奉祝祭実行委員会」(会長・麻生藤七同神社宮司)では、10月9日(土)に奉祝祭、翌10日(日)に秋季大祭を予定。奉祝祭の式・祭典、記念事業(事業費2,500万円)開催のため個人1口5千円、法人1口5万円で募集の奉賛金で社殿・合祀境内社・石垣の改修を目指しています。「波折神社御遷座八百年奉祝祭」掲示板の裏側には、これまでに奉賛金を同委員会指定の郵便局口座に寄せた方たちの氏名、金額が「八百年祭奉賛者」として掲示されています。この奉賛者の方には、同委員会からお礼の記念品として瀬織津姫のイラスト入り御遷座八百年奉祝ステッカーなど=写真③=が配られています。

 

写真③:記念品として配られている瀬織津姫のイラスト入り御遷座八百年奉祝ステッカーなど

 瀬織津姫は、罪穢れを流し去る水の神・「罔象女神(ミツハノメカミ)」の別名とされています。2016年に上映されて世界的に大ヒットしたアニメ映画『君の名は。』(新海誠監督)のヒロイン・宮水三葉(みやみずみつは)の名前が、「罔象女神」から付けられたとされ、瀬織津姫大神が主祭神の「波折神社」が『君の名は。』に感動した女性ファンらに注目されているという。『君の名は。』は、『古今和歌集』の小野小町による有名な和歌「夢と知りせば覚めざらましを(夢と知っていれば目を覚ますことはなかったのに)」からモチーフを得た物語で、キャッチコピーは「まだ会ったことのない君を、探している」。 夢で見た男子高校生立花瀧(東京の都心に父と暮らす=声優神木隆之介)と女子高生三葉(山深い岐阜県飛騨の田舎・〈糸守町〉に「宮水神社」宮司の祖母、妹と住み、東京に憧れており、妹とともに同神社巫女を務めている=声優上白石萌音)が、男女入れ替わりに端を発して出会うドラマです。

コメント

〈津屋崎の四季〉1206:立春の桜

2021-02-03 17:19:25 | 風物

写真①:「立春」に咲いた桜の花

    =福津市在自の金刀比羅神社参道上り口で、2021年2月3日午前9時50分撮影

福津市在自の「金刀比羅神社」参道わきに「立春」の桜花

 2月3日は、「立春」。二十四節気の一つで、暦の上では春の始まりとされる日です。

 福津市在自の「金刀比羅神社」参道上り口近くの道路左わきの土手では、植栽されている桜の枝先にピンクの花が咲いていました=写真①=。

コメント

〈津屋崎の四季〉1205:冬鳥・シロハラ

2021-01-22 13:21:18 | 風物

写真①:「大太鼓堂」近くの境内に舞い降りたシロハラ

    =福津市宮司元町の宮地嶽神社で、2021年1月22日午前9時50分撮影

 

宮地嶽神社に冬鳥・シロハラ舞い降りる

 

 福津市宮司元町の「宮地嶽神社」の「大太鼓堂」近くの境内に1月22日午前、冬鳥のシロハラ(ツグミ科)1羽が舞い降りました=写真①=。

 灰褐色の頭に、白っぽい腹部、黄色いアイリングが特徴。跳ね歩きながら、餌を探しているようです。

コメント

〈津屋崎の四季〉1204:冬鳥・ツグミ飛来

2020-12-23 13:39:05 | 風物

写真①:空き家の住宅の庭に飛来したツグミ

    =福津市宮司6丁目で、12月23日午後0時10分撮影

津屋崎冬鳥・ツグミ飛来

 福津市宮司6丁目の空き家の住宅の庭に12月23日午後、冬鳥のツグミが1羽飛来しました=写真①=。白い眉斑と白い喉、体下面の黒班模様、茶色の翼が特徴。

 庭で餌を探している留鳥のスズメの群れに囲まれ、悠然としています=写真②=。ここ数日、福津市津屋崎は朝晩冷え込みましたが、晴れ間に恵まれたこの日は昼過ぎからかなり暖かい天気です。

写真②:スズメの群れに囲まれたツグミ

コメント

〈日記〉592:「宝満宮竈門神社」参拝

2020-11-23 21:24:09 | 日記

 写真①:紅葉が美しい「宝満宮竈門神社」境内
    =福岡県太宰府市で、2020年11月23日午前10時30分撮影

 2020年11月23日午前、福岡県太宰府市の「宝満宮竈門神社」に参拝。漫画『鬼滅の刃』ファンの参拝客らで賑わう境内では、参道沿いの紅葉が見ごろを迎えていました=写真①=。

 

  宝(ほう)満(まん)宮(ぐう) 竃門(かまど)神社              

 

梅雨(つゆ)半ばの七月 太宰府市・竃門神社下宮(げぐう)

金色(きんいろ)の菊の御紋章が輝く拝殿脇で

手水所(ちょうずどころ)の清水(しみず)に身を清める

 

アケボノツツジのような清楚な匂いを残して

東京へ寂しく去った君との再会を願い

僕は水鏡に顔を映し

招(オガ)霊(タマ)の(ノ)木(キ)の芳香に祈りを託した

 

朝日に若葉が映える楠(クスノキ)の巨樹の梢で

ツキ、ヒ、ホシ、ポイポイポイ……

と 三光(サンコウ)鳥(チョウ)が明るい木霊(こだま)を還す

 

神武天皇御聖母 玉依姫(たまよりひめの)命(みこと)を祀る

延喜式内大社

宝満宮 竃門神社

七世紀の大宰府政庁 都府楼の誕生以来

鬼門の守り神として災厄を祓う

  

宝満山頂海抜八二九㍍の上宮(じょうぐう)に鎮座する

磐座(いわくら)から北方を眺めれば

縄文水田の筑紫平野はパノラマに広がり

博多湾に浮かぶ金印の志賀島から

遥か玄界灘の波濤に壱岐を望む

 

見よ その荒海は東京湾に続くか

心病み 苦い青春に苛まれた君の食を購う

汐留にそびえる高層ビルの影を映すか

 

あゝ 空翔ける

鷹渡りの日が来るまでに

吾が胸の熱き血潮よ

助太刀の役(えんの)小角(おづぬ)となり

時空を飛び越えよ

 

宝満宮 竃門神社

古(いにしえ)の九州総鎮守

万緑覆う魂の古里から

 癒し 励ましの御霊(みたま)を与えよ

たおやかな君の身許(みもと)へ

 

 ( 平成16年(2004年)7月の北展舎募集「人を恋うる歌」に津崎琢二名で応募した入選作で、同年11月の愛知出版刊の共著「詩集 四季の響き第二巻 自然からの贈り物 人を恋うる歌」に掲載。同18年(2006年)、新風舎文庫で発行の吉村青春第一詩集『鵲声』に収録)

コメント

2020年11月21日/〈貝寄せの浜・「貝寄せ館」物語〉122:はちがめ通信19号

2020-11-21 22:41:15 | 「貝寄せ館」物語

写真②:『はちがめ通信19号』の1面

「津屋崎千軒 海とまちなみの会」会報ニュース

『はちがめ通信19号』を発行しました

 私が所属する福津市の町興しボランティア団体・「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は、会報ニュース『はちがめ通信19号』(A3判カラー、表裏2面印刷)300部を11月22日付で発行、21日から会員や活動支援の方たちに配布を始めました。

 『はちがめ通信19号』1面=写真①=には、「海とまちなみの会」が、福津市立津屋崎小学校2年生の児童たちから生活科の地域学習「わたしの町発見」授業への協力を依頼され、2020年9月14日と10月5日の2回にわたり、同市津屋崎三丁目にある本会の観光ボランティアガイド拠点事務所・「貝寄せ館」の訪問見学を受け入れた活動を特集。

 1面下段には、津屋崎小2年1組の教室で10月29日、児童27人が参加して「貝寄せ館」訪問学習の「プレ発表会」を開催した模様を紹介。校長先生や同小卒業生でゲストティーチャーとして招かれた私らが傍聴するなか、児童代表6人が黒板の前に並び、「貝寄せ館の秘密を発表します」の声でスタートした様子を写真付きで掲載しています。このほか、9月14日の「貝寄せ館」の訪問学習が、16日付西日本新聞と10月9日付毎日新聞に掲載されたことと、11月3日に津屋崎小2年生と兄弟、両親の3家族計7人が「貝寄せ館」を訪問されたことも、写真を添えて紹介。

 『はちがめ通信19号』2面=写真②=のトップ記事は、「海とまちなみの会」と「カメリアステージ」が10月10日に開催した〝絶景の道〟と宮地浜「夕陽風景時計」・松原を巡るフットパス2020を掲載。福岡、糸島、那珂川、大宰府、古賀、宗像、福津7市と粕屋、新宮2町から募集定員30人を上回る男女37人が参加、松林を歩く写真などを添えています。また、本会主催のフットパス・ウオークが、2014年7月6日の「津屋崎里歩きフットパス」開設記念式典後の初歩きの第1回からこの日で21回目を迎え、参加者が計556人になったことを別表付きで紹介しています。

写真②:『はちがめ通信19号』の2面

 2面下段には、「海とまちなみの会」が福津市のカメリアホール視聴覚室で、2020年7月26日から11月22日までに計5回の「第5期ボランティアガイド養成講座」を開いた様子を掲載。また、10月31日に大分県臼杵市観光交流プラザで開かれた、うすきフォーラム「地域遺産と新しい旅のかたち~フットパス・農泊・マチ泊~」(臼杵フットパス推進実行委員会主催)に、私がZoom利用でオンライン参加し、西村幸夫東大名誉教授らゲスト4人が、コロナ禍での“いま求められている新しい旅の形”として、 フットパスと農泊・マチ泊を活用しての地域遺産の楽しみ方について意見を交わした模様をネット画面の写真付きで掲載しています。

コメント

2020年10月26日/〈貝寄せの浜・「貝寄せ館」物語〉121:贈呈の貝殻を補充

2020-10-26 14:56:36 | 「貝寄せ館」物語

写真①:来館する子供たちにプレゼントする貝殻

     =2020年10月26日午前10時、福津市津屋崎三の「貝寄せ館」前で

 

 11月3日の「文化の日」に「貝寄せ館」来訪の子に

プレゼント用の津屋崎浜で集めた貝殻を補充しました

  私が所属するまちづくりボランティア団体・「津屋崎千軒 海とまちなみの会」の観光ガイド拠点事務所・「貝寄せ館」(福津市津屋崎三丁目)に10月26日、市立津屋崎小の子供たちが11月3日(火曜)の「文化の日」に11時から15時まで開館する同館を訪れた際に1枚ずつプレゼントする貝殻を補充しました=写真①はザルに入れた貝殻=。

 津屋崎小学校2年生29人は10月5日、地域学習「わたしの町発見」で「貝寄せ館」を訪問し、館内に展示の約80種類の津屋崎産の貝類や、“津屋崎は塩で保(も)つ”というフレーズが今に伝わるほど黒田藩直営の津屋崎塩田が津屋崎千軒の繁栄を支えたとする解説パネルなどを、「海とまちなみの会」のボランティアガイドから学習。帰る時に館内にザルに入れて展示中の津屋崎浜で集めた貝殻を1枚ずつプレゼントされ、11月の開館日にまた来たいという2年生の声が寄せられました。このため、きょうだいや父兄の皆さんとの来館も予想されることから、プレゼント用の津屋崎浜で集めた貝殻を増やした次第です。

 「貝寄せ館」を訪問した2年生からは「“津屋崎は塩で保つ”という言葉はだれが言ったのですか」、「昭和初期の津屋崎千軒の地図が、なぜ貝寄せ館に(復元して)残せたのか。もう一度、地図をしっかり見せてもらいたい」といった鋭い質問もあり、津屋崎の将来を担う子供たちを頼もしく感じました。「文化の日」に再来館する子供たちと、港町・津屋崎の文化や歴史、豊かな自然についてまた話せたら、と楽しみにしています。

コメント

〈催事〉0596:宮地浜「夕陽風景時計」10月定期清掃

2020-10-17 15:11:33 | 行楽催事

写真①:10月の定期清掃作業を終えた宮地浜「夕陽風景時計」
   =福津市宮司浜4丁目で、2020年10月17日午前9時5分撮影

 

人気スポット・宮地浜「夕陽風景時計」の10月清掃作業終えました

明日18日・〝光の道〟絶景の「宮地嶽神社」参道石段突き当りの海辺で

 

 私が所属する町興しボランティア団体・「津屋崎千軒 海とまちなみの会」は10月17日午前、福津市宮司浜4丁目の宮地浜「夕陽風景時計」(幅1.1m、奥行き70cm、高さ90 cm)の版面の汚れを落とすなどの定期清掃作業を終えました=写真①=。「宮地嶽神社」参道の“光の道”出現の日を前に、宮地浜「夕陽風景時計」をより多くの方が訪ねやすくなるよう、一日も早い新型コロナウイルス感染の終息を!

 宮地浜「夕陽風景時計」は、本会が福津市制施行10周年記念事業として平成26年(2014年)7月6日、市民ら約2百人から寄せられた募金約40万円で宮地浜に設置。2月23日ごろと10月18日ごろ年に二度だけ、夕陽が参道を黄金色に照らしながら玄界灘に浮かぶ「相島」(福岡県新宮町)の背後に沈む絶景・〝光の道〟が楽しめる「宮地嶽神社」参道石段最上部から、真っすぐ1.4㌔先の海辺にあります。扇形に描いたステンレス製の時計版の縦軸に日没時刻、横軸に方位と水平線に見える島影の約150度の「パノラマ風景」が刻まれており、横八文字形の「夕陽ループ曲線」をたどれば、一年間を通じて夕陽が沈む方向と時刻が分かります。

 〝光の道〟絶景は、平成28年(2016年)2月に人気アイドルグループ「嵐」(2020年末で活動休止予定)のJALの国内旅行企画CMで、テレビ放映され、全国的に知られる夕陽絶景が楽しめる人気スポットに。宮地浜「夕陽風景時計」も、NHK総合テレビで同年12月2日に「夕日の町に新名所」として福岡県内で放送され、同月28日の「NHKニュース おはよう日本」で「人気! 夕日が見える新名所」として全国放送されて有名になりました。「海とまちなみの会」では、夕陽の絶景が楽しめる人気スポットとして貴重な時計を守っていきたいと、毎月保守点検を兼ねた清掃作業を行っています。

コメント

〈催事〉0595:マスコミ3紙に募集記事掲載で満員御礼

2020-10-02 15:55:35 | 行楽催事

写真①:「満員御礼」の貼り紙が貼られた“絶景の道”と宮地浜「夕陽風景時計」・松原を巡るフットパス2020のポスター
=2020年10月2日、福津市のカメリアステージ図書館で

参加者募集定員に達しました! 満員御礼申し上げます

福津市で10日開催の“絶景の道”と宮地浜「夕陽風景時計」・松原を巡るフットパス

 

 私が所属する「津屋崎千軒 海とまちなみの会」と福津市複合文化センター「カメリアステージ」が宮地嶽神社参道石段から夕陽絶景・“光の道”の観覧を楽しめる約1週間前の10月10日(土)、開催予定の“絶景の道”と宮地浜「夕陽風景時計」・松原を巡るフットパス2020の参加希望者が2日、募集定員の30人に達しました=写真①=。募集記事を9月27日、28日、29日に毎日新聞、西日本新聞、読売新聞3紙にそれぞれ掲載いただいたおかげもあり、福岡市から13人、福津市から5人、宗像市3人、大宰府、那珂川、古賀3市2人、糸島市1人の県内7市と2町(新宮町、粕谷町)の各地から参加申し込みを受けました。厚く御礼を申し上げます。

 新型コロナウイス感染症拡大で、マイクロツーリズムが注目される中、「海とまちなみの会」では3密を避け小人数で昔ながらの生活の小道や古い町並み、浜辺の松原をゆっくり歩きながら、景色と自然を楽しむ健康的なフットパスこそ、with coronaの新しい生活の時代にふさわしいウオーキングとして取り組む所存です。

 10日の「フットパス2020」は海とまちなみの会が平成26年(2014年)7月に開設した「津屋崎里歩きフットパス」(新日本歩く道紀行推進機構から『絶景の道100選』認定)発着点の砂浜に設置した、宮地浜「夕陽風景時計」の設置6周年と、同29年(2014年)7月オープンした福津市初のカフェも備えた図書館・歴史資料館を収容する「カメリアステージ」の開館3周年を記念するイベントです。福津市宮司3丁目の旅館「大阪屋」を午前9時から3密を避け、班別に時間差をつけて出発、「海とまちなみの会」ガイドの案内で「津屋崎里歩きフットパス」コースの「宮地嶽神社」参道石段の〝光の道〟夕陽絶景地から、夕陽の沈む方角と時間、水平線上の島々や山などの約150度のパノラマ風景が分かる宮地浜「夕陽風景時計」前、「宮司・浜の松原」、「津屋崎松原」を経て、福津市津屋崎1の「カメリアステージ」まで約3㌔を歩き、景色や海浜植物、野鳥の姿、鳴き声を楽しみます。

コメント