ポポロ通信舎

(旧・ポポロの広場)姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

放射廃棄物、怒りを超えて苦笑

2019年10月31日 | 原発震災・原発問題
台風19号の大雨で放射能廃棄物が入った袋(フレコンバッグ)が福島内の仮置き場から54袋がどこかに流出してしまった。過去にも2015年、飯館村で豪雨により448袋が流れ消えていたという。(東京新聞10月22日参照)
前例があるのに防ぎきれなかった。行方不明の廃棄物はどこにいってしまったのだろう。「無主物」だから東電には責任はない?溶けて流れりゃ~わしゃ知らん♪


フレコンバックもさることながら、山の表土の方がはるかに大きな問題だ、と専門家は指摘しているとも。
山も河もどうしょもない状態ですね。麗しき山河を原発は見事に汚してしまいました。しかしそれに対しての怒りの声は小さくなるばかりで今や聞きとれない。

外部被曝の線量は事故当初よりは下がっています。わが家のガイガーカウンターの数値も落ち着いています。0.05μSV付近。しかし内部線量は測っていません。仮にその結果を見てもどうすることもできないからです。


フレコンバッグの流出も同じように手の打ちようがない状態なのでしょう。誰が環境大臣になろうが解決などできようはずもない。

怒りを超えて苦笑いの日々です。






【写真】破損の多いフレコンバッグ。
汚染土置き場の台風19号来襲の前(2月)と今月(10月)比 (TBS報道特集から)




井上陽水 夢の中へ

コメント   この記事についてブログを書く
« 『風に向かって立つ』  彫像... | トップ | 消費増税、一カ月後の感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

原発震災・原発問題」カテゴリの最新記事