♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して68年の
「世の光」を文字で 

■わたしたちは枝 / 関根弘興

2020年08月07日 | Weblog

2020/6/12放送
 世の光の時間です。お元気でお過ごしでしょうか? 関根弘興です。
 今日はまず最初に、イエス・キリストが弟子たちに語られたことばを紹介しましょう。

 ヨハネの福音書15章5節
 「わたしはぶどうの木、あなたがたは枝です。


 聖書にはぶどうのたとえがよく出てきます。イエス・キリストはこのヨハネの15章で、「わたしの父はぶどう園の農夫です」とも言われたんですねえ(参照15章1節)。父なる神様が農夫だと言うわけです。聖書の舞台となっているぶどう園は日本のような棚作りと違いまして、枝をそのまま地面に這わせて栽培することが多いそうです。ぶどうの木を育てるのは手間のかかる大変な作業です。農夫は荒れた土地から石を取り除き、土地を改良し、ぶどうを植え、手入れをしながら育てていくわけです。特に夏の暑い盛りには収穫作業は大変なものだそうです。ぶどうの栽培は農夫の腕にかかっているわけですねえ。

 イエス様は、父なる神様がその大変な作業を行う農夫となってくださっている、と言われたのです。神様は大切にぶどうを育てる農夫のように、私たち一人一人を育てるために働いてくださっているのですね。信仰に生きるとは素晴らしい農夫である神様が私たち一人一人を成長させてくださるという事を期待し、神様に委ねつつ生きることでもあるのですね。神様は最善の世話をしてくださる最高の農夫です。私たちはこの方によって手入れをされながら実を実らせることができるのです。そして私たちはそのぶどうの木の枝です。

 枝は幹に継ぎ合わされていなければ決して実を結ぶことはできません。枯れていくだけですね。どんなに素晴らしい性能を持ったコンピューターでも電源がきちんと差し込まれていなければ動きませんね。私たちも同じです。私たちは枝に過ぎないのです。イエス様という幹に繋がっていなければ枯れてしまいます。だからイエス様はこう言われました。
 「あなたがたも、わたしにとどまっていなければ、実を結ぶことはできません。
  ・・・わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。
       (ヨハネ15章4節、5節 新改訳第三版)
と。 枝にとって最も大切なことは幹に繋がっているかどうかです。そして感謝なことに、私たちの頑張りや努力によって繋がるのではなく、イエス様を信じる単純な信仰によって繋がり、生きることができるのですね。

      (PBA制作「世の光」2020.6.12放送でのお話しより)

***

 さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのはお勧め。こっそり覗きたければ一人で。それとも友だちをけしかけてつるんでもいいし。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。事前の連絡なしでも、ちょっときてみました、いいですか? と言えばいいでしょう。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。

この記事についてブログを書く
« ■ルカの福音書19 - イエス... | トップ | ■イエスの権威を認めた百人隊... »