あられの日記

カテゴリーは場所優先。鶴岡八幡宮は寺院・仏閣ではなく「鎌倉」に。一部検索し易さ優先で、花カテゴリーに入れてる場合も。

ヴァラナシの街でウォッチング!

2016年04月21日 05時49分22秒 | インド旅行記
ガンジス河の岸辺からバスへ歩く道のりのマンウォッチングと街の様子が楽し過ぎて、5回も記事を投稿しちゃいましたが今日で終わりです。

樹の下部に小さな祠がありました。





青色の家はビンドゥーのカースト一位、バラモンのいる家です。でもチェックポイントは塀の上の野猿です。そうなのね。ここにも猿の姿が。

ワンコ。大人しい。でもお子様には大き過ぎるワンコなのかな?

私達が歩いてる道はこんな道。所々に道の左右に移動出来るように中央が途切れてますが、基本道路の上り下りが別れてます。

道幅が狭いので、庶民の足はバイクやサイクルリキシャですね。

おじさん達は何を待っているのか?

リヤカー来た。奥にちらりと二人乗りのバイクの後部にはイスラム教徒の女性かな?特徴的なかぶりものをしています。そしてオートリキシャ。んで自動車…。狭いのにぃ~~。この道を自動車が突っ込んで来るのは無理だから!ほら、詰まっちゃってるでしょ?渋滞してるでしょ??

なんで前方にバスがいますか!?詰まってるでしょ~~~。更に道を逆走してるバイクのおじさんっ!アウト~~っ!!

向いの自転車…いや、あれはリヤカーか?長いのは竹ですね。インドって長さ制限ないんだ…。

ふと頭の上を見上げると…。これはアリですか?ナシだよね???

サイクルリキシャーの後ろのホロの骨組みはまさかの竹製ですか?

お掃除オバさんと目が合っちゃった。ってか画像を編集して気づいたのですが、お掃除少年もこっち見てましたね。気づきませんでした。

道路向こうで何かを待ってる人達がいますね。

サイクルリキシャーの乗客のマダムとも目が合っちゃいました!

サリーを着てバイクの後ろに横乗り。何気に乗り手にテクニックが必要だよな~。

あ!バスが見えてきた!撮影を楽しみつつも私の左側にはず~~~~っと絵はがき売りのおじさんが貼り付いてましてねっ
誰が絵はがき1セット1000ルピ(約2000円)で買うかっ!!
マンウォッチングの邪魔だし、撮影に集中出来ないしっ
無視しても追っ払っても諦めない。そこだけは感心するわ!
無視してたら絵はがきセットに入っている絵ハガキを見せつつどんどん値下げが始まった。遂には1セット200ルピまで下がった。200ルピか~それは400円程度だよな。
もうっ!!
根負けですわ。
1セットかったらおじさんはすかさず「もう一個買うと1個100ルピ」と来た。
って事は本当は絵はがきは1セット100ルピまで値引き出来たって事か?つまり、またボラれたと…。かあっ!「写真撮らせろっ!」

絵はがき売りのおじさんはいい商売出来たから笑顔です!む・むかつくっ!
んで、うっかり乗り込んだバスの乗客はみんな金髪でした。
「OH!アイム、ミスティーク。ソリ~…」
うちのツアーのガイドさんがすぐに迎えに来た。ごめんよ~。

画像右がツアーのガイドさん。左がヴァラナシの街の現地ガイドさん。
後で絵はがきをチェックしたら、表紙は2種類ですが、中はほとんど同じでした。や、やってくれるぜ。こんな事なら1セットはヒンドゥーの神様の絵ハガキを出せって言えば良かったわ。あ~あ。

本日、以下の記事に画像追加しました。

北インドの旅5日目 朝日に照らされたタージマハル(2016年4月9日)の記事
 こちらの記事に11枚のデジカメ画像を追加しました。


タージマハルを効率よく見学するには?(2016年4月10日)の記事
 こちらの記事に21枚のデジカメ画像を追加しました。


世界遺産アグラ城(2016年4月11日)の記事
 こちらの記事に12枚のデジカメ画像を追加しました。


北インドの旅6日目、移動日です。(2016年4月12日)の記事
 こちらの記事に6枚のデジカメ画像を追加しました。

コメント   この記事についてブログを書く
« ベナレスの道をゆく車は自由です | トップ | 動物は街にいるのか?(その4) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インド旅行記」カテゴリの最新記事