あられの日記

カテゴリーは場所優先。鶴岡八幡宮は寺院・仏閣ではなく「鎌倉」に。一部検索し易さ優先で、花カテゴリーに入れてる場合も。

旅に持って行くと便利なもの

2016年05月27日 19時26分58秒 | インド旅行記
お題「旅行に持っていくと便利なものは?」に参加中!
「お題」に参加してみました。
海外旅行に「旅の指差し会話」を持って行く方も多いと思いますが、あれ、地味に不便なんですよ。
不便な訳は、1)咄嗟に見たいページが開けられない。
2)ページを開ける時間で自分は焦るし、話し相手を待たせるので場の空気が悪くなったり会話の流れが止まる。
3)「旅の指差し会話」は本なので、バックに入れると重い。もしくは場所をとる。

こんな所でしょうか?何度か失敗した私はこんな工夫をしました。それがトップヘージです。
これは今年の2月の北インドの旅行で、ショルダーバックに入れて旅の間中持ち歩き、かつメモしまくっていた手帳を撮影しました。
インドの旅でど~しても欲しい自分土産を「旅の指差しヒンドー会話」からカラーコピーして、欲しい所だけ手帳に貼付けてあります。
使い方としてはスーパーでインド人の店員の兄ちゃんを確保する。
指差して「これが欲しい!ので連れてけ」と主張する。
店員にブツまで案内してもらう。でミッションコンプリートです。
ツアー旅行だったので、スーパーでお買い物は時間との勝負です。可能な限り短い時間で自分の欲しい物をゲットするか?がポイントなのですよ。
ちなみに、ショルダーバックに入れる手帳は手のひらサイズより少し大きいこれ。
和綴じの和風ノートです。何年か前の創作同人誌即売会【COMITIA】で購入しました。大事にしまい込んでいたのですが、せっかくの海外旅行なので持参したら、注目度満点でした!あ~、どうして1冊しか買わなかったんだろう…。あの時の自分を殴ってやりたいぜ。という位に使い勝手がいいのです。
ちなみに中はこんな感じ。

和綴じってもっと柔なのかと思いましたが、私の荒っぽい使い方にもかかわらずとても丈夫です。多分これ、表は紙じゃなくて布製な気がする。折れないし。
ついでに、一番目立つ1ページ目は旅立つ日直前のインドルピーのレートを書いてあります。
1インドルピーが日本円だとおいくらなのか?
5000円を両替したら、インドルピーでいくらになるか?
あと、アメリカドルとインドルピーのレートとかですね。
日本人だから買物の際はつい日本円でいくらになるのか?が知りたいんですよね。
この手帳サイズだと、移動のバスの中でガイドさんが話す内容とか、レストランのメニューや飲み物代とか。あと、観光地でガイドさんが話す内容をメモし易いのですよ。私は手帳と、旅の1日ごとにA5サイズのコピー用紙に観光個所をパンフレットの写真を切り抜いたり、観光地の見取図を貼付けたり、見忘れたら後悔する見所を見取図(地図)に書き込んで観光を楽しみつつメモしつつ、写真をとりつつやってます。フットワークは出来るだけ軽くするために、ブラウスは胸ポケットもしくは腰ポケット付きのもので望みます。おススメよ~。

コメント   この記事についてブログを書く
« 八景の棚で桜を探す | トップ | 圧縮袋無双 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インド旅行記」カテゴリの最新記事