小さな庭

デジタルな仕事について20数年、だからという訳でもありませんが、アナログな世界に惹かれます。

青空がほしい「花菜ガーデン」

2020-07-28 | ウォーキング

あの灼熱の太陽は未だ重い雨雲に閉ざされて、7月の下旬になっても梅雨明けの気配が感じられません。それでなくても憂鬱なのに、コロナ患者数の増え方に気持ちもふさぎ込んでしまいます。

ただ、この展望のない自粛生活にも少々ほころびが・・・家族がいればなおのこと。この4連休、次男家族が泊りがけでやってきて、一緒に食卓を囲み、おしゃべりして、買い物に出かけ、コロナも忘れる楽しいひとときを過ごしました。新しい生活様式を守りながらも、生活の安全性への不信は相変わらず払拭できませんが。

先日、雨の合間をぬって、平塚の「花菜ガーデン」に行ってきました。ここはバラの品種数の多さで有名な庭園で、以前何度か訪れたことがあったのですが、いずれもバラの季節でした。
この広大なガーデンでは夏にはどんな花が咲くのだろうかという期待もあって出かけてみました。さすがに閑散としていました。

バラはほとんど咲き終えていましたが、それでも名残のバラが雨に首をたれて
華やかさこそないけれど、多種な花色を楽しませてくれました。


梅雨が上がったら、どんな夏色を楽しませてくれるのでしょうか。
ハロウィン用でしょうか巨大カボチャ、「ただいま食事中」と書かれた札に、カブトムシ

変わった葉の模様のカンナ
大輪のタイタンビカス(葉っぱはモミジアオイで花はアメリカフヨウ)

梅雨空が幸いしてか
早朝に咲き夕方には閉じてしまう蓮の花は閉じることもなく

見事に開いた花、散らし始めた花びら、そして花托から果托へと
蓮の花の一生を見ることができました。

睡蓮の池はやっぱりモネの絵を連想させます。

コメント (3)

コロナ疲れ

2020-07-17 | ガーデニング

昨日、ちょっとだけ青空が覗きました。

まっすぐに伸びたムクゲに真っ白い花が今年はいっぱい付きました。
ただ、梅雨空に白い花が映えず青空を待っていたのですが、
昨日やっと晴れ間が覗きました。


母の日のカーネーションは鉢から庭に戻したら
雨に打たれて元気になりました

コロナウィルスの感染者数が日毎にじわじわと増え、不安に一層拍車がかかってきました。先月頃までは、自粛中の不自由な日常だったけれど、それでもまだ、心が安定しないのは当然とか、取り敢えず今できることを元気にやろうなどと、気持ちを奮い立たせていたのですが、さすがに近ごろは「コロナ疲れ」がでてきました。
それに気持ちもふさぎ込んでしまうような梅雨の長雨、なんの刺激も変化もない毎日でブログネタにも事欠いてしまっています。

それでも、7月から4か月ぶりに教室を再開して、久しぶりに顔合わせ!みんなとっても元気で楽しくて、つい大声でおしゃべりに、思わずコロナを忘れてしまうほど。

やっぱり私たちは「集まりたい」思いがいつでもあって、だからこそ自粛下では人から離れて生活することに今まで耐えてきたのだと思います。コロナ前の当たり前の生活にもう戻ることはできないのでしょうか。


その後の我が家のトマトの実は、日照不足で赤くならず
カラスとのバトルも中断中!
ご近所からたくさんの自家製の夏野菜をいただきました。
今野菜が高いのでとても助かります。
手前のゴーヤと痩せた細いナスは我が家の収穫物

コメント (2)

カラスと知恵比べ

2020-07-06 | ガーデニング

九州地方に活発にかかる梅雨前線は長く停滞し、甚大な被害をもたらしています。被災者の方が「コロナどころでない」とニュースで言われるのを聞いて、目前の危険にどんな厳しい現状なのだろうかと言葉を失います。少しでも早くこの帯状低気圧やらを払いのけてほしいと願うばかりです。

 

アジサイの花がだいぶ色あせ、夏の訪れを告げるアガパンサスの花が今満開を迎えています。薄い青紫色の小花は花弁の先がラッパのように広がっているので、花全体がとても涼し気です。

 

久しぶりに、ウォーキング仲間と「いたち川」を歩きました。この川は、近くの柏尾川の支流で、水源は横浜市栄区の上郷の自然観察の森を水源に持つ全長約7キロの2級河川です。川辺には気持のいいプロムナードが続いています。

背の高さほどの元気なカンナ  半夏生が群生していました
紫陽花の花もまだ元気でした


梅雨空の続く日照不足の日々が続いていますが、トマトも少しずつ赤くなり始めました。先日はひと房に5個結集しトマトを1つ収穫しました。
収穫したばかりのトマトは青臭く昔のトマトを思いださせてくれます。2個目も楽しみにしていたのですが、先日、外出から戻ってきたら我が家の門柱に口元の赤いカラスがまさに飛び立つところに遭遇しました。
まさかと嫌な予感は的中、トマトはカラスがくわえて逃げ、3個目が無残に突かれて落果。


                   ゴーヤも初ものを収穫しました

残りの2個をどうやって守るか、キラキラ光るCD盤をトマトの苗にぶら下げたらどうかと夫と策を考え、それも赤くなりつつある残りの実の近くにぶら下げるか、多分ヤツは遠視だろうから、遠くからもわかるように苗の上の方がいいのではと、カラスと知恵比べ!勝ったと思ったはずが、昨日は難なく残りの2個もさらわれてしまいました。

 

コメント (5)

遠出する気分になれない・・・

2020-06-28 | ウォーキング

梅雨本番、活発な梅雨前線の影響で各地に大雨を降らせているようです。去年のような大きな土砂崩れや浸水の被害が出ないようにと祈るばかりです。


庭の草花もびしょぬれ状態、昨日の水遣りがちょっと恨めしい感じです

先週、県をまたいでの外出ができるようになって、次男家族とやっと会うことができました。
4月に1歳の誕生日を迎えた孫は、数か月前はまだ行動の主流はハイハイだったのに、今や歩いたり駆けたり、この自粛期間中の成長ぶりに感心しました。


辻堂海浜公園にみんなでピクニックにでかけました

中山道を歩き始めて日本橋~京都間全行程のおよそ3分の1、長野県佐久市の望月宿まで到達したものの、このコロナ禍で春からの予定が頓挫してしまいました。2年後に京都着を考えていたけれど、年齢的にも体力的にも不安があり、せめて体力を少しでも食い止めなければと、夫と週末はウォーキングより少し負荷をかけてとハイキングをはじめました。

先週は湯河原の幕山に行ったのですが、もうやっとの思いでした。これは年齢なのか、自粛中の運動不足か、または体重増加によるものなのか、中山道街道歩き再開の不安材料には事欠かきませんでした。

登山道の標識が藪に隠れていてルートを見失っていたところ、私たちの足音に気づいたのでしょう。巨大な猪が目の前を猛スピードで横切っていきました。


先週行った真鶴半島が眼下に   ロッククライマーで人気の幕山  


頂上で見つけた珍しい白アザミの花とオカトラノオ

緊急事態解除になってコロナ前とは違うものの、だいぶ日常を取り戻しているようにも見えます。けれども都市部の感染が増えている状況下で、外出することに私自身臆病になっているのでしょうか。遠出への意欲がもうひとつ湧かないのも確かです。

コメント (5)

真鶴半島一周ハイキング

2020-06-18 | ウォーキング

すでに6月も中旬を過ぎてしまいました。自粛は解除になって、季節は例年と変わらない梅雨を迎えたけれど、なんとなく気分はいつもの梅雨と違うような、アジサイはどこの家の庭にも公園にも咲いているいるけれど、やっぱりコロナのことがいつでも頭にあって、もうひとつこの季節を楽しめないような気がするのは私だけでしょうか。


でも孔雀サボテンが今年も思いっきり華やかに咲いてくれました。

この撫子は、三重に住む義妹が種を送ってくれたもので
もう何年も種を飛ばしながら増え続けています。

梅雨の晴れ間の昨日は、青空も広がったので思い切って真鶴半島を一周するハイキングに出かけてきました。車で少し遠出するのもほんとに久しぶりでした。真鶴駅の近くの駐車場に車を止めてスタートです。

1周するハイキングコースは往路に山側を、真鶴岬の三ツ石海岸に到達して復路は海岸沿いを歩くコースをとりました。ランチ時間を入れるとおよそ4時間です。半島のオゾンいっぱいの森の中を歩き、岩のゴロゴロする海岸(昨年の台風で遊歩道は通行止めになっていたので)を歩き、また小刻みながら100メートルほどのアップダウンもあり、とても変化に富んだハイキングコースでした。


初島を望む

 雲がなんとも気持ちよさそう!

真鶴半島を覆う照葉樹林
豊かな魚付き保安林は神奈川県の天然記念物

真鶴半島のメインステージ 三ツ石海岸

貴船神社 
船祭りには神輿を担でこの階段を一気に駆け下る

真鶴港

やはり外出自粛だったとは言え、外に一歩踏み出して、とても気分爽快な一日でした。

 

コメント (5)

障子の張り替え 今でしょ!

2020-06-04 | 日常

6月に入り、アジサイの花が咲き始めました。そろそろ梅雨の季節到来でしょうか。緊急事態宣言が解除され、季節はいつの間にか初夏を迎えています。

コロナ感染も相変わらず予断を許さなくて「東京アラート」が発動されるなど、緊急事態解除後も、当たり前と思っていた今までの生活が戻ってこないことに気づかされます。

このアフターコロナが、これからの生活のあり方にも大きく影響を与えていくのでしょうか。私個人的にはステイホームがすっかり定着して、自主的な外出自粛だし、これからも一人で過ごす時間は以前よりずっと多くなりそうです。これを不自由さと捉えずに自由が増えたと考えて新しい日常を模索していくことになるのではと、ぼんやりと庭を眺めながら考えています。

山アジサイ「くれない」がほんのり色づいてきました。

いろんな色のスカシユリがあったはずですが、残ったのはこの色だけ!
さらに陣地を広げています。

ホタルブクロの花は、おしべもめしべも袋の奥にあるので
実際に入った蛍たちはこの袋から出てくることはできるのだろうか
などと余計な心配をしてしまいます。

散歩の途中、深い森のなかに常盤ツユクサの群生地が

 

障子張り替えは年末の大掃除メニューのひとつ、それが障子が随分黄ばんできたのに気が付いたのもホームステイ中、いっそのこと張り替えてみようと、かえってこの季節のほうが身体も動きやすいはずと決心しました。

古い障子紙を外して、サンの掃除、夫と二人がかりで取り掛かったのですが、障子の端をカッターで切るのに目は見えない!腰は痛くなる!、挙句に足は攣るなど苦難の連続、それでもやっと貼り終えました。さすがに真っ白い障子は気持ちよくなったものの、次回の張り替えは何年後?その時の体力はどうなっているのかと少し心配にもなりました。

 

コメント (4)

緊急事態解除まであと少し

2020-05-24 | ウォーキング

緊急事態宣言が次々に解除されるなかで、5道都県が取り残されたようでしたが、それも明日には解除されるのではという報道がされています。

新コロナウィルスという災いから、人と離れて生活することで感染拡大を抑え、私たちはステイホームを心掛けてきました。「人と集まりたい」を我慢してきた数か月、人が生きていく上で大切な「人との繋がり」を学んだ外出自粛期間だったのも知れません。一日も早い収束を!

 

まもなく梅雨の季節、アジサイよりも一足先に咲き出しました。

バンマツリの花は濃い紫色から白色に色へんげ
山アジサイのクレナイは白から紅色に色へんげ

 

いつもの散歩コース
いつのまにか川は葦が覆い、川幅がぐっと狭くなっていました。


雑木林の中に足を踏み入れると、鶯の澄んだ鳴き声がします。

「ホーホケキョ」と最後まで美声を披露する鶯もいれば、
縄張りに敗れたか、伴侶探しが思うにいかないのか「ホーホケ」と途中で
やめてしまう鶯もいて、この鳴き声もなかなか微笑ましいと思ってしまいます。

公園の中の菖蒲園

 あやめもショウブも漢字で「菖蒲」って書くんですね。
花の見分けも難しいわけです。

 

コメント (4)

気を引き締めて

2020-05-11 | ウォーキング

外出自粛、緊急事態宣言が5月末まで延長されたことにより、ステイホーム期間もあと数週間伸びてしまいました。でも最近では緊急事態解除という言葉も耳にするようになって緩みも気になるところです。シニアの我が家は解除されたら今よりももっと気を引き締めて、予防注射や薬ができるまでは気を付けなければと思っています。

このところ初夏を思わせるような陽気が続いて、ガーデニングも散歩も気持ちよく、コロナのことも一時忘れて楽しむことができるようになりました。

 

いつの間にか、バラの季節を迎えています。


一株に紅白揃った源平菊

毎年東側の窓を覆っていたゴーヤが連作で不作が続いたので
今年は西側の小さな花壇でゴーヤの苗を育てることにしました。


往復徒歩圏内のいつもの散歩コースでモモイロキランソウに出合いました

 青紫色のキランソウはよく見かけても、モモイロキランソウはあまりお目にかからない。
葉っぱも深緑色ではなくて、葉の裏側もやや赤みを帯びていました。


梅雨の頃咲くツユクサより一足早く咲き出したトキワツユクサ


新緑が眩しいです。赤いプロペラは楓の種

不要不出でも・・・

緊急事態宣言がでてから買い物と言えば、食料品とドラッグストアのみ。ほかに消費欲があるわけではなく、オンラインで雑誌とキッチングッズを買ったぐらいで特に不便も感じていませんでしたが、ここにきて眼鏡の片方のツルに若干割れ目が入って、このほんの少しが皮膚に当たると痛く、長い間使っているのでそろそろと思っていた矢先の外出自粛突入でした。控えの眼鏡はなんとなく使いづらい、早く眼鏡屋さんに行きたい!
今まで愛用していた一眼レフカメラが、撮ると被写体の画面上に帯状のものが入り、早く修理に出したいなぁと思っています。と不自由を感じていなかったステイホームも、さすがに長期化となると不便も感じるようになりました。まぁ、不要不出と言えばそれまですが・・・そろそろ解除が待ち遠しくなりました。

 

コメント (5)

私の「ステイホーム」週間

2020-04-29 | ガーデニング

今年のゴールデンウィークは「ステイホーム」週間、例年だと特に遠出しなくても気候がいいので、ハイキングに行ったりして過ごすことが多かったのですが、今年はそれも叶えられないなぁと残念に思いながらも、すでに2か月出かけることもなく生活しているので、ゴールデンウィークの「ステイホーム」は無理なく過ごせそうです。しかし、長引く外出自粛に先の見えない長いトンネルに入ってしまったようで、さすがにふと不安になることもあります。

 


例年通り咲き出した

上段:アストロメリア オダマキ  下段:エビネ カラー

それでも、風薫る爽やかなゴールデンウィークはやってきました。新芽が吹いたかと思うと一斉に青葉が茂り、どこに出かけなくてもこの季節は庭仕事が忙しく庭木の刈り込みなど、ステイホームはなかなか忙しくなりそうです。

 

散歩も往復歩くことを考えると、どうしてもコースが決まってしまいます。この間の土曜日に、少し気分を変えようと藤沢市の境川遊水地まで足を伸ばしてみました。(往復2時間程度)

橋の名前は白鷺が空を舞う姿を見立てた吊り橋「鷺舞橋」

 

水辺には鷺を中心にさまざまないきものが生息するビオトープ

 

できればこの季節、旅行に出かけたいところですがぐっと我慢して今まで行った旅行の写真などを少し整理しています。また旅行先で買い求めた小さな置物もだいぶ溜まってしまったのでこちらも整理しようと眺めていたら、ちょうど1年前に行ったドイツフランクフルトのゲーテミュージアムで買ったゲーテお人形を見てふと気が付きました。

5センチ足らずの小さなお人形なのですが、なんと左手に羽ペンを右手にノートを持っていました。

 

うン、ゲーテってサウスポー? 早速ネットで調べてみました。やっぱりゲーテは左利きだったようです。日本円で500円ぐらいだったと思うのですが、安価ながらゲーテの利き手まで考慮したずいぶん精巧にできている置物なんだなぁーとヘンなところに感心してしまいました。

今日もステイホーム、無事に過ぎていきます。

 

コメント (5)

巣ごもり症候群 その2

2020-04-18 | 日常

春を迎えた庭は例年と変わらず、シャクナゲが今年も咲きだしました。

車だと10分ほどの舞岡公園に、日も西に傾き始めてから散歩に出かけました。

夕方ということもあって広い自然公園の中は行き交う人もほとんどなく

鶯の鳴き声がひときわ大きく聞こえていました。

水温む池からはカエルの声が

 

晴れ晴れと空を泳ぐこいのぼりが一日も早く来ますように

 

新型コロナウィルスの感染拡大により不要不急以外の外出ができなくなり、さらに長期化することを考えると、何ということもない日々の暮らしが懐かしく思いだされます。連日の巣ごもり生活で、身体も病んでくるようなそんな気さえしてきますが、身体だけではなく心も「コロナ疲れ」や「コロナ鬱」などと最近ではよく聞かれます。我が家では夫は政府の対応に対する「コロナ怒り」、私は「コロナ太り」とやはりコロナ症候群が見られます。もうこうなったらこの現状を逆手にとって、何のイベントもない夫婦2人だけの食卓、外食ナシ、朝昼晩の3度の食事作りと変わらぬ日々の献立の全カロリーを洗い出してみようと思い立ちました。なにせ時間はたっぷりありますから・・・
料理の写真を撮り、全食事の量とカロリーを毎日計算してみました。これが格好の暇つぶしでなんとなく体重は100グラムから500グラムが減ったり増えたりとまるでゲーム感覚、誰に責められも褒められずもせず2週間が過ぎました。ただ自分の食生活の傾向は分かってきたように思います。今までの生活に戻ったら、とても継続できませんが、長年の食習慣を見直すのにはよかったかなと思っています。

 

コメント (8)