人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

どのような着眼点から賃金を支給するか

2011-09-05 23:58:01 | 賃金:基本給



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。



職務内容が同じであれば、同じ賃金を支払う考え方

があります。


その仕事の価値を捉え支払うので、

合理的に考えれば、もっともな支給方法です。


そうはいうものの、中小企業ではAさんとBさんで同じ仕事を実施していても

経営者はAさんに賃金を多く支給したい、という場面が多々あります。


Aさんは、その仕事に改善や改良等、

いつも考えながら気を利かして業務を遂行しているので、

仕事の結果が異なってくるので同じ仕事でも同じ賃金は出せない、

という捉え方です。


わが社では、どのような着眼点をもって支給していくのか、

賃金を見直すときには検討を要します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2011 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 雇用増に対する税制優遇 | トップ | 知識労働者とは »
最近の画像もっと見る

賃金:基本給」カテゴリの最新記事