ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

うがい薬

2011-06-30 21:44:41 | Weblog
 某患者さんが、うがい薬を欲しいという。見返せば、前の担当医が結構沢山処方しており、それに準じて欲しいようだ。
 今具合が悪くなければ要らないし、うがいの効果は水でも有名なイソジンでも、そんない差はないはず。うがいする時間は精々数秒がいいとこで、それ以上は一般的に耐えられなく、我慢できなくて、飲み込みそうになり、はき出してしまう。
 患者さんは、調子が悪くなったときにうがいをすると回復するという。
 「うがい薬でも、水でも変わらない。精々、うがい薬に入っている、ハッカやにおいがそんな気にさせるだけです。」と言うも、了承せず。
 「悪いけど、そこまでうがい薬に効果は信じてないから出せない。」とお断り。
 かなりの不満を顔に出して帰る。『今悪くないなら、それ程うがいをしたいなら、街のの薬局で買ってよ。』と言いたかったが、ここは耐えて終了。

 今日は何か力も気合いも入り難く、研修医と外来をやってても、何か眠たくなっったりと、何とか定刻まで持ちこたえる、疲れかも。
 原因はよく分からなくても、睡眠しかなさそう。

※ 電力余力が1%を切ったら、“計画停電”予告と脅しの言葉。
コメント

猛暑4

2011-06-29 22:54:09 | Weblog
 寝床に注ぐ日光は晴れ、今日は目覚める前から、晴天。
 もちろん出勤時は、暑さ上昇中、サングラスに日傘、現在これ以上はない。
 病院に着く頃は、もちろん暑く、汗。さすがに、今日はエアコン作動中。でも、場所によって効果色々で、暖かい所もあり。
 午前中の予約患者さん、3名ほど無断キャンセル。進行が早くなるのはいいけど、後日予約変更無しで割り込みの可能性が残る。
 各地猛暑で、まだ6月なのに電力余力が一桁にまで。この先、そっとやっていくしかないかな。それとも、日中節電にもっともっと配慮せねばならないのかって感じ。
 でも、やっぱり、『そんなこと、実際に色々とやってみないと分からん。』と脳天気に待つ。
 外来でのしゃべりまくりもやや疲れ、暑い帰り道からの後、その後食前“熱燗”は耐えきったが、食前ビールを『グーッ』とに負けてしまった。

※ 電力会社株主総会、批判はあっても損したくなければ原発否定は無理。
コメント

天気予報は曇り

2011-06-28 22:45:37 | Weblog
 朝起きると、日は差さず曇り空。近隣の天気予報も曇りと表示。
 だったら、まあ今日は猛暑にはならなくて済むと甘い期待。
 然るに、出勤後暫くすると、空は晴れて晴天。気温も上昇、天気予報は晴れの方向に替わってしまった。
 入院患者さん、経鼻胃管挿入。もちろん研修医を呼んでやって貰った。
 この処置は、鎖骨下静脈穿刺に比べたら、目標は見えてるし、かなりレベルは低い。
 でも、丁寧にやらないと、苦しめる。もう、10例以上やったというので、黙って見守り、終わってからコメントを追加。
 昼から、産業医での出張は炎天下を徒歩で行くと、着く頃には当然しっかりと汗。
 そこでの会議でも、この夏の節電対策の話もあったが、某委員さん、冷房開始設定温度は28度越えかと細かいし、“タラ&レバ”の意見質問もあり、『そんなこと、実際に色々とやってみないと分からん。』と言いたかったが忍耐で聞くのみとした。
 電力会社の言う、15%節電は大まかな目安で、各地の計画がどれだけ出来るかは毎日の手探り。

※ 色んな嵐の中で、あの尖閣諸島中国漁船衝突事件、那覇検察審査会「起訴相当」に対し、那覇地検は再び不起訴の逃げ。
コメント

“風見鶏”健在

2011-06-27 22:51:33 | Weblog
 以前はずっと、原子力推進の大勲位“N”元首相が《太陽経済かながわ会議》で、「原子力には人類に害を及ぼす一面があり、自然の中のエネルギーをいかに手に入れて文化とするか(が大事)」。
 更に「人間の発展は、自然の中のエネルギーをいかに手に入れて文化とするかであり、それが人間と自然の関係です。原子力という巨大なエネルギーも人間のために有効利用するというのが知恵で、自然との闘いを部分的に克服してきました。しかし、原子力には人類に害を及ぼす一面もあって、それを抑えるのが人間の文化と歴史です。今回の事故もその中で捉えたらいいかと思います」と脳細胞も健在を示し、元推進派が転換する位の脳細胞の回転を見せてくれるなら、これも結構。
 ・・・と人の言葉をそのまま流用で、私の脳細胞は回っていないけど、まあ、いいかな。

 夕方、突然鎖骨下静脈穿刺、もちろん、今日は研修医にやって貰った。
 この研修医は今月一杯で、7月は別の科に回っていく。尚更、行く前に1回はやって置いて、しかも、上手くいって欲しかった。
 患者さんの体型はやせすぎで、静脈が鎖骨の裏側に入り込んでしまっている。
 手は出さないが、口はいっぱい出して、何とか鎖骨下静脈に入った。
 しかし、その頃より患者さんの酸素飽和度が下がり、酸素吸入をしても上昇不良。
 鎖骨下静脈穿刺の操作処置を思い出してみても、肺をさした感じはない。
 だったら、穿刺体位で身体に疲労を与え、肺のふくらみが落ちた為かと推察。
 事後の胸部レントゲンで、操作と言うよりも、それに伴う下肢ををややあげた体位などが、患者さんの忍耐的体力を越えてしまったようと判断。
 酸素吸入と体位調整で待つ。
 研修医にとて、操作手技は上手くいってよかったが、患者さんの耐えられる体力を考えようと言うことを体感で学んだハズ。

※ K首相、自民党から一本釣り、よくやったと誉めよう。
コメント

原発再開・国の住民説明会

2011-06-26 21:01:09 | Weblog
 佐賀県で県民7人を相手に、住民説明会。
 ニュースでも、さすがに“国が選んだ”を強調し、不平等不公平を匂わせる。
 人数が多いと、会場混乱は必至。でも、せめて何を基準のたった7人だったんかな?
 更に、やっぱりだけど、素人に分かり易い言葉が足りなかった。
 やらなかったよりはマシだけど、例え選ばれた人々でも、互いに理解することは、この程度では無理そう。
 いうなれば、“インフォームド・コンセント(informed consent)=正しい情報を得た(伝えられた)上での合意”にまで至らなかったら、どうするつもり?
 “インフォームド・コンセント”が得られないままに、治療などをやったら、メチャマズイ。
 昔から、お上は下々に伝えておくだけ、これで、住民に説明済みましたと言うつもり?
 ここまできたら、国は説明会の継続姿勢を示して信頼を積み上げる努力をする?
 
 今日は昨日よりもやや気温が低く、日陰は落ち着いた。
 明日から、また気温上昇傾向で、梅雨の始まりが早かった分、終わりも早い?

※ 学校校舎洗浄で、放射線量低減は当然だけど、その汚染水の行き先は何処?
コメント

猛暑3

2011-06-25 21:57:06 | Weblog
 昨日の天気予報では、曇り後雨かもだったけど、明けるとドンドン空は明るくなって晴れ、気温もドンドン上昇で猛暑3連とも言えそう。
 気温の数値は昨日ほどではないが、やはり暑く気候は夏の入口。
 朝の9時から11時まで屋外でテニス少々。実際、暑くて身体も少々しか動けなかった。出足は良くても暑さが染み込んで、汗が噴き出し、気力も吹き出し抜けていき、集中力がそれに伴って落ちるパターン。
 終わるまでしっかりと青空で、気力と忍耐力が先に落ちると負ける。
 耐えすぎると、熱中症目前の危機。ふらつき感を感じたら、テンポを落とさないとヤバイが、手抜きとの境目は微妙。 

 昨夕、病院でエレベーターを待っている時の事、前にいた極めて太めの方がバッグをゴソゴソ。『んっ?』と思ったら、飴の包み紙が見えた。
 開けて口の中へ、ここまでは良くあるかもの事。しかし、続いて二個目も口の中へ、『えっ、二個も!あんさん、それじゃあ、体重落ちんで~』
 何も言わんと、そっと見送る。

※ 福島・国会の合間に、沖縄で米軍軍属容疑者が交通事故不起訴、“K”首相見解言うかな?
コメント

連日猛暑

2011-06-24 22:07:48 | Weblog
 曇りかと思った空は、どんどん高くなり、気温も上がり、勤務先も朝からエアコン冷房入り。
 でないと、最初からうだってしまいそう。
 まだ、6月24日でこれからが夏、盛夏を迎えて、電力みんな心配。
 東京電力は余力8.4%と脅かすし、突然電力オーバーで消えたら、コンピューター管理がぶっ飛んで、極めてメチャクチャ混乱が起こりそう。
 節電は、電灯をほのかな程度にしても、室温調整を優先してくれないと、勤務持続ができない。
 どうしてもの必要箇所以外は、かなり暗くてもしのげるハズ。
 このように、室温調整優先、明るさ二番以下ともっともっと出来そう、後はやる気と忍耐。
 某職員、かなり前から屋根に太陽光パネルをつけているという話。
 お陰で、エアコン全開でも大丈夫とうらやましく思ったら、夜に向けての蓄電は出来なく、夜は周りと同じと太陽光パネルの弱点も知った。

 突然、近医からの電話、以前に中心静脈栄養管理を御願いしていた患者さんの、そのカテーテルが抜けてしまったという連絡。
 もちろん、来て貰って再穿刺・再挿入しかない。
 時間調整して、午後に来て貰うようにし、この暫くは見学ばかりで、きっと自分もやりたいと思ってる研修医に声を掛ける、「やります」の返事。
 患者さんを前に、“物品確認・位置決め・イメージ”を揃えて開始。
 少々迷いが見えたが、手は一切出さず、小姑のように口だけ出して、一人でやらせた。 何とか終えて、後の確認胸部レントゲンで位置もOKで完了。
 新卒後、口添えはあったが、手技は殆ど一人でやり終えて、少々の自信は出来たはず。 

※ とうとう、楽天は経団連を退会、それもアリのはず。
コメント

会議2時間超

2011-06-23 22:23:26 | Weblog
 今日は新患外来、出足も悪く、その後の伸びも悪く、研修医の来る予定時間前に患者さんが途切れてしまい、病棟に行くと担当研修医が居て、「今は、患者さんが途切れてる。」と話して、タイム。
 しかし、その後も新患は一人だけ。その時研修医は別の処置に携わっていて、結局今日の外来研修はお流れ、残念、来週1回を残すのみ『成長、期待してるよ。』
 夕方、16時から自分が司会の会議、欠席者もいたけど、待ってても無駄と、ぶっ飛ばして終了。
 小休止後、17時半から別の会議。事前予想通り、進行が遅めで、2時間近くたっても終わりが見えない。
 そこで、「会議、始めてからもう2時間もたってるし、みんな、明日の仕事もあるし、今日はこの辺りで中断したらどうですか?」と言ってしまった。
 一瞬、冷えた空気。でも、もういいと感じてるかたも居たはず、言わないだけ。
 「私は平気だ。」という方もいたけど、某氏が「なかなか、集まれないから、後15分で終われるなら・・・」と中間提案をする。
 自分も「15分なら、我慢できます。」と妥協。
 結局、その後は大体15分で終わった。
 『だったら、最初からその気なら、もっと早く終わったハズ。』
 会議は1時間を越えると、余程白熱してないと、疲れとダレ。1時間半以上になると、忍耐、我慢比べ。2時間を越えると、多くの方は“早く終われ!”との内心で、意見も押さえ、時間経過を待つ。
 この“KY”で、「・・・この辺りで中断したらどうですか?」なんて言ったら出世に響く、“みんな賢い”、でも、“耐えられない”自分。

※ 福島の影に隠れて、“もんじゅ”も、そっと“炉内中継装置(3.3トン)”の引き上げ開始、うまくいったら上等。
コメント

節電本気度

2011-06-22 21:16:26 | Weblog
 奇しくも、今年は夏至に猛暑日が始まる。
 病院は朝から冷房が入っていて、助かる。猛暑でエアコンなしだと、申し訳ないけど窓無し外来は辛くてキツイ。
 今日の午後1時から3時までは、節電タイムに設定されていて、エレベーターを一基休止、ロビーの電灯も間引きで薄暗く、節電協力は眼に見えている。
 しかし、見た目と本気は別は自明。
 本気なら、節電タイム以外も、それなりに節電を続けなければならない。
 形式なら、節電タイムが終わったら、元に戻して、ド○○丸出し。
 この判定はこの後の精進見守ろう。後者だったら、我ながらガッカリ。

 70日延長議決の衆院本会議場、TVで見る限り、猛暑日なのに“ネクタイ+上着”の熱い服装。
 議場の設定温度は何度だったのか、教えてくれ。28度だったら何も言わないけど、それ以下なら、“どいつもこいつも(ええカゲンにセ~ヤ)”となる。
 更に、折角の機会、なんで環境省は音頭をとらなかったのか。政府は一枚岩を示す良い機会だったのに。
 
 家のゴーヤも成長を見せるが、ホントに温度上昇を少しは抑えてくれるかな?

※ 70日延長議決衆院本会議、野党でも造反、でないとおかしい。
コメント

“京(ケイ)”

2011-06-21 22:26:50 | Weblog
 京(ケイ)は兆(チョウ)の上の位、兆の次は10の16乗の数字。
 突然言われても、大きすぎてイメージが出てこない。普通のイメージの外、普段使わない桁で、この暫くは福島原発の放射能拡散単位でチラホラ出ていた。
 更に、その上の10の20乗は“垓(ガイ)”、全く脳細胞の外の単位。
 日本製のスーパーコンピューター“京(ケイ)”が、国際会議で世界1位を獲得。
 震災と原発に宇宙ロケット・ソユーズ、折角うまくいってそうなのに影が薄く、今回のスパコンもいい話なのに、どこまで印象に生き残れるか、少しだけ期待しよう。
 今日は昨日よりは蒸れなかったが、やはり蒸し暑い。
 何故か、今日はいつもより早めにと言っても、自分にとっては午前中の仕事が終わってからエアコンが入った。
 エアコンを入れてくれるなら、不快を感じる前に、なんで始めてくれないのか、よく分からん。
 まあ、基準を超えないと不可、見込みでは不可なんだろうネ、“固い”。
 まさに、“京(ケイ)”なんて想定以上なんだけど、それでもあり得るんだから、少々は先を見据えても良いんじゃないとは思うけど。

 時間があったので、某研修医と入院病歴のまとめを作った。
 何で字体を揃えようとしないのか、読みやすい形式をとらないのか、理解し難さを感じてしまった。

※ 日本の政治家は三流と言われている事、当人達には想定外。
コメント