ブラックファイブ

あのDr.ブラックジャックの半分以下なので、ファイブとします。命燃え尽きるまで、経験と知識からブログをやろう。

大晦日

2005-12-31 23:20:46 | Weblog
 とうとう年末になってしまいました。
 朝早めに郵便局に行ってから、出勤。
 軽く回診をして帰ろうと思ってたのですが、何やかやと昼前までかかってしまった。突然外泊希望を言い出したりする方がいて、年末はややこしい。
 研修医も3人来ていた。
 この一年は何が最高だったか、それを考える日でしょうか?
 まあ、楽しく仕事が出来てまずOK(楽しく出来る事が大事)、元気もそこそこに来れたというのが最高かな。一つの出来事としては余り記憶にない。
 個人的感覚からは、日本の社会的には“ホリエモン”の様な方が表にでてきたことは印象に残っている。それと、当たり前だけど自然には勝てない。
 世界では、書くと悪いけど、やはり貧しい国が目立つようと言うより、気になりそうって感じ。自分はたらふく食ってるから、これ以上は言えない。
 最高って印象は、一年が長いと、前半の記憶と印象が薄れてしまうけど、今年はこれ一つが最高だったという頂点はなかったかな。

※ 小川直也vs吉田秀彦、小川選手は戦う前から顔つきで負けていた様。
(だったら、初めから試合はしない方が良かったんじゃない。)
コメント

あと二日

2005-12-30 23:00:25 | Weblog
 ・・で新年。今日は家庭の買い物にちょっと都会のデパートへ行った。
 衣類の売り場はさすがにがら空きで、私たちが見ている間に誰も来なかった位。
 衣類売り場なんては年末が一番落ち着いて行ける時。
 店員さんも、こっちの買う気を見透かして、絶対ただでは返すまじと色々と勧め、意見を言ってくれたり、よいしょしたりでやっぱり買ってしまったね。
 途中で携帯が鳴って、病院と連絡をするが、行けるのは3時頃と言っておく。
 昼食をついユックリと食べてしまい、とても3時には行けそうにもなくなってしまった。仕方なく、携帯で今日来ている研修医を呼んで託す。
 デパ地下食料品売り場は凄く混でて、入っただけで疲れを感じてしまった。
 とてもこの人混みには耐えられなく、一品買っただけで退散。
 帰りに直接勤務先に行く。
 託したことの確認と入院患者さんへの挨拶と指示の修正。
 毎日修正を受けるスタッフも面倒で大変だろうけど、患者さんを第一としたら、やむを得ないだろう。やたらの修正はまずいけど。
 夕方、帰宅するとまた電話。先日、退院したばかりの方がまた入院で明日見ておいてと、これで明日も出勤確定。
 明日は朝早めに行こう。それでなくても雑務が終わらないのに。
コメント

休日救急

2005-12-29 22:44:54 | Weblog
 昨日の時間外入院患者の体調調整の為に、今日は午前午後と2回も出勤したのです。
 昨日の午後入院さえなければ、この冬休みは比較的休憩のボーっとした勝手な休みになりそうだったのに、残念と言うべきかな。
 それとも、残念なんて言葉は禁句かもしれない。
 朝、行くとあの高齢者気胸の方の(脱気用の)管が胸腔から抜けてしまっていて、日直医が再挿入してくれていたのです。一応留めてはいるのですが、余計な力が加わるとどうしても少しずつ抜けてしまいます。
 患者さんは顔に“ガッカリ”が見受けられましたが、そっと慰め、少しだけ励ましてきました(たくさん励ますとまるでウソだから)。この方は書いたように入院のまま越年、時期が悪かったね。
 救急外来をのぞくと、結構来てるね、心配を持った方達が。
 日当直医の仕事は、この数年仕事はぐんぐん増えている。
 今は、どこでも救急体制が問われているけど、安易に来すぎることも考えてよ。
 言うとまずい雰囲気が出るから、為政者は面と向かって言わないけどね。
 でも、そのうち労働過剰で問題が出てきそう。
 昨日の二人目の経過観察の方は明日の午後に来るように行ったので、私も行かねばならない。明日も出勤確定、きっとあさってもだろう。
 役所等が御用納めの後は、社会のテンポも休みっぽくなって少しはゆったりしてると感じる。

※ この冬休みは一冊本を読むことにした。これは完読したら報告しよう。
コメント

年末駆け込み

2005-12-28 22:47:09 | Weblog
 今日は午後3時頃までは順調に経過し、年越しの“オミヤ”も昨日の3名のみだったのに、突然電話が鳴る。
 “○○さんが急患で来ました”“事前の連絡なんてもらってないよ”
 “話は行ってるはずです”“知らないよ!”・・・と良くある受諾責任不在の問答。
 診るのはいいけど、話が途中で消えているなんていい加減にしてよ。
 受診状況を聞くと、これもまたこの1週間以上飲食が不良なのに、しかも、午後の時間外にわざわざ受診に来るなんて、“いい加減にしてよ”と言いたい。
 “具合が悪ければ、もっと早く。午前中でも来られるはずなのに。”
 医療費の無駄遣いと医療関係者にいらだちとストレスを与える患者さんだ。
 その後もう一人、自然気胸の方、これは近医からの紹介で、まあ、しょうがないかなって感じ。 
 この2例で15時からは、急にあわただしくなってしまった。
 一人目は入院、二人目は経過観察となったが、さっきも書いたように、二人とももっと早く受診出来るはずだった。
 研修医を捜したら、研修医は学生の案内をしていた、やらされていた。
 折角の見学医学生なんだから、急患を一緒に診察させてあげればいいのにネ。
 研修医が医学生を案内するのもいいけど、研修医はもっとやることが有るはずだ。
 症例を数多く診ること、自分の体感的知識を増やすことだ。

 これらの駆け込み受診で、終了予定はグンと遅くなったしまったのです。
コメント (1)

目標は達成

2005-12-27 21:40:37 | Weblog
 明日3人退院出来そうで、まずはOK。
 でも21日、研修医に胸腔穿刺をしてもらった高齢者の気胸患者さんの肺は、拡張不良で越年決定。
 手技の問題ではなくて、年齢的に再生能が落ちてきているのだろう。
 高齢でも比較的元気だから、来年に手術かもって言うところ。
 来年1月に外科に回る、研修医に連れていってもらおうかな。
 本人さんに話したところ、まあ分かったようだけど、きっと寂しさと残念を感じたでしょう。御家族に来てもらうようにしよう。
 メジャーリーグの松井秀喜選手は来春の、野球のワールド・ベースボール大会出場は辞退したそうな。
 ちょっと前なら、こんな自分の意見は言えなかっただろうが、自由が浸透していて良かった。
 彼もメジャーリーグという目標を見失ってはいなかった。
 私の、他人の元気任せの目標とは異なる次元だけど。
研修医も12月末で交代、進歩は実感してるかな?
 明日、聞いてみよう。

 最終的には3人が越年になってしまった。
コメント

あと数日で冬休み

2005-12-26 22:48:10 | Weblog
 休み前は幾つになっても気はそぞろ、しかし、寒波のおかげで患者さんは44名も来てしまった。
 とうとう、冬のシーズン・インで、インフルエンザも1人発見。
 3人調べて1人当たりで打率は3割。ま、残りの2人は傾向チェック目的だったのですけど。
 今年はご存じの方もいるかもですが、お腹に来る風邪がまだ多い。
 吐き気、おう吐、下痢、腹痛が主症状、数日でなおるけどちょっと疲れる。
 水、お湯、お茶で暫く辛抱、ジュースや果物は待ちです。おもゆの方が先です。
 果物を食べてまた下痢する方もいて、誰が教えてるのでしょうね。
 研修医にも、患者が多いから、状況をみてダッシュしろといってはいるけど、途中でつっかえてしまう。ま、経験の差は未だ埋まらず。繰り返しの学習しかない。
 自分の頭の中に、同じ疾患でも程度の差はあるから、繰り返し学習し、積み重ねる。まあ、入試前の数学の練習問題をどれくらい解いたかと同様、経験した疾病について、関連する病状をどれくらい知っているか、本でなく、実体験・体感できているかなっと言うことだろう。
 簡単に言うと数をこなすということ。

 昨日、競馬の有馬記念レースがあって、人気一番のディープインパクトは負けたけど、よく見ると一位のハーツクライという馬は1ヶ月前のジャパンカップレースにも出ていたのですね。ディープインパクトはそれには出てなかった。
 大事しすぎじゃないの、出し惜しみかなっていうように感じた。

 JR特急が風で脱線、JRは一年に2回も転覆事故なんてやっぱりJRはおかしい。

 目標、年末までに3人は退院させよう。
コメント

お歳暮

2005-12-25 20:46:30 | Weblog
 昨夜は“ God ”へのお歳暮、ディナーショー(高橋真梨子、検索したら詳細は分かるでしょう)に行ったのです。
 ディナーショー、映画なんてこれに比べたら安いもんだ。
 まあ、お歳暮だからあまり価格は気にしてないけど、開始に遅れるとまずいので早めに出たのですが、道が混んでて、かなりの渋滞で途中まではギリギリかなっとも、考えていたのですが、半分過ぎあたりから大丈夫そうにみえ安堵。
 カクテル飲んで、シャンパン飲んで、ワインを飲んで、どうしても飲みたいビールも飲んで、これらのミックスの渦中に、食事。
 “ God ”はコンソメスープを褒めて、お代わりをしました。
 スープもお代わりありだったのです。
 メインは鴨料理、そこで回ってきた料理人の方に聞いたのです。「肉(牛)かと思ったのですが、鴨を選んだ理由は何かあるのですか?」と。
 「牛はご家庭でも食べることも多いでしょうが、鴨はなかなか料理するって事はないでしょうし、丁度クリスマスでもあるしということからです。」と回答。
 確かに、鴨なんて余り売ってないし、わざわざ料理する機会も非常に少なそうですし。そこまで考えてくれたのですね。
 食べ終わって、(飲みながら聞く為に)最後の一杯を残してショータイム。
 お客さん達は平均大人しそうと壇上から言われていた。
(歌手からして、客の平均年齢は高め)
 ザ・ピーナツの歌まで歌って、客にサービスしてくれたけど、いわゆるライブのように、立ち上がってリズムを取るなんて事はほとんど無し。
 もしやったら、みんなのアルコールが一気に回ってまずいよ。
 でも、そりゃあTVやCDに比べたら、当たり前、生の歌は格段の差で、それなりに堪能する。
 終わりの方で、「歌える限り、歌います。」と言っていたし、もうそれ位の気合いを入れ続けないといけなくなったのかなっとも感じたけど、それで良いのだろう。
 気合いを入れることが出来ないと感じたら、きっと歌えなくなるだろうね。
 このディナーショー、アンコールってのは結構あっさりして終了。
 ディナーショーの別世界は、この間、他は忘れてしまう。
 かなり飲んだから、終わって立つとアルコールは全身に流れていった。
“ God ”はお歳暮をどの程度に受け取ってくれただろうか。

※ 今日は勿論、勤務先から電話があった。
コメント

フラッシュ&山口百恵

2005-12-24 13:17:02 | Weblog
 もうとっくに一般私人になっている方のその後を出すなんてのは×。
 そりゃ、興味はあっても越えてはいけない一線、今春から個人情報の法が変わったから、訴訟覚悟で記事にしたのって感じ?
 最初の“フォーカス”はもう撤退したけど、まだ生き残っていたのですね。
 そういえば、“平凡パンチ”も撤退したけど、“週刊プレイボーイ”ってのもまだ生き残って、新聞の下方に宣伝を時々見受けます。
 世の中のテンポが早くなってしまって、ついていくのが大変なんじゃないの。
 売り上げもおちるし、伸びないし、ネタ探しも大変そう。
 医療だって、卒後はどんどん頭の中のレベルは落ちる、いつもやっているところ以外は。その、いつもやってるところでも、多種の考えがあってどれがより良いかは、将来にならないと判定できないことが多い。
 自分の領域以外は、大学時代の化石のような知識しかない。それでも相談されたら、化石の元の動かない真実と事実だけを話し、後はそっちに相談するかどうかは自分で決めてもらおう。
 フラッシュや週刊プレイボーイは、カブトガニかシーラカンス。でも、彼等と違う点、カブトガニやシーラカンスは静かでさわがない。
 頭の中の“山口百恵”は、あの武道館で化石になってしまっている。

※ 今日は仕事しない。
コメント

天皇誕生日

2005-12-23 22:50:04 | Weblog
 今日は寒い中の天皇誕生日だったのですね。
 暖冬予報が一転して、20年ぶりの寒冬に変更なんて、天気予報はこんなもんかな。
 朝のうちに出勤し、一回り見回ったが、受け持ちの半数は年末に家には帰せそう。
 やはり、何となく楽しみにしているようだし、そうでないと、入院の気持ちの上でのけじめもつかないだろう。
 昨夜は気温は下がったが、風は止んで、鍋が主体の和食の忘年会にした。このところ、動きやすいように鶏の唐揚げやオードブル風のものを取り皿にとって食べるのが多い感じだったので、目先も気分も変わってよかったかな。
 このところ、同じような処置を繰り返しており、患者さんから質問を受けて一瞬誰に何をしたのか、記憶が混乱してしまった。
 整理整頓が乱れている証拠と記憶力の低下でしょう。
 研修医が加療について聞いてきて、保険適応をごまかす治療法を教えてしまった。
混合診療をかわす現実的妥協病名をつけてしのぐ方法です。

 天皇は男子一系か第一子かで会議をしていたけど、内々にでも現天皇皇后の考えなんて聞いてみたりしたのでしょうか?やってないならそれはやはり問題だろうね。
 自分の跡継ぎを決めるに際し、自分の意見が全く聞かれもしないなんてのは民主主義に反するから。
コメント

患者が主役

2005-12-22 17:39:49 | Weblog
 とうとう北風になってしまった。日中、ちょっと建物の外へでると風が刺すように冷たくなっていた。
 外来は、それ程混まずにラッキーだったけど、次週からの年末はやばいかもって感じ。
 しかし、今日は血液検査の機械が一部故障で検査不能。
 研修医曰く「どうすればよいのですか?」
 回答「実力でやるしかない」
 そうですね、こんな時は患者さんの話を聞いて、身体を診て考えて方針を立てるしかありません。
 この頃言うには、「主役は患者さん、そこから情報、資料を集めて本を書いていくのが私たち医師。よく分かる本を書くようにしよう。主人公がそれなりの結末を得られるように書こう。」
 昨日の胸腔穿刺した患者さんは、夜間少し痛かったようだが、鎮痛剤を一回使って後は落ち着いていて、うまくいけば年末退院に間に合うかな。
 間に合えばいいけど、年末は何となくみんな帰りたがってくるのが日本の病院。でも、たくさん帰宅させると占床率が落ちて収入が低下するという考えもある。
 3連休だけど最低1日は出勤だろうね。
コメント